2011年05月16日

リーダーシップとは?リーダーシップの発揮と自律性との関係って?(その1)

【注意1】
「リーダーシップ力を育成する方法」「リーダーシップ育成マニュアル」で検索された方は、以下の記事もお役に立てるかもしれません。(^^)


「人材育成などの方法論に振り回される前に考えておきたい事って何だろう?」シリーズ
「おすすめの方法やいい方法、手法に頼ったり探したりする理由って何だろう?」シリーズ
「管理職が論文やレポートを書く意味って?何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
人材育成をマーケティング・コンセプトから考えると見えることって何だろう?
「優秀な人材が見つからない、有能な人材が採用できない原因って何だろう?」シリーズ
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「組織じゃないとできないこと、組織でなくてもできることって何だろう?」シリーズ
「経営計画を立てたり、経営方針を決めたりするのに必要なことって何だろう?」シリーズ


【注意2】
「自律性」で検索された方は、以下の記事の方がお役に立てるかもしれません。(^^)


「自立」とは?「自律」とは?リーダーシップとの関係って?

-----


「私にはリーダーシップがないから、人の上に立てるタイプじゃないんです・・・ ( TДT) 」
「もっとリーダーシップを発揮したいのは山々だけど、自分にはそんな才能なんてないんだね・・・、ホントに・・・ (>_<、) 」

などなど・・・

「三方よしの経営相談」や、「自律型人材育成」「組織力の強化や向上」のお手伝いを行なっていることもあるせいか・・・
「爆発・炎上・崩壊組織」で消防のお手伝いを行なうこともあるせいか・・・

特に経営者の方とか管理職の方から、このような切実な悩みをお聞きすることもあるんですが・・・
(;´・ω・`)

それに、コレってもしかしたら・・・

「経営者の視点を従業員にも持って欲しいと社長が思う理由って何だろう?」シリーズ
社長が従業員に相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろう?
「社長が孤独を感じる瞬間って?孤独を感じる時、感じない時って皆同じ?」シリーズ
中小企業の従業員が知っておきたい経営者が孤独を感じる原因って何だろう?
後継者の孤独とは?2代目や3代目など中小企業次期社長ならではの苦労って何だろう?
「社長が愚痴る理由、従業員には愚痴らない、愚痴れない理由って何だろう?」シリーズ
社長がいつも強気でパワフルで元気で前向きで楽観的に見える理由って何だろう?
「社長が暴走してしまう原因、暴君社長と感じてしまう理由って何だろう?」シリーズ
部下思いのいい上司が、パワハラ上司に変わってしまった原因って何だろう?
「上司や部下がうつ病になる組織、ならない組織の違いって何だろう?」シリーズ
売上が上がらない、利益が出ない、赤字になる本当の原因って何だろう?
顧客離れが起きる徴候や原因についてよく知っているのは誰なんだろう?
「経費削減、コスト削減、費用削減が進まない原因って何だろう?」シリーズ
「生産性を上げる方法とは?生産性と効率化や合理化との関係って何?」シリーズ
「日本人の生産性が低い理由って?生産性の向上ってどういう事なんだろう?」シリーズ
「事業継続計画とは?BCPのつくり方って?中小企業の生き残りとの関係って?」シリーズ
「事業承継とは?中小企業の経営で本当に引き継ぐ必要がある事って何だろう?」シリーズ
「経営計画を立てたり、経営方針を決めたりするのに必要なことって何だろう?」シリーズ
「経営理念などを掲げるメリットやデメリットって?組織力などとの関係って?」シリーズ

などなどにも、ある意味関係するっちゃーするかも〜???
なーんて、感じたので・・・

そもそもの話・・・

リーダーシップって、いったい何だろーか?
何ができたらリーダーシップ力があって、何ができなかったらリーダーシップ力がないってことなんだろーか?
リーダーシップ力があるとかないとかって、誰がどーゆー基準で決めるものなんだろーか?

リーダーシップ力が必要なのって、経営者だけなんだろーか?
リーダーシップ力が必要なのって、管理職だけなんだろーか?

リーダーシップとやらって、マネジメント力とは何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップ力とマネジメント力って、同じなんだろーか?違うんだろーか?
同じ人が、リーダーシップ力もマネジメント力も両方発揮しないといけないもんなんだろーか?

何のために、リーダーシップとやらが必要なんだろーか?
誰のために、リーダーシップとやらが必要なんだろーか?
どんな時に、リーダーシップとやらが必要で必要じゃないんだろーか?

