2011年11月24日

日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?(その5)

日本を含む世界各国の方々に、自律型人材育成(自律型人財育成)のお手伝いをしているヤツということもあり、海外赴任をしていたこともあり・・・

「日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?」シリーズでは、日本と世界のインフラ事情の違いなどから・・・

日本(日本人)の強みって、何だろう?
日本(日本人)の弱みって、何だろう?

日本(日本人)にとっては常識であっても、世界から見たら非常識なことって何だろう?
世界から、日本(日本人)が学べることって何だろう?

などなどについて、皆さまと一緒に考えてみているんですが・・・

で・・・

日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?(その1)

では、「電車やバスなどのインフラ面」から、

日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?(その2)

では、「電気というインフラ面」から、

日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?(その3)

では、「水(湯も含む)などのインフラ面」から、

日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?(その4)

では、「電話などのインフラ面」から考えてみたんですが・・・

今回はというと、特に・・・

日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何?(その1)
「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
グローバル人材とは何だろうか?グローバル化や国際化って?(その2)
英語などの外国語の知識があってもコミュニケーションがとれない原因って?
「海外の教育現場(共育現場)ってどんなの?自律性や主体性は育つ?」シリーズ

などなどにも、ある意味関係するっちゃーするような・・・

以下のネタを題材に、「航空というインフラ面」から一緒に考えてみません? (^^)/
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)

あ、そうそう!

ステレオタイプなイメージを持たれると困るので、国名や都市名はあえて伏せておきますねー(汗)。
(どこの国のどこの都市なのかわかった方も、ナイショにしておいてくださいねー)

※お願い※
極々一面だけを見て、

「日本以外の先進国は、全部そう!」
「新興国は、全部そう!」

なーんて画一的には、間違ってもとらえないでくださいねー(懇願)。

また、

「なんちゅー国だ???これでも先進国か???」
「こんな状況で、よく生活していられるよなー(呆)!」
「客の気持ちとか、利便性とか無視した国だよなー(怒)!」

などなどと、言いたくなる気持ちもわかりますが・・・
日本の常識は、世界の常識では決してないと思いますので・・・(汗)

「日本の強みや弱みって、何だろう?世界から学べる点って、何だろう?」

などなどの面から、客観的、且つ、「自律的に」考えてみる題材の一つとして使ってやっていただけますよう、ひれ伏してお願い申し上げます(懇願)。
m(_ _)m



■ 某先進国の某大都市の場合
○ 旅行代理店
旅行代理店は存在しますが、日本のそれとはちょーっと異なる印象です。
旅行パンフレットなんかはほとんど置いてません。
どちらかゆーと閑散とした雰囲気で、どこも3〜4人程度の店員さんしかいません。

「いつからいつまで、何人でどこそこへ行きたいんだけど、お得 or オススメの方法は?」
って感じで聞くと親切に教えてくれて、その場で手配してくれます。

因みに、宿泊先は旅先に到着してからそこで探すのがフツーの感覚でしょーか。
それで特に困ったこともなかったし。


○ テレビショッピング
んじゃー、ツアーなんかは存在しないのかとゆーと、そーゆーワケでもありません。
よく見かけるのは、テレビショッピングででしょーか。

ツアーと言っても、いつでもどこでも団体でお出かけするようなものは見かけたことがありません。
せいぜい往復の飛行機と宿泊先がセットになっているぐらいでしょーか。

かなーりリーズナブル価格で、2週間以上滞在できるものが多い様子。
日本ではなかなか見かけないようなレアな旅先もいっぱいあります。


○ 自宅から空港まで
選択肢としては、市電や地下鉄、市バス、国際列車が発着する大きな駅⇔空港までの専用バス路線のいずれか。
関西の「ラピート」やら関東の「成田エクスプレス」のような、専用電車は存在しません。

私の場合、自宅⇔地下鉄⇔国際列車が発着する大きな駅⇔空港という経路で行くことが多かったです。
空港が便利なところにあるせいか、自宅からでも30〜40分程度で空港に到着できました。
(自宅が空港に近かったってワケじゃないですよw)


○ 現地の飛行機と空港を使って感じたこと
日本人にとってこの国の航空会社は安全・安心というイメージがあるようですが、こーゆーこともちょこちょことあるのでカキカキしておきますねー。
(事故が多いってワケじゃーないので、誤解しないでくださいね)


