2012年11月08日

社長がうつ病になったり心が折れたりする前にできることって何だろう?

「社長がうつ病!?いやいや、ないない、ウチの社長に限ってそれは絶対にあり得ないっしょ〜 (´ε`;) 」
「従業員の立場の人間がうつ病になるのならよくあることだろーけど、社長の立場でうつ病になるなんてまずあり得ないですよね〜 ( ̄‥ ̄;) 」

「だっていつもウザイぐらいに元気だし、何があっても全然ヘコたれないし心が折れることも絶対にないし、徹夜しよーが1日1食だろーが何ともないし、心臓に毛が生えていて殺しても死にそうにないような人ですからねー ( ̄▽ ̄;) 」
「そんな社長がうつ病になるなんて絶対にないし、たとえうつ病になったとしても常人とは違うから、きっと気合と根性で軽く乗り切るはずですよね〜 (⌒▽⌒)ノ 」

などなど、従業員の立場の方からこのような声をお聞きすることもあるんですが・・・

んでもって・・・

「三方よしの経営相談」や、「自律型人材育成」「組織力の強化や向上」「経営に役立つ情報活用(IT活用・ICT活用)」のお手伝いを行なっているからか・・・
「爆発・炎上・崩壊組織」で消防のお手伝いを行なうこともあるからか・・・

いろんな意味で、考えさせられるコトもあるんですけど・・・
ンーン (( ̄_ ̄*)(* ̄_ ̄)) ンーン

コレって、もしかしたら・・・

中小企業の従業員が知っておきたい経営者が孤独を感じる原因って何だろう?
後継者の孤独とは?2代目や3代目など中小企業次期社長ならではの苦労って何だろう?
「社長が愚痴る理由、従業員には愚痴らない、愚痴れない理由って何だろう?」シリーズ
社長がいつも強気でパワフルで元気で前向きで楽観的に見える理由って何だろう?
「社長が暴走してしまう原因、暴君社長と感じてしまう理由って何だろう?」シリーズ
「経営者の視点を従業員にも持って欲しいと社長が思う理由って何だろう?」シリーズ
経営者が優柔不断、迷う、決断できない、行動できない理由って何だろう?
社長が従業員に相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろう?
子供を跡継ぎにするか迷う、跡を継がせるかどうか社長が悩む理由って何だろう?
「事業継続計画とは?BCPのつくり方って?中小企業の生き残りとの関係って?」シリーズ
「事業承継とは?中小企業の経営で本当に引き継ぐ必要がある事って何だろう?」シリーズ

などなどにも、ある意味関係するっちゃーするのかも〜???
( ̄  ̄;)

なーんて、感じることもあるので・・・

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/

んーと・・・

うつ病になった経験のある経営者の方からお聞きすることもある、例えばこんな声から考えてみるのはどーでしょう?


■ Aさんの声
社長がうつ病になるなんて絶対にあり得ない。
心が折れることも絶対にあり得ない。

だって社長なんだから。
何でも自分の思い通りに、好き勝手にできる立場なんだから。

そう思っていましたね。
自分自身が社長って立場になるまでは。

ああ・・・、こりゃー、社長がうつ病になっても決しておかしくないよなー。
どんなに強靭な人であってもパワフルな人であっても、うつ病にならない社長の方が不思議なぐらいだよなー。

と、社長って立場を実際に経験してみて初めて感じるようになりましたよ。
変われば変わるもので、社長って立場に対する気持ちの持ち方も180度変わりました。

精神的な環境にしろ肉体的な環境にしろ、よくよく考えてみたら、社長の仕事ほどうつ病にかかる要素をこれほど多く持っている仕事はないんじゃないかな?
うつ病と診断されたということもあって、今ではそんな風に感じるようになりました。

逆に言うと、私の場合、うつ病と診断されていなければ、このことに気づくことがなかったのかもしれません。

うつ病は、弱い人間がかかる病気。
自分は強い人間なんだから、うつ病にかかることは絶対にない。
社長って立場の人間が、うつ病にかかることは絶対にあり得ない。

もしもうつ病にかかっていなければ、こんな風にずっと思い込んでいたのかもしれません。
そして、うつ病の兆候があったとしても、うつ病と診断されたとしても、決して認めようとしなかったと思いますよ。

実際のところ、私はそうでした。
そもそも、うつ病がどんな病気なのかさえ知りませんでしたし、知ろうともしませんでしたし。
うつ病って病気のことをよく知らないのに、弱い人間がかかる病気って思い込んでいたってことなんですよね。

そのことが自分にブーメランされちゃったってわけです。
あれが兆候だったってことにも気づけませんでしたし、気づくどころかさらにがむしゃらになって頑張ろうとしていましたし。

診察も決して受けようとしませんでしたし。
ようやく観念して病院に行って、うつ病と診断されてもそれでも決して認めなかったし、迷惑をかけたくないって思っていたからかえって悪化させちゃったんですけどね。

