2011年05月17日

中小企業の信用力と個人事業主や株式会社、資本金との関係って何?(1)

「個人事業主だと信用力が低いから、株式会社の方がいい取引先が見つかりやすいですよね? ヽ(´ー`)ノ」
「個人事業主とか有限会社レベルより、株式会社の方が取引にはやっぱり有利ですよね? (⌒▽⌒)ノ" 」

「やっぱ株式会社にした方が、取引先から信用してもらいやすいですよね? ( ̄▽ ̄;) 」
「株式会社の方が、信用できる取引先が見つかりますよね? (* ̄▽ ̄) 」
「資本金っていくらがいいんでしょーか?やっぱ最低でも1千万円ないと、取引してもらえないですよね・・・、きっと? (;´Д`)ノ」

などなど・・・

「三方よしの経営相談・経営支援」を行なっているということもあり・・・
上記のような切実な悩みを、中小企業の経営者の方(特に小規模企業の経営者の方)からお聞きすることもあるんですが・・・
(;´・ω・`)

コレって、もしかしたら・・・

「方法論に振り回される前に考えておきたい事って何だろう?」シリーズ
「顧客って誰のこと?どんな人や企業がお客様か考えると気づくことって?」シリーズ
「新規顧客開拓って何のため?誰のため?顧客流出などとの関係って何だろう?」シリーズ
数字ありきに陥る原因って?数値目標の設定後、達成後に起こる事って何だろう?
売上が上がらない、利益が出ない、赤字になる本当の原因って何だろう?
「日本人の生産性が低い理由って?生産性の向上ってどういう事なんだろう?」シリーズ
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「強い組織の作り方とは?強い組織か弱い組織かの判断基準って何だろう?」シリーズ
「組織じゃないとできないこと、組織でなくてもできることって何だろう?」シリーズ
「事業承継とは?中小企業の経営で本当に引き継ぐ必要がある事って何だろう?」シリーズ
「経営計画や経営方針を決めるのに必要なことって?信用力などとの関係って?」シリーズ

などなどにも、ある意味関係するっちゃーするかもしれないので・・・

そもそもの話・・・

「いい取引先」って、何なんだろーか?
どんな取引先なら、「いい取引先」と言えるんだろーか?
自社にとって「いい取引先」なら、他社にとっても「いい取引先」なんだろーか?

取引面において、個人事業主であるメリットやデメリットって、いったい何だろーか?
取引面において、株式会社であるメリットやデメリットって、いったいだろーか?

個人事業主だと信用力が低いって、本当なんだろーか?
株式会社なら信用力が高いって、本当なんだろーか?

個人事業主だと、不利な取引になってしまうというのは本当なんだろーか?
株式会社だと、有利な取引ができるというのは本当なんだろーか?

信用力と事業形態の関係って、いったい何なんだろーか?
信用力と資本金額の関係って、いったい何なんだろーか?

事業形態や資本金額って、目的なんだろーか?
事業形態や資本金額って、目標なんだろーか?
事業形態や資本金額って、手段なんだろーか?

事業形態や資本金額の選び方と、自律性主体性などとの関係って何だろーか?
事業形態や資本金額の選び方と、自分で考えて行動する力などとの関係って何だろーか?
事業形態や資本金額の選び方と、差別化や競争優位性との関係って何だろーか?

どんな取引先と、何のために、誰のために、どんな取引がしたいんだろーか?
どんな従業員さんに、何のために、誰のために、どう働いて欲しいんだろーか?

何のために、独立したんだろーか?
独立して、何がしたかったんだろーか?
誰のために、独立したんだろーか?

などなどについて、一緒に考えてみません? (^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/

というワケで・・・

まずは事業形態やら資本金やらの類について調べてみたので、まとめて掲載しておきますねー。


■ 中小企業とは?
どんな企業が中小企業に該当するんですか?


■ 個人事業主とは?(個人企業とは?)
コトバンク
個人が単独で資金を出し、経営する企業。


ウィキペディア
個人事業主は、法人を設立せずに自ら事業を行っている個人をいう。
一般には自営業者ともいう。
事業主一人のみ、家族のみ、あるいは少数の従業員を抱える小規模の経営が一般的だが、制限はなく、大規模な企業体を経営することも出来ないわけではない。
雇用されている者は個人事業主ではないが、継続的な請負(下請)や納入をする業者、代理店など、雇用でない契約によって他者の事業に従属する者はあくまで独立の経営であり、それが法人でなければ個人事業主である。

