2011年05月30日

自律型人材育成とは?上司や人事部が職場でできることって何?(その1)

【注意】
「人材育成とは?(人財育成とは?)」「人材育成の方法」「人材育成の目標や目的」などで検索された方は、以下の記事の方がお役に立てるかもしれません。(^^)


「人材育成とは?何のため?誰のため?どんな時に必要なんだろうか?」シリーズ
人材育成や教育を「自分ができる事」と「教えられる事」から考えてみると見えることって?
人材育成をマーケティング・コンセプトから考えると見えることって何だろう?
「日本の良さとは?外国人や海外経験のある日本人が感じる事って何だろう?」シリーズ
「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
従業員の潜在的な能力の発掘、発揮方法って?組織力などとの関係って何だろう?
人間にしかできないこと、コンピュータにできること、できないことって何だろう?
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「強い組織の作り方とは?強い組織か弱い組織かの判断基準って何だろう?」シリーズ
「顧客って誰のこと?どんな人や企業がお客様か考えると気づくことって?」シリーズ
「経営計画を立てたり、経営方針を決めたりするのに必要なことって何だろう?」シリーズ

-----


自律型人材は、一方的に教えて育てる教育で育てられるんだろうか?
英語などの外国語の知識があってもコミュニケーションがとれない原因って?
「海外の教育現場(共育現場)ってどんなの?自律性や主体性は育つ?」シリーズ
「日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何だろう?」シリーズ
「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
「教育とは?」「共育とは?」から自律型人材について考えてみると?
「自立」とは?「自律」とは?その違いって?自律型人材とは?
人材育成をマーケティング・コンセプトから考えると見えることって何だろう?

などなどの記事にも、関係するっちゃーするかも〜?って、内容です。(^^)
※上記の記事を読んでいらっしゃらなくても、この記事の意味はわかると思いますが、できれば読んでやっていただけると嬉しいです
(と、おねだりしてみるヤツ)

今でこそ、

「日本を含む世界各国の方々に、自律型人材育成(自律型人財育成)のお手伝いをしていまーす (^^)/ 」

なーんてホザいているヤツなんですが・・・

他にも、「三方よしの経営相談」や、「自律型の組織変革」「経営に役立つ情報活用(IT活用・ICT活用)」のお手伝いを行っているヤツでもあるんですが・・・

そうなる前は・・・

ぐーたらゆるゆるで、サボリ症なヤツで・・・
コレといって将来やりたいことも、特に見つけておらず・・・
「勉強なんて大嫌いだし、根性論なんてクソくらえー!」って言っていたヤツなんですが・・・
(今でも、机上の勉強は嫌いだし根性論も苦手だし、ぐーたらゆるゆるなヤツですがw)

「自律」って言葉を聞いたことはあったけど、何なのかもよく知らず、知ろうともせず・・・
「自律」と「自立」の違いも知らず、知ろうともせず・・・
自律型人財育成(自律型人材育成)についても、なーんにも知らず、知ろうともしなかったヤツなんですが・・・

で・・・

ちょっとしたきっかけで、自律型人財育成(自律型人材育成)ってシロモノに出会って・・・
そのお陰で、今の私があるんですが・・・ v(^^)v
(今でも、海より深ぁぁぁぁーく感謝しまくりです m(_ _)m )

「自分で考えて行動する「自律型人材(自律型人財)」が育つ組織って?」ブログの趣旨にも関係するっちゃーするし・・・
「三方よしの経営相談」や、「自律型人材育成」「自律型の組織変革」などのお手伝いにも関係するっちゃーするので・・・
また、ある意味「爆発・炎上・崩壊組織」にも関係するっちゃーするかもしれないので・・・

その時のことを、少しずつカキカキしてみよーかと。(^^)

その時のことを題材に・・・

自律型人財育成(自律型人材育成)って、何だろーか?
誰がどんな状態で何をどう学びたい時に、自律型人財育成(自律型人材育成)が役に立つんだろーか?役に立たないんだろーか?
どんな組織だったら、自律型人財育成(自律型人材育成)が役に立つんだろーか?役に立たないんだろーか?

