2011年04月08日

日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?(その2)

日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?(その1)

の続きです。(^^)
※上記の記事を読んでいらっしゃらなくても、この記事の意味はわかると思いますが、できれば読んでやっていただけると嬉しいです
(と、おねだりしてみるヤツ)

日本を含む世界各国の方々に、自律型人材育成(自律型人財育成)のお手伝いをしているヤツということもあり、海外赴任をしていたこともあるんですが・・・

先進国に赴任しても、新興国に赴任しても・・・
赴任じゃなくても、旅行で行っても・・・

その度に、いろいろとビックリさせられたり・・・
日本のすごさに改めて驚嘆させられたり、有り難さに涙したり・・・
いろんな意味で、考えさせられたりした覚えがあります。 (^^)

で・・・

当たり前だと思っていることを、当たり前じゃないと認識したり、
コレが常識!と思い込んでいることを、疑ってみたりしてから、
自分自身や自分の国などを、改めて客観的に見てみると・・・

意外と、いろんなものが見えて来る
今まで見えていなかったものも、見えて来る
敵(相手)を知ることで、己を知ることにもつながる場合もある


んじゃーないかな〜???
なーんて、感じたこともあって・・・


日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?(その1)


では、某先進国や某新興国の某大都市の「電車やバスなどのインフラ面」から、

日本(日本人)の強みって、何だろう?
日本(日本人)の弱みって、何だろう?

日本(日本人)にとっては常識であっても、世界から見たら非常識なことって何だろう?
世界から、日本(日本人)が学べることって何だろう?
日本(日本人)が、世界のためにできることって何だろう?


などなどについて、皆さまと一緒に考えてみましたが・・・

今回はというと・・・

以下のネタを題材に、「電気というインフラ面」から、一緒に考えてみません? (^^)/
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)

あ、そうそう!

ステレオタイプなイメージを持たれると困るので、国名や都市名はあえて伏せておきますねー(汗)。
(どこの国のどこの都市なのかわかった方も、ナイショにしておいてくださいねー)

※お願い※
極々一面だけを見て、

「この国は全部そう!」
「日本以外の先進国は、全部そう!」
「新興国は、全部そう!」

なーんて画一的には、間違ってもとらえないでくださいねー(懇願)。

また、

「なんちゅー国だ???これでも先進国か???」
「こんな状況で、よく生活していられるよなー(呆)!」
「客の気持ちとか、利便性とか無視した国だよなー(怒)!」

などなどと、言いたくなる気持ちもわかりますが・・・
日本の常識は、世界の常識では決してないと思いますので・・・(汗)

「日本の強みや弱みって、何だろう?世界から学べる点って、何だろう?」

などなどの面から、客観的、且つ、「自律的に」考えてみる題材の一つとして使ってやっていただけますよう、ひれ伏してお願い申し上げます(懇願)。
m(_ _)m



■ 某先進国の某大都市の場合
○ 基本的な考え方
全員が全員そうというワケではありませんが、大まかな傾向としては以下のとおりです。

・倹約は美徳なり(「無駄金使うなら、休暇のために貯めろ!」とも言う)
・本当に必要な時だけ、本当に必要なだけしか電気は使わない
・仕事より家庭優先
・休暇中は普段できないことを行い、リフレッシュするための時間


○ 電気料金について
ものすごーくざっくり言うと・・・
産業用は日本の2/3程度ですが、家庭用は日本の1.2倍程度でしょうか。


○ 停電の頻度
結構長々と滞在していた国でもあり、都市でもあるんですが・・・
一度も停電を経験したことがありせん。


○ エネルギー源に対する志向
再生可能エネルギーの導入拡大志向です。


○ 道を歩いていると気がつくこと
・信号が少ない
車社会のせいなのか何なのか、日本と比べると信号機の数自体がずっと少ない印象です。


・電灯が少ない
日本と比べると、電灯の数自体がものすごーく少ない印象です。
街中でもかなり少ない方ですが、住宅街となるともっと少ない印象です。
夜間の女性の一人歩きは、はっきり言って危険です。
と言っても、先進国の都市の中では治安がまだ良い方の都市だとは思いますが。


・ネオンが、存在しないに等しい
ネオンというものが、ないに等しいです。
あったとしても、風俗街ぐらいでしょーか。
と言っても、ピカピカと光るド派手なネオンというワケでは決してなく、怪しくほのかに、ぼや〜っとしたネオンです(笑)。


