2011年02月03日

コンサルタント、各種専門家、業者が支援先企業にお願いしたいことって?

コンサルタント嫌い、業者嫌いになる原因って何だろう?

の続きです。
※上記の記事を読んでいらっしゃらない方は、意味不明で頭がウニ状態になるどころか、激昂して頭から湯気が出ると思いますので、先に読んでやっていただけますようひれ伏してお願い申し上げます m(_ _)m
(と、おねだりしてみるヤツ)

ご支援の一環として、これらの専門業者さんを探したり選んだりするお手伝いを行うこともあるんですが・・・
また、既にお取引のある専門業者さんとの仲立ちのお仕事を行うこともあるんですが・・・

「コンサルタントなんて、大っ嫌いだ!! (# ̄3 ̄)」
「業者なんて、結局アテにならん!信用できん!!金返せ!! \(  ̄曲 ̄)/」
「サイアク!相談なんて二度としねぇー! ( ̄ヘ ̄)凸」

のように・・・

様々な中小企業経営者や従業員の方から、コンサルタント士業、コンピュータ関係、セミナー等の講師、派遣会社などなどの外部の専門家や業者に対する不平や不満、イメージなどを教えていただけるという有り難ーい機会が多々あるもんで・・・

コンサルタント嫌い、業者嫌いになる原因って何だろう?

の中で、触れてみているんですが・・・
確かに、中にはとんでもないコンサルタント、各種専門家、業者さんもいらっしゃるのは否めないかもしれませんが・・・(滝汗)

「爆発・炎上・崩壊組織」で消防のお手伝いを行なうこともあるせいか・・・
三方よしの場づくり黒子サポーターをやっているせいか・・・
支援先企業さんと、コンサルタント・各種専門家・業者などとの仲立ち的なお手伝いをすることもあるせいか・・・

「全部が全部そう!」と決め付けるのは早いんじゃないかな〜?
と、個人的には感じることも多々あります(汗)。

実は、コンサルタント士業などの各種専門家や業者の方などからもよくよく話を伺ってみると・・・

コンサルタント、各種専門家、業者さんなどにも、言い分がある

ようですので・・・(滝汗)

この記事の中で、その言い分の一部についても触れてみてもよろしいでしょーか(恐る恐る)?

「どんな言い分なんだ? それって、単なる言い訳なんじゃねーのか?\(  ̄曲 ̄)/ 」

と、めちゃくちゃハラが立つお気持ちもよぉーくわかりますが・・・(滝汗)

お互いにムカついているだけじゃー、何の解決にもつながらない

と思いますので・・・(汗)

「言い分やら言い訳やらがあるんだったら、一応聞くだけ聞いてやろーじゃねーか(怒)! (# ̄3 ̄)」

と、言ってくださる心の広い方は、お付き合いいただけると嬉しいです。m(_ _)m

あ・・・、因みに・・・

「専門業者の選び方から自律的に考えて行動してみる」カテゴリは、このような趣旨で書き綴っておりますので・・・(汗)。

くれぐれも誤解のなさらないでくださいねー、ひれ伏してお願い申し上げます(懇願)。
m(_ _)m


■ 態度面
・アポを取っているにも関わらず、「忙しいから」「忘れていたから」という理由で、打ち合わせ自体をキャンセルされたり、打ち合わせの開始時間を平気で遅らせたりするので非常に困る
・支援先企業内部でのコンセンサスがきちんと取れていない状態で依頼してくれるせいか、後からコロコロと言うことが変わって非常に困る
・どんな企業にどんな支援をしてもらえばいいのかを、選んだり決めたりするのは支援先企業であって、支援する側が口を挟むことではない
・業務の代行なのかコンサルティングなのか、どこまでを依頼して何をどうすればいいのか、どこまでは支援先企業内で行うのかなどをはっきり決めて欲しい
経営を代行する訳にはいかないのだから、意思決定は支援先企業でやって欲しい
・他人事で丸投げ依頼するのに、後から文句だけは言うというのはお願いだからやめて欲しい、一緒に考えて欲しい
・「土壇場で、ちゃぶ台ひっくり返し」を平気でやってくれる割には、納期はそのまま変わらず、要求だけが増えるというのでは割に合わない
・名前で呼んで欲しいとお願いしているのに「先生」と呼んだり、ご機嫌取りをしたりする割には、無償で追加の仕事を依頼したり、契約にない仕事まで要求したり平気でするのが理解できない
・業界用語や支援先企業特有の言葉がわからないから質問しているのに、きちんとした説明がなく、「金を払ってやってるんだから、それぐらい自分で調べろ」「専門家なのにそんなことも知らないの?」などの態度が見られる
・支援先企業の社員ではないのだから、断る権利もあれば請ける権利もあり、命令すればどんなことでもやってもらえると思っている方がおかしい
・何もかも知っている必要はないとは思うが、「粉飾決算をやってはいけない」「整理解雇の4要件は遵守すべき」など、会社を経営する上で知っておくべき最低限の法律ぐらいは知っていて欲しい
・どんなことでも対応できる専門家なんて存在しないのだから、依頼する範囲をしっかりと明確にしてから、しかるべき専門家に依頼して欲しい
不平や不満があるのなら直接言ってくれればいいのに、事前の相談もなく、「今月いっぱいで、取引を打ち切ると決まったのでヨロシク」と一方的に事後報告的に通知されるは、契約違反だしむちゃくちゃな話
・大企業出身というだけで、「アンタには、ウチみたいな零細企業の気持ちなんてわからないでしょ?」などと偏見を持たないで欲しい
コンサルタントに対するイメージが悪いのか、色眼鏡をかけた態度を取られることがあるため、それだったら最初から外部に頼らず、支援先企業内ですべて行った方が支援先企業のためになると感じる
コンサルタント = 金持ちという偏見があるのか、「コンサルタントは金持ちなんだから、これぐらいタダでやっても困らないよね?」などとむちゃくちゃ言われて非常に困る
・実際にやるのは支援先企業なのであって、外部の人間は一時的な支援に過ぎないため、過度に依存されたり他人事の態度を取られると非常に困る
・専門家だからこそ対応できることとできないことがあるのだから、何でもかんでも丸投げされても困る
・何を言っても、「そんなことはできない」「やれない」「時間がない」「人がいない」「金がない」などと否定的だったり、後ろ向きだったりと、堂々巡りを繰り返して現状維持にしがみついたり、現状にただ嘆いたり、「お役所が悪い」「競合が悪い」「顧客が悪い」「従業員が悪い」などと他者批判に走ってばかりする企業さんだと、どうすればいいのかと途方に暮れる