例えば銀行業のように法人でなければ認められない事業もあるが、法令の制限がない限り、あらゆる事業を行うことができる。
主なものとしては以下がある。

・各種農業・林業・畜産業・水産業(農家など)
・病院・診療所を開設する開業医
・各種建設業・一人親方・建築家
・各種製造業・製作者・デザイナー
・各種流通業・小売業・飲食業・サービス業・旅館業
・各種運輸業・個人タクシー
・各種金融業
・各種コンサルタント
・各種プログラマ
・各種士業


■ 会社とは?
はてなキーワード
一般的には法人格を有する組織のうち、法人名に「会社」を含むもの、すなわち株式会社、合同会社、合名会社、合資会社、相互会社、有限会社を言う。


■ 株式会社とは?
はてなキーワード
出資者である株主に対して株式を発行することで設立される法人であり、会社法の第二編において規定される。
株式に付帯する議決権に応じて決定を行う株主総会により重要事項の決議を行う。
また、収益を配当金として、株式数に応じて株主に還元する。

従来は資本金について1000万円以上という制約があったが、2006年に施行の新会社法により資本金1円での設立も可能となった。
また、同改正により取締役会の設置も任意となるなど、多様な運営形態が可能となっている。


コトバンク
株式を発行して投資家から資金を調達し、その代金で事業活動を行なう会社のこと。
株式を公開していれば、株式を購入することで誰でも出資者(株主)になれる。
事業が成功して利益が上がれば、株価の上昇で株主の利益が増え、株数に応じて配当金や株主優待を受け取ることもできる。

半面、事業がうまくいかなければ配当金は無く、株価も下がる。
株式会社制度の下では、事業を遂行する人(経営者)と株主は異なり、経営者と出資者が別人でも構わないために、ビジネスの手腕のある人は、自己資金が無くても、株式発行により資金を集めて事業ができる。


ウィキペディア
株式会社とは、細分化された社員権(株式)を有する株主から有限責任の下に資金を調達して株主から委任を受けた経営者が事業を行い、利益を株主に配当する、法人格を有する企業形態である。

会社は、自然人と同様、それ自体が権利・義務の主体となることができる権利能力を有している。
すなわち、会社はその構成員とは区別された法人格を有する。
これにより、会社は自己の名において事業を行い、財産を取得・処分し、契約を締結し、借入れを行うことができる。
そして、経営者や株主に対して債権を有する債権者も、別人格である会社の財産に対しては債権を行使することができない。

会社において、株主は直接経営を行わず、経営者(取締役会など)に経営権を集中することを、所有と経営の分離といい、これは多数の株主を有する大企業では普遍的に見られる特質である。

会社の目的は、株主の利益を最大化することにあるという立場(株主主権論)から「会社は株主のものである」という主張がされることがある。
これに対しては、「会社はコア従業員(長期的に会社に関わる従業員)のものである」という従業員主権論や、「会社はステークホルダーのものである」という主張もされている。

このような会社は誰のものかという議論は、経営やコーポレート・ガバナンスの重点をどこに置くかについての議論であるといえる。
また、ステークホルダー型コーポレート・ガバナンスと関連して、会社は地域の利益や雇用、環境を守る責任があるという企業の社会的責任(CSR) も主張されている。


■ 合同会社とは?
はてなキーワード
現在日本で会社法に基づき設立できる4種類の会社形態の一つ。
2006年5月1日に会社法が施行されて、設立できるようになった。

全社員が無限責任を負う合名会社、無限責任社員と有限責任社員がいる合資会社に対し、合同会社は全社員が出資額を限度とした有限責任を負うものである。
同様に株主の有限責任が認められる株式会社と比べると、会社運営の自由度が高いことがメリットとされる。

米国などのLLC (Limited Liability Corporation) をモデルとした合同会社法制ではあるが、LLCで見られる構成員課税には財務省の反対が大きく、見送られた。
これにより合同会社設立のメリットはかなり小さくなってしまったともいわれる。


■ 合名会社とは?
はてなキーワード
無限責任社員のみが出資している会社のこと。
日本の場合、2人以上の無限責任社員だけからなる会社。
合名会社における社員全員が会社債務について会社債権者に対し、直接に連帯・無限の責任を負う反面、原則として会社の業務執行権および代表権を持っている。


■ 合資会社とは?
はてなキーワード
有限責任社員と無限責任社員とをもって組織される会社。
合資会社にあっては、有限責任社員であっても、株式会社などの社員(株主)のような間接有限責任ではなく、会社債権者に対して直接責任を負う直接有限責任社員であるとされる。


