2011年08月08日

日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?(その4)

日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?(その1)
日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?(その2)
日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?(その3)

の続きです。
※上記の記事を読んでいらっしゃらなくても、この記事の意味はわかると思いますが、できれば読んでやっていただけると嬉しいです
(と、おねだりしてみるヤツ)

日本を含む世界各国の方々に、自律型人材育成(自律型人財育成)のお手伝いをしているヤツということもあり、海外赴任をしていたこともあり・・・

「日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?」シリーズでは、日本と世界のインフラ事情の違いなどから、

日本(日本人)の強みって、何だろう?
日本(日本人)の弱みって、何だろう?

日本(日本人)にとっては常識であっても、世界から見たら非常識なことって何だろう?
世界から、日本(日本人)が学べることって何だろう?
日本(日本人)が、世界のためにできることって何だろう?

当たり前だと思っていることを、当たり前じゃないと認識したり、
コレが常識!と思い込んでいることを、疑ってみたりしてから、
自分自身や自分の国などを、改めて客観的に見てみると・・・

意外と、いろんなものが見えて来る
今まで見えていなかったものも、見えて来る
敵(相手)を知ることで、己を知ることにもつながる場合もある

んじゃーないかな〜???
なーんて、感じたこともあってカキカキしているんですが・・・

で・・・

日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?(その1)

では、「電車やバスなどのインフラ面」から、

日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?(その2)

では、「電気というインフラ面」から、

日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?(その3)

では、「水(湯も含む)などのインフラ面」から考えてみたんですが・・・

今回はというと・・・

以下のネタを題材に、「電話というインフラ面」から一緒に考えてみません? (^^)/
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)

あ、そうそう!

ステレオタイプなイメージを持たれると困るので、国名や都市名はあえて伏せておきますねー(汗)。
(どこの国のどこの都市なのかわかった方も、ナイショにしておいてくださいねー)

※お願い※
極々一面だけを見て、

「日本以外の先進国は、全部そう!」
「新興国は、全部そう!」

なーんて画一的には、間違ってもとらえないでくださいねー(懇願)。

また、

「なんちゅー国だ???これでも先進国か???」
「こんな状況で、よく生活していられるよなー(呆)!」
「客の気持ちとか、利便性とか無視した国だよなー(怒)!」

などなどと、言いたくなる気持ちもわかりますが・・・
日本の常識は、世界の常識では決してないと思いますので・・・(汗)

「日本の強みや弱みって、何だろう?世界から学べる点って、何だろう?」

などなどの面から、客観的、且つ、「自律的に」考えてみる題材の一つとして使ってやっていただけますよう、ひれ伏してお願い申し上げます(懇願)。
m(_ _)m



■ 某先進国の某大都市の場合
○ 固定電話について
ひと言で言うと・・・
電話がかけられるようになるまで、めっちゃ時間がかかります。

以前入居していた人の電話番号を受け継いだ場合でも、申し込みをしてから2週間程度かかっちゃいます。
当然のことながら、以前入居していた人が使っていた電話番号がわからなければ不可です。
新規で電話番号を取得する場合は、1ヶ月程度でしょーか。

加入時の支払う金額ですが、電話番号を引き継ぐのであれば新規の半額程度で済みます。
尚、電話番号引継ぎ、新規で電話番号取得のいずれの場合でも、電話加入権なるものは必要ありません。

固定電話の申し込みに行った時に、なーにがビックリしたかと言うとこの質問ですた。

「自宅のモジュラージャックの形状は?」

日本では、RJ-11しかないというイメージですが・・・
この国では、大きく分けて3種類もあるよーで・・・。
お陰で、申し込みをするまでに3回も足を運んじゃいました(苦笑)。

因みに・・・

回線にはアナログとデジタルがあり、使用している電話機自体がプッシュフォンであったとしても、アナログ回線を使用していると「ピッポッパ」の音が聞こえません。
ブツ・・・、ブツブツブツ・・・って感じの音でしょーか。


○ 公衆電話について
コイン式、テレカ式、クレジットカード式があります。
どの形式であっても、国際電話がかけられるパターンがほとんどです。

便利なのは、公衆電話にも電話番号が割り当てられている点でしょーか。
つまり、手持ちのカネが心もとない時などは、公衆電話に割り当てられた電話番号を相手に知らせて、コールバックしてもらえるという手が使えます。
国内からは勿論、海外からでもOKです。

が・・・!