・ライトアップはあるけど・・・
その都市を象徴するような建物の場合、夜間のみ時間限定でライトアップされています。
と言っても、ぼや〜っとした間接照明風ですが、街中自体が暗いのでそれでも十分キレイに見えます。


・自動販売機を見かけること自体が、非常に珍しい
日本では石を投げたら当たるぐらい、たくさんある自動販売機ですが・・・
自動販売機を見かけること自体が、非常に珍しいです。

タバコの自販機は、時々見かけますが(と言っても、電気も何も点いていない)、
ドリンク類の自販機となると、道端に設置してあること自体が皆無に等しく、見かけたとしても大き目の駅や空港ぐらいでしょうか。
因みに、冬場は思いっきりマイナス気温になる所ですが、ホットドリンク類の自販機は存在しません。

何でだろ〜???と感じたので、現地の人に聞いてみたところ、こんなお返事でした。
「道端に自動販売機なんて置いたら、ブチ壊されるだけでしょ!」
「自動販売機のコストが転嫁されていて高くなっているから、余程のことがないと使わないので、自販機がなくても支障がない」

自販機の類に無理やり入れるとすれば、見かけることが一番多いのはATMぐらいでしょーか。
24時間引き出せますが、一日で引き出せる金額に上限があります。
引き出しオンリーの機能しかないので、入金や残高照会、振込などは不可です。


○ 駅で気がつくこと
・駅構内も車内も暗い
日本の駅と比較して、ざっくりばっくり言うと・・・
日本の駅の30%〜50%程度の明るさというイメージでしょーか。
電車の中もバスの中も同程度の明るさで、地上を走っている電車は、本当に真っ暗になるまで車内灯を点けません。


・動きっぱなしのエスカレーターは存在しない
乗る人がエスカレーターに近づくと、動くエスカレーターしか存在しません。
というか・・・、2台に1台以上の割合で壊れていて動きません(苦笑)。

・エレベーターはあるけど・・・
エレベーターは、基本的に身障者かベビーカーの人しか使いません。


・看板類に電気をほとんど使わない
日本で言う電光掲示板みたいなものがある駅もありますが、「電光」ではないものの方が多いです。
駅名も、トイレだの出口だの乗り換えだの案内も電気を使用していません。
また、広告も単なるポスターが大半です。


・エアコンがない
駅構内も、電車の中も、バスの中も、エアコンというものがありません。
冬場なら寒く、夏場なら暑いとそのままです。


○ 施設などで気がつくこと
・コンビニなし
コンビニがありません。
というか、24時間やっているお店自体が存在しません。
どうしても困った時は、国際列車が停まる大きな駅の中にあるスーパーマーケットへ買物に行きますが、それでも22時ぐらいに閉まります。


・自動ドアが珍しい
デパートだろーが何だろーが、自動ドアというものにお目にかかること自体がかなーり珍しいです。
たまーに見かけると、「おおっ、自動ドアだ〜♪」と感動するぐらいです。

自動ドアが、なーんでこんなにないんだろ〜???って感じたので、現地の人に質問してみたところ、こんなお返事でした。

「何のために、ドアをわざわざ自動にする必要があるの???」
「ドアぐらい、自分で開けられないの???」


・娯楽施設が少ない
パチンコ屋もカラオケ屋もありません。
ゲーセンは、風俗街の中にほんのちょこっとだけあります。

娯楽施設関係でポピュラーなものと言えば、映画、コンサート、ボーリング、ビリヤードぐらいでしょーか。
全体的に、娯楽施設が少ない印象です。

何でだろ〜???と感じたので質問してみたところ、こんなお返事でした。

「カネを使わないと、楽しめないものなの???」
「カネを使わなくても、楽しめることっていっぱいあるよねー♪」


・冷えた飲み物は高い
スーパーマーケットであっても、冷蔵庫で冷やされたドリンク類を売っていること自体が珍しいです。
売店レベルになると、もっと珍しいです。
売っていたとしても、冷えていないものに比べると高くなるので、購入する人も少なめです。
そのせいかドリンク用冷蔵庫が、かなーり小さいです。