とか・・・

リーダーシップとやらを発揮することって、目的なんだろーか?
リーダーシップとやらを発揮することって、手段なんだろーか?

リーダーシップとやらって、理念・ビジョン・ミッションなどとは何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップとやらって、戦略とは何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップとやらって、方針とは何がどう関係するんだろーか?

リーダーシップとやらって、経営計画とは何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップとやらって、ビジネスモデルとは何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップとやらって、経営環境の変化とは何がどう関係するんだろーか?

リーダーシップとやらって、経営者意識や経営感覚などとは何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップとやらって、経営理念の浸透とは何がどう関係するんだろーか?

リーダーシップとやらって、利益生産性などとは何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップとやらって、付加価値イノベーションなどとは、何がどう関係するんだろーか?

リーダーシップとやらって、リストラ経営資源などとは、何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップとやらって、協力し合える組織なのか協力し合えない組織なのかとは何がどう関係するんだろーか?

リーダーシップとやらって、独自性や優位性、差別化競争力(国際競争力)などとは、何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップとやらって、取引先や従業員からの信用や信頼などとは、何がどう関係するんだろーか?

リーダーシップとやらって、組織組織文化・組織風土などとは何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップとやらって、会議やミーティング、打ち合わせ、話し合いなどとは、何がどう関係するんだろーか?

リーダーシップとやらって、人材採用とは何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップとやらって、人手不足や人材不足などとは何がどう関係するんだろーか?

リーダーシップとやらって、人事異動や配置転換適材適所などとは何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップとやらって、職務型や職能型などとは何がどう関係するんだろーか?

リーダーシップとやらって、権限委譲やエンパワーメント(エンパワメント)などとは何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップとやらって、人事評価や人事考課などとは何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップとやらって、人事制度や人事システムなどとは何がどう関係するんだろーか?

リーダーシップとやらって、人材育成とは何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップとやらって、セミナーや研修などの類とは何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップとやらって、教育(共育)とは何がどう関係するんだろーか?

リーダーシップとやらって、自律や自立、自分で考えて行動する力などとは、何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップとやらって、協調性主体性自発性などとは、何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップとやらって、やる気や向上心、チャレンジ精神などとは、何がどう関係するんだろーか?

当事者意識問題意識危機感などとは、何がどう関係するんだろーか?
リーダーシップとやらって、問題発見力課題解決力などとは何がどう関係するんだろーか?

リーダーシップとやらって、経営者の役割や仕事にはどんな関係があるんだろーか?
リーダーシップとやらって、管理職の役割や仕事にはどんな関係があるんだろーか?
リーダーシップとやらって、一般従業員の役割や仕事にはどんな関係があるんだろーか?

リーダーシップとやらって、人事部(総務部)や営業部、製造部などの各部門の役割や仕事にはどんな関係があるんだろーか?
リーダーシップとやらって、下請け企業や親会社(親事業者)などの取引先にはどんな関係があるんだろーか?

などなどについて、一緒に考えてみません? (^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/

んーと・・・

例えば、こんなのから考えてみるのはどーでしょう?


■ リーダーシップとは?
はてなキーワード
リーダーとしての地位。
指導力を持ち、皆を引っ張っていく自信と責任といったような概念。


exBuzzwords
リーダーシップとは、チームや部門など複数の構成員からなる組織において、それを統括する者に求められる資質や行動原則のこと。

リーダーシップの本質には諸説あるが、

1) ビジョン目標を明確にすること
2) 権限やタスクを委譲し部下に働きやすい環境を与えること
3) 部下に対して精神的物理的組織的支援を与えること
4) 部下の成果について評価し褒章を与えること

の4点に集約できる。


ウィキペディア
リーダーシップの概念は非常にさまざまな議論があるが、一般的には一人の人間がその他の人間から服従、信頼、尊敬、忠誠協力を得られるような方法で人間の思考、計画、行動を指揮でき、かつそのような特権を持てるようになる技術及び才能を指すと考えられている。

それは意思決定を行う指揮、労力や資源を配分・管理する統制、心的作用による統御の三機能から構成されると考えられているのが一般的

孫子においては、智・信・仁・勇・厳の5つを挙げている。
またクラウゼヴィッツは指揮官の才能として、知性と情熱を兼ねる高度な精神・危険を顧みず自身の行動に責任を負う勇気・不確実な事態における洞察力・洞察に基づく具体的な行動する決断力などを挙げた。
大日本帝国陸軍の教範において蔵田十紀二は、高慢の品性・至深の温情・堅確な意思・卓越した識見、として全体的な人間の能力を網羅している。

