2011年03月09日

海外の教育現場(共育現場)ってどんなの?自律性や主体性は育つ?(その3)

【注意】
「教育(共育)」の類で検索された方は、もしかしたら以下の記事の方が、ある意味お役に立てるかもしれません。

(と言いつつ、全くお役に立てなかったらすみません・・・)

「人材育成とは?何のため?誰のため?どんな時に必要なんだろうか?」シリーズ
「視野を広げる方法とは?経営者と従業員の視点って何がどう違うんだろう?」シリーズ
「研修とは?本当に役立つ社員研修や管理職研修を行うのに必要なことって何?」シリーズ
思考停止を招く教育とは?従業員の主体性や向上心が育つ人材育成って?
「知識や方法論中心の研修で育つ力、育たない力って何だろう?」シリーズ
「従業員が育たない原因とは?上司と部下の間にあるギャップって何だろう?」シリーズ
「教育とは?」「共育とは?」から自律型人材について考えてみると?

-----


海外の教育現場(共育現場)ってどんなの?自律性や主体性は育つ?(その1)
海外の教育現場(共育現場)ってどんなの?自律性や主体性は育つ?(その2)

の続きです。
※上記の記事を読んでいらっしゃらない方は、意味不明で頭がウニ状態に確実になると思いますので、先に読んでやっていただけると嬉しいです
(と、おねだりしてみるヤツ)

ヘタれながらも、日本を含む世界各国の方々に、自律型人材育成(自律型人財育成)のお手伝いをしているヤツなんですが・・・

で・・・、海外赴任時に経験した某国の某学校教育例とやらについて、

海外の教育現場(共育現場)ってどんなの?自律性や主体性は育つ?(その1)
海外の教育現場(共育現場)ってどんなの?自律性や主体性は育つ?(その2)

にて、ご紹介して参りましたが・・・、いかがでしたでしょーか?

「日本の教育(共育)とは、随分違うんだねー・・・ ( ̄д ̄;) 」

と、感じた方もいらっしゃれば・・・

「ううーむ・・・、どこの国の教育(共育)であっても、やっぱりメリットもあればデメリットもあるんだね・・・ ( ´・ω・`) 」

と、感じた方もいらっしゃれば・・・

「ナルホド・・・、今の日本の現状をつくっているのは、私たち自身でもあるらしい・・・
(o´д`o)=3 」

と、感じた方もいらっしゃるんじゃーないでしょーか?

で・・・、今回はというと・・・

日本の学校教育しか知らない方にとっては・・・

「え゛え゛え゛え〜!?有り得ねぇぇぇぇー! Σ(゜Д゜;) 」

と、さらに叫びたくなるような・・・、常識をくつがえされるような・・・

某国の某学校教育例から、一緒にちょっと考えてみませんか? (^^)/
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)

あ、因みに・・・

ステレオタイプなイメージに陥ると危険なので、国名は敢えて伏せておきますねー(汗)。
予め、ご了承くださいませ。m(_ _)m


※お願い※
「日本以外の教育(共育)は、全部そう!」
「この国での教育(共育)は、全部そう!」

なーんて画一的には、間違ってもとらえないでくださいねー(懇願)。
地域によっても、学校によっても、担当教師(講師)によっても、生徒(受講者)によっても、状況によっても違うと思いますので〜(汗)。

物事にはやはり、いい面と悪い面の両方があるもんじゃーないでしょーか?
カンペキ、絶対大丈夫!万能!なーんてことは、世の中に存在しないと思いません?

何と言っても、完璧な人間なんて存在しないんですから・・・。
不完全だからこそ、人間なんですから・・・
だからこそ、もっともっと良くしようと試行錯誤するのが人間なんですから・・・。

くれぐれも、

「自律性や主体性、自分で考えて行動する力などが育つ教育(共育)って、どんなのだろう?」
「自律性や主体性などを自律的に高めるために、必要なことって何だろう?」
「自律性や主体性などを自律的に高めるために、教育でできること、できないことって何だろう?」
「自律性や主体性などを自律的に高めるために、共育でできること、できないことって何だろう?」

「日本の教育(共育)制度は、どうすれば良くなるのか?」
「日本企業の研修制度や職業訓練制度などは、どうすれば良くなるのか?」

「世界に通用する人材育成(人財育成)とは?」
「どうすれば、『グローバル人材育成(人財育成)』や『グローバル人材』、『グローバル化』や『国際化』などの言葉を叫ばずに済むのか?」
「日本(日本人)が持つ強みとは何か?弱みとは何か?」
国際競争力とやらとは、何がどう関係するのか?」