【エピソード1 : 腹ペコフライト】
離陸は極々フツーで、何の問題もありませんでした。
しかし食事直前になって、いきなりこんな機内アナウンスが・・・。

「エンジントラブルのため、今から燃料を捨てながらA市空港に戻ります」

印象的だったのは、アナウンス後のこの国の人と日本人の反応の違いでしょーか。

・この国の人の反応
ため息をつき、それからは何事もなかったかのように新聞や雑誌を読む人
トイレに行く人
持参していたスナックをパクつく人
毛布をかぶって寝る人

・日本人の反応
翼の先っぽから燃料を捨てながら飛んでいる様子を、写真に撮りまくる人
「何があったの?どーなるの?食事は出ないの?いつ日本に帰れるの?」と、隣の日本人や添乗員さんに質問しまくる人
やたらめったら、日本人のキャビンアテンダントを呼びまくる人
何が起こったのか全く知らずに、旅の思い出のお喋りにひたすら興じる人

で、A市の空港に到着後、空港の一室で遅いタダメシにありついて・・・
(涙が出るほど美味かったです♪)

それから延々と6時間、ゲート内で待つことになったんですが・・・
(何時間後に飛ぶかは全くの不明という状況)

ここでも、反応の違いが印象に残りました。

・この国の人の反応
軽食の買い出しをしたり、パクついたりする人
新聞や雑誌を読んだり、ゲームしたりする人
仕事をする人
待合室の椅子をくっつけて、そこでガーガー寝る人

・日本人の反応
「何があったの?どーなるの?いつ出発するの?日本に帰れるの?」と、添乗員さんに質問しまくる人
「いつまで待たせる気だ!?宿泊先を用意しろぬ日本語がわかる人間を出せ!」と、日本語で叫ぶ人
両替所→免税店へ行って、買い物しまくる人
あっちゃこっちゃに、電話をかけまくる人

結局のところ、A市→Z国経由で、半日遅れで日本に無事到着しました。
ちょっと残念だったのは、行く予定が全くなかったZ国にせっかく行けたのに(しかもタダでw)、時間帯があまり良くなくて現地のメシが楽しめなかったことでしょーか(笑)。

旅の醍醐味を味わえた、思い出に残るフライトでした♪


【エピソード2 : 複雑な気分フライト】
B市からC市行きの国内線の飛行機に乗っていた時なんですが・・・
滑走路まで行ったものの一向に飛び立つ気配がなく、じぃーっと待っていました。
すると、こんな機内アナウンスが。

「技術的な理由により、フライトを中止してゲートに戻ります」

印象的だったのは、アナウンス後のこの国の人と、私の隣に座っていたX国(英語圏の先進国)の人反応でしょーか。

・この国の人の反応
ため息をつき、それからは何事もなかったかのように新聞や雑誌を読む人
黙々と仕事をする人
トイレに行く人
持参していたスナックをパクつく人

・X国(英語圏の先進国)の人反応
「英語で言って欲しいわよねー、何があったのかしら???」
「これじゃー、C市からのX国行きの飛行機に乗れなくなっちゃう・・・」
私がつたない英語で説明後、「技術的な理由なら、飛ばない方が安心ね」と一言。
持参していたスナックをパクつく。

でも、ゲートに戻る気配がなく、そのまま滑走路から延々と動かない飛行機。
すると、先のアナウンスがあってから2時間後にこんな機内アナウンスが。

「今から飛びます」

で、フツーに離陸。

印象的だったのは、アナウンス後のこの国の人と、私の隣に座っていたX国(英語圏の先進国)の人反応でしょーか。

・この国の人の反応
何事もなかったかのように新聞や雑誌を読む人
黙々と仕事をする人

・X国(英語圏の先進国)の人反応
「技術的な理由とやらは、いったいどーなったの???」
「無理して飛ばないで!お願い!」と、泣きわめく。
(着陸時は、もっと泣きわめいていたので、冷静になってもらうのが大変ですたw)

あ、無事に到着できたのでご心配なく♪


【エピソード3 : アンラッキーが超ラッキーに化けたフライト】
D市→E市→日本のつもりだったんですが・・・
D市発の飛行機がめちゃくちゃ遅れて出発して、E市に到着。
日本行きの飛行機は出発してしまってますた。

こーゆー場合・・・
待っていても誰も何も教えてくれないし何もしてくれないので、窓口まで行って辛抱強く長蛇の列に並んで自力で手続き(ってか、「交渉?」)するしかありません。

このときは幸い、E市→V国→日本のフライトをゲットできました。
E市で足止め食らって宿泊するしかない人もいれば、フライトがあるにはあるけどE市→V国→日本のF市→日本のG市→U国→T国という人もいたので、ある意味とってもラッキーでした。

