2011年03月22日

無能社員、無能上司、無能部下の「無能」とは?無能と感じる原因って?(2)

無能社員、無能上司、無能部下の「無能」とは?無能と感じる原因って?(1)

の続きです。(^^)
※上記の記事を読んでいらっしゃらなくても、この記事の意味はわかると思いますが、後から頭がウニ状態に陥ってしまう可能性が高いと思いますので、できれば読んでやっていただけると嬉しいです
(と、おねだりしてみるヤツ)

えーと・・・

うつ病・入院・失踪・過労死・過労自殺が続出の「爆発・炎上・崩壊現場」などで聞こえて来ることも多く、検索キーワードに使われていることも多い・・・

「問題社員、無能社員を辞めさせたい」
「問題社員や無能社員は、ごく潰しで給料泥棒、存在価値なし!」
「使えねぇー部下!何でオレの下には、無能な部下しかいないんだ!?」
「問題のある社員や無能な社員を押し付けるな!こんなのを教育しようと考える方が間違っている」
「もっと有能な部下が欲しい!優秀な部下が欲しい!いい部下が欲しい!」
「失業者が溢れかえっている時代に、無能なヤツを雇って教育もしない人事部は無能としか言いようがない」

とか・・・

「あんな無能な上司なんて、とっとと辞めるか、異動してくれたらいいのに」
「無能上司の方が給料が高いなんて、納得ができない」
「まともな指示すら出せない無能上司のくせに、社長の腰巾着上司のくせに!」
「この会社をよくする唯一の方法は、無能経営者を辞めさせて、無能上司も全員解雇することだね」
「もっと優秀な上司だったら、オレもいい部下になれるのに」

などなど、例えばこんな声をきっかけとして・・・


無能社員、無能上司、無能部下の「無能」とは?無能と感じる原因って?(1)


から、皆さまと一緒に「自律的に」考えてみているんですが・・・

そもそもの話、「無能」って、何だろーか?
「有能(有能感)」って、何だろーか?

「無能」か「有能」かって、誰が決めるんだろーか?
「無能」か「有能」かって、何がそう決めるだろーか?

誰かから見て「無能」だったら、「無能」なんだろーか?
誰かから見て「有能」だったら、「有能」なんだろーか?

無能社員、無能上司、無能部下などが生まれてしまう、組織的な仕組みって何なんだろーか?
誰かが誰かのことを「無能」って言っている組織で、本当に優秀な人財や有能な人財って育つもんなんだろーか?

有能な社員、有能な上司、有能な部下が育つ組織って、どんな組織なんだろーか?
有能な社員、有能な上司、有能な部下が育つ教育(共育)って、どんなのなんだろーか?

などなどについて・・・

引き続いて、一緒に考えてみません? (^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/

んーと・・・

今回はとゆーと、例えばこんなのから考えてみるのはどーでしょう?


■ 有能とは?
コトバンク
才能のあること。また、そのさま。


■ 有能感とは?
「他人を見下す若者たち」
現代人は自分の体面を保つために、周囲の見知らぬ他者の能力や実力を、いとも簡単に否定する。
世間の連中はつまらない奴らだ、とるに足らぬ奴らだという感覚をいつのまにか自分の身に染み込ませているように思われる。

そのような他者軽視をすることで、彼らは自分への肯定感を獲得することが可能になる。
一時的にせよ、自分に対する誇りを味わうことができる。


有能感の4つのタイプ
【仮想型】
現実には有能とは認められないにもかかわらず、失敗の原因などを自分以外の要因に帰しやすい。
また他者の失敗に敏感で、その機会を捉えては相手を批判することで、自分の有能さを回復させたり誇示したりする。

【全能型】
自分に満足しており優越感を抱いているが、他者への不満も抱いている。
中年期以降に顕著。

【自尊型】
他者軽視ならぬ他者尊重のタイプで、仮想的有能感を抱かない。
他者に不満はなく、自分にも満足している。

【萎縮型】
両次元の有能感がともに低いタイプ。
他者への不満はないが、自分に対して不満で自信がない。
人に迷惑をかけたりはしないが、失敗などはすべて自分のせいにして劣等感が強い。