などの観点から、自律的に考えて行動し、日本人一人ひとりが日本を良くするための材料の一つとして使ってやっていただけますよう、ひれ伏してお願い申し上げます。
m(_ _)m


いえなに・・・

問題点や欠点などを突き合うモグラ叩きをやったって・・・
一面だけを見て、アレが良い、コレが悪いなどと、ただ批評したって・・・
国が悪い!企業が悪い!学校が悪い!親が悪い!イマドキの若者が悪い!などと、誰かを責めたり批判したりしたって・・・

誰もトクしませんし、なーんにも変わりませんし、なーんにも良くならないと思いますので(汗)。


【某国の某学校で気づいたこと(パート2)】
■ 将来、何になりたいのかを相当早く決める必要あり
これは将来、何になりたいかによって、中学校以上の進路が異なるからなんですが・・・
つまり、大学まで行ける学校に入っていなければ、大学卒を前提とした職業には就けないという仕組みです。
逆に言うと、たとえ大学まで出ていたとしても、就けない職業もあるというワケです。

これって・・・
学校教育制度と、将来の仕事とが密接に関係していると思いません?
モチロン、メリットもデメリットも両方あるとは思いますが・・・。

と言っても、将来の仕事に関することばかり勉強しているワケじゃーありません。
学校ならではの行事も、すごーく豊富です。
(授業もよくなくなりますw)

また、何かと休みも多いです。
「休みは休み」という考え方なので、学校ごと閉まっちゃいます。
休み期間中は、生徒の登校日もなければ、教師の出勤日もありません。


■ 入るのは容易く、出るのは難しい
入学試験というものが、存在しません。
席さえ空いていれば、OKです。
卒業資格が、入学資格になるという仕組みです。

その代わり、卒業するのは大変です。
「落第させた方が本人のためでもあり、社会のためでもある」という考え方なので、基準に達していなければ容赦なく落第させます。
そのため、同じ学年であっても、年齢がバラバラというのも珍しくありません。

また、何歳になったから、小学校へ行かなければならないという考え方もありません。
(義務教育が存在しないという意味ではありませんのでw)

因みに、高校までの学費は無料です。
教科書は貸し出しですし、制服もありませんし、学校指定の云々というものもありません。
私服と言っても、おしゃれをしている生徒もいれば、ほぼ毎日同じ服装の生徒もいます。
中には、化粧だの、鼻ピアスだの、真っ赤な頭だの、紫色の頭だのの生徒もごく普通に存在します。
教師の服装も自由で、ジーンズもOKです。

大学は有料ですが(以前は、無料)、日本に比べれば相当カワイイ金額です。
奨学金制度も充実しており、たとえ生活保護を受けていても、親がいないなどの理由から施設で生活していても、本人が希望さえすれば大学まで行くことが可能です。
そのため、貧富の差によって、学歴が左右されるということはありません。

そのせいか、自分の子供が学校をサボっても「お前の人生なんだから、お前の好きにすれば?」と、涼しい顔で言う親は珍しくありません。
「勉強しなさい!」と子供に怒る親にも、今のところお目にかかったことがないぐらいでしょーか。


■ プリント配布は、ほとんどなし
生徒は、教師が言葉で伝えたのを聞くか、掲示してあるのを自分で見るかというのがほとんどでしょーか。
よって、保護者へ配布する「おたより」に該当するものは、ないんじゃーないかと???

・・・え?

「そんなんで、大丈夫なのか??? ( ̄д ̄;) 」

って?

えーと・・・
ちゃんと聞いていなかったり、掲示してあるものをちゃんと見なかったり、親に伝えなかったりした者が悪いよね?
という考え方が徹底しているので・・・。

・・・え?

「じゃあ、大人の世界ではどーなんだ??? ( ̄д ̄;) 」

って?