教育って、何だろーか?
共育って、何だろーか?
誰がどんな状態で何をどう学びたい時に、教育が役に立つんだろーか?役に立たないんだろーか?
誰がどんな状態で何をどう学びたい時に、共育が役に立つんだろーか?役に立たないんだろーか?
どんな組織だったら、教育が役に立つんだろーか?役に立たないんだろーか?
どんな組織だったら、共育が役に立つんだろーか?役に立たないんだろーか?

そもそも、人財育成(人材育成)って何だろーか?
人財育成(人材育成)って、目的なんだろーか?
人財育成(人材育成)って、目標なんだろーか?
人財育成(人材育成)って、手段なんだろーか?

何のために、人財育成(人材育成)をするんだろーか?
誰のために、人財育成(人材育成)をするんだろーか?

経営者の立場でできることって、何だろーか?
上司の立場でできることって、何だろーか?
同僚の立場でできることって、何だろーか?
部下の立場でできることって、何だろーか?

取引先の立場でできることって、何だろーか?
教師の立場でできることって、何だろーか?
立場に関係なく、一人ひとりができることって何だろーか?

などなどについて・・・

一緒に考えてみません? (^^)/
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、ゆるゆる〜っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)


■ 自律型人財育成(自律型人材育成)との出会いについて
自分が何をやりたいのか、これからどーしたいのかよくわからず・・・

「世界中どこに行ってもできることが、いつかできるようになりたいな〜 (゜ρ゜) 」

なーんて、漠然と思っていた頃の話なんですが・・・
でも、それが何なのかよくわからないな〜って思っていた頃の話なんですが・・・
その時勤めていた中小企業での、「爆発・炎上・崩壊組織」での消防活動も落ち着きつつある頃だったんですが・・・

自律型人財育成(自律型人材育成)というシロモノに出会ったのは、創業するよりずっとずっと前の話なんですが・・・
つまり、10年以上どころか、もっともっと前の話なんですが・・・
社会人になって、3年ぐらい経った頃の話なんですが・・・
(あまり言うと、トシがバレちゃうのでこんなもんでw)

本当にちょっとしたきっかけで、自律型人財育成(自律型人材育成)というシロモノに出会ったヤツだったりします。(^^)v
(致命的な方向音痴なもので、あのまま道に迷って諦めていたら出会ってませんでしたw)

自律型人財育成(自律型人材育成)というシロモノに、生まれて初めて出会った時は・・・!
かなーりの感動 & 衝撃を感じた覚えがあります。(^^)

人生の中で、「コレだ!」って感じた瞬間は何度かありますが・・・
今でもあの瞬間が、人生で一番の「コレだ!」でしたねー(マジです)。
オオオォ━━━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━━━ コレだコレ!!!!

で・・・

「思い立ったが吉日!やるどー! ( ・`ω・´)〇 」

と、自律型人財育成(自律型人材育成)の世界に、なーんにも考えずに、いきなり飛び込んだヤツだったりします。
(すみませんねー、KKD(カンと経験と度胸) & 思いついたら即実行のこんなヤツでw)


■ 自律型人財育成(自律型人材育成)は、どこでどんな風に勉強したの?
専門の学校に1年間みっちりと通いながら、「実践的な共育の場での自律型学習」に没頭しました。

メインの題材はというと・・・
外国人向けの日本語教育(共育)だったんですが・・・

「自律型人財育成(自律型人材育成)って何なのか?どーゆーことなのか?」
「自律型人財育成(自律型人材育成)において、上司や部下や同僚、外部の専門家や業者などができることって何なんだろーか?」

などについて、「自律的に」いろんな意味で考えさせられ、且つ、実践的に身をもって体験できて、ものすごーく良かったです。v(^^)v

逆に言うと・・・
外国人向けの日本語教育だけを勉強していたとしたら、今の私は確実に存在しなかったと思います。

というより・・・

日本語教育に、興味すら持てなかったでしょーし・・・
海外に赴任して仕事するなんて、有り得なかったでしょーし・・・
「日本を含む世界各国の方々への、自律型人材育成(自律型人財育成)のお手伝い」を行なうこともなければ、独立してこんな事業をすることもなかったと思います。
ヾ(*´∀`*)ノ

そーゆー意味でも、自律型人財育成(自律型人材育成)との出会いに、今でも感謝しまくりです。
m(_ _)m


■ どんな人が「共育の場での自律型学習」とやらをしていたの?
多種多様な老若男女でしょーか。
日本人もいれば外国人もいて、外国語が堪能な人もいればそうでない人もいて、海外滞在経験者もいればそうでない人もいて、教育関係者もいればそうでない人もいて、大学生もいれば社会人もいて、失業中の人もいれば定年退職の人もいてって感じです。