今思えば、幸いなことに共同経営でやっていたことだし、おとなしくさっさと認めて治療に専念しておければ良かったのになー。
そしたら、悪化させずに済んだかもしれないのになー、長期間みんなに多大な迷惑をかけずに済んだかもしれないのになー、ってつくづく申し訳ない気持ちになりますよ。

うつ病にかかったことは決していいことではありませんし、ならないに越したことはないとは思います。
でも、うつ病になるまで気づけなかったのだとしたら、少なくとも私はうつ病を経験しておいて良かったのかもしれませんよね。


■ Bさんの声
うつ病になるのは、根性のない弱い人間だけだよなー。
だから、社長がうつ病になるなんて絶対にあり得ないよなー。
根性がなかったら、会社をつくろうとすら思わないもんなー。

心が折れることも絶対にあり得ないよなー。
ってゆーか、ちょっと何かある度にいちいち心が折れていたら経営者なんかやってられっかよ。

そう思っていましたね。
少なくとも、自分自身がうつ病にかかるまでは。

今思えば、どーしてそんな風に思い込んでいたのか不思議なぐらいですよ。
うつ病って病気に対して、それだけ思い込みが強かったからなのか、単に知らなかっただけだったのかよくわかりませんけど。

それまで全然知りませんでしたが、うつ病って15人に1人がかかる病気みたいなんですよね。
そう思うと、社長の立場だろーと従業員の立場だろーと、根性があろーがなかろーが、誰がかかってもおかしくない病気でもありますよね。

誰がうつ病になってもおかしくないのは確かなんですけど、社長って立場の場合、さらなる注意が必要なのかも?
社長って立場であるが故に、うつ病にかかる確率も悪化させる恐れも相対的に高くなりがちなのかも?

って、自分自身がうつ病なって初めて実感しましたよ。
それまで全く意識したことすらなかったし、自分だけは絶対に大丈夫だって思っていたのにね。

もちろん、社長だから全員うつ病になるってわけではないと思います。
ただ私のように、自分は根性があってパワフルで強いから大丈夫だし、24時間365日働いていてもどんなにストレスが多くてもどんなに睡眠不足でもへっちゃらだし、自分だけは絶対に大丈夫などと思っている人ほど注意した方がいいのかも?って今は思いますよ。

社長だって、人間なんですから。
社長である前に、人間なんですから。

そもそも、自分がうつ病かどうかって、自分自身ではなかなかわからない人も多いですよね。
誰かに指摘されて、初めて気づく人も多いじゃないですか。

ただ、社長の立場の場合だと、誰かに言ってもらえるってことそのものが状況的に難しいですよね。
社長室に一日中こもっている社長の場合だと、さらに難しいですよね。

うちの会社には社長室ってものがないので、私は社長室に独りでこもっていたわけではないんですけど。
でも、それでも誰にも言ってもらえなかったんですよ。

どんなに弱音を吐きたい状況であっても愚痴りたいと思っていても心が折れそうなぐらい弱っていても、従業員の前では決して悟られないようにしていたのが仇になりましたね。

じゃあ、あの時、弱音を吐いたり愚痴ったりできたかっていうと、できなかったと思うんですよ。
社長って立場であるが故に。

それに、たとえ従業員が気づいていたとしても、指摘してもらえたかというと難しかったと思います。
従業員の立場になって考えてみたら、「もしかしてうつ病じゃないですか?」などと社長に指摘できるかってゆーと、心の中で思っていても社長にはとても言えないって思うものじゃないですか。

じゃあ、取引先の前で弱音を吐いたり愚痴ったりできるかって言うと、もっとできないですよね。
社長って立場なんですから。

取引先の立場で考えると、弱気になったり愚痴ったりする会社とか、うつ病にかかるような社長の会社とかと取引したいかというと、それはまずありませんよね。
この社長ってもしかしたらうつ病かも?ってたとえ気づいたとしても、この会社とは取引しない方がいいって判断するだけで、ご親切にわざわざ指摘してあげるなんてことはまずしませんよね。

それがわかっているから、全員が全員とまでは行かなくても多くの社長はどんなに自信がなくても自信たっぷりのフリをしたり、いつも強気のフリをしたりはったりをかましたり虚勢をはったり自慢話をしたりするんじゃないですか。

それでも自分の中で、ヤバイかも!?って、心のどこかで自覚できているうちはまだいいと思うんですよ。
でも恐ろしいことに、自信たっぷりのフリをしたり虚勢をはったりしているうちに、ヤバイかも!?って気持ちまでなくなっちゃうんですよね。

自分で自分を騙していたら、いつの間にか本当に騙されてしまったとでも言ったらいいのかもしれませんけど。
もちろんこれは悪いことばかりではありませんし、不安を吹き飛ばすためにやっている行為なんですけど、うつ病の場合だと逆効果になってしまうこともあると今は思うんです。

