2011年10月06日

自律型人材育成とは?上司や人事部が職場でできることって何?(その3)

【注意】
「人材育成とは?(人財育成とは?)」「人材育成の方法」「人材育成の目標や目的」などで検索された方は、以下の記事の方がお役に立てるかもしれません。(^^)


「人材育成とは?何のため?誰のため?どんな時に必要なんだろうか?」シリーズ
人材育成や教育を「自分ができる事」と「教えられる事」から考えてみると見えることって?
人材育成をマーケティング・コンセプトから考えると見えることって何だろう?
「日本の良さとは?外国人や海外経験のある日本人が感じる事って何だろう?」シリーズ
「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
従業員の潜在的な能力の発掘、発揮方法って?組織力などとの関係って何だろう?
人間にしかできないこと、コンピュータにできること、できないことって何だろう?
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「強い組織の作り方とは?強い組織か弱い組織かの判断基準って何だろう?」シリーズ
「顧客って誰のこと?どんな人や企業がお客様か考えると気づくことって?」シリーズ
「経営計画を立てたり、経営方針を決めたりするのに必要なことって何だろう?」シリーズ

-----


自律型人材育成とは?上司や人事部が職場でできることって何?(その1)
自律型人材育成とは?上司や人事部が職場でできることって何?(その2)

の続きです。(^^)
※上記の記事を読んでいらっしゃらない方は、意味不明で頭がウニ状態になること確実だと思いますので、先に読んでやっていただけると嬉しいです
(お願いお願い)

えーと・・・

「相手とは何も話すことなく「相手を知り、己も知る」って、何のためにやったのさ??? (・_・;) 」
「そんなことやって、何の役に立つのさ??? ( ゜∀゜)アハハ八八 」
「それと「相手を知り、相手を知ることによって、己も知る難しさや大切さ」が、いったいどう結び付くのさ??? ( ̄▽ ̄;) 」
「よりにもよって日本語レベルがカタコト程度で、英語もカタコトの外国人が最初の相手なんかで良かったって、どーゆーことなのさ??? ( ̄д ̄;) 」

なーんて・・・


自律型人材育成とは?上司や人事部が職場でできることって何?(その2)


で、感じた方もいらっしゃるんじゃーないでしょーか? (^^)
(すみませんねー、イラ〜っとさせてしまってw)

そんなワケで、今回はとゆーと・・・

「自立」とは?「自律」とは?その違いって?自律型人材とは?
自律型人材は、一方的に教えて育てる教育で育てられるんだろうか?

には、モチロンのこと・・・

誰にも相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろうか?
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?自律性などとの関係って?
上司が部下に指示しない、指示できない、指示したくない理由って何だろう?
マニュアル人間、主体性がない、指示待ち人間になる理由って何だろう?
部下や上司、他部署の欠点、弱点、問題点ばかりが気になる原因って何だろう?
「社長、上司、部下、会社組織にとって本当に必要な支援って何だろう?」シリーズ

などなどにも、ある意味関係するっちゃーするのかも〜?

って内容も含んで・・・

カキカキしてみよーかと♪

以下を題材に、引き続いて一緒に考えてみません? (^^)/
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)


■ 雑談を通じた「相手を知り、己も知る」って?
「共育の場での自律型学習」を行なっていた仲間3〜4人で組んで、自律型学習中の1人の相手をじっくりと観察するという日々にもそろそろ慣れた頃の話なんですが・・・

ついについに、今までは観察するだけだった相手とのご対面の日がやって来ました。
と言っても、最初はただ会って、たわいもない雑談をするだけ。

その時に気づいたことはというと、例えばこんなのでしょーか。( ̄∀ ̄)b
(と言っても、あくまでも「共育の場での自律型学習」なので、何に気が付いたかは人によっても状況によっても異なりますが・・・)


○ 相手を理解しよう、理解したいという気持ちがあれば、言葉がわからなくてもナントカなるのかも?
日本語レベルがカタコト程度で、英語もカタコトの外国人が相手だったというのもありますが・・・
カタコトの日本語で、いったい何を伝えようとしているのか、何を伝えたいのかよくわからずめちゃくちゃ困りました・・・。
当たり前の話ですが、観察するだけとは全然違うし、観察している時は自分にもできそうだと思っていましたが、実際にやってみるとなかなか上手くもんだなーと痛感しましたねー。

とは言えども・・・

当然のことながら・・・

「何を言っているのかわからん!もっとちゃんと話せ!」

なーんて死んでも言えないので・・・

「なーんでそんなことするだ???」ってムカついても・・・
「コレぐらい言わなくても常識でわかるよね?」とかって言いたくなっても・・・

お互いの文化も全く違うし、それを言い出すとお互い様なので・・・

相手を理解しようと、とにかく必死だった覚えがあります。


筆談したり、絵を描いたり、ゼスチャーも交えたり、辞書に頼ったり、時には相手の言葉や文化などを勉強したりすることだってありましたねー。
相手のことがほんの少しでも理解できるのなら、何だってやるぞ!って感じでしょーか。