■ 何時間ぐらい勉強したの?
外国人向けの日本語教育と同時並行だったということもあり、年間2,000時間ぐらいでしょーか。
寝ても覚めても、没頭していた覚えがあります。

と言っても、人によって、かけた時間は異なります。
勉強するように強制されて、イヤイヤ2,000時間もかけたワケでもありません。
学校の中だけで、2,000時間もかけたワケでもありません。

また、誤解のないようにカキカキしておきますが・・・
自律型人財育成(自律型人材育成)だけの勉強に、2,000時間も費やしたワケでもありません。

ふと気がついたら、2,000時間ぐらいは勉強していたかもな〜?って印象です。
だって、「実践的な共育の場での自律型学習」なので♪

「勉強なんて大嫌いだし、根性論なんてクソくらえー!」
「勉強なんかより、ぐーたらゆるゆるが大好き♪」

なーんて、ホザいていたヤツなんですけどね・・・(苦笑)
我ながら、ビックリしました。
(今でも、机上の勉強は嫌いだし根性論も苦手だし、ぐーたらゆるゆる大好きなヤツですがw)

私の場合、1年間学校に通って勉強したものは、他にもあるんですが・・・
例えば、中小企業診断士の時と比較すると、こんな違いを感じました。


【中小企業診断士の時】
・年間1,000時間程度の勉強
・カリキュラムは、学校側が細かく決める
・学校では「先生」からの一方通行的座学型教育中心でノート取りまくり、学校以外では理解と暗記中心
・ひたすらインプットで、アウトプットは選択型が中心のせいか、いつもお腹いっぱいの状態
・休み時間は「話しかけるなオーラ」を出している人が多く、学校が終わるとみんなとっとと帰る
・学校から与えられた小難しい教科書や、市販の書籍やらを眺めながら、黙々と一人で勉強することが多い
・原則として、唯一絶対の答えが与えられる
・自分の脳みそや体力の限界、忘却との闘い、辛くてしんどい、根性論や精神論に頼らざるを得ない、何のために勉強しているのかわからなくなるなど、マイナスの思い出が多い
・「途中でやんぺ率」は、5〜7割程度
・資格を取得しても実務に使わず、知識をつけただけで終わるパターンが多い傾向

【共育の場での自律型学習の時】
・年間2,000時間程度の勉強
・カリキュラムは、学校側が超大雑把に決めているものが一応あるが、超大雑把なもの以外に関しては、状況に応じてみんなで話し合って、全て自分たちで新たに組み立てたり変更したりする
・「先生」と呼ばれる存在はなく、学校でも学校以外でも共育と自律的な実践中心
・座学もあるが、基本的に一方通行的座学型教育ではなく、ノートを取りたいヤツは取り、また実践中心ということもあり、座学の時間まで待っていらないので自分たちで自主的に先を見越して勉強することが多い
・試行錯誤のアウトプット中心のせいか、インプット即アウトプットになりがちのせいか、自主的にインプットしてもしても足りず、いつもお腹ペコペコ状態
・休み時間もみんなでよく喋り、学校が終わってもとっとと帰る人はおらず、学校が閉まる時間ギリギリまで粘ったり、飲みニケーションに突入したりで自主的に続ける
・いろんな人とコミュニケーションを取りながら、必要に応じて自分たちで教材(教科書や書籍の類もあれば、それ以外も多い)をつくったり探したりして、みんなで一緒に勉強することが多い
・みんなで話し合いながら、その時その時に応じた答えを自分たちで試行錯誤しつつ見つける
・何かと闘った記憶は特になく、楽しかった面白かった、もっともっとやりたい、やればやるほど目的意識が高まって行く、こんな自分でも人の役に立てていると実感できるなど、プラスの思い出が多い
・「途中でやんぺ率」は、1割程度
・資格を取得していようがしていまいが、実務に即使う人が多い傾向


時間の長さだけで言うと、「共育の場での自律型学習の時」の方がずっと長いはずなんですが・・・
それを全く感じることがなかったってことなのかも。(^^)


