2011年05月06日

問題に見えることも、視点を変えてみると組織力の強化につながるのかも?

部下や上司、他部署の欠点、弱点、問題点ばかりが気になる原因って何だろう?
「経営者の視点を従業員にも持って欲しいと社長が思う理由って何だろう?」シリーズ
「経営者と従業員の危機意識や当事者意識、問題意識の違いって何だろう?」シリーズ
従業員の潜在的な能力の発掘、発揮方法って?組織力などとの関係って何だろう?
「日本人の生産性が低い理由って?生産性の向上ってどういう事なんだろう?」シリーズ
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「組織じゃないとできないこと、組織でなくてもできることって何だろう?」シリーズ

などなどの記事にも、関係するっちゃーする内容です。(^^)
※上記の記事を読んでいらっしゃらなくても、この記事の意味はわかると思いますが、できれば読んでやっていただけると嬉しいです
(と、おねだりしてみるヤツ)

「三方よしの経営相談」や、「自律型人材育成」「組織力の強化や向上」などのお手伝いを行っていることもあり・・・
「爆発・炎上・崩壊組織」で消防のお手伝いをしていることもあり・・・

自分で考えて行動できない、行動力がない、主体性がない、主体的に考えない、主体的に考えようとしない、自分の考えがない、協調性がない、自発性がない、向上心がない、チャレンジ精神が足りない、やる気が足りない、細かく指示しないと行動できない、指示がわからない、指示が伝わらない、自分の気持ちをわかってくれない・・・

などなど・・・
「○○がない」、「○○が足りない」、「○○ができない」、「○○してくれない」のように、従業員の方に対する切実な悩みを、お聞きすることもあるんですが・・・
(;´・ω・`)

で、従業員の方ご本人のお話をお聞きしてみると・・

マニュアル人間、主体性がない、指示待ち人間になる理由って何だろう?
指示通りに行動しない、細かく指示しないと行動できない理由って何だろう?
上司が部下に指示しない、指示できない、指示したくない理由って何だろう?

などなどの記事のようなことを、おっしゃる場合も多々あるんですが・・・

「○○がない」、「○○が足りない」、「○○ができない」、「○○してくれない」と、言っている側の方の「勘違い」だったり・・・
「○○がない」、「○○が足りない」、「○○ができない」、「○○してくれない」と、言っている側が原因をつくってしまっていたり・・・
いち個人の問題じゃーなく、組織全体の問題だったり、仕組み上の問題だったり・・・
などなどの場合もあるんですが・・・

でも・・・

「○○がない」、「○○が足りない」、「○○ができない」、「○○してくれない」と言っている側の方の中には・・・

「そんなことないわーい! (# ̄3 ̄)」
「「○○がない」、「○○が足りない」、「○○ができない」、「○○してくれない」と、本当のことを言ってなーにが悪い!? ( ̄ヘ ̄)凸 」

などと言いたくなる場合も、あるんじゃーないでしょーか(汗)?

ううーむ・・・、この状況って・・・

「○○がない」、「○○が足りない」、「○○ができない」、「○○してくれない」と、誰かに言われている側にとっても・・・
「○○がない」、「○○が足りない」、「○○ができない」、「○○してくれない」と、誰かに言っている側にとっても・・・

ストレスが溜まるばっかで、嬉しいことが一つもないんじゃーないでしょーか?
「○○がない」、「○○が足りない」、「○○ができない」、「○○してくれない」と、誰かに言ったり言われたりしたところで、なーんの解決にもならない場合もあるんじゃーないでしょーか?

それもあって・・・

「○○がない」、「○○が足りない」、「○○ができない」、「○○してくれない」と、インターネットで検索して、それでもやっぱりなーんの解決にもならずに・・・
「○○がない」、「○○が足りない」、「○○ができない」、「○○してくれない」と、誰かに言い続けたり言い続けられたりしている場合もあるんゃーないでしょーか?