こーゆーことを辛抱強く続けているうちに、相手が何を伝えようとしているのか、何を伝えたいのか少しずつ理解できるようになって行った覚えがあります。

お互い見ず知らずの宇宙人だと思って話すと、自分自身の中にも意外な発見があったりして、コレはコレで結構楽しいもんだな〜♪
なーんて、感じた覚えも。(〃▽〃)


○ 自分が伝えたいことは、相手に合わせないと全く伝わらないのかも?
当たり前と言えば、当たり前の話なんですが・・・
日本語がカタコトレベルの外国人が相手ってことは、日本人に話すのと全く同じように日本語で話すワケには行かないですよね?
自分にとっては、母国語の日本語であっても。

となると・・・

どんなに伝えたいと思っていても、どんなに一生懸命伝えようとしても・・・
語彙力、文法力、文化的背景、興味など、

相手に合わせないと、全く伝わらない
お互いに歩み寄らないと、理解し合えない


んですよね・・・。

でもねー、コレって実際にやってみると、めちゃムズイんだなーって痛感しますた。
o(><;)(;><)o

例えば・・・

「話します」は通じても、「喋ります」は通じないとか、
「飲みます」は通じても、「飲む」や「飲んで」は通じないとか
「好きではありません」は通じても、「好きじゃない」は通じないとか・・・

擬声語の類を使っても、完全意味不明な顔をされるだけとか、
単文は通じても、重文や複文は通じないとか・・・
ある単語を使うと「わかりません」と言われて、別の単語を使って説明しようとしたらまた「わかりません」と言われて、ドツボにハマったり・・・

「ピーマン」と言っただけで、腹を抱えて笑われてしまったり、
「これは襟です」と言っただけで、真っ赤になって目をそらされてしまったり、ニヤリといやらしぃ〜い笑いをされてしまったり・・・

ある話題になると目を輝かせて聞いてくれて、相手も一生懸命喋ってくれるのに、ある話題になると思いっきりあくびをされたり、黙ってうつむいてしまったり、ロコツにイヤな顔をされてしまったり、
「わかりますか?」と質問して頷いてくれても、実際は全くわかってもらえていなかったり、思いっきり誤解されていたり・・・

おいでおいでとゼスチャーで示しても、あっちに行ってしまわれちゃったり、バイバイってされちゃったり、
あるゼスチャーをしたら、思いっきり軽蔑の眼差しで見られちゃったり・・・

σ(^^) って自分自身を指差したら、「それは鼻です」と真顔で言われてしまったり、
指を折って数えるだけで、マジマジと見られて面白がって真似されたり、ヘンな顔をされたり・・・

その度に・・・

「うーんうーんうーんうーん・・・ (-''-) 」

と、悩みまくったり・・・

「何で???何で???何でだろ〜??? ( ゜Д゜) 」

と、独りで考えまくったり・・・
みんなで考えまくったり・・・

相手に質問してみたり、他の人にも質問しまくってみたり・・・
時には、相手の言葉や文化などを勉強したり・・・

産みの苦しみの後、「そーか!ナルホド!そうだったんだー!」とスッキリすると・・・

「ふぅーん、面白ぉ〜い♪ ヾ(*´д`*)ノキャッキャ 」

って、感じたり・・・

日本文化や日本語、そして自分自身の中にも意外な発見があったりして、コレはコレで結構楽しいもんだな〜♪
なーんて、感じた覚えもありましたねー。

こーゆーことを手探りで辛抱強く続けて行くうちに、少しずつ相手に伝えられるようになって行った覚えがありますねー。

-----


うーん・・・
どっ・・・、どーでしょう???

念のためカキカキしておきますが・・・

相手とは何も話すことなく「相手を知り、己も知る」をやっていたのにも関わらず、この有様だったんですよね・・・。
相手を事前に観察せずにご対面していたとしたら、どーなっていたことやら・・・。
(((( ;゜д゜))))アワワワワ

・・・え?

「日本語がわからない外国人相手だから、言葉が通じないから大変なだけでしょ? q( ̄3 ̄)p 」
「日本人同士だったら言葉も通じるし、同じ日本文化だから、こんな面倒なことやらなくて済むじゃーん ( ゜∀゜)アハハ八八 」

・・・って?

うーん・・・、だったら・・・例えば・・・

中小企業の従業員が知っておきたい経営者が孤独を感じる原因って何だろう?
後継者の孤独とは?2代目や3代目など中小企業次期社長ならではの苦労って何だろう?
誰にも相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろうか?
部下思いのいい上司が、パワハラ上司に変わってしまった原因って何だろう?
「上司や部下がうつ病になる組織、ならない組織の違いって何だろう?」シリーズ
部下が質問しない、質問したくない、質問できない原因って何だろう?
上司が部下に指示しない、指示できない、指示したくない理由って何だろう?
マニュアル人間、主体性がない、指示待ち人間になる理由って何だろう?
指示通りに行動しない、細かく指示しないと行動できない理由って何だろう?
売上が上がらない、利益が出ない、赤字になる本当の原因って何だろう?
「経費削減、コスト削減、費用削減が進まない原因って何だろう?」シリーズ
「生産性を上げる方法とは?生産性と効率化や合理化との関係って何?」シリーズ
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?自律性などとの関係って?
社長と従業員、上司と部下、部署間などで話が通じない原因って何だろう?

