2011年03月07日

やる気、向上心、チャレンジ精神などが持てる組織ってどんな組織?(その1)

「マジメだし一生懸命なんだけど、やる気や士気とかがどうも感じられないんだよねー」
「イマドキの若者は、向上心ってもんがないのか???」
「これからグローバル化して行こうとしているのに、こんなにチャレンジ精神がないんじゃー困った」
「もっと、主体性を持って欲しいもんだよなー」
「指示を待つんじゃーなく、自分で考えて積極的に行動して欲しいんだけどねー」

などなど・・・

自律型人財育成(自律型人材育成)自律的な組織づくりなどで、企業さんのお手伝いをしているせいか・・・
「爆発・炎上・崩壊組織」で消防のお手伝いを行なうこともあるせいか・・・

このような悩みを耳にする機会が多々あります。

一方では・・・

やる気を出せって言われても、人に言われたからと言って出るようなもんじゃーないし」
「向上心を持てって言うけど、このクソ忙しいのに、どーやったら向上心が持てるようになるんだ」
「ウチの会社で向上心なんて持ったって使う機会なんてないし、会社を辞めたなるだけだよ」
「もっとチャレンジしろ!挑戦しろ!って言われても、やって失敗したら怒るでしょ?」
「主体性を持て???ウチの会社で主体的な意見なんて言ったら、確実にクビになっちゃうよ・・・」
「指示を待つな?自分で考えて積極的に行動しろ?さっきは、オレの指示を待て!勝手に行動するな!って怒っていたよな?一体どっちなんだ???自分の都合で、コロコロ変えるんじゃねぇーよ!」

などなどの悩みも、耳にする機会が多々あります・・・。

うーん・・・、どちらも切実な悩みですよね・・・。(>_<、)

でも・・・

お互いに言っているだけじゃー・・・
ネット検索とか、飲み会の場とかで、怒りをぶつけているしているだけじゃー・・・
一時的に不満が解消されたとしても、言う方も言われる方もストレスが溜まるばっかりでしょーし・・・(汗)

そもそもの話・・・

いち個人の問題じゃーなく、「組織的な仕組み」などが原因だったとしたら・・・
特定の個人を責めたり、一方的に命令したり、泣き落としたり、愚痴ったりしても、
インターネット検索を通じて、怒りや悩み、嘆きなどをぶつけたとしても、
同じ悩みを持つ人を見つけたしても、同調してくれる人を探したとしても、
根本的には、なーんの解決にもつながらない


んじゃーないかな〜???
なーんて感じません(汗)?

また・・・

「組織じゃないとできないこと、組織でなくてもできることって何だろう?」シリーズ
誰にも相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろうか?
中小企業の従業員が知っておきたい経営者が孤独を感じる原因って何だろう?
後継者の孤独とは?2代目や3代目など中小企業次期社長ならではの苦労って何だろう?
「上司や部下がうつ病になる組織、ならない組織の違いって何だろう?」シリーズ
部下思いのいい上司が、パワハラ上司に変わってしまった原因って何だろう?
売上が上がらない、利益が出ない、赤字になる本当の原因って何だろう?
「日本人の生産性が低い理由って?生産性の向上ってどういう事なんだろう?」シリーズ
高付加価値を生み出していると感じる組織と感じられない組織の違いって何だろう?
「無駄な会議と意味のある会議の違いとは?組織文化などとの関係って?」シリーズ
「優秀な人材が辞める本当の理由、優秀な社員から辞める原因って何だろう?」シリーズ
「属人化とは?属人化する原因って?メリットやデメリットって何だろう?」シリーズ
「人手不足や人材不足になる本当の原因とは?組織力などとの関係って?」シリーズ

などなどの記事にも、ある意味関係するっちゃーするかもしれませんので・・・

やる気がない、向上心がない、チャレンジ精神がないなどに、どうして陥ってしまうんだろーか?
やる気を出してもらうために、向上心を持ってもらうために、チャレンジ精神を持ってもらうためには、どうすればいいんだろーか?何が必要なんだろーか?
やる気が出る、向上心が持てる、チャレンジ精神が旺盛などの人財(人材)が育つ、組織的な仕組みってどんなものなんだろーか?