でもねー、社長って立場だとどーしてもそうなっちゃいがちですよね。
そうやって世間の荒波を乗り切って来ているのも事実ですし、そうでなければ乗り切れなかったのも事実ですし。

だからこそ、社長の立場なのであれば、なお一層注意した方がいいよなーって思うようになりましたよ。
これも一種のリスクマネジメントだとでも思って。

どんな会社であってもいい時もあれば悪い時もあるのと同じように、人間だから体調がいい時もあれば悪くなる時もあるのは当然のことですし、自分だけは絶対に大丈夫だしどんな時でも自分は死なないスーパーマンってわけじゃないんですから。


■ Cさんの声
社長がうつ病になったって話を耳にしたことはあったんですけど、まさか自分がそうなるとは思いもしませんでしたよ。
それどころか、こんな風に思っていたぐらいでした。

社長のくせに、うつ病になるなんてだらしないよなー。
情けないにもほどがあるよなー。

社長のくせにうつ病になるようなヤツって、世間知らずでぬるま湯しか知らない温室育ちのぼんぼん育ちだけだよなー。
甘やかされて育って何も考えずに会社をなんとなーく継いだようなヤツが、うつ病になっちゃうんだよなー。

体調管理も仕事のうちなのに、社員の体調を気遣う立場でもあるくせに、その社長がうつ病になるなんて本末転倒もいいところだよなー。
社長としての責任を放棄しているよなー。

うつ病になるぐらいだったら、経営者にならなきゃいいのになー。
うつ病にかかるような弱いヤツは、経営者に絶対向いていないよなー。

そんな情けない社長は、取引先や従業員に迷惑をかけるだけだよなー。
散々迷惑をかけて倒産してしまう前に、さっさと廃業してしまうべきだよなー。

そう思っていました。
そんな私がまさかうつ病と診断されるなんて、本当に信じられませんでしたよ。

実際、認めようとしなかったんですけどね。
会社を継いだわけじゃなく自分で立ち上げたんだし、叩き上げでずっとやって来たし体力にも自信があった自分が、そんな弱くて情けない病気にかかっちゃうなんて絶対に認めたくなかったですね。

多かれ少なかれ、社長って人種は自信を持っている人が多いですよね。
法律に手厚く守られている従業員とは違って社長は法律に手厚く守られているとは決して言えないし、全ては自己責任の切った張ったの世界で生きているんですから。

たとえ本当は自信がなくても、自信があるフリをしているってゆーか。
そーでなきゃ、社長なんてやってられないってゆーか。

私もそうだったんです。
でも、その自信が落とし穴でしたね。

自分がうつ病なんかであるはずがないって、全面否定していましたし。
これだからヤブ医者は・・・!!って、怒り狂っていたぐらいでしたし。

社長と一口に言ってもいろいろな人がいるだろうから一概には言えませんけど、こーゆー反応をついしちゃう社長って実は結構いるように思うんですよ。
私の場合、そこまで頑固者ではないつもりだったんですけど、それでも絶対に認めようとしませんでしたし。

そうこうしているうちに、身体がどんどん言うことをきかなくなっちゃって認めざるを得なくなったんですけど、それでも絶対に認めたくない自分がいました。
認めてしまったら負けだ、うつ病になるなんて社長失格だ、会社の信用にもかかわるから意地でも認めないって思っていたのかもしれませんが。

で、そのせいかどんどん悪化して行って、ようやく認めざるを得なくなったんですけど、一難去ってまた一難でしたよ。
ようやく認められるようになったものの、誰かにバレるのが怖くて怖くて。

通院しているのを誰かに見られたらどーしよう?
薬を飲んでいるところを誰かに見られたらどーしよう?

うつ病って誰かにバレてしまわないかと、常にビクビクしていましたよ。
ビクビクしている自分自身がイヤでイヤで、さらにヘコんでいましたし。

ヘコむとさらに病状が悪化して行くし・・・
自分が情けなくて情けなくて、消えてしまいたくなるし・・・

とは言えども、死ぬ気力すらなかったので、それでまたさらに落ち込んじゃうし・・・
ちょっと良くなったと油断したら、発作的に死にたくなっちゃうし・・・

それに、社長の立場だと従業員とは違って休職するわけには行きませんよね。
何ヶ月間もゆっくりと休んで、じっくり養生するわけには行きませんよね。
社長が長期間不在の会社なんて、あり得ないじゃないですか。

従業員の立場だったら会社を辞めて、まずは病気をしっかり治して、それから社会復帰するって選択肢もあるかもしれません。
でも、社長の立場だとその選択肢もありませんよね。

特にオーナー社長の場合は、社長が会社を辞める = 廃業するのと同じですし、そしたら取引先にも従業員にも多大なる迷惑をかけてしまうことになってしまいますから。

ようやく認めたところで治療するにできず、じっくりと治療できないからますます悪化する。
まさに悪循環としか