で、E市→V国のフライトの最中・・・
隣に座ったT国行きの人と、絵を描いたり身振り手振りしたりのコミュニケーションを楽しみながら・・・

「今でも1時間以上遅れているから、このままのペースで行ったとすると、V国での乗り換え時間が30分ぐらいしかなくなっちゃうよなー、ダッシュしまくりだなー (;´д`) 」
「ってか、V国→日本のチケットはV国に着いてから窓口に並んで手続きしないとダメだから、こりゃーV国で足止め食らうのを覚悟しておいた方がいいかも〜 ( ▽|||) 」

「まっ、今から心配していてもどーしよーもないべ〜、なるようになるべ〜(ヤケクソ)
( ゜∀゜)アハハ八八 」
「もしもV国で足止め食らったら、この際観光してだなー、美味いメシも食ってだなー(えへっ♪)( ̄▽+ ̄*) 」

なーんて、内心思っていたんですが・・・

時間的な予測は、見事的中しちゃいますた。
(V国での乗り換え時間は20分w)

でも、ココで予想外のことが起こって、涙が出るほど感動しまくちゃいました。
(*⌒∇⌒*) でへへへへへ〜っっ♪

実は・・・

E市で手続きしたときのV国→日本のフライトは、たまたま日本の航空会社になっちゃったんですが・・・
(それしか便がなかっただけなんですけどね)

V国で日本人スタッフが待ち構えていてくれて、秘密の裏道とやらを案内してもらったお陰で、全くダッシュすることなく日本行きの飛行機に無事乗れました。
あ、V国→日本のチケットもスタッフの人からもらえました。

で、なーにが感動しまくったって・・・!

元々はE市→日本のエコノミークラスの格安チケットしか持っていなかったのに、追加料金全くなしでファーストクラスの席を用意していてくれたことでしょーか。
お陰で、ファーストクラスの一番前の席でゴージャス気分に浸れちゃいました♪
☆ヽ(▽⌒*)わーいわーいわーい♪

旅の醍醐味を味わえた、思い出に残るフライトでした♪

-----


ううーむ・・・

海外に行く度に、いつも感じることはというと・・・

彼等は、なーんてたくましいんだ!
日本って、なーんて驚異的な国なんだ!
日本って、なーんて有り難い国なんだ!
スゲェ━━━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━━━ !!!!

ってことでしょーか。 (^^)

いやいや、ホント・・・
良くも悪くも、「私ってば日本人だなー」などといつもいつも思い知らされます、ハイ・・・。
いろんな意味で気づかされたり、学ぶ機会を得られたりします、感謝感謝です。(≧▽≦)


以上を踏まえた上で・・・

日本(日本人)の強みって、何だろう?
日本(日本人)の弱みって、何だろう?

日本(日本人)にとっては常識であっても、世界から見たら非常識なことって何だろう?
世界から、日本(日本人)が学べることって何だろう?
日本(日本人)が、世界のためにできることって何だろう?


などなどについて考えてみると、どうでしょう???
いろんなことに、気づきません???
いろんな疑問が湧いてきません???

もしかしたら・・・

「日本人の生産性が低い理由って?生産性の向上ってどういう事なんだろう?」シリーズ
従業員の潜在的な能力の発掘、発揮方法って?組織力などとの関係って何だろう?
自律型人材は、一方的に教えて育てる教育で育てられるんだろうか?
「グローバル人材とは何だろうか?グローバル化や国際化って?」シリーズ
「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
思考停止を招く教育とは?従業員の主体性や向上心が育つ人材育成って?
「知識や方法論中心の研修で育つ力、育たない力って何だろう?」シリーズ

などなどにも、ある意味関係するっちゃーするのかもしれませんが・・・

当たり前だと思っていることを、当たり前じゃないと認識したり、
コレが常識!と思い込んでいることを、疑ってみたりしてから、
自分自身や自分の国などを、改めて客観的に見てみると・・・

意外と、いろんなものが見えて来る
今まで見えていなかったものも、見えて来る
敵(相手)を知ることで、己を知ることにもつながる場合もある


んじゃーないかな〜???
なーんて、感じません? (^^)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?


というワケで・・・

「海外や日本の常識、グローバル化や国際化、グローバル人材などから自律的に考えて行動してみる」カテゴリとしては、


「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ


へ、続きまーす。(^^)/

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「自律型の組織変革」などのご相談、
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



【追伸】
「三方よしって、何???」
という方は、よろしければ以下のページも見てやってもらえると嬉しいです。(^^)


三方よしって、何だろう?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。