■ 自律型人財育成(自律型人材育成)って、結局のところどーゆーものさ?
何せ「共育の場での自律型学習」なので、人によっても感じることは異なると思いますが・・・
何が大事だと感じて、何を学んだのかは、人によっても異なるとは思いますが・・・
(だって、「共育の場での自律型学習」なので♪)

つまり、唯一絶対の答えなんて存在しないと思いますが・・・
当時一緒に学んだ仲間の中で、海外と日本国内の両方で自律型人財育成(自律型人材育成)に携わった経験のある仲間と、共通して感じている点をあえて1つだけ挙げるとすると、コレでしょーか。( ̄∀ ̄)b

「相手を知り、己を知ることの難しさや大切さ」


■ 「共育の場での自律型学習」で、感じたことって何?
良くも悪くも、感じたことはたくさんありますが・・・
中でも衝撃的だったのは、例えばこんなのでしょーか。( ̄∀ ̄)b

○ 「相手を知る」ことの難しさ
中小企業の総務部に勤務していたということもあり、採用面接の仕事もやっていたので、相手のことを知ろうとするということに関しては、多少なりとも自信があったんですが・・・
いやー、見事に木っ端微塵にされました。
ガ━(゜Д゜;)━ン

こんなヤツが、採用面接の仕事をやっていたなんて・・・
申し訳ないやら、恥ずかしいやらで、地球の裏側までボコボコにヘコみましたねー、マジで。
(((( ;゜д゜))))アワワワワ

お陰で、「知っている」どこか、「知ろうとすらしていなかった」ということに気づかされましたねー(滝汗)。
今でも、肝に銘じていることの一つでもあります。(^^)


○ 知っているつもりが、実は知らない自分自身
自分自身のことだから、知っているつもりだったんですが・・・
「ジョハリの窓」って一理あるかも?実は知らないことの方が多いのかも?
なーんて、痛感させられました。

自分を知るのが怖くもあり、楽しみでもあり♪でした。
って・・・、それは今でも同じなんですけどね。
なので、今でも肝に銘じていることの一つでもあります。(^^)

例えば、こんな自分自身にも気づかされましたねー。
あ、因みに、誰かに指摘されて気づかされたというワケではなく、自分自身で気がついたことですよー。
(だって、「共育の場での自律型学習」なので♪)


【自分で考えようとせず、唯一絶対の答えを与えてもらえるのを期待していた自分】
自分では、自分で考えて行動している方だと思っていたんですが・・・
自分なりの考えをきちんと持って、主体的な意見も言っているつもりだったんですが・・・

いやー、見事に木っ端微塵にされました。
ガ━(゜Д゜;)━ン

いえなに・・・
「共育の場での自律型学習」を始めて、最初のうちは・・・

「だぁー!もう!超イラっとするぅー!まどろっこしぃー! ( ̄ヘ ̄)凸」
「なーんにも知らないのに、なーんでロクに教えてくれないんだよぉー! (# ̄3 ̄)」
「ちゃんと教えてくれよー!答えを言ってくれよー!じゃなきゃ、こんなのできっこないじゃん! \(  ̄曲 ̄)/ 」

なーんて、ブータレていた覚えがあるので・・・(マジですw)。

自律型人財育成(自律型人材育成)に出会って感動して、自分の意思で飛び込んだくせに・・・、ですよ!?
唯一絶対の答えを与えてもらえる状況に、いかに慣れっこになってしまっているか身をもって体験しますた。

そのくせ、他者に対しては、「それぐらい、自分で考えて行動してよね〜(呆)」
なーんて、ホザいていたんですもんねー。
あれから随分経っているのに、今思い出しても笑ってしまいまふ。
( ゜∀゜)アハハ八八

あ、でも、コレって私だけじゃーなかったようで・・・

こーゆーブータレの時期が、ある意味、本当の始まりとも言えるのかも〜?
逆に言うと、自律型人財育成(自律型人材育成)のお手伝いをする側としては、こーゆー時期を経験していて良かったのかも〜?
「通過儀礼」とか、「デトックス」の一種とかとも言えるのかも〜?