学習場面に関して言えば仮想的有能感(他者軽視)が高くて自尊感情の低い[仮想型]の人は、自慢と批判が多く、人に聞かれても教えなければ他人に尋ねたりもしない。
どちらも低い[萎縮型]は、何かあるとすぐ落ち込み、抑鬱状態や無気力になりがちです。
どちらも人間関係がうまくいかなくなる可能性が高いと考えられます。

自分の失敗を認めず人のせいにする、世間の連中はつまらない奴らだという感覚を持つ、…よく知らない他者の能力や実力を否定する行動傾向が、近年、若者を中心に目立つようになりました。
仮想的有能感は、これらの行動傾向を理解するためのひとつの心理的構成概念と考えています。

仮想的有能感を高く有している人たちの多くに共通しているのは、横柄で人を見下したような態度や言動を示すことです。
それは「将来を見通す能力」のように、自分が経験したことのない漠然とした領域や、自分への評価が定まっていない部分で顕著となる傾向があります。

仮想的有能感は、他者を軽視する傾向がみられるのですが、裏返せばこれは自尊感情が低いこと、つまり自分に自信がないことを現しています。
自尊感情の低い人は、自信のなさを補う形で人を見下し、自分の体面を保つようになります。
こうしたことを繰り返しながら仮想的有能感が強化されていくのです。

逆に「数学の能力」のように、自分がどれだけできるか/できないかがはっきりしている場面では出にくいようです。
能力や実力をよく知っている親しい他者に対しても、仮想的有能感は機能しにくいと考えられます。

-----


うーん・・・
どーでしょう???

「ふぅーむ、ナルホドナルホド φ(.. ) 」
「そーか、そうだったのか・・・、ううーむ・・・ ( ´・ω・`)」
「げげげっ・・・ 、やっ、ヤバイかも・・・!! ガ━(゜Д゜;)━ン 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;)」
「んなワケあるかー!無能なヤツを無能と言って何が悪い!? \(  ̄曲 ̄)/」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

ううーむ・・・

全面的に肯定して、鵜呑みにしちゃうのは危険だと思いますが・・・
一理あるっちゃー、あると感じません(汗)???

特に、「仮想型有能感」や「全能型有能感」とやらについて考えてみると・・・

「無能な上司!バカ上司!マヌケ上司!」
「無能な部下!アホ部下!脳みそのない部下!」

などなどのように、他者に対して「無能!」とついつい言ったり見下してしまったりするのって・・・
自分は悪くない!という具合に、ついつい他者のせいにしてしまったりするのって・・・
誰かのミスや問題点を、モグラ叩き的に批判したり非難してしてしまったりするのって・・・

もしかしたら・・・

こんなはずじゃなかった!
こんなの自分じゃない!
自分の人生じゃない!

自分は、もっと素晴らしい存在になれると思っていた!
自分には、明るい未来が約束されていると思っていた!

もっと自信を持てるようになりたい!
自分を、もっと認めて欲しい!
自分を、もっと褒めて欲しい!

誰かから、社会から、必要とされる存在になりたい!
誰かから、頼りにされたい!
誰かの役に立っているという実感を持ちたい!

などなどの感情の裏返しや、心の叫びの一種


なのかも〜?

なーんて、個人的には感じたんですが・・・
だとすると、思わず胸が痛ぁーくなっちゃうんですが・・・ (>_<、)

どっ・・・、どうでしょう(汗)???


ううーむ・・・

自覚のないまま、特に「仮想的有能感」とやらに陥っていたら・・・
それって、めちゃめちゃ怖くないですか・・・(滝汗)???
((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

と言う訳で・・・

こんなのも見つけたので、ご紹介しておきますねー。


仮想的有能感を測定する尺度
1. 自分の周りには気のきかない人が多い
2. 他の人の仕事を見ていると、手際が悪いと感じる
3. 話し合いの場で、無意味な発言をする人が多い
4. 知識や教養がないのに偉そうにしている人が多い
5. 他の人に対して、なぜこんな簡単なことがわからないのだろうと感じる
6. 自分の代わりに大切な役目をまかせられるような有能な人は、私の周りに少ない
7. 他の人を見ていて「ダメな人だ」と思うことが多い
8. 私の意見が聞き入れてもらえなかった時、相手の理解力が足りないと感じる
9. 今の日本を動かしている人の多くは、たいした人間ではない
10. 世の中には、努力しなくても偉くなる人が少なくない
11. 世の中には常識のない人が多すぎる