ぶち壊れている電話が多いのも事実です。
どのぐらいの割合で壊れているかというと・・・、10台あったら3〜4台は壊れていると思ってもいいぐらいでしょーか。
ひどい時には、7台ぐらい壊れていることもありましたねー。

壊れているパターンにもいろいろあって、例えばこんな感じでしょーか。

・派手にぶち壊れている
受話器と電話機の間の線がない(ぶち切られている)
電話機が電話機のカタチをしていない とか

・よく見るとぶち壊れている
コインやカードが入らない
カードを挿入しても反応がない
プッシュボタンが押せない
プッシュボタンを押しても反応がない
コインの場合、お釣りが出て来ない とか
(殴り倒すと、出て来る場合もあり)

そんなワケで・・・
マトモに使える電話に一発で出会えた時は、「今日は運がいいね〜♪」などとホザいてました。


■ 某新興国の某大都市の場合
○ 固定電話について
固定電話を持っていない生活をしていたので、不明です。
(そもそも、各家庭に電話がなかったし・・・)


○ 公衆電話について
ほとんど見かけませんでした。
見かけるとすれば、高級デパートの中でとか。

そんなワケで、公衆電話を使うことはありませんでした。
そもそもの話、公衆電話から国際電話がかけられないため、国際電話をかけたい時は電話局に行ってました。

-----


ううーむ・・・

海外に行く度に、いつも感じることはというと・・・

彼等は、なーんてたくましいんだ!
日本って、なーんて驚異的な国なんだ!
日本って、なーんて有り難い国なんだ!
スゲェ━━━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━━━ !!!!

ってことでしょーか。 (^^)

いやいや、ホント・・・
良くも悪くも、「私ってば日本人だなー」などといつもいつも思い知らされます、ハイ・・・。
いろんな意味で気づかされたり、学ぶ機会を得られたりします、感謝感謝です。(≧▽≦)


以上を踏まえた上で・・・

日本(日本人)の強みって、何だろう?
日本(日本人)の弱みって、何だろう?

日本(日本人)にとっては常識であっても、世界から見たら非常識なことって何だろう?
世界から、日本(日本人)が学べることって何だろう?
日本(日本人)が、世界のためにできることって何だろう?


などなどについて考えてみると、どうでしょう???
いろんなことに、気づきません???
いろんな疑問が湧いてきません???

もしかしたら・・・

「日本人の生産性が低い理由って?生産性の向上ってどういう事なんだろう?」シリーズ
従業員の潜在的な能力の発掘、発揮方法って?組織力などとの関係って何だろう?
自律型人材は、一方的に教えて育てる教育で育てられるんだろうか?
「グローバル人材とは何だろうか?グローバル化や国際化って?」シリーズ
「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
思考停止を招く教育とは?従業員の主体性や向上心が育つ人材育成って?
「知識や方法論中心の研修で育つ力、育たない力って何だろう?」シリーズ

などなどにも、関係するっちゃーするのかもしれませんが・・・

当たり前だと思っていることを、当たり前じゃないと認識したり、
コレが常識!と思い込んでいることを、疑ってみたりしてから、
自分自身や自分の国などを、改めて客観的に見てみると・・・

意外と、いろんなものが見えて来る
今まで見えていなかったものも、見えて来る
敵(相手)を知ることで、己を知ることにもつながる場合もある


んじゃーないかな〜???
なーんて、感じません? (^^)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?


と言う訳で、


日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?(その5)


へ、続きまーす。(^^)/

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、ゆるゆる〜っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「自律型の組織づくり」などのご相談、
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



【追伸】
「三方よしって、何???」
という方は、よろしければ以下のページも見てやってもらえると嬉しいです。(^^)


三方よしって、何だろう?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。