・本当に真っ暗になるまで電気を点けない
オフィス、銀行、学校、スーパーマーケット、アパレル系の店、文房具屋、パン屋、タバコ屋、売店などの場合、昼間は自然光のみで、本当に暗くなってから電気を点けるというパターンが多いです。
と言っても、ショッピングセンターやデパートの類、映画館などは、さすがに昼間でも電気を点けていますが。
電気を点けていたとしても、日本のお店などと比較すると、50%程度の明るさというイメージでしょーか。


・飲み屋やレストランは、間接照明が基本
間接照明が基本ということもあり、店内は相当暗いです。
日本のお店と比較すると、20%〜50%程度の明るさというイメージでしょーか。
ロウソクだけ灯しているムードたっぷりのお店もたくさんあります。


・看板に電気なし or 電気ありでもほのかな明るさ
先述したとおり、看板にネオンを使っている普通のお店はまずありません。
お店の看板には、電気を使っていないのが基本です。

飲み屋やレストランの類だと、夜間は看板に電気を灯しますが、ほのかな明るさでしょうか。
メニューサンプルというものは存在しませんが、その代わりに文字ベースのメニューが店頭に張ってあって、小さな豆電球で照らしています。


・音楽がかかっていない
どのお店に入っても、音楽がかかっているということは、ほとんどありません。
アパレル系の店や、スーパーマーケットなどであっても。
但し、ある系統の飲み屋だと、音楽がガンガンにかかっている場合もあります。


○ 家庭で気がつくこと
・本当に真っ暗になるまで電気を点けない
本当に真っ暗になるまで、部屋の電気を点けない傾向があります。
夕方レベルでは、まず点けないと思ってもいいんじゃーないかと。

「何で???目に悪くない?」などと聞いてみたところ、こんなお返事でした。
「だって、まだ見えるよね?」
「眩しいのは、目に良くないんだよ」
「ってゆーか、日本人は電気を点けまくるから、目が悪くなってメガネをかける人が多いんでね?」

また、テレビなどをつけっ放し、誰もいない部屋の電気がつけっ放し、などということもまずありません。
子供であっても、「本当に必要な時だけ、本当に必要なだけしか電気は使わない」という考え方が徹底しています。


・間接照明が基本
間接照明が基本ということもあり、相当暗いです。
日本の家庭と比較すると、20%〜50%程度の明るさというイメージでしょーか。
因みに、最も明るいのはバスルーム(トイレ・洗面所付き)です。


・ロウソクの明かりは、ムードをかもし出す
停電じゃなくても、ロウソクだけを灯して雰囲気を楽しむという文化があります。
そのせいか、ロウソクは常備品の一つという家庭が多いです。
初めて見た時は、「仏間のようだ・・・」なーんて感じた覚えがあります(笑)。
でも、やってみると案外いいもんだなーと感じるようになりました。


・エアコンなし
エアコンがある家庭には、お目にかかったことがありません。
特にクーラーがある家庭は、皆無と言っていいと思います。
夏場は40度近くになることもありますが、乾燥しているせいか、太陽が沈むとそれ程暑さを感じずに済みます。

但し、冬場は思いっきりマイナス気温になる所なので、暖房設備としてセントラルヒーティング(温水式)があります。
ほんのりと温かい程度ですが、気密性が非常に高い家屋なので、家全体が十分温かいです。
また、各部屋だけではなく、バスルームやトイレ、廊下にも設置されていますが、全部使わなくても十分温かいと感じるぐらいです。
これが故障すると凍死してしまう危険があるため、壊れたら消防士さんを即呼びます。


・電気コンロが、ほとんどだけど・・・
大抵の家庭では、電気コンロを使っていることがほとんどですが・・・
1日に1回だけ温かい食事を取るのが基本という習慣のせいか、コンロを使う頻度は日本の家庭よりずっと低いです。
因みに、昼ごはんだけが温かい食事というパターンが多いようです。


・冷蔵庫は、本当に冷やしたい時だけ
どこの家庭でも地下室があるので、そこに食料などを保管しておき、腐りやすいものだけ冷蔵庫に入れるという考え方のようです。
ビールやコーラを飲む頻度は、全体的に高い方だと思いますが、キンキンに冷えたものを飲んでいるということはまずなく、地下室から出して来て冷蔵庫に入れることなくそのまま飲んでいるということが結構あります。