アメリカ海軍の士官候補生読本においては、忠誠・肉体的精神的勇気・信頼・宗教的信仰・ユーモアのセンス・謙虚・自信・常識・判断力・健康・エネルギー・楽天主義が挙げられている。

ただしこれらの資質は基本的な技能が備わっていることが前提である。
能力が劣る上官に部下の信頼を得ることはできない。
また知識や知能で劣っていれば洞察力は判断力の面でよいリーダーシップは発揮できない。
資質・技術・知能が揃うことが望ましい。

心理学においてリーダーシップは集団目的の達成における集団の活動に影響を与える過程と定義される。
一般的には集団の指導者によって発揮される影響力を言う。


「サーバント・リーダーシップ入門」
リーダーシップとは何か。
力づくで人に動いてもらうのとどう違うのか。

社会心理学的に理屈っぽく言えば、

「リーダーシップとは、フォロワーが目的に向かって自発的に動き出すのに影響を与えるプロセスである」

ということになる。

では、どうやってそのような影響力を発揮するのかというと、やり方は人それぞれでいい。
人との接し方、付き合い方がさまざまなように、リーダーシップのスタイルも人によって異なり、最終的には当人の言動のさらに根っこにある性格や価値観、人生観といったものに根ざすことになる。

だから、これがどこでも通用するリーダーシップの決定版だなどと簡単に断定することはできない。
そのために、リーダーシップやリーダーに対しては多種多様な解釈がなされ、幻想や誤解も生まれやすくなる。

リーダーシップはとてもシンプルな現象である。

信じてついていってもいいと思える人に、フォロワーたちが喜んでついていっている状態がリーダーシップという社会現象であり、そのように信じられる人に備わっているものが、その人に帰属されるリーダーシップの持ち味である。

リーダーシップのカギとなる言葉をひとつだけ挙げるとしたら、

「その人を信じられるかどうか」

になるだろう。

つまりは「信頼」
信頼できる人なら、人はついていく。

つまるところ、われわれは、本当に信頼できる人でなければ、喜んでついていきはしない。
その信頼の中身が、誠実さだったり、優しさだったり、場面によっては有能さだったりする。

部下を持つ管理職以上になると、マネジメントによって、つまり自分の描く絵や自分の人間的魅力ではなく、管理の仕組みを通じて部下を動かしているにもかかわらず、リーダーシップという影響力を発揮して部下がついてきてくれているかのごとく勘違いする人が出て来る。

考課で悪い点をつけられたくないから、自分が使える予算を減らされたくないからという理由で、上司の言うとおりにいやいや部下が動くのと、リーダーシップによって部下が自発的に動くのとでは違いがある。

上司が描く絵が実現するとうれしいと心から思うから、この人についていけばそれが実現できそうだと展望できるから、この人は自分たちのことを思ってくれていると感じるから、厳しそうでもその人に喜んでついていく。
それがリーダーシップの本来の姿である。

そういう意味では、会社で部長が肩書きを頼りに会議を仕切っている場面よりも、公園で子どもが遊びを自然体で仕切っている場面のほうが、より純然たるリーダーシップに近いといえる。

別の言い方をするならば、立場上リーダーシップを発揮する職位に任命されたリーダーや、選挙で選ばれたリーダーは、なんの肩書きもないのに人がついてくる自然発生的なリーダーに比べると、純然たるリーダーシップ以外の不純物が、その影響力のなかに混じっている。

たとえば、ボーナスや昇進のa href="http://blog.next-strategy.com/article/313459632.html" target="_blank">判断を部長や課長に期待する社員への影響力は、純然たるリーダーシップの影響力ではなく、仕組みがもたらす影響力にすぎない。

ただし、誤解がないように言っておくが、地位と権限を使って影響力を行使しようとすること自体は、けっして悪いことではない。
困るのは、それでもって自分についてくる部下を見て、自分にはリーダーシップがあると勘違いすることだ。

リーダーが「おまえ、ついてきていいよ」とフォロワーを認めるのではなく、フォロワーが「あなたなら、ついていきたいよ」とリーダーのことを認める。
これが自然発生的な、最も素朴で純粋なリーダーシップの基盤にある考えだ。

喜んでついてくるフォロワーがひとりもいなければ、いくら本人がリーダーのつもりでいても、リーダーシップ現象はそこにはない。
リーダーシップ現象がそこに生まれるとしたら、フォロワーの大半が後についてき始めてからのことだ。