これも同様でしょーか。
例えば、いついつにどこどこで会議があるというのは、掲示してあるだけです。
見なかった者が悪いという考え方でしょーか。
因みに、外国人に対しても同じ扱いです。

余談ですが、この国に赴任していた時に、

「ただでさえ外国語なのに、略語満載で掲示されると、さらに意味不明じゃないですか〜(泣)」
「お陰で、学校が閉まっている日に来てしまったじゃーないですか〜(怒)」

などと、ホザいてみたことがあるんですが・・・

「そもそもの話、理解できないなら、誰かにナゼ質問しなかったんだ???」
「略語で掲示することと、来たら学校が閉まっていたと怒るのは別の話だ、論点が違う!」

とのお返事でした。
うーん・・・、言われてみれば確かにそうかもしれませんよね・・・(反省!)。

また、日を改めて、

「手書きだと、解読不明の場合もありますよね〜(泣)」
「読めない文字があった時に、その時職員室にいた人に片っ端から10人ぐらい聞いてみたんですけど、こりゃー読めない・・・って全員が言ってましたよ〜」
「母国語の人ですら解読できない文字を、なんのために掲示するんでしょーか???」

などと、懲りずにダメモトでホザいてみたこともあるんですが・・・

そしたら、全てタイプ打ちで掲示されるようになりました。(^^)v
(「そーか、こう言えばいいんだ♪」と、学習した瞬間とも言うw)


■ ルールを守るのが大原則、破る時は自己責任でどーぞ
例えば、遠足なんかをイメージしてもらうと、わかりやすいかもしれませんが・・・
「ルールを守らなかった者が悪い」というのが徹底しています。
よって、遅れるなど、ルールを破ったら遠慮なく置いてきぼりを食らいます。

・・・え?

「そんなことをやらかして、親は文句言わないのか??? ( ̄д ̄;) 」

って?

ううーむ・・・、言いませんねー。
むしろ、「ルールを守らなかったお前が悪い」と子供に言うだけです。

・・・え?

「社会では、どーなんだ??? ( ̄д ̄;) 」

って?

例えば、こんなのでしょーか。

・バスの中で喫煙している人がいた場合
実際に遭遇したことがあるんですが・・・
「バスの中は禁煙です、火を消すか、バスを降りるかしてください」
と、誰かが必ず言ってましたねー。

注意を無視して喫煙し続ける人がいると、バスに乗っている全員が「バスを降りてください!それがルールです!」と叫んでました。
喫煙していた人は結局、次のバス停で降りましたが。


・無賃乗車した場合
改札口がない所なので、やろうと思えばいくらでも無賃乗車できますが・・・
無賃乗車が発覚すると、きつーいお仕置き(罰金もあり)が待っています。
覆面で複数の調査員が乗って来るため、発覚した時は次の駅で強制的に降車させられます。

経験者に聞いたところによると・・・
現地語がわからないと言ってもムダですし、たまたま忘れていた、貧乏でお金がないなどと言ってもムダだそーです。

外国人だからと、特別扱いしてもらえるなんてことも一切ありません。
度重なると、国外退去を食らうそうです。

-----


えーと・・・

気づいた点は他にもいっぱいありますが、キリがないのでとりあえずこんなもんで。

ううーむ・・・

「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
「日本の良さとは?外国人や海外経験のある日本人が感じる事って何だろう?」シリーズ
「日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何だろう?」シリーズ
病気でも出勤するのが常識、病気で休みたくても休めない原因って何だろう?
英語などの外国語の知識があってもコミュニケーションがとれない原因って?
「グローバル人材とは何だろうか?グローバル化や国際化って?」シリーズ

も、含めて考えてみると・・・

どっ・・・、どうでしょう???
日本とは、随分違うと思いません???
どこの国の教育(共育)であっても、やはりメリットもあれば、デメリットもあると思いません?

うーん・・・

あ、でも・・・

学校、家庭、職場、社会って
バラバラじゃーなく、つながっている


んじゃないかな〜?
なーんて、改めて感じません?

つまり・・・

教育(共育)が与える影響は、良くも悪くも大きい

人づくりにも、企業づくりにも、街づくりにも、
地域づくりにも、国づくりにも影響する

そこからまた、教育(共育)もつくられる


んじゃないかな〜?
※ここで言う教育(共育)は、学校の中だけの話じゃーありませんので

なーんて、改めて感じません?

日本の現状で考えてみても・・・

卵と鶏、どっちが先なんだろーか???

