2010年12月09日

グローバル人材とは何だろうか?グローバル化や国際化って?(その2)

グローバル人材とは何だろうか?グローバル化や国際化って?(その1)

の続きです。(^^)
※上記の記事を読んでいらっしゃらなくても、この記事の意味はわかると思いますが、できれば読んでやっていただけると嬉しいです
(お願いお願い)

特にここ最近、グローバル人材(グローバル人財)、グローバル化、国際化などの言葉を耳にする機会が増えているようですが・・・

うーん・・・

そもそも、グローバル人材(グローバル人財)って何でしょうか?
グローバル化や国際化って、一体どういうことなんでしょうか?

今の日本にとって本当に必要なグローバル化や国際化って、一体どういうことなんでしょう???
どういう人なら、グローバル人材(グローバル人財)って言えるんでしょう???


などについて、日本国内・海外問わず、世界各国の方々へ自律型人材育成(自律型人財育成)のお手伝いをした経験 & 海外赴任時に知り合った日本人の事例などから、「グローバル人材とは何だろうか?グローバル化や国際化って?」について考えてみているんですが・・・

今回はというと・・・

その第2弾とも言えるこんな事例から、一緒に考えてみませんか?

「グローバル人材(グローバル人財)」とか「グローバル化・国際化」とやらについて、「自律的に考えて行動する」題材の一つとして、何かのお役に立てたら嬉しいです。(^^)
(と言いつつ、全くお役に立てなかったらすみません・・・)


■ 海外駐在経験豊富なエリート管理職のおっちゃん
そのおっちゃんは・・・
若い時から、あっちゃこっちゃの国に飛ばされて、一生懸命お仕事をしていたらしいです。

そのおっちゃんと知り合ったのはどこかというと、海外にあるとある日本風居酒屋さんでです。
と言っても私が住んでいた地域には、日本風居酒屋さんなんて超贅沢なもんはなかったので・・・
とある都市に出張で行った時にたまたま見つけて、ヨダレダラダラ状態になっちゃったので思わず入っちゃったんですけどねー。(^^;)
(同じ国でも、地域によって日本食のレベルには差がめちゃあるんですよー)

そしたら、たまたま話しかけられただけなんですけどねー。
その時の会話はというと、例えばこんな感じです。

「ワシはあの国にも行った、この国にも行った」
「あの国はあんなだ、この国はあんなだ」
「こんな苦労をした、あんな苦労もした」
「今まで駐在した国の数で、ワシに勝てるヤツは社内にいない」
「若い時にこそ、色んな国に行ってたくさん苦労すべきだ」
「イマドキの若者は、保守的すぎる!」

一言で言うと、おっちゃんによくありがちな(?)自慢話やら説教話やらがてんこ盛りでしょーか。
(根は悪いヒトじゃないと思いますが・・・)

「ふぅーん、そーなんですねー、へぇーすごいですねー」
「そうですねー、勉強になりますぅぅぅ」
「これからも、いろいろと教えてやってくださいねー」

などと聞き手に徹したお陰なのか何なのか、初対面にもかかわらずご馳走してもらっちゃいました♪
(3時間半耐えた報酬ゲット♪)

で、ある日のコト・・・

そのおっちゃんと、とあるスーパーマーケット内でバッタリ遭遇。
しかもそのスーパーって、私が住んでいる地域にあるスーパー。

おっちゃんってば、出張か何かで来たのかな???
それとも、転勤かな???
などと思いながら、向うは私に気がついていなかったので、挨拶しよっかなーと思って近づこうとした瞬間・・・

「ワシは、塩が欲しいんだって言ってるだろ!?」
「さっさと持って来ーい!」
「お前、客商売やってるくせに日本語もわからんのか???」
「外国語ぐらい、少しは勉強せんかーい!」
「店長を呼べ!店長を!!!」

と、日本語で店員さんに怒鳴り散らしているのを見てしまいますた・・・。
ガ━(゜Д゜;)━ン

ものすごーい剣幕で怒鳴り散らしまくっていたので、近づくのも怖かったんですが・・・
そのまま放置しておくと、どこまでもどこまでも怒鳴り散らしてそーだし・・・
このままだと警察を呼ばれちゃうだろーし・・・

それよりも何よりも・・・
同じ日本人として恥を晒すのは、マジで勘弁して欲しい・・・。

しかも、コトの発端が、たかが塩って・・・!
あまりにも恥ずかしいじゃん・・・。 ( ̄д ̄;)

など感じたので、塩が置いてある売場に行って、とっとと塩を取って来て、

「あのー・・・、この塩でいいですか〜?」

と、そぉ〜と渡してみますた。
あ、モチロン、日本語で話しかけて。

で、おっちゃんの支払いが終わってから、再度話しかけてみました。

「あのー、以前お会いしたことがあると思うんですが・・・、覚えていらっしゃいますか?」

すると、おっちゃんの答えはこうでした。

「・・・記憶にないんだが」
「でも、親切にしてもらったことだし、お礼にどこかでメシでも食わんかね?」
「転勤でここに来たばかりだし、これからも何かと世話になるだろうし」