「目先の利益に走ったり小手先の方法で問題解決したくなる原因って何だろう?」シリーズ
自分で考えて行動できない、何からどうしたらいいかわからない時には?

にて、ご紹介した方法を試みても、やっぱりどーしたらいいのかわからず・・・
「○○がない」、「○○が足りない」、「○○ができない」、「○○してくれない」と、インターネットでまた検索して、それでもやっぱりなーんの解決にもならずに・・・
「○○がない」、「○○が足りない」、「○○ができない」、「○○してくれない」と、誰かに言い続けたり言い続けられたりしている場合もあるんゃーないでしょーか?

で、ますますストレスが溜まるばっかで、嬉しいことが一つもないという「悪循環」に陥ってしまっている場合もあるんじゃーないでしょーか?
(;´・ω・`)

そんなワケで、今回はというと・・・

「○○がない」、「○○が足りない」、「○○ができない」、「○○してくれない」などと、どーしても感じてしまう場合には、どーすればいいんだろーか?
せっかく気が付いた「○○がない」、「○○が足りない」、「○○ができない」、「○○してくれない」というのを上手く利用するには、どーすればいいんだろーか?

どーすれば、従業員や組織の強み、得意分野、いい面などが発見できるんだろーか?
どーすれば、従業員や組織の強み、得意分野、いい面などを活用できるんだろーか?


などなどについて、一緒に考えてみません? ( ̄∀ ̄)b
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/

んーと・・・、例えば・・・

「爆発・炎上・崩壊組織」で消防のお手伝いをしている時に出会った、こんな従業員さんのケースから考えてみるのはどーでしょう? (^^)
(ものすごーくざっくりバックリのご紹介ですが・・・)


※お願い※
以下をご覧になって、

「ウチの従業員の問題と同じだから、同じ仕事をやらせてみよう!」

などとは、決して思わないでくださいね〜(懇願)。

世の中には、全く同じ人間も存在しなければ、全く同じ組織も全く同じ企業も存在しませんので・・・。
全く同じ状況ということも、有り得ませんので・・・。



■ 事務部門の従業員Aさんのケース
○ 周りの人の声
「従業員Aさんと話しても、話が成り立たないんです・・・」
「よくわからないから従業員Aさんに質問しても、あさっての方向で返事されちゃうので、何の話をしているのかさっぱりわからないんです・・・」
「はい or いいえの返事のどちらかしか選べないような質問をしても、はいもいいえも言ってくれず、意味のわからない話を始めちゃうから困っているんです・・・」
「従業員Aさんに仕事を任せると、とにかく時間がかかってしまので困っています」
「頼んだ仕事はやってくれるけど、自分で勝手に解釈して全然違うことをやっちゃうので、誰かが常にチェックしていないとエライことになっちゃうんです・・・」
「従業員Aさんをどう扱っていいのかわからないので、従業員Aさんとはできれば誰も話したくないぐらいです」


○ 従業員Aさんの声
「人と話をしていると、ヘンな顔をよくされます・・・」
「ただでさえ人と話すのが苦手なのに、ヘンな顔をされたり、意味不明と言われたりするので緊張してしまって、ますます人と話すのが苦手になってしまっています・・・」
「ナントカ改善したいと思っていろいろと試してみましたが、どうしても人と上手く話すことができません」
「人と話すのが怖くて、毎日が苦痛です」
「できれば、誰とも話さずに仕事したいぐらいです」
「言われたことを単純にこなす仕事より、自分で創意工夫できる仕事の方が楽しいです」


○ 従業員Aさんに関する発見
・1つの事象にこだわって、狭く深く考える完ぺき主義タイプ
・何時間でも集中して、ずっと考えていられる
・自分が伝えたいことを、話しながらアレもコレもと考えてついつい詰め込んでしまう
・文字に書くと、伝えたいことを選別して、上手くまとめてわかりやすく表現できる
・パソコンを使うことは、全く苦にならない
・本を読んだり、インターネットで何かを調べたりすることは全く苦にならない
・外国語に興味あり