なーんて、考えさせられません? (^^;)

となると・・・、もしかしたら・・・

自律型人材は、一方的に教えて育てる教育で育てられるんだろうか?
誰にも相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろうか?
部下が質問しない、質問したくない、質問できない原因って何だろう?
いち社員、いち管理職の問題を、組織の問題ととらえると見えることって何だろう?
思考停止を招く教育とは?従業員の主体性や向上心が育つ人材育成って?
「数値データによる思考停止の原因って何だろう?数字の裏の読み方とは?」シリーズ
「知識や方法論中心の研修で育つ力、育たない力って何だろう?」シリーズ
「敵(相手)を知る、己(自分)を知るって?何をどう知ればいいんだろう?」シリーズ
部下や上司、他部署の欠点、弱点、問題点ばかりが気になる原因って何だろう?
「強い組織の作り方とは?強い組織か弱い組織かの判断基準って何だろう?」シリーズ

などなどにも、ある意味関係するっちゃーするのかもしれませんが・・・

一面だけを見て、アレがいいとかコレがいいとかと、
ただ批判したり批評したり、
真似っこしたり、
部分的にいじくったりするのではなく

全体像をみんなで共有した上で、
私たち一人ひとりができることを
「自律的に」考える
イェ━━━━━ヽ( ゜Д゜)人(゜Д゜ )ノ━━━━━━イ


って、大事なことの一つなんじゃないかな〜?
なーんて、改めて感じません?

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか???


とゆーワケで・・・

「海外や日本の常識、グローバル化や国際化、グローバル人材などから自律的に考えて行動してみる」カテゴリとしては、


「日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何だろう?」シリーズ


へ、続きまーす。(^^)/


ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、ゆるゆる〜っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「自律型の組織変革」などのご相談、
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



【追伸】
「・・・で、答えは何なの???」と思った方へ


よろしければ、以下の記事も見てやっていただけると嬉しいです。(^^)

「自分で考えて行動する「自律型人材」が育つ組織って?」ブログについて
「答えが見つからない、探しても解決策が見つからない原因って何だろう?」シリーズ
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?自律性などとの関係って?
「自立」とは?「自律」とは?その違いって?自律型人材とは?
「社長、上司、部下、会社組織にとって本当に必要な支援って何だろう?」シリーズ


この記事へのコメント
ブログ上では初めましてです。

学ぶべき知識量や情報は溢れかえってますが、人への思いやりや助け合う気持ちは疎かになっている気がします。
当社の人材教育も確かにスキル重視です。

う〜ん。考えさせられますね。
Posted by はっしー at 2011年03月09日 14:42
はっしー様

初コメント、ありがとうございます。(^^)

> 学ぶべき知識量や情報は溢れかえってますが、
> 人への思いやりや助け合う気持ちは
> 疎かになっている気がします
うーん・・・、コレって某国の某学校教育例をご覧になって、そう感じたということでしょーか?
それとも、日本全般について感じていらっしゃることなんでしょーか?
それともそれとも、御社での教育について感じていらっしゃることなんでしょーか?

以下は、「某国の某学校教育例をご覧になって」と仮定した場合のお返事ですが・・・
(違ったらゴメンナサイ)

某国へ赴任した当初は、
「なーんて不親切なんだ(怒)!」
などとホザいていた私ですが・・・

「何で?何でそうなの?わからんから教えてちょー(懇願)」
などといろんな人に聞きまくって、
「へぇー、そういう考え方なんだー!ナールホド!そう考えると有り難ぁーい思いやりだな〜、感謝しないと〜♪」
などと、納得しながら現地に慣れるにつれ・・・

人への思いやり云々に関しては、種類が違うだけなんじゃないかな〜?
と、感じられるようになりました。(^^)v

つまり、多くの日本人が感じる「思いやり」とは種類が違うだけで、彼らなりの「思いやり」がちゃんとあるということでしょーか。

と言っても、日本人だから思いやりがあるなどとひと括りには言えないのと同じで、彼らだって人によっても状況によっても異なりますが。

「敵(相手)を知り、己を知れば、百戦危うからず」
とは、よく言ったものですよねー、ホント♪
(自分と同一人物なんていない = お互い宇宙人なんだしw)

> 当社の人材教育も確かにスキル重視
ううーむ・・・、個人的には・・・
スキル重視の教育自体は、必ずしも悪いものじゃないとは思うんですが・・・。

御社が目指していらっしゃる方向性、目的や目標などに合致しているのであれば、スキル重視であっても別に構わないんじゃーないでしょーか? (^^)

どっ・・・、どうでしょう???
はっしーさんは、どう思われますか?

こんなボログですが、今後ともお付き合いいただけると嬉しいです。m(_ _)m
Posted by ネクストストラテジー at 2011年03月10日 05:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。