2010年11月09日

人材、人財、人在、人罪、人済とは?その違いとは?(その4)

「人材、人財、人在、人罪、人済とは?その違いとは?(その1)」
「人材、人財、人在、人罪、人済とは?その違いとは?(その2)」
「人材、人財、人在、人罪、人済とは?その違いとは?(その3)」

の続きについてです。
※上記の記事を読んでいらっしゃらない方は意味不明で、頭がウニ状態になると思いますので、先に読んでやってもらえると嬉しいです
(と、おねだりしてみるヤツ)

さてさて、「人材、人財、人在、人罪、人済とは?その違いとは?」というタイトルで「その4」まで引っ張って来ましたが、この記事がこのシリーズ(?)最後です。(^^)
(すみませんねー、4回も引っ張ってしまってw)

で、前回の続きというか、まとめというかについてですか・・・

「人材、人財、人在、人罪、人済」とやらについては、個人的には以下のようにとらえております。(^^)


■ 本音としては、「人財」のみを使いたい
■ でも、一般的に使われているは「人材」の方なので、特にホームページやブログなどでは「人財」と「人材」の両方を明記するようにしている


つまり、本当はわざわざ5つに分けて使うようなことはしたくないということでしょうか。

なぜなら、モノじゃなくて人間なので。
短所がない人なんて、いないので。
長所がない人なんて、いないので。
感情が全くない人なんて、いないので。
無駄な命なんてない、と思っているので。

「この人は、このジンザイだ!」などと言える権利なんて、自分にはないと思っているので。
「お前は、そのジンザイだ!」などと、決め付けられる筋合いもないので(笑)。

また、

■ 人財(人材)は育てるものではなく、「育つ」もの

だと考えています。
なぜなら、

「馬を水辺に連れて行けても、水を飲ませることはできない」

と言いますので。(^^)

水を飲みたくないのには、理由がちゃんとあるんじゃーないでしょうか?
また、その理由はお一人お一人異なるのではないでしょうか?

場合によっては、水を飲みたくない理由が自分自身でもわからない時だってあるんじゃーないでしょうか?
その理由を知ろうともせず、水を飲ませたら逆効果になるんじゃーないでしょうか?

「何で飲まないんだ?さっさと水を飲め!もっと飲め!」と命令してしまったとしたら、どうなるのでしょうか?
飲めるようにならないどころか、下手をすれば水が怖くなってしまい、水辺に近寄ることすら拒否するようになってしまうかもしれないんじゃーないでしょうか?

そのため、ネクストストラテジーとしては、

「お一人お一人に合った「水を飲みたくなる」仕組み 」を考えるなどして、「自律的に育つ場づくり」のお手伝い

などを、行うようにしております。(^^)


あ、後、

■ 三四三(さしみ)の法則について

ですが・・・

「うーん、考えようによっちゃー、多様性があるって意味にもなるんじゃないのかな〜?」
「みーんな同じ人間だったら、同じ企業ばっかだったら、同じ国ばっかだったら面白くないじゃんw」
「世の中同じ人間は存在しないし、人間一人ひとり違うんだし、場によっても人間は変わるだろーから、そんなもんじゃね?」
「人間ってば、本能的に多様性を求めてるのかも〜?」
「となると、やっぱお互いを尊重し合って、多様性を大切にした方がいいんじゃないかな〜?」
「よぉーし、これからも多様性を大切にできる場づくりのお手伝いを続けていこーっと♪」

ぐらいの、浅ーい & 超単純な考えでしょーか。(^^)
(すみませんねー、こんなヤツでw)


これは、あくまでもネクストストラテジーの考えに過ぎません。
それも、現段階の。
今後も絶対に変わらないとは断言できません。
(そもそも、この世に「絶対」というものは存在しないのではないでしょうか?)

なぜなら、他の人の意見を聞いて「それも一理ありかも〜♪」と、考え方が変わることもあるので。
但し、「あの人がこう言ったから」ということだけで、考え方が変わることはないと思いますが(笑)。

皆さまは、どう思われますでしょうか?