○ 従業員Aさんの仕事に関する提案
・会社ホームページの制作(日本語版・英語版・中国語版)
・社内文書管理(データベースの作成含む)
・社内のパソコン管理(障害発生時の対応含む)
・新入社員でもわかる専門用語集の作成
・業務マニュアルや業務フローの作成
・業務に使用するテンプレートの作成
・社内報や掲示板など、社内での情報共有の場をつくる
・その他、パソコンを使った文書に係わること など


○ 備考
・従業員Aさんと会話する時は、極力メールか掲示板への書き込みで
・細かく指示するより、大雑把に丸投げする方がお互いのため
・従業員Aさんの仕事はパソコン上で全て公開しているので、チェックして違うようならメールで連絡


■ 営業部門の従業員Bさんのケース
○ 周りの人の声
「従業員Bさんは、とにかく営業がヘタクソで、成績も悪いんですよねー」
「マジメで書類はきっちりしているのはいいんだけど、積極性に欠けているので、営業としては致命的なんですよねー」
「ただでさえ会社全体の売上が落ち込んでいて危機感を持っているため、従業員Bさん同行して指導してみたんですけど、一向に良くならないんです・・・」
「もっとどんどん積極的にアプローチしろと言っているのに、自分を売り込むのがヘタというか何と言うか・・・」
「会社の売上が落ち込んでいる原因の一つは従業員Bさんだと思いますので、従業員Bさんは事務部門に行ってもらうか会社を辞めてもらうかした方が、従業員Bさんのためでもあると思います」


○ 従業員Bさんの声
「会社の売上が落ち込んでいるのも、自分の営業成績が悪いというのも、よぉーくわかっています・・・」
「どうにか改善したいと思って、いろいろと努力をしてみてはいるんですが、何をやってみても上手くできずに途方に暮れているんです・・・」
「上司や先輩に教えてもらったように、自分では積極的にがんばっているつもりなんですけど、それじゃダメだ、まだまだ足りないって怒られちゃうんです・・・」
「営業の仕事は好きですよ、いろんな人に会えますし、いろんな人の話が聞けて人生の勉強にもなるので、社外にいる時は楽しいです」
「黙々と事務をやるのは好きではないので、できれば営業としてがんばって行きたいです」
「でも、上司や先輩がおっしゃるのであれば、自分は営業に向いていないんでしょうね・・・」
「会社のことを考えると、迷惑をかけてばかりの人間は、辞めた方がみんなのためになるのかもしれませんね・・・」


○ 従業員Bさんに関する発見
・話し下手だが、聞き上手タイプ
・自分のことを話すのは苦手
・相手の気持ちに共感する能力が高い
・他者に対する気遣いや気配りがある
・短い期間でお客さんと仲良くなるのは苦手だが、時間をかけてじっくりとお客さんと関係をつくって行く方が得意
・自社製品だけではなく、他社製品に対する知識も豊富
・営業訪問日誌などを、非常に細かくマメに書いている


○ 売上が上がらない本当の原因
プロダクトアウト的な製品
・顧客特性と営業手法のミスマッチ


○ 従業員Bさんの仕事に関する提案
・訪問(他営業担当者の同行含む)、電話、メール、ホームページなどを通じた顧客ニーズ及び特性の調査・分析・まとめ
・顧客データベースの作成及び共有化
・他社動向の調査・分析・まとめ及び共有化
コンサルティング型営業
・顧客からのクレーム対応 など


