2011年06月13日

報酬って何?経営者も従業員も仕事を通じて何を得たいんだろう?(1)

「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「社長が孤独を感じる瞬間って?孤独を感じる時、感じない時って皆同じ?」シリーズ
中小企業の従業員が知っておきたい経営者が孤独を感じる原因って何だろう?
後継者の孤独とは?2代目や3代目など中小企業次期社長ならではの苦労って何だろう?
「共同経営で経営者が孤独を感じる時、孤独を感じない時の違いって何だろう?」シリーズ
「やる気、向上心、チャレンジ精神などが持てる組織ってどんな組織?」シリーズ

などなどの記事にも、関係するっちゃーするのかも〜?って内容です。(^^)
※上記の記事を読んでいらっしゃらなくても、この記事の意味はわかると思いますが、できれば読んでやっていただけると嬉しいです
(と、おねだりしてみるヤツ)

なんとなーくわかっているつもりで、よく聞いたり自分でも使ったりするんですが・・・

でも、よくよく考えてみると、イマイチよくわからない言葉って結構あるんじゃないかな〜?
組織の中で、認識が一致していない言葉って結構あるんじゃないかな〜?
自分ではこうだと思っていても、他の人にとっては違うように感じている言葉って結構あるんじゃないかな〜?

なーんて、感じません? (^^)

それが原因で、時には・・・

誤解が生じたり、ケンカになっちゃったり・・・
ベクトルが合わなかったり・・・
やらされ感が生じたり、モチベーションが下がりまくっちゃったり・・・
「オラが正しいだ一方的理論」に踊らされちゃったり・・・

なーんてことに陥る場合も、あるんじゃないかな〜?
なーんて、感じません?
(((( ;゜д゜))))アワワワワ

「報酬」というのも、そんな言葉の一つ

なんじゃーないかな〜?
なーんて、感じません?

そんなワケで・・・

報酬って、いったい何なんだろーか?
報酬とか給料とか給与とか賃金とかって、同じなんだろーか?違うんだろーか?

企業で働いていないと、報酬って得られないものなんだろーか?
企業で働いていなくても、報酬って得られるものなんだろーか?

どんな人にとっても、報酬に対するイメージって同じなんだろーか?
部下がいる人にとっての報酬って、いったい何なんだろーか?
上司がいる人にとっての報酬って、いったい何なんだろーか?

経営者の立場での報酬って、従業員にとっての報酬と同じなんだろーか?違うんだろーか?
従業員の立場での報酬って、経営者にとっての報酬と同じなんだろーか?違うんだろーか?

取引先立場での報酬って、いったい何なんだろーか?
家族の立場での報酬って、いったい何なんだろーか?

大金をもらえたら、喜んで働きたくなるものなんだろーか?
大金をもらえなくても、働いてもいいって感じるものなんだろーか?

人間は、何のために働くんだろーか?働きたいんだろーか?働きたくないんだろーか?
人間は、誰のために働くんだろーか?働きたいんだろーか?働きたくないんだろーか?
働くことによって、何を得たいんだろーか?
働きがいって、いったい何だろーか?

などなどについて・・・

一緒に考えてみません? (^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/

えーと・・・

まずは、こんなのから考えてみません?


■ 給料とは?
はてなキーワード
労働の対価。現金で支給されるのが原則。


Weblio辞書
使用人の労働に対して、雇い主が支払う報酬。俸給。サラリー。

【民法における給料】
労働者及び芸人の賃金に対して、継続的雇用関係に立つ雇人に対する報酬(民法第174条第1項、第2項)。
又は、家族的労務者としての雇人に対する報酬(民法第308条)。

【地方公務員法における給料】
地方公共団体の長及びその補助機関である職員(専門委員を除く)、その他一定の職員に対して支給する給与のうち、諸手当を除いた基本給を給料といい、その額及び支給方法は条例で定めなければならない(地方自治法第204条、地方公務員法第24条)。

【船員法における給料】
船員に対して支払われる報酬のうち、基本となる固定給(船員法第4条)。


■ 給与とは?
Weblio辞書
(1) 公務員や会社員の給料や賞与など、勤務に対する対価の総称。税法上は、俸給・給料・賃金・歳費・賞与及びこれらの性質を有するものをいう。
(2) 金銭・品物などをあてがい与えること。

給与とは、会社で働く会社員などが労働の見返りとして、 事業主から支払われるすべてのもの(諸手当を含む)と定められています。
労働基準法などの労働法では「賃金」、 健康保険法などの社会保険では「報酬」とも呼ばれます。
会社員が実際に支給を受ける給与では、 社会保険料(健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料)、 雇用保険料、所得税、住民税などが差引かれており、 差引かれた後の給与を手取り給与とも言います。


■ 賃金とは?
ウィキペディア
賃金とは、名称のいかんを問わず、雇用契約における労働の対価として、使用者(雇用主)が労働者に支払うすべてのものをさす。


■ 報酬とは?
はてなキーワード
労働の対価によって得る金銭のこと。


コトバンク
労務または物の使用の対価として給付される金銭・物品など。


■ 給料と給与の違いとは?
Yahoo!Japan知恵袋
給料は、雇用主が労働者に支払う対価報酬。
給与は、給料も含め、歳費や賃金や賞与や俸給など収入源の総称です。


■ 給料と賃金と報酬の違いとは?
Yahoo!Japan知恵袋
労務に対する対価の名称として、給与、給料、賃金、俸給、報酬などが、使われています。
根拠の法律は、給与、俸給は公務員関係に使用されています。
給料、賃金、報酬は民法関係に使用されています。