なーんて、今は感じてます。(^^)v
(いやー、経験しておいて良かった良かった♪)


【相手のことを考えることなく、相手に押し付けてしまっていた自分】
自分自身が、誰かに何かを一方的に押し付けられるがイヤなくせに・・・
誰かに何かを押し付けるのも、イヤなくせに・・・

知らず知らずのうちに、自分がそれをやらかしちゃっていると気付きましたねー。
あ、それと、押し付けることによって発生する「弊害」にも。
ガ━(゜Д゜;)━ン

例えば・・・

・自分にとって最良なら、相手にとってもそうであるはず
・自分ができることなら、相手もできるはず

なーんて、思い込んでいたんでしょーね、きっと・・・
全く同じ人間なんて存在しないはずなのに・・・(滝汗)。

申し訳ないやら、情けないやらで、地球の裏側までボコボコにヘコみましたねー、マジで。
(((( ;゜д゜))))アワワワワ

コレも・・・
「通過儀礼」とか、「デトックス」の一種とかとも言えるのかも〜?

なーんて、今は感じてます。(^^)v
(いやー、経験しておいて良かった良かった♪)


○ 人財育成(人材育成)に対するイメージなどが、ガラガラと音を立てて・・・
何とゆーか・・・
自分が今まで持っていた人財育成(人材育成)に対するイメージとか、勉強や仕事に対するイメージとかが、いい意味で吹き飛んだとゆーか・・・

また、学校に対するイメージとか、教師に対するイメージとかも・・・
経営者や上司に対するイメージとか、人事部(総務部)に対するイメージとかも・・・

日本(日本人や日本語なども含む)に対するイメージとかも・・・
海外(外国人や外国語なども含む)に対するイメージとかも・・・

自分が今まで持っていたいろんなイメージが、いい意味で根こそぎ吹き飛んじゃいました♪
(=´∀`)人(´∀`=)

-----


えーと・・・
どっ・・・、どーでしょう???

「ふぅーむ、ナルホドナルホド φ(.. )」
「そーか、そーゆーことか、ナットク ( ̄∀ ̄)b」

という方も、いらっしゃれば・・・

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;)」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?
(まだコレだけしかカキカキしていないので、「頭がウニ状態じゃー!」という方の方が多いとは思いますがw)

ううーむ・・・

コレって、もしかしたら・・・

「社長、上司、部下、会社組織にとって本当に必要な支援って何だろう?」シリーズ
「従業員が育たない原因とは?上司と部下の間にあるギャップって何だろう?」シリーズ
「人材育成とは?何のため?誰のため?どんな時に必要なんだろうか?」シリーズ
「敵(相手)を知る、己(自分)を知るって?何をどう知ればいいんだろう?」シリーズ
思考停止を招く教育とは?従業員の主体性や向上心が育つ人材育成って?
「数値データによる思考停止の原因って何だろう?数字の裏の読み方とは?」シリーズ
「知識や方法論中心の研修で育つ力、育たない力って何だろう?」シリーズ
見込み客を獲得するアプローチと失う売り込みの違いって何だろう?
誰にも相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろうか?
部下が質問しない、質問したくない、質問できない原因って何だろう?
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?自律性などとの関係って?
「やる気、向上心、チャレンジ精神などが持てる組織ってどんな組織?」シリーズ
部下や上司、他部署の欠点、弱点、問題点ばかりが気になる原因って何だろう?
「管理職の仕事や役割とは?一般社員との違いって何だろう?」シリーズ
人事部の役割とは?総務部の仕事は何のため?誰のためにあるんだろう?
問題と課題の違いがわかると、やるべきことや手段なども見えて来るのかも?
目的と目標の違いがわかると、やるべきことや手段なども見えて来るのかも?
「タイムマネジメントとは?何のため?誰のため?生産性との関係って何だろう?」シリーズ

などなどの記事にも、ある意味関係するっちゃーするのかも〜???

なーんて、感じません? (^^)
どっ・・・、どうでしょう???


というワケで・・・


自律型人材育成とは?上司や人事部が職場でできることって何?(その2)


以降では、もうちょい具体的にカキカキして行きますので・・・

自律型人財育成(自律型人材育成)とやらに、ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、ゆるゆる〜っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「自律型の組織変革」などのご相談、
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



【追伸】
「三方よしって、何???」
という方は、よろしければ以下のページも見てやってもらえると嬉しいです。(^^)


三方よしって、何だろう?

posted by ネクストストラテジー at 06:35| Comment(0) | 教育(共育)から考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。