■ 提案面
士業善管注意義務を負っており、法律に違反するようなことに加担はできない
・「脱税の方法を教えろ」「気に入らない従業員を解雇に追い込む方法を教えろ」などと要求されても、そんなことに加担することはできないし、そんなことを要求する企業とは取引したくない
・支援先企業の経営者のためになったとしても、従業員さんや取引先、社会が不利益を被るとわかっている提案はできない
・このまま行くと、顧客離れを招いてしまう、最悪の場合は倒産してしまうなどという危機感があるからこそ、「○○しなければならない」「○○するべきだ」と必死で提案している
・現場の人に話を聞きたくても、経営者管理職から嫌がられることがあるため、現場の人と話したくても話せない状況に陥り、結果として現場と乖離した提案しかできなくなってしまう
・現場の人からいろんな話を聞きたいのに、会議室から一歩も外に出ることを許されないような状況だと、全体像をつかめないまま部分的、且つ、一般的な提案を想像でするしか方法がない
・今すぐにできて即効性があり、且つ、投資額が少なくて済むものを求められると、小手先の提案しかできなくなってしまう
・提案前の土台づくりとして最低限の知識を提供しているのに、「机上の空論」と言われるのは心外
根本的な問題解決に向けた提案をしたくても、報酬額や支援期間から考えると、小手先の方法しか提案できない
・小手先の提案で解決できる問題ではないから、抜本的な改革提案をしているのに、「そんなことは夢物語だ」と取り合ってもらえない
・顧問契約をしているということは、何かあれば提案するという意味なので、支援先企業も忙しいのだから、何も相談されていないのにこちらから押しかけて提案する訳には行かない
・支援先企業の内部の人間関係ですらうまく行っていない中、利害関係が絡む外部の業者と良好な関係が築くのは相当難しいと感じる


■ 情報面
・専門分野以外のことを質問されたとしても、責任を持って答えられないのであれば答えるべきではない
・専門性が高い仕事を行っているからこそ、同業者同士での交流会や勉強会などで専門性をさらに磨く必要があり、専門外のことまで勉強している余裕はない
・専門外のことは別の専門家に相談した方が、支援先企業のためになると考えており、別の専門家を紹介しようとしても嫌がられる
・提言書やマニュアルなどの提出物に全て細かく説明してあるのに、全く読みもしないで質問してくれるので困惑する
・「○○がないと先に進めないから」と情報提供をお願いしているのに、支援先企業内の審議に時間が相当かかり、必要な情報がなかなかもらえずに時間ばかりが過ぎて行くが、納期は延ばしてもらえない
・決裁権が全くない担当者が窓口になっており、どんなことでも上司のお伺いを立ててもらわないと話が前に全く進まない
・支援先企業内で情報共有が全くされておらず、担当者が欠勤すると全てがストップする
・支援先企業で権限のある人に何を聞いても、「わからない」「知らない」と言われたり、たらい回しにされたり、「調べておくよ」と言ったまま放置されたりするので、より良い提案のための情報収集ができない
・意味がわからなければ質問してくれればいいのに、「何かご不明な点はありませんか?」と尋ねても、「忙しいから後で」と質問してくれない
・何の情報もくれないまま丸投げして、後から文句を言わないで欲しい
経営者管理職が把握している情報と、現場が把握している情報が全く異なる場合が多々ある
・上層部や窓口担当者の主観的な意見から想像して提案する訳にはいかないのだから、客観的なデータや情報が欲しいとお願いしているのに、「忙しいからムリ」「そんなデータをつくっているヒマなんてない」と言われてしまう
・議事録などの書面まできっちり渡してあるのに、「そんなことは知らない、聞いていない」などと平気で言わないで欲しい