1点:全く思わない
2点:あまり思わない
3点:どちらともいえない
4点:ときどき思う
5点:よく思う

※総合得点が高いほど、仮想的有能感を高く有していると解釈できる

-----


うぉー・・・

こうやって見てみると・・・
全面的に信じるのは危険としても・・・

もしコレが当たっているとしたら・・・
コレって、一歩間違うと・・・

ちょっとしたことで、誰しもが陥ってしまいがち
特にクソ忙しい時とか、イライラしている時とか、カリカリしている時とか・・・
ちょっとしたきっかけで、誰がいつ陥ってもおかしくない


とも、言えるのかもしれませんね・・・(滝汗)。
((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

それにしても・・・

仮想的有能感とやらが、特に若年者に増えている原因っていったい何なんだろーか???
昔はそーじゃなかったとしたら、何でなんだろーか???
今と何が違うんだろーか???

それって、本当にイマドキの若年者にだけ増えているんだろーか???
だとしたら、何でだろーか???

実は、若年者以外にも増えているってことはないんだろーか???
もしそうだとしたら、何でだろーか???
もし違うとしたら、何でだろーか???

「地震が起きるから悪い!」「景気が悪いから悪い!」「デフレだから悪い!」「円高だから悪い!」「原材料が高騰するから悪い!」「国が悪い!」「親が悪い!」「会社が悪い!」「経営者が悪い!」「従業員が悪い!」「取引先が悪い!」「競合が悪い!」「学校が悪い!」「教育が悪い!」「誰それが悪い!」などのように・・・
何でもかんでも自分以外のせいにしてしまう心理とも、もしかしたら関係しているんだろーか?

「イマドキの若者は云々・・・」とか「ワシの若い頃はウンチク・・・」とかと言ってしまう心理などとも、もしかしたら関係しているんだろーか?
自分ではそのつもりはなくても、第三者から見れば明らかなパワハラ行為をやらかしてしまう心理などとも、もしかしたら関係しているんだろーか?

モンスターペアレントとか、モンスターカスタマーとか、モンスターペイシェントとかに陥ってしまう心理とも、もしかしたら関係しているんだろーか?

「自尊感情が育っていない」ことが、原因だとしたら・・・
どんな組織だったら、自尊感情が育つんだろーか???
どんな教育(共育)だったら、自尊感情が育つんだろーか???
どんな仕組みがあったら、自尊感情が育つんだろーか???

企業ができることって、いったい何だろーか???
学校ができることって、いったい何だろーか???
社会ができることって、いったい何だろーか???
国ができることって、いったい何だろーか???

周りの人ができることって、いったい何だろーか???
一人ひとりができることって、いったい何だろーか???

なーんて、考えさせられません(汗)?

どっ・・・、どうでしょう???

そんなワケで・・・

こんなのも紹介しておきますねー。


■ 「潰れない生き方」とは?「自分を大切にする生き方」とは?
「潰れない生き方」
潰れない生き方とは、自己研鑽し、他者より優れた自分をつくる生き方でも、潰れないように人に対して強く主張できる自分をつくる生き方でもありません。

自分で自分を潰そうとする行為から、自分を守る生き方をさします。

どうも生きにくい、生きていくことがしんどいなと思っている人が、増えているように見えます。
特に、人と人との関係が希薄になり、心から信頼できる存在、自分を見てくれる、必要としてくれる存在が見つからず、いつも不安を抱えて生きている人が増えている気がします。

自分のことを本当に理解して、どんなことがあっても自分のことを信じ、自分の味方になってくれる人なんて、そう簡単に出会えるわけはありません。
でも、人はどこかでそういう人に出会いたい、そういう人にそばにいてほしいと願うものです。

なぜなのでしょうか。
それは、どんな人も自分の存在価値は、他者を通じてしか実感できないからです。

いろいろなプレッシャーや不安にさらされて生きていかなければならない世の中なのですから、ときには自分ではどうにもならない、もう前に進めないと思うことは、誰にでも起こることなのだと思います。
でも、そこで自分を傷つけたり、自分を見捨てたりして、好きになれない自分をつくってしまったら、それは自分を潰してしまうことになってしまいます。