また、氷を飲み物に入れて飲むという習慣自体がほとんどありません。
そのせいか、製氷皿自体を売っているのを見たことがありません。
よって、冷凍庫は食料品に占拠されています。


・電化製品について
家庭にもよると思いますが・・・
日本と比較すると、使用している電化製品は全体的に少な目だと思います。
「本当に最低限必要な電化製品しか買わない」という家庭が、ほとんどと言っても過言ではないんじゃーないかと。

というか・・・
製造・販売されている電化製品そのものも、電化製品が買える店も、日本よりずっとずっと少ないです。
電気毛布も、コタツも、乾燥機も、空気清浄機も、ウォシュレットも存在しませんし。
大都市であっても、アキバや日本橋のような電気街もありませんし。


・マンションでもエレベーターがない
高層マンションが存在しないということもあり、エレベーターがあるマンションを見かけたことがありません。
階段をひたすら、てくてくです。


・マンションの共有部である廊下などの電気が、つけっ放しということはほとんどない
マンションにもよりますが・・・
廊下などの電気が、つけっ放しということはほとんどありません。
人が通った時に点灯するセンサーもないため、自分で電気を点けます。
でも、何秒か経つと自動で消えてしまう仕組みなので、特に階段はさっさと上がらないとエライ目に遭います。


○ 働き方で気がつくこと
・朝早く仕事を始め、夕方早く仕事を終える働き方が主
朝6時や7時ぐらいから、働いている人は珍しくありません。
サマータイム制度も導入されており、イヤでも朝型生活になれます。
日によっては、朝8時とか9時とか10時ぐらいから働く人もいます。
つまり、始業時刻と終業時刻が固定ではないということです。

その上、都市分散型の国のせいか、日本のような通勤地獄もありません。
電車で座れないことの方が珍しいぐらいです。

また、残業というものが基本的に存在しないということもあり、とっとと帰って、家族と時には友人も招いてティータイムをゆったりと楽しみます。
ティータイム開始の時間は、15時半ぐらいでしょうか。


・通勤時間が短い
通勤時間が30分を超すと、「遠い所に住んでいるんだねー」と言われるぐらいでしょうか。
因みに、お昼ごはんを食べに自宅に戻る人もいます。


・休暇分散型
学校の夏休みの開始時期が6月末から7月末ぐらいまでと、州によって異なり、国全体で見ると休暇がうまく分散されています。
子供の夏休みに合わせて、親も休暇を取得するという具合でしょうか。
因みに、夏休み期間中の登校日などはなく、教師の出勤日もなく、学校ごと完全に閉まります。


・休暇が長い
連続で1ヶ月程度の有給休暇を年に1度取得するよう、法律で定められています。
つまり、有給休暇を取得させなかった企業は、罰金を払わなくてはなりません。

なるべくずらして、休暇を取得するようにしているようですが・・・
休暇を取得する人が重なってしまい、必要な従業員数が確保できない場合は、会社ごと・お役所ごと休んでしまう場合もあります。
尚、有給休暇の取得率は9割以上です。


・労働生産性は日本よりずっと高い
日本の労働生産性は、先進7ヶ国で最下位なので・・・
当たり前と言えば、当たり前の結果なんですが・・・(汗)

----


えーっと・・・

他にもいっぱいありますが、キリがないのでこんなもんで。(^0^;)

・・・え?

「先進国でこんな状況なら、新興国はどんな状況なんだ??? ( ̄д ̄;) 」

って?

えーと・・・、一般家庭にも電気が普及している方の国で言うと・・・

例えば、こんな感じでしょーか。


■ 某新興国の某大都市の場合
○ 停電頻発、復旧未定
停電なんてしょっちゅうですし、一度停電したらいつ復旧するのかわかりません。
早ければ、3日ぐらいで復旧したこともありますが・・・。

はっきり言って・・・
生活も仕事も、合わせるしかありません。
電気があることをベースに、生活も仕事もできないと思っていた方が無難です。
むしろ、電気がないことをベースに、どう工夫するかに知恵を絞った方が、ストレスもあまり感じず前向きに楽しく過ごせます。

-----


うーむ・・・

海外に行く度に、いつも感じることはというと・・・

彼等は、なーんてたくましいんだ!
日本って、なーんて驚異的な国なんだ!
スゲェ━━━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━━━ !!!!