それを聞いた私は、というと・・・

「いえいえ〜、お気になさらずにぃ〜 σ(^◇^;)。。。 」
「あ、因みに、現地語で塩は○○って言いますぅぅぅ」
「海外のスーパーで日本語が通じるコトはまず期待できないので、せめて辞書持参で買物した方が便利だと思いますぅぅぅ」
お客様は神様というのは、日本でしか通用しないと思った方が無難だと思いますぅぅぅ」
「ではでは、お仕事がんばってくらぱいね〜っっ ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛ 」

とだけ答えて、そそくさとその場を後にしちゃいましたけどね・・・。
(おごってもらえたとしても、もはや1秒たりとも一緒にいたくないとも言うw)

- - - - -


このおっちゃん・・・

海外あっちゃこっちゃに赴任しているのは事実なんでしょーけど・・・
根は悪い人じゃーないと思うんですけど・・・

「日本人村(日本人街・日本人町)」から出たコトがなかったのかも???
それに、誰かれなく捕まえては、一方的な自慢話やら説教話やらをしているのかも???

うーむ・・・
なーんで、そうなっちゃうんだろーか???

コレって、このおっちゃんいち個人だけの問題じゃーないような気が???
どちらかというと、日本の仕組みとか制度とかの問題が大きいような気が???
もしかしたら、これもガラパゴス化の一つって言えるのかも???


などと、改めていろいろと考えさせられる出来事でした(汗)。
(だって、いち個人を責めても何も変わらないですよね〜?)


うーん・・・

国際競争の激化により、グローバル化が急務になっている!」

と叫んでいる企業さんが増えて来ていますよね〜?
大企業さんだけの話じゃーなく、中小企業さんも例外ではなくなって来ていますよね〜?

でも一方では・・・

海外に行きたくない若者が増えている状況でもありますよね〜?
内向き化する若者が増えている原因の一つはコレかも?という説もありますよね〜?

日本人の従業員の「愛社精神」は、米国に負けていると言われている状況でもありますよね〜?
日本の若者の「愛社精神」は、働き出してから薄れると言われている状況でもありますよね〜?

国際的なマーケットで闘える若者を育成する環境が整っていない状況でもありますよね〜?
技術力の伝承が、製造現場以外でも進んでいない状況でもありますよね〜?

「新卒主義」などへの問題点が指摘されている状況でもありますよね〜?
国際貢献の現場で活躍していた経験がある日本人がいても、日本では就職先がないという状況でもありますよね〜?
海外で得た知識や経験を生かせないような状況が若者の萎縮を生んだとすれば、企業の責任は大きいと言われている状況でもありますよね〜?

「ひきこもり」の若者は70万人、予備軍が155万人いると言われている状況でもありますよね〜?
20代〜30代の若者の死因トップが自殺という状況でもありますよね〜?

ううーむ、他にも例えば・・・

「日本人の生産性が低い理由って?生産性の向上ってどういう事なんだろう?」シリーズ
「生産性を上げる方法とは?生産性と効率化や合理化との関係って何?」シリーズ
手段の目的化とは?方法が目的や目標より優先してしまう原因って何だろう?
「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
「日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何だろう?」シリーズ
「海外の教育現場(共育現場)ってどんなの?自律性や主体性は育つ?」シリーズ
英語などの外国語の知識があってもコミュニケーションがとれない原因って?
「年齢にこだわって採用するか不採用にするか決める理由って何だろう?」シリーズ
「強い組織の作り方とは?強い組織か弱い組織かの判断基準って何だろう?」シリーズ
「社長、上司、部下、会社組織にとって本当に必要な支援って何だろう?」シリーズ

なんかも、含めてみると・・・

うーん、うーん、うーん・・・ (-''-)
今の日本にとって本当に必要なグローバル化や国際化って、一体どういうことなんでしょう???
どういう人なら、グローバル人材(グローバル人財)って言えるんでしょう???



皆さまは、どう思われますか?
いろんな意味で、考えさせられませんか?


と言う訳で、


グローバル人材とは何だろうか?グローバル化や国際化って?(その3)


では、今までご紹介した事例とはある意味、真逆っちゃー真逆かも?
「そーか!グローバル人材って、そーゆーことなのか〜♪」などと・・・
もしかしたら感じていただけるかもしれない事例を、ご紹介してみますねー。(^^)/

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「自律型の組織づくり」などのご相談、
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



【追伸】
「三方よしって、何???」
という方は、よろしければ以下のページも見てやってもらえると嬉しいです。(^^)


三方よしって、何だろう?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。