■ 料金面(契約面)
・安価な支援を求めるのであれば、最初から公的支援機関に相談した方がいい
・支援内容よりも金額面を優先させたいのなら、仕事に困っていて低価格で、支援先企業の要望通りに何でもやってくれるところに依頼すればいいと思う
・対応する範囲が増えれば報酬額が増えるのは当然なのに、報酬額が増えることを全く考えないまま要求されるので困る
・予算も考えず社内稟議も通さずに相談と称して呼びつけたり、「今度こそ稟議にかけるから」という理由で資料作成を要求されたりを何度も繰り返されるなど、「タダ働き」を半ば強制されることがあるため、本気で依頼する気がないのであればやめて欲しい
・対価を支払おうとせず、何でもかんでも押し付ける「便利屋扱い」は困る
・ボランティアでやっている訳ではなく、こちらも従業員を雇って経営しているのだから、対価はきちんと支払って欲しい
・報酬額が安ければ、こちらとしても既存のフォーマットで対応するなどして、コストダウンするしか方法がない
・時給で働いている訳ではないので、支援先企業での滞在時間や日数だけで料金を決められてしまうのは非常に困る
・業務の代行料金しかもらっていないのに、コンサルティングまで求められても対応できない
・「コンサルタントが必要」と口では言い、コンルティング契約を結んでおきながら、「忙しいから」と話をするヒマすら与えてもらえず、代行や雑務に該当する業務しかやらせてもらえず、後から「大金をふんだくっておいて、何もしてくれていない」と文句を言われるのは心外
・契約書を無視するのは、くれぐれもやめて欲しい
・契約の範囲外のことまで対応するのは、双方の信頼関係にとっても良くない
・契約内容を逸脱した対応を求められることが多く、契約の範囲外だからと断るとクレームを言われることもあるため、契約内容ぐらいきちんと把握して社内共有しておいて欲しい
コンサルティングというのは、支援先企業と真剣に向き合った上で、いざとなれば一緒にクビをくくる覚悟でやっているため、リスクを考えるとある程度高額になってしまうのはやむを得ないと思う
・無料だったり対価とは到底言えなかったりする提案や作業などに、責任を持てと言う方がおかしい

-----


えーと・・・(汗)

「何だとぉぉぉぉ!?ゴラぁぁぁぁぁー(激怒)! ┗(炎Д炎#)┛ 」

などのよう火に油を注いでしまっていたら、本当に本当に本当に申し訳ございません。
m(_ _)m

ひれ伏して、お詫び申し上げます。m(_ _)m
私なんかでもよろしければ、気が済むまで石でも何でも投げてやってください。m(_ _)m

うーん、うーん、うーん・・・ (-''-)

表面上は、支援される側も支援する側もどちらも、笑顔で接していることも多々あるのでかなーりコワイんですが・・・
支援される側も支援する側それぞれの組織の中で、それぞれのお立場(経営陣、管理職、現場などなど)で、それぞれには見えない、聞こえないところで、本音を吐きまくっていることも多々あるので尚更深刻とも感じるんですが・・・

なーんか、良かれと思ってみんな一生懸命がんばっているのに・・・
このままの状況だと、誰も嬉しくないと思いませんか? (>_<、)

支援される側も支援する側もどちらも、「やらされ感いっぱい状態」だと感じませんか? (>0<)
「テンション下がりまくり状態」、「モチベーション下がりまくり状態」だと思いませんか? (T0T)

これらのすれ違いって、どーして起こっちゃうんだと思います???
どうすれば、お互いハッピーな関係になれると思います???
どうすれば、「三方よし」の関係になれると思います???
どうすれば、楽しく有意義に仕事できるようになれると思います???

どうすれば、経営者の方にとっても、管理職の方にとっても、従業員の方にとっても、仕入先にとっても、顧客にとっても、社会にとっても良くなるんでしょーか???
どうすれば、日本という国が世界から必要とされる存在になれるんでしょーか???
国際競争力とやらとは、何がどう関係するんでしょーか???

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?


と言う訳で、

「専門業者の選び方から、自律的に考えて行動してみる」カテゴリとしては、


コンサルティングとは?コンサルティングやコンサルタントに対する誤解とは?


へ、続きまーす。

いえなに・・・

「コンサルティング」や「コンサルタント」などの言葉って、意外と誤解されている言葉のうちの一つなんじゃないかな〜?
もしかしたらその誤解が、すれ違いの原因の一つでもあるんじゃないかな〜?


なーんて感じることも、結構あるので・・・(滝汗)。
(原因は、それだけではないと思いますが・・・)

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、「自律的に」一緒に考えてみてやってもらえませんか(恐る恐る)?

「おうっ、一緒に考えてやろーじゃねーか!( ̄ヘ ̄)凸 」

と言ってくださる心の広ぉぉぉぉい方は、お付き合いいただけると嬉しいです。m(_ _)m





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「組織力の強化や向上」などのご相談も、
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



posted by ネクストストラテジー at 07:50| Comment(0) | 専門業者の選び方から考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。