ってことでしょーか。 (^^)

いやいや、ホント・・・
良くも悪くも、「私ってば日本人だなー」などといつもいつも思い知らされます、ハイ・・・。
いろんな意味で気づかされたり、学ぶ機会を得られたりします、感謝感謝です。(≧▽≦)

以上を踏まえた上で・・・

「日本の強みや弱みって、何だろう?世界から学べることって、何だろう?」

などについて考えてみると、どうでしょう???

いろんなことに、気づきませんか?
たとえば、こんな疑問なんかも浮かんで来ませんか?


■ 日本と世界のインフラ事情の違いから、気づくことや疑問などの例
・サービス精神というのは、いったい誰が、何のために要求しているんだろーか?メリットを享受するのは誰なんだろーか?デメリットを被るのは誰なんだろーか?
・様々なサービスが行き届いているのが当たり前の国で生活していると、どんな力が育つんだろーか?どんな力が失われるんだろーか?
・サービスというものがないに等しいのが当たり前の国で生活していると、どんな力が育つんだろーか?どんな力が失われるんだろーか?

・あるのが当たり前、使えるのも当たり前という国で生活していると、どんな力が育つんだろーか?どんな力が失われるんだろーか?
・あっても、必要最低限しか使わないのが当たり前という国で生活していると、どんな力が育つんだろーか?どんな力が失われるんだろーか?
・ないのが当たり前という国で生活していると、どんな力が育つんだろーか?どんな力が失われるんだろーか?

・自分で考えて行動する力は、どーなんだろーか?
自律性は、どーなんだろーか?
主体性は、どーなんだろーか?

・臨機応変性は、どーなんだろーか?
・積極性は、どーなんだろーか?
・柔軟性は、どーなんだろーか?

多様性については、どーなんだろーか?
画一性については、どーなんだろーか?

・あるものが当たり前だったものが当たり前でなくなった時、国全体の経済力は、どうなるんだろーか?
・ないのが当たり前だったものが、あるのが当たり前になった時、国全体の経済力は、どうなるんだろーか?

・企業活動に関しては、何がどう変わるんだろーか?
・生産性に関しては、何がどう変わるんだろーか?
・個々人の仕事に関しては、何がどう変わるんだろーか?
・個々人の生活に関しては、何がどう変わるんだろーか?
・変化があるとすれば、そのメリットは何だろーか?デメリットは何だろーか?
・変化を拒んだとすれば、そのメリットは何だろーか?デメリットは何だろーか?

・それらの変化は、「機会」なんだろーか?それとも「脅威」なんだろーか?
・「機会」ととらえると、どんなメリットがあるんだろーか?デメリットがあるんだろーか?
・「脅威」ととらえると、どんなメリットがあるんだろーか?デメリットがあるんだろーか?

・大きな変化に対して、小手先で対処するメリットって何だろーか?デメリットって何だろーか?
・大きな変化に対して、抜本的に変革するメリットって何だろーか?デメリットって何だろーか?

-----


うーん・・・

どっ・・・、どうでしょう???
他にも、いろんな疑問が浮かんできませんか?

色んな意味で、考えさせられちゃいません??? (^^)

もしかしたら・・・

「日本人の生産性が低い理由って?生産性の向上ってどういう事なんだろう?」シリーズ
従業員の潜在的な能力の発掘、発揮方法って?組織力などとの関係って何だろう?
自律型人材は、一方的に教えて育てる教育で育てられるんだろうか?
「グローバル人材とは何だろうか?グローバル化や国際化って?」シリーズ
「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
思考停止を招く教育とは?従業員の主体性や向上心が育つ人材育成って?
「知識や方法論中心の研修で育つ力、育たない力って何だろう?」シリーズ

などなどにも、関係するっちゃーするのかもしれませんが・・・

当たり前だと思っていることを、当たり前じゃないと認識したり、
コレが常識!と思い込んでいることを、疑ってみたりしてから、
自分自身や自分の国などを、改めて客観的に見てみると・・・

意外と、いろんなものが見えて来る
今まで見えていなかったものも、見えて来る


のかも〜???
なーんて、感じません? (^^)v


と言う訳で、


日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?(その3)


へ、続きまーす。(^^)/

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、ゆるゆる〜っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)