などなどについて・・・

一緒に考えてみません?(^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。

えーと・・・

例えば、こんなのから考えてみるというのはどーでしょう???


自己実現理論
「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したもの
「マズローの欲求段階説」とも称される。

人間の基本的欲求を、5段階に分類した。
※下(生理的欲求)から上(自己実現欲求)へ読んでくださいねー

○ 自己実現欲求
自分の持つ能力や可能性を最大限発揮し、具現化したいと思う欲求。



○ 承認欲求(自尊心的欲求)
自分が集団から価値ある存在と認められ、尊重されることを求める欲求。

↑ 

○ 所属と愛の欲求(社会性欲求)
情緒的な人間関係・他者に受け入れられている、どこかに所属しているという感覚。
この欲求が満たされない時、人は孤独感や社会的不安を感じやすくなり、鬱状態になりやすくなる。



○ 安全欲求
安全性・経済的安定性・良い健康状態・良い暮らしの水準など。
病気や不慮の事故などに対するセーフティ・ネットなども、これを満たす要因に含まれる。



○ 生理的欲求
生命維持のための食事・睡眠・排泄等の本能的・根源的な欲求。


「生理的欲求」から「承認の欲求」までの4階層に動機付けられた欲求を「欠乏欲求」(deficiency needs)とする。
生理的欲求を除き、これらの欲求が満たされないとき、人は不安や緊張を感じる。
「自己実現の欲求」に動機付けられた欲求を「成長欲求」としている。

人間は満たされない欲求があると、それを充足しようと行動(欲求満足化行動)するとした。
その上で、欲求には優先度があり、低次の欲求が充足されると、より高次の欲求へと段階的に移行するものとした。

-----


うーむ・・・

どっ・・・、どーでしょう???

「ふぅーむ、ナルホドナルホド φ(.. )」
「そーか、そうだったのか・・・、ううーむ・・・ ( ´・ω・`)」

という方も、いらっしゃれば・・・

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;)」
「だから何さ???頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

ううーむ・・・

ざっくりバックリ言うと・・・

積み木と同じで・・・
下の階層が存在しなかったり、
または、ぐらぐらしていると、
上の階層が、崩れちゃう

どんなに一生懸命載せようとしても、
上の階層が、ガラガラと崩れ落ちちゃう


ってことなんじゃーないかな〜?
なーんて、感じません(汗)?


例外もあると言えばあるでしょーし、全面的に肯定して、鵜呑みにしちゃうのは危険だと思いますが・・・
一理あるっちゃー、あると思いません(汗)?

例えば・・・

先述した嘆き声を
5段階に当てはめて考えてみると・・・

「組織的な仕組み」とやらを、
どう良くしたらいいのかなどの
ヒントが浮かんで来る
おお〜っ ━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━ 見っけ〜♪


ことも、あるんじゃーないかな〜???

なーんて、感じません?
どっ・・・、どうでしょう???

・・・え?

「うーん・・・、イマイチ、ピンと来ないんだけど・・・ ( ̄д ̄;) 」
「何からどーやって、どう考えたらいいんだ??? ( ゜Д゜) 」
「頭がウニ状態じゃー!やっぱよくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/」

・・・って(汗)???


うーん・・・、ではでは、


やる気、向上心、チャレンジ精神などが持てる組織ってどんな組織?(その2)


にて、実際によくある事例などから一緒に考えてみません?(^^)/

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、ゆるゆる〜っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「自律型の組織づくり」などのご相談、
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



posted by ネクストストラテジー at 09:25| Comment(0) | 組織や仕組みから考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。