■ 有限会社とは?
はてなキーワード
会社形態のひとつ。
現在は法律上、新規の有限会社を設立できなくなっている。


■ 特例有限会社とは?
ウィキペディア
特例有限会社とは、2006年5月1日の会社法施行以前に有限会社であった会社であって、同法施行後もなお基本的には従前の例によるものとされる株式会社のことである。
商号の中に「株式会社」ではなく「有限会社」の文字を用いなければならない。
役員任期に関する法定の制限はなく、また決算の公告義務もないというメリットがある。


■ 資本金とは?
exBuzzwords
資本金とは、株式会社が株式を発行しその払込を受けた金額のうち、資本金として繰り入れた額のこと。
新株発行に伴う払込金額の半額以上は資本金に繰り入れることが必要とされており、残額は資本準備金として計上できる。

一旦資本金として計上されると、その取り崩しのためには株主総会の特別決議が必要となることから(減資)、多くの場合、その金額分だけ資産が会社に留保されていることとなり、債権者保護に資するとされている。
資本金の額は登記する必要があり、この登記に関わる手数料が資本金(及びその増減額)に比例していることから、実務上新株発行に伴う払込金額の半額だけが資本金に繰り入れられることが多い。


資本金の多い会社は、良い会社?
会社の状況を判断すべく、相手会社の会社案内を入手することができたとします。
そして、おもむろに「財務状況」の欄に目を向ければ、そこには「資本金」としてなんと!「1億円」と記載されています。

大抵の場合は「1億円かー!すごい!」なんて漠然と思ってしまうところですが、ここで喜んではいけません!
たしかに「会社案内」には「資本金1億円」と書いてありますが、だからといって、その会社に「1億円の価値がある」とは書いてないことに気づかないといけないのです。

会社の状況を判断する上での「資本金」は「株主さん達からこれだけのお金を集めたことがある!」ということを表す数値であって、決して「企業の現在価値を直接的に表す数値」ではないのです。

「目に見えているけれど、本当はナイかもしれない……」
夏の怪談みたいで怖いのですが、それが「資本金」なのです。

もちろん「たくさんの株主さんからたくさんのお金を集めた」という実績は、それだけその当時会社に信頼なり、価値なりがあった、ということを物語っています。
ただし、「資本金」だけでなく、他の勘定科目の推移も併せて検討していかないと、その会社の現在、そしてこれからを見通すことは難しいといえるでしょう。

「会社を見るときのポイント」として「これさえ見れば、大丈夫!」といった万能の数値は無いと思いますが、「会社と会社」とはいえ、要は「人付き合い」に変わりはありません。

恋愛するときの「外見」が「資本金」であれば、そのほかに「性格」、つまり「会社のビジョン」など、会社の内面を見ていくようにするしかありません。
たとえ資本金が100万円しかない会社でも、決算書に現れないような新技術や、強力な人のつながりを持っている会社かもしれません。

「最低資本金」という制度がなくなり、資本金1円でも会社が設立できることとなった現在では、「資本金」にこだわりすぎてしまうと「将来の良きパートナー」を見逃してしまうかもしれませんよ!


■ 増資とは?
Weblio辞書
会社の資本金を増やすこと。
有償増資(金銭の支払い等を伴う)と無償増資(金銭の支払い等を伴わない)があるが、一般には資金調達のための有償増資を指す場合が多い。
増資は、借入れと並ぶ資金調達の伝統的手段であるが、借入れとは異なり、長期的に安定した返済義務のない資金を一度に獲得することができる。

また、株主資本が増加する結果として財務の健全性の指標が改善する。
一方で、株式による調達は、資本コストが高く、また手続きやIR(Investor Relations)に手間と費用を要するなどのデメリットもある。また、株主構成、ひいては議決権などにも影響が及ぶため、注意が必要となる。


良い増資と悪い増資


■ 取締役の責任とは?
ウィキペディア
【株主の権利の行使に関する利益供与の禁止】
株式会社が財産上の利益の供与をしたときは、当該利益の供与をすることに関与した取締役は、当該株式会社に対して、連帯して、供与した利益の価額に相当する額を支払う義務を負う。

【会社に対する義務】
取締役と会社との関係は委任であり、取締役が取締役会の構成員として、また代表取締役として職務を行うに際しては善管注意義務(330条により民法644条準用)及び忠実義務を負う(355条[5])
忠実義務の具体化として、競業避止義務(356条1項1号[6])利益相反取引の制限(356条1項2号[7])が規定されている。