【こんなの見っけ】
直接的には関係なくても、今は関係しなくても・・・
直接的にしろ間接的にしろ、いつかはイヤでも関係して来ると思うのと・・・
このボログは全国の方に見てもらっているようなので(有り難や有り難や)、参考までにご紹介しておきますねー。

中小企業も「2割節電計画」作って!夏に向け経産省方針
夏の電力需給対策の骨格案
家庭の節電促す「電気予報」放送 今夏、経産省が検討
電力消費をおさえるには - 何をしたら消費電力をどれだけ削減できるのか? -
東京電力の電力使用量を表すブログパーツ(無料・会員登録不要)
IMF「原油不足、拡大の時代」、経済への影響分析
クリーンエネルギーは復興ビジョンの柱
国連事務総長、クリーンエネルギーの利用を呼びかける
エネルギー白書


【蛇足】
個人的には・・・
海外赴任を経験する前はというと・・・

エアコンはガンガン使うわ、観てもいないのにテレビはつけっ放すわ、電化製品はどんどん購入するわ、せっかく購入したのに使わなくなっちゃった電化製品がゴロゴロしているわ・・・
と、それこそ「湯水のごとく」電気を使ってたヤツなんですが・・・ ( ̄д ̄;)
(「湯水のごとく」という表現も、日本ならではなんでしょうけど・・・)

海外赴任を経験してからはというと・・・

電気の有り難さが身に染みると同時に、日本の常識が海外で通用しないということを痛感しました。
今までの生活を海より深ぁーく反省し、日本にいても必要最低限の電気しか使わなくなったぐらいです(苦笑)。

また、室内が暗い生活には、割とすぐ慣れるんですが・・・
室内が明るい生活に慣れるのには、かなーり時間がかかると気がついて我ながらビックリしました。
(眩しくて目がツライし、頭も痛くなっちゃうんだもん・・・)
Σ(゜Д゜;)

変われば変わるもので、今では・・・

最低限必要な電化製品しか購入しないわ、
コンセントは片っ端から抜きまくる or OAタップで切りまくるわ、
テレビつけっ放しなんて論外だわ、
蛍光灯を半分に減らすわ、本当に必要な時に必要な分だけしか電気を点けないわ、
エアコンは、ほとんど使わないわ・・・
(基本的に扇風機のみでクーラーは滅多に使わなくなりましたが、たまに使ったとしても29度以上の設定、5度を下回らない限り暖房は使いません)

という生活が、当たり前になっちゃいました(苦笑)。
お陰で、以前と比べると雲泥の差の電気代です。ヾ(*´∀`*)ノ

あ、それから・・・

バリバリの夜型だったくせに、すっかり朝型生活に変わっちゃいました♪
年間通して朝型生活が基本ですが、夏場はさらに朝型生活です。
大体朝4時ぐらいに起きてます、ハイ。

涼しいし静かだしということもあって、特に午前中の生産性が高くて充実しています。
「朝起きは三文の徳」とは、よく言ったものだと実感しています♪
それ(・∀・)ィィネ!!(・∀・)ィィネ!!(・∀・)ィィーネ!!

いやー・・・、ホント変われば変わるものです。
我ながら、ビックリです、ハイ。
v(´∀`*v)ピース

あ、誤解のないようにお伝えしておきますが・・・

私にとっては、その方がメリットがあるから、そーしているだけです。 (^^)v
そーゆー意味で、「本当に必要な時に必要なだけ、身の丈に合わせて使う」を自分なりに実践しているだけです。

使いたくても使えない状況ならいざしらず・・・
物理的にも経済的にも使うことが可能な状況だったとしたら、ムリやりケチることによって製品・サービスの質が低下したり、日本全体の経済力が低下したりしたら意味がないって思いません(汗)?

そう考えると・・・

自律的に考えて行動する

って、やっぱり大事なことなのかも〜?

そもそもの話、誰かに強制されたり、物理的にも経済的にも使うことが可能な状況の時に、ムリやり我慢しまくったりしても、続きっこないんじゃないかな〜???

なーんて、感じません? (^^)
どっ・・・、どうでしょう???





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「自律型の組織づくり」などのご相談、
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



【追伸】
「三方よしって、何???」
という方は、よろしければ以下のページも見てやってもらえると嬉しいです。(^^)


三方よしって、何だろう?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。