○ 備考
・データベースの作成など、パソコンを使った業務に関しては得意な人がサポート
・売り込み営業の方が適している顧客は、従業員Bさん以外の人が担当


■ 事務部門の従業員Cさんのケース
○ 周りの人の声
「従業員Cさんは、やる気がないわけじゃないんだけど、行動力がないというか何というか・・・」
「とにかく批判が多いんだよねー、何かと理由をつけてやろうとしないし」
「考えすぎるというか何と言うか・・・、まずは何でもとりあえずやってみて欲しいんだけどねー」
「理屈ばっかりこねるんじゃーなく、もっと行動できるようになって欲しいんだけどねー」
「自分から行動しようとしないから、細かく指示するんだけど、そうするとますますイヤそうな顔をされちゃって文句ばっかり言われちゃうんだよなー」
「そんなにブツクサ文句ばっかり言うんだったら、仕事していてもお互い楽しくないし、転職してもらった方が従業員Cさんのためだと思うんだけどねー」


○ 従業員Cさんの声
「周りの人が、考えなさ過ぎるんですよ!」
「とりあえずやってみてから、上手く行かなくてオロオロするなんてバカげています」
「見ているだけで、ヒヤヒヤしたりイライラしたりします」
「無計画というか行き当たりばったりというか、先のことを全く考えようとしないし、もう少し考えてから指示して欲しいものですよ」
「指示する方は指示するだけだからいいかもしれませんが、大量の時間をかけて残業してまでしてせっかくやっても、不要になってしまうことがたくさんあるんですよ」
「話がコロコロ変わりすぎるんですよねー、振り回されるコッチの身にもなって欲しいものです」
「先日もこんな出来事があって、だから言わんこっちゃない!って感じです」
「こんなことばっかりやっているから、ウチの会社は全然良くならないんです!」


○ 従業員Cさんに関する発見
・じっくり考えて、石橋を叩きまくってから渡るタイプ
・曖昧なことが嫌いで、計画をじっくり立てて計画に沿って行動すると安心する
・非常に合理的で、無駄で非効率なことを極端に嫌う
・特に文章に関しては、データなどを元に論理的に考えて書ける
・ディスカッション好き
・仕事に対するプライドが強い傾向
・正義感が強い傾向


○ 従業員Cさんの仕事に関する提案
リスクマネジメント
BCP(事業継続計画)策定補助 など


○ 備考
いち社員、いち管理職の問題を、組織の問題ととらえると見えることって何だろう?
「事業継続計画とは?BCPのつくり方って?中小企業の生き残りとの関係って?」シリーズ
問題発見力とは?組織の本当の問題を見つけるのが難しい原因って何だろう?
「報酬って何?経営者も従業員も仕事を通じて何を得たいんだろう?」シリーズ
・ヒヤリ、ハット、「今は小さな火だけどコレってどーよ?」と感じたことなどは、従業員Cさんに連絡

-----


うーん・・・
どっ・・・、どうでしょう???

あ・・・、因みに・・・

上記の例で、配置転換が必要になったケースはありませんでした。
つまり、担当する仕事の内容などを、ほんのちょこっと変えただけで済んでいます。 (^^)

所属している部署の中で、今までできているよーで、実はできていなかった仕事を担当してもらったりとか。
所属している部署の中で、今までやろうやろうと思ってはいたけど、なかなか手がつけられずにいた仕事を担当してもらったりとか。

「○○がない」、「○○が足りない」、「○○ができない」、「○○してくれない」などと感じていることであっても・・・

視点をほんの少し変えてみるだけで、いい面もたくさん見えて来ると思いません? (^^)
意外な発見も、あると思いません? (^^)v

ご本人も知らなかった、強みなども発見できることだってあると思いません? v(^^)v
「問題だ!」と思っていたことであっても、意外と使えることだってあると思いません? (^^)/


どっ・・・、どうでしょう???

もしかしたら・・・

「会社がよからぬ方向に走ってしまう前にできることって何だろう?」シリーズ
いち社員、いち管理職の問題を、組織の問題ととらえると見えることって何だろう?
誰にも相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろうか?
部下が質問しない、質問したくない、質問できない原因って何だろう?
「管理職や人事部(総務部)が知っておきたいマーケティングに対する誤解って?」シリーズ
「敵(相手)を知る、己(自分)を知るって?何をどう知ればいいんだろう?」シリーズ
失敗から学ぶ組織、同じ間違いを繰り返す組織の違いって何だろう?
「やる気、向上心、チャレンジ精神などが持てる組織ってどんな組織?」シリーズ
組織力の強化・向上、強い組織づくりって何をどうすればいいんだろう?