もっと正確に言えば、最初はだれもついてこなくても、徐々についてくる人が増えていき、ある一定の比率以上の人々(クリティカル・マスを超える人々)がついてくるようになったとき、リーダーシップは出現することになる。

その意味で、リーダーたる人物はリーダーその人にほかならないが、リーダーシップはリーダーの頭の中にあるのではなく、ついてくると決めたフォロワーたちの頭や心の中にあるものなのだ。


■ リーダーシップって何のため?
「サーバント リーダーシップ論」
ピーター・ドラッカーは言う。
「事業の目的は顧客の創造である」と。

彼はまた言う。
組織の機能は人の強みを発揮させ、弱みを無意味なものにすることである」と。

人の強みを発揮させ、顧客を創造するために必ず必要なものがある。
それが「リーダーシップ」である。

どんなに有効に見える組織の戦略を考えても、それに向かって人を動かせなければ、戦略は結果的に無意味である。

リーダーシップの目的は、「人を動かす」ということである。


■ リーダーシップ特性理論
コトバンク
あるべきリーダー像を、人物としての属性や特性からアプローチすること。
リーダーシップ研究の初期段階に、多く見られた。
一般的に、リーダーが非リーダーと異なる特性として、以下が挙げられる。

1) 動機と意欲
2) 他者を導き影響を与えようとする欲求
3) 正直さと誠実さ
4) 自信
5) 知性
6) 責任分野に関する深い専門知識

特性理論は、リーダーに見られる特性のみに着目したことから、研究としては早晩、限界を迎えることになった。
なぜなら、これらの特性からだけでは、リーダーシップを十分に説明することはできなかったからだ。
その後、特性理論は行動理論、条件適合理論へと発達していくことになる。


■ リーダーシップ行動理論
コトバンク
他人に影響力を与えている人に共通して見られる「行動パターン」で、リーダーシップを定義しようとする理論。
共通の行動パターンが基準となるため、「特定の行動がとれる人材は、すべて同じレベルのリーダーシップを実現している」ことになる。
また、その行動パターンを身につけることで、特定のリーダーシップを身につけ、強化できるという考え方でもある。

現在のリーダーシップ育成の理論やプログラムは、この行動理論を根拠として確立され、
「リーダーシップは行動モデルに基づいて育成、強化することが可能である」
という考えをとっている。


レヴィンのリーダーシップ類型
リーダーシップ行動理論の一つ。
アメリカの心理学者レヴィン(K.Lewin)がアイオワ大学で行った実験に基づき、リーダーシップのタイプを専制型・放任型・民主型の3つに分類した。

レヴィンは、民主型リーダーシップが、作業の質・作業意欲・有効な行動等の点で最も有効である、と結論づけている。
但し、組織の立ち上げ当初は「専制型」、安定してきたら「民主型」など、組織の形態や成長度合いの状況によって、望ましいリーダーシップ類型を使い分ける方がより効果的と考えられる。

【専制型リーダーシップ】
・概要
部下/集団は消極的・受動的と捉える
命令を与えないと動かない
意思決定、作業手順もリーダーが指示

・効果的な状況
未熟で安定していない集団
緊急に意思決定を下す必要がある状況

・備考
短期的には他の類型よりも仕事量が多く、高い生産性を得る事が出来る。
しかし、長期的には、メンバーが相互に反感や不信感を抱くようになり、効果的ではない。


【放任型リーダーシップ】
・概要
部下/集団の行う行動にリーダーは関与しない
意思決定、作業手順も部下
集団によって行う

・効果的な状況
研究開発部門など、部下/集団のレベルが高い専門家集団

・備考
組織のまとまりもなく、メンバーの士気も低く、仕事の量・質とも最も低い。


【民主型リーダーシップ】
・概要
リーダーの援助の下、集団で討議して方針を決定
作業の要領や手順は部下に委任

・効果的な状況
通常の業務において、最も望ましい類型

・備考
短期的には専制型リーダーシップより生産性が低いが、長期的には高い生産性をあげる。
メンバー間に友好的な雰囲気が生まれ、集団の団結度が高くなる。


リッカートのマネジメント・システム論(システム4理論)
リーダーシップ行動理論の一つ。
リッカートは組織をシステムとして捉え、リーダーシップに関わる管理システムを4つに分類し、権威主義・専制型(システム1)、温情・専制型(システム2)、参画協調型(システム3)、民主主義型(システム4)と規定。
リッカートはこの中で民主主義型のシステム4を採用している経営組織の業績が最も高い、と主張した。