自分の心を傷つけ、自分を雑に扱ってしまう人の根底には、自分を肯定し、認められないという心理があります。
この自己肯定感がないと、常に不安な感情が心のどこかにある状態になります。

さらに、自分が肯定できないと、他者を肯定したり、認めたりすることもできません。
なぜなら、自己肯定感がないゆえに自分の良い部分があってもフィルターをかけて否定的にみてしまい、そのフィルターをかけたまま他者の行動も見てしまうからです。

問題は、そのような人が他人から受け入れられているかどうかです。
心の底から受け入れてくれる人はまず現れないでしょう。

自分を認めてくれる人が現れないと、人は自分に自信をなくしていきます。
いくら頭の中で「自分はすごいやつだ」と思っていても、それを誰も認めてくれなければ自信を維持し続けることは困難です。

だから、最後はどんな人にも、自分を受け入れ、認めてくれる存在が必要なのです。
自分を信じ、自分の味方になってくれる存在が必要なのです。
そういう存在がいるからこそ、どんなにつらくても自分を見捨てず、踏ん張ることができるのです。

このように考えると次のようになります。


○ 自分を大切にするためのサイクル
自分を大切に扱う

自分を認められる

他者を認められる

他者から認められる

自己肯定感(前向きな感情)

さらに自分を大切にする


○ 自分を潰すサイクル
自分を雑に扱う

自分が認められない

他者を認められない

他者から認められない

自己否定感

さらに自分を雑に扱う


潰れそうだという人は、まずはこの悪循環のもとである、自分を雑に扱うという行為を断つ必要があります。
ここで自分を雑に扱うとは、自分の感情を、怒り、恨み、悲しみで満たして放っておくこと。
つまり、自分の感情を傷つける、汚すことです。

自分の感情を可視化し、喜びや楽しみの感情を増やすことから始めてください。
それが自分を大切に育てることです。

いまは人と人が真剣に向き合う機会が減るようになり、「自己肯定感」をしっかりもつことが難しくなっています。
自分を深く受け入れてくれる人の出現を偶然のものとして待っているだけでは、その間に潰れる悪循環にどっぷりはまってしまいかねません。

だから、まずは自分で自分を大切に育てるところから始めてほしいのです。
少なくとも自分を雑に扱わず、ちょっと自己肯定して心を開けば、受け止めてくれる人は現れるものです。
やってみないことには状況は改善しません。

結局、どんな人も自分で自分を「役に立つ人間だ」「偉い人間だ」「すごいやつだ」などとその存在価値を決めて主張しようとしても居場所は見つかりません。
自分の居場所は、自分を必要としてくれる人が見つかって初めてできるもの。

そのとき自己肯定もできるようになるのです。
だから、最後は自分を受け入れてくれる人にやはり出会ってほしいものです。

人のことに関心をもたず、自分のことにも関心がもてない。
だから、自分も人も大切にすることができない。
こんな人たちばかりの社会で、お互いがお互いを追いつめているのがいまの世の中です。

まずは自分を大事に育ててみる・・・
ここから人生の旅路を改めてスタートしてみてほしいと切に願っています。

-----


うーん・・・
どっ・・・、どうでしょう???

世の中には全く同じ人間もいなければ、全く同じ企業も存在しないでしょーし・・・
全く同じ状況というのも、ないでしょーから・・・
全面的に鵜呑みにしてしまうのは、危険だとは思いますが・・・

一理あるっちゃー、一理あるかも〜?
なーんて、感じません? v(^^)v

うーん・・・、思わず・・・

人間だからこそ、不完全。
欠点があるからこそ、人間。
欠点ばかりではなく、長所も必ずあるからこそ人間。

有能と言われている人だって、異なる視点から見れば無能にも見える。
無能と言われている人だって、異なる視点から見れば有能にも見える。

人間は自分のことには気づかなくても、他人のことには良くも悪くも気づきやすいもの。
特に、他人の欠点には気づきやすいもの。
他人の欠点に一度とらわれてしまうと、長所に目が向きにくくなるもの。
でも、自分の欠点を突かれるのは誰だってイヤなもの。

自分がやられてイヤだったら、他人にもするな。
人の振り見て、我が振りなおせ。
最大の敵は、己の中にあり。


などと、私も改めて海より深ぁーく反省 & 戒められました・・・(汗)。

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか???