などなどで、悩む人もいらっしゃらないんじゃー???
苦労する人もいらっしゃらないんじゃー???

なーんて、感じません(汗)?
(;´・ω・`)

自分と全く同じ人間は
この世に一人も存在しない
人間は一人ひとりみんな違う


んじゃーないかな〜???
なーんて、感じません?

いいようにとらえると・・・

世の中、いろんな人がいるから面白い

お互い宇宙人だと思うと、相手を知りたくなったり、
理解したくなったりしたりして、
コミュニケーションが生まれる

お互いの得意分野なども違うからこそ、
お互いにないものを持っているからこそ、
協力し合うことだってできる
イェ━━━━━ヽ( ゜Д゜)人(゜Д゜ )ノ━━━━━━イ


んじゃーないかな〜???
なーんて、感じません?

そう思うと、例えば・・・

自律型人材は、一方的に教えて育てる教育で育てられるんだろうか?
「人材育成とは?何のため?誰のため?どんな時に必要なんだろうか?」シリーズ
思考停止を招く教育とは?従業員の主体性や向上心が育つ人材育成って?
「数値データによる思考停止の原因って何だろう?数字の裏の読み方とは?」シリーズ
人材育成をマーケティング・コンセプトから考えると見えることって何だろう?
「自立」とは?「自律」とは?その違いって?自律型人材とは?
「日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何だろう?」シリーズ
英語などの外国語の知識があってもコミュニケーションがとれない原因って?
人間にしかできないこと、コンピュータにできること、できないことって何?

などなどについて、考えてみてもソンしないんじゃーないかな〜???
なーんて、感じません? (^^)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?

と言う訳で、


■ 自律型人材育成とは?上司や人事部が職場でできることって何?(その4)


へ、続きまーす。(^^)/

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、ゆるゆる〜っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)

あ・・・、続きは気が向いた時に書く予定なので・・・
しばらく待ってやってくださいますよう、ひれ伏してお願い申し上げます(懇願)。
m(_ _)m


※「一体いつ、続きを書くんだよー(怒)!」と言ってくださる奇特な方へ※
「自分で考えて行動する「自律型人材(自律型人財)」が育つ組織って?」ブログの更新状況は、大きく分けて以下2つの方法でお知らせしておりますので、もしよろしければ使ってやっていただけると嬉しいです。m(_ _)m


「自律型人材(自律型人財)が育つ組織って?」ブログのRSS対応状況
「自律型人材(自律型人財)が育つ組織って?」ブログ更新お知らせメルマガ





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「自律型の組織変革」などのご相談、
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m





posted by ネクストストラテジー at 06:15| Comment(2) | 教育(共育)から考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近ではダイバーシティなどとも言われていますが、お互いの違いが強みになるんだと頭で思っていても、なかなか・・

同じ日本人どうしでも合わないと面白くないと思ったり協力する気が起きなかったり、ついつい気持ちが凹んでネガティブ発想になってしまったり・・
でも、実は自分の考え方次第なんですよね。

異文化であれ日本人どうしであれ自分との違いを受け入れられている時は、ネガティブな気持ちは吹き飛んでいることが多いです。
Posted by はっしー at 2012年03月12日 13:53
はっしー 様

いつも丁寧なコメント、本当にありがとうございます。m(_ _)m
はっしーさんのコメントを拝見していると、いつもいろんな気づきがもらえるので、とってもとっても勉強になっています。(^^)

> 同じ日本人どうしでも合わないと
> 面白くないと思ったり協力する気が起きなかったり
ありますよねー、そーゆーことって。

例えば、「お互い言葉が通じない時には、理解し合おうとお互い必死で努力する」ことだってあるのに・・・
言葉が通じるようになった途端、お互いに悪気がなくても、いろんな誤解が生じてしまったり・・・

なーんでそうなっちゃうんだろ〜???
って、いつも考えさせられちゃいます・・・。
。。。(〃_ _)σ‖

うーん・・・、もしかしたら・・・

■ 「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
http://blog.next-strategy.com/article/238722528.html

にも、関係するっちゃーするのかもしれませんが・・・
(どちらかと言うと「その2」の方が関係するとは思いますが、まだカキカキしていないので今月末ぐらいにアップする予定です・・・、すみません・・・)

同じ日本人同士だからこそ、ある意味、容赦とか遠慮とかがないのかも〜???
そーゆー意味で言うと、家族とか本当に親しい間柄だからこそってのに、似ているとも言えるのかも〜???

なーんて、ちょっと感じちゃいました。
ヾ( ̄ω ̄〃)ノ

> 自分の考え方次第
> 自分との違いを受け入れられている時は、
> ネガティブな気持ちは吹き飛んでいることが多い
激しく同感ですね〜♪
コレ(・∀・)ィィネ!!(・∀・)ィィネ!!(・∀・)ィィーネ!!
Posted by ネクストストラテジー at 2012年03月12日 14:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。