【権威主義・専制型リーダーシップ(システム1)】
・権威主義的管理方法で、リーダーは部下を信頼せず意思決定に参加させない
・部下は、恐怖・脅迫・懲罰によって働かされ、時々与えられる報酬で何とか生活している
・リーダーと部下の相互作用は稀で、統制機能はトップに集約されている

【温情・専制型リーダーシップ(システム2)】
・リーダーは部下をある程度信頼するが、主人が召使に対するような恩着せがましいやり方をとる
・予め決められた範囲では部下のレベルでも決定できるが、多くの意思決定・目標設定はトップが行う
・報酬・懲罰・罰のほのめかしによって、部下の動機付けを行う
・リーダーと部下の相互関係はあるが、恩着せがましく、部下の側には恐怖と警戒心がみられる

【参画協調型リーダーシップ(システム3)】
・リーダーは部下に対し全面的ではないがかなり信頼しており、基本的な方針や全般的決定権はトップにあるが、個別問題は部下に権限委譲される
コミュニケーションは双方通行的に行われ、動機付けは報償と時により懲罰、ある程度の参画が用いられる
相互作用も頻繁になり、統制機能のかなりの部分が部下に委譲されている

【民主主義型リーダーシップ(システム4)】
・リーダーは部下を全面的に信頼し、意思決定は広く組織全体で行われるが、バラバラにならずに統合されており、コミュニケーションは上下のみならず同僚間でも行われる
・部下は全面的に参画が認められ、動機付けられ、広範な相互作用が確保される
評価と統制は全ての階層で完全に行われる

-----


うーん・・・
どーでしょう???

「ふぅーむ、ナルホドナルホド φ(.. ) 」
「そーか、そーゆーことか、ナットク ( ̄∀ ̄)b 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「へぇ〜っっ、リーダーシップっていろいろあるんだなー ( ゜Д゜) 」
「自分にはリーダーシップがないって、ボコボコにヘコんでたけど、コレならできそうかも♪ (≧▽≦) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ウチの上司ってば、リーダーシップのカケラもないと思っていたけど、そーじゃなかったんだな〜 o(^-^)o 」
「アイツは管理職のくせに、リーダーシップがない(怒)!と思っていたけど、オレとはタイプが違うだけで、そんなことはなかったんだなー σ(^◇^;)。。。 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ウチの上司ってば、表向きは民主型リーダーシップだけど、実際は専制型リーダーシップなんだよなー o(><;)(;><)o 」
「ウチの社長ってば、思いっきり権威主義・専制型リーダーシップだな・・・、従業員は民主主義型リーダーシップを望んでいると思うんだけどな・・・ (o´д`o)=3 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;)」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか? (^^)

他にも、例えば・・・

誰にも相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろうか?
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?自律性などとの関係って?
自律型人材は、一方的に教えて育てる教育で育てられるんだろうか?
人材育成や教育を「自分ができる事」と「教えられる事」から考えてみると?
思考停止を招く教育とは?従業員の主体性や向上心が育つ人材育成って?
「知識や方法論中心の研修で育つ力、育たない力って何だろう?」シリーズ
「研修とは?本当に役立つ社員研修や管理職研修を行うのに必要なことって何?」シリーズ
「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
人材育成をマーケティング・コンセプトから考えると見えることって何だろう?
「やる気、向上心、チャレンジ精神などが持てる組織ってどんな組織?」シリーズ
チェンジリーダーって何?誰のこと?組織を変えるのに必要なものって何だろう?
「社長、上司、部下、会社組織にとって本当に必要な支援って何だろう?」シリーズ

などなども含めると、いろんな意味で考えさせられません? (^^)

こーやって考えてみると・・・

まだ見えていないだけで・・・

意外なところにヒントがいっぱい溢れている
おお〜っ ━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━ 見っけ〜♪


のかも〜???

なーんて、感じません? (〃▽〃)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?

・・・え?

「全然、ピンとこねぇーし! ((o(>皿<)o)) うっきぃぃぃー!! 」

・・・って?

ううっ・・・、すみません・・・。m(_ _)m

ではでは・・・


リーダーシップとは?リーダーシップの発揮と自律性との関係って?(その2)


にて、引き続いて一緒に考えてみません? (^^)/

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、ゆるゆる〜っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「組織力の強化や向上」などのご相談
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m




posted by ネクストストラテジー at 06:40| Comment(0) | 意味が曖昧な言葉から考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。