給料は一般的な対価で、賃金は肉体労働の対価、報酬は相当に広範な使用となります。


■ 役員報酬とは?
コトバンク
団体・企業などの役員が受ける給与。

Weblio辞書
「月次報酬」「役員賞与」「退職慰労金」「ストックオプション」など役員に支払われる報酬の総称のこと。
従来は、年功的で不透明な運用が行われているケースが多かったが、ここ数年、投資家(株主)が経営体制に対して「モノを言う」姿勢を強めていることもあり、コーポレート・ガバナンス体制の構築と合わせて、急速に見直しの動きが起きている。


■ 雇用者報酬とは?
goo辞書
産業、政府機関(国・地方自治体)、公共・社会サービスなどあらゆる生産活動に従事する雇用者に対して、現金または現物で支払われた報酬の総額。


■ 報酬系とは?
Weblio辞書
報酬系とは、ヒト・動物の脳において、欲求が満たされたとき、あるいは満たされることが分かったときに活性化し、その個体に快の感覚を与える神経系のことである。


■ 報酬制度とは?
報酬制度とは?
報酬制度とは、等級制度が定義する「求める人材」の要件に従って人材を評価し、その結果に応じて個人の報酬を決定する仕組みです。
報酬制度は、会社の目指す方向性に合致したパフォーマンスに報酬を支払う仕組みを構築して、社員の方向付けを行う機能を持っています。

このような仕組みがないと、各社員がそれぞれ自分勝手な方向に向かってしまいます。
そうすると組織の統制が取れず、経営目標を計画的に達成することが難しくなります。

主な機能は3つあります。

(1) 社員を方向付ける
(2) 人件費をコントロールする
(3) 人材の確保・定着を促す

-----


うーん・・・
どーでしょう???

「ふぅーむ、ナルホドナルホド φ(.. )」
「そーか、そーゆーことか、ナットク ( ̄∀ ̄)b」

という方も、いらっしゃれば・・・

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;)」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

うーん・・・

インターネットを使って検索したものの・・・

「やっぱりよくわからーん(泣)! (;´д⊂)」

などの状況に陥っちゃうことって、結構ありますよねー、ホント(汗)。

で・・・

次に、例えばこんなのから考えてみるのはどーでしょう?

「コア・コンピタンス経営 ― 未来への競争戦略」
目指すものは単に他と違うだけでなく、目指すに値するものでなければならない。
目的や目標会社の方向を定めるとともに、社員の日々の仕事に意味を与える。

ほとんどの人事担当責任者は、自社の社員の満足度を把握している。
多くの企業では職場環境や給料について社員の満足度を測るために、なんらかの指標を使っている。

だが、満足だけでなくやりがいをつくり出すことが必要である。
社員がやりがいを感じていればいるほど、給料や福利厚生だけが満足のバロメーターになる可能性は下がる。

会社の発展のために勤勉に働く責任が従業員にはあるという雇用契約のかなめには、もう一つ重要な点がある。
それは経営陣の責任であり、つまり、仕事に給料以上のやりがいを与えるということである。
頭だけでなく人の心を動かすには、給料が増えることへの期待以上のものが必要である。

個人の金銭的な利得だけを念頭に置いた報奨制度をどういじくりまわしても、長期的に見てそれは会社の発展に必ず影を落としてくる。

大きさで世界一になろうとか、ある大きさになろうというだけの目標も社員の想像力をかき立てるとは思えない。
何を目指して成長するのかを会社が明確にしてはじめて、本当に社員の心を動かすことができる。

社員に頭があることに気がつき始めた企業は多い。
では、どれだけの企業が社員には心もあることに気づいているだろうか。

-----


うーん・・・
どーでしょう???

あ・・・、でも・・・

「報酬」とやらって・・・

「社長、上司、部下、会社組織にとって本当に必要な支援って何だろう?」シリーズ
「敵(相手)を知る、己(自分)を知るって?何をどう知ればいいんだろう?」シリーズ
いち社員、いち管理職の問題を、組織の問題ととらえると見えることって何だろう?
人間にしかできないこと、コンピュータにできること、できないことって何?
「日本人の生産性が低い理由って?生産性の向上ってどういう事なんだろう?」シリーズ
「タイムマネジメントとは?何のため?誰のため?生産性との関係って何だろう?」シリーズ

などなどの記事にも、関係するっちゃーするんじゃないかな〜???
(=´∀`)人(´∀`=)

なーんて、感じません?
どっ・・・、どうでしょう???

ううーむ・・・

皆さまにとって、「報酬」って何ですか? (^^)


・・・え?

「自分にとっての「報酬」???うーん、やっぱよくわからないんだけど・・・ ( ̄д ̄;) 」
「ってゆーか、今までそんなこと考えてみたことないんだけどぉ〜 q( ̄3 ̄)p 」

・・・って?

ではでは・・・


報酬って何?経営者も従業員も仕事を通じて何を得たいんだろう?(2)


以降にて、引き続いて一緒に考えてみません? (^^)

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、ゆるゆる〜っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「組織力の強化や向上」などのご相談、
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



【追伸】
「三方よしって、何???」
という方は、よろしければ以下のページも見てやってもらえると嬉しいです。(^^)


三方よしって、何だろう?


posted by ネクストストラテジー at 06:20| Comment(0) | 意味が曖昧な言葉から考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。