もしかしたら・・・

「日本人の生産性が低い理由って?生産性の向上ってどういう事なんだろう?」シリーズ
「優秀な人材が見つからない、有能な人材が採用できない原因って何だろう?」シリーズ
「属人化とは?属人化する原因って?メリットやデメリットって何だろう?」シリーズ
「やる気、向上心、チャレンジ精神などが持てる組織ってどんな組織?」シリーズ
「人材育成とは?何のため?誰のため?どんな時に必要なんだろうか?」シリーズ
人材育成をマーケティング・コンセプトから考えると見えることって何だろう?
思考停止を招く教育とは?従業員の主体性や向上心が育つ人材育成って?
従業員の潜在的な能力の発掘、発揮方法って?組織力などとの関係って何だろう?
誰にも相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろうか?
自律型人材は、一方的に教えて育てる教育で育てられるんだろうか?
「根本的な原因とは?真因とは?今見えている問題って本当の問題?」シリーズ

などなどにも、関係するっちゃーするのかもしれませんが・・・

皆で話し合ってみたり、疑問をぶつけ合ってみたら・・・
お互いの考え方もわかって、人間に対する興味や気持ち、接し方などもわかって、もしかしたら意外と面白い話になるかも〜?
スケープゴートを探して、5つのジンザイに分けてハイ終わり!とかって意味じゃないですよw)

自分自身のことは「人財」だと思っていても、会社にとっては違うジンザイと評価されていたり・・・
会社にとって、どんなジンザイがそのジンザイなのかを知る機会にもなるのかも〜?
ご自身にとっていい会社なのかや、いい組織なのか、いい上司なのかなどの判断材料にもなるのかも〜?


なーんて思うんですが、どーでしょうか?

何と言っても、疑問を感じる点も考え方も十人十色でしょーし♪
答えは一つではないことですし♪
立場や状況が変われば、考え方や答えなども変わるでしょーし♪
全く何も思い浮かばなかったとしても、誰かの話を聞くと何か思い浮かぶこともあるかもしれませんし♪


どっ、どーでしょう???

それとも・・・
疑問を感じることすら、やっぱり全くなかったという状況でしょうか?
それならそれで、全然構わないと思いますよー。(^^)

※但し、「人材、人財、人在、人罪、人済とは?その違いとは?(その2)」に明記したことをやらかしちゃっていければ・・・の話だと思いますが

それだったら、例えばネクストストラテジーの考え方にケチをつけてみるのも面白いかもしれませんねー。
で、自分だったらこう考える!とか。

それもイヤだ!という場合は・・・

「どうしてイヤなのか?」
「ナゼ疑問を感じることがなかったのか?」

などについて、考えてみるのも面白いかもしれませんねー。

答えは、ご自分の中にきっとありますし。(^^)

それともそれとも・・・

疑問を感じたとしても、その疑問について、誰かと話し合える場がないという状況でしょうか?
もしそうだったとしたら、こんなボログでもよろしければコメントでもお気軽にくれてやっていただけると嬉しいです。(^^)

と言う訳で、「意味が曖昧な言葉から、自律的に考えて行動してみる」カテゴリとしては、


目的と目標の違いがわかると、やるべきことや手段なども見えて来るのかも?


へ、続きまーす。(^^)/

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「組織力の強化や向上」などのご相談、
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



【追伸】
「・・・で、答えは何なの???」と思った方へ


よろしければ、以下の記事も見てやっていただけると嬉しいです。(^^)

「自分で考えて行動する「自律型人材」が育つ組織って?」ブログについて
「答えが見つからない、探しても解決策が見つからない原因って何だろう?」シリーズ
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?自律性などとの関係って?
「自立」とは?「自律」とは?その違いって?自律型人材とは?
「社長、上司、部下、会社組織にとって本当に必要な支援って何だろう?」シリーズ


posted by ネクストストラテジー at 05:15| Comment(0) | 意味が曖昧な言葉から考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。