【第三者に対する責任】
会社の業務を執行する際に故意または重大なる過失(重過失)によって第三者に損害を与えた場合にもそれを賠償する責任が生じる(429条1項、旧商法266条ノ3第1項)。

【株主による取締役の行為の差止め】
非公開会社の株主は、取締役が株式会社の目的の範囲外の行為その他法令若しくは定款に違反する行為をし、又はこれらの行為をするおそれがある場合において、当該行為によって当該株式会社に著しい損害が生ずるおそれがあるときは、当該取締役に対し、当該行為をやめることを請求することができる(360条1項,2項)。


■ 無限責任と有限責任とは?
Weblio辞書
【無限責任とは?】
債務者個人の全財産を債務の引き当て(担保)とすること。

【有限責任とは?】
ある事業体についてその帰属主体や出資者・拠出者などが限定された範囲の財産(例えば出資した財産)でのみ責任を負うことをいう。
ここでいう責任とは、債務との関係で財産がその引当てになることをいう。


■ 決算公告とは?
ウィキペディア
決算公告とは、会社法の規定に基づき定時株主総会の終結後遅滞なく、会社が定款に定めた公告方法によって公告する、財務情報の開示である。
1会計年度(事業年度、会計期間)の終了後の決算で作成された貸借対照表及び損益計算書は、株主総会による承認等、法で定められた手順を遵守した後、遅滞なく公告されることが義務付けられている。

原則として、株式会社は定時株主総会の終結後に貸借対照表の公告が求められるが、会社法上の大会社は損益計算書の公告も求められる(会社法第440条第1項)。
公告を行わなかったとき、不正の公告を行ったときは代表者等の役員が100万円以下の過料に処される(会社法第976条第1項)。


どのような会社で決算公告が義務付けられるのでしょうか。
すべての機関設計の株式会社で、決算公告が義務付けられます。
これまで、決算公告が義務付けられていたのは株式会社のみであり、有限会社には義務がありませんでした。
新会社法では、有限会社と株式会社が一本化されることに伴い、特例有限会社を除くすべての機関設計の株式会社で決算公告が義務付けられます。
株式譲渡制限会社であっても決算公告が義務付けられますので、注意が必要です。


■ 法人成りとは?
ウィキペディア
個人事業主が株式会社や合名会社、合同会社を設立して事業を法人化することを、「法人成り」という。
実態は個人事業と変わらないが、個人の資産・家計と事業を分別するほか、対外的なイメージや信用感、「株式会社」「取締役」といった肩書き、体面を得るために法人化することがある。

税法上のメリットを求めて法人化することも少なくない。
個人事業主の利益には所得税が課せられるのに対し、法人は法人税が課せられるが、 所得税は超過累進課税で計算されるため、利益を得れば得るほど税金をひかれる一方、法人税の税率は常に一定なので、所得がある水準を超える場合、法人の方が有利となることなどである。


■ 法人とは?
Weblio辞書
自然人以外で、法律上の権利義務の主体となることができるもの。
一定の目的の下に結合した人の集団あるいは財産についてその資格が認められる。
公法人と私法人、社団法人と財団法人、営利法人と公益法人と中間法人、外国法人と内国法人などに分類される。


■ 事業形態
事業の形態まとめ
※個人事業主、各会社の資本金、開業手続き、メリット・デメリットなどが一覧で掲載されています

-----


うーん・・・
どーでしょう???

「ふぅーむ、ナルホドナルホド φ(.. ) 」
「そーか、そーゆーことか、ナットク ( ̄∀ ̄)b 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;) 」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/ 」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

うーん・・・

インターネットを使って検索したものの・・・

「やっぱり、よくわからーん(泣)! (;´д⊂)」
「結局のところ、どーしたらいいのか全然わからーん(涙)! ( TДT) 」

などの状況に陥っちゃうことって、結構ありますよねー、ホント(汗)。


そんなワケで・・・


中小企業の信用力と個人事業主や株式会社、資本金との関係って何?(2)


では・・・

中小企業経営者の方からお聞きした

○ 何のために、その事業形態を選んだのか?
○ どんな理由があって、どのぐらいの資本金額にすることにしたのか?

などなどのナマの声から・・・


一緒に考えてみません? (^^)

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、ゆるゆる〜っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「組織力の強化や向上」などのご相談も、
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



【追伸】
「三方よしって、何???」
という方は、よろしければ以下のページも見てやってもらえると嬉しいです。(^^)


三方よしって、何だろう?


posted by ネクストストラテジー at 07:40| Comment(0) | 三方よしの経営から考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。