などなどの記事にも、関係するっちゃーするのかもしれませんが・・・

上記のやり方には、実はいくつかの共通点があるんですが・・・

他にも、いろんなやり方があるんじゃーないでしょーか?
どんな状況であっても通用する、唯一絶対のやり方なんて存在しないと思いません?
目的や目標さえ明確になっていれば、適した手段を選択すればそれでいいんじゃーないでしょーか?
(=´∀`)人(´∀`=)

同じ働くなら、お互いに楽しく働きたいと思いません?
イヤでも毎日顔を合わせるのであれば、尚更そうだと思いません?
ギスギスした職場よりも、楽しい職場の方がいいと思いません?
ヾ(*´∀`*)ノ

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?


・・・え?

「視点を変えてみるって、どーやったら変えられるのさ??? ( ̄д ̄;) 」

・・・って?

んーと、例えば・・・、こんなのはどーでしょう? (^^)/

不平、不満、不安って悪いことばかり?自律性や協調性などとの関係って何だろう?
「人材育成とは?何のため?誰のため?どんな時に必要なんだろうか?」シリーズ
自律型人材は、一方的に教えて育てる教育で育てられるんだろうか?
「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
社長と従業員、上司と部下、部署間などで話が通じない原因って何だろう?
問題が解決できない原因とは?問題解決の前に必要なことって何だろう?
人材育成をマーケティング・コンセプトから考えると見えることって何だろう?


と言う訳で、「組織や仕組みから、自律的に考えて行動してみる」カテゴリとしては、


人事部の役割とは?総務部の仕事は何のため?誰のためにあるんだろう?


へ、続きまーす。(^^)/

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、ゆるゆる〜っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「自律型の組織づくり」などのご相談
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



【追伸】
「・・・で、答えは何なの???」と思った方へ


よろしければ、以下の記事も見てやっていただけると嬉しいです。(^^)

「自分で考えて行動する「自律型人材」が育つ組織って?」ブログについて
「答えが見つからない、探しても解決策が見つからない原因って何だろう?」シリーズ
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?自律性などとの関係って?
「自立」とは?「自律」とは?その違いって?自律型人材とは?
「社長、上司、部下、会社組織にとって本当に必要な支援って何だろう?」シリーズ


posted by ネクストストラテジー at 06:15| Comment(2) | 組織や仕組みから考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめてコメントします。
いくつかの共通点が気になったので、自分の会社の状況と照らし合わせながら考えてみました。
おかげさまで、どうして今まで気がつかなかったんだろうと気づかされました。
周りの声の人と同じで相手のことを何も知ろうとしていなかった自分に気がついて恥ずかしくなりました。
自律的に考えるについて少しだけわかった気がします。
ありがとうございます。
考える機会がもらえるブログって他には知りませんのでブログの更新を楽しみにしています。


Posted by チュー吉 at 2011年05月12日 17:33
チュー吉 様

初めまして!
コメントありがとうございます。

> 会社の状況と照らし合わせながら考えてみました
考えてみてくださったんですね♪
すごーく嬉しいです。(^^)

> 相手のことを何も知ろうとしていなかった
自分と全く同じ人間なんて存在しないから、相手のことを知るのって難しいですよねー、ホント。
私もまだまだだなーと、いつも痛感させられております(汗)。

あ、でも・・・
「相手のことを知る」ことの難しさや大切さを肝に銘じていれば、一歩前進なのかも?
とも感じております。(^^)

> 考える機会がもらえるブログ
このお言葉、めちゃ嬉しいです。
ありどうこざいます。m(_ _)m

こんなボログでもよろしければ、気が向いた時にでもまた遊びに来てやってくださいませませ。

Posted by ネクストストラテジー at 2011年05月13日 08:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。