以上で、「無能社員、無能上司、無能部下の「無能」とは?無能と感じる原因って?」シリーズは終わりです。
お付き合いいただき、ありがとうございました。


と言う訳で、「意味が曖昧な言葉から、自律的に考えて行動してみる」カテゴリとしては、


問題解決力とは?論理的思考や仮説思考等が育つ、育たない職場って?


へ、続きまーす。(^^)/

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、ゆるゆる〜っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/


【追記1】
・・・え?

「それがどーした!?無能なヤツを無能と言って何が悪い!? \(  ̄曲 ̄)/ 」
「こんなことをホザいてる、おめぇーこそ無能だー! ( ゜∀゜)アハハ八八 」

・・・って(汗)?

うーん・・・、そーゆー時はこんなのはどーでしょう? (^^)

社長や上司、部下、他部門への非難、批判、文句、愚痴で解決することって何だろう?
「タイムマネジメントとは?何のため?誰のため?生産性との関係って何だろう?」シリーズ
「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
「根本的な原因とは?真因とは?今見えている問題って本当の問題?」シリーズ
いち社員、いち管理職の問題を、組織の問題ととらえると見えることって何だろう?
部下思いのいい上司が、パワハラ上司に変わってしまった原因って何だろう?
「上司や部下がうつ病になる組織、ならない組織の違いって何だろう?」シリーズ
上司が部下に指示しない、指示できない、指示したくない理由って何だろう?
マニュアル人間、主体性がない、指示待ち人間になる理由って何だろう?
指示通りに行動しない、細かく指示しないと行動できない理由って何だろう?
部下や上司、他部署の欠点、弱点、問題点ばかりが気になる原因って何だろう?

上記の記事を読んでいただくと・・・

もしかしたら、誰かのことを無能と言っていること自体が・・・
無能と感じている人のために、貴重な時間を使っていること自体が・・・
無能と感じている人のために、ストレスを溜めていること自体が・・・
無能とわめいたところで、陰口を言ったところで、インターネットで検索したところで、同じような悩みを持つ人を見つけたところで、なーんの解決にもならないこと自体が・・・

超アホらしくなって、有意義で楽しい人生を過ごせるかも〜?(^^)v
なーんて、感じません?

どっ・・・、どうでしょう???
(と言いつつ、火に油を注いでしまったらすみません・・・)


【追記2】
おおおおお〜っっ♪
とってもタイムリーな記事を発見しちゃいましたので、ご紹介しておきますねー。
(〃▽〃)


「自分が変われば相手も変わる」の好循環を作る方法





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「組織力の強化や向上」などのご相談、
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



【追伸1】
「・・・で、答えは何なの???」と思った方へ


よろしければ、以下の記事も見てやっていただけると嬉しいです。(^^)

「自分で考えて行動する「自律型人材」が育つ組織って?」ブログについて
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?自律性などとの関係って?
「自立」とは?「自律」とは?その違いって?自律型人材とは?
「社長、上司、部下、会社組織にとって本当に必要な支援って何だろう?」シリーズ


【追伸2】
「三方よしって、何???」
という方は、よろしければ以下のページも見てやってもらえると嬉しいです。(^^)


三方よしって、何だろう?


posted by ネクストストラテジー at 09:00| Comment(2) | 意味が曖昧な言葉から考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人から認められたいっていう感情は誰にもありますもんね。
そして、人から必要とされたり認められると嬉しかったりします。
そういった思いをお互いに持てればもっと職場も良くなるのかなと思いました。
Posted by はっしー at 2011年03月23日 14:13
はっしー様

いつも、心温まるコメントありがとうございます。(^^)

> そういった思いをお互いに持てればもっと職場も良くなる
うーむ、激しく同感です。(≧▽≦)
いやー、コレって本当にそう思いますよねー。

はっしー様のような方がたくさんいらっしゃると、企業も日本全体も、もっともっとイキイキと元気になれるんじゃーないでしょーか。 (^^)v

ウチのホムペの一番上の部分にもカキカキしてありますが・・・
そういった思いをお互いに持てる場を、みんなで是非創って行きたいですよねー、ホント♪
Posted by ネクストストラテジー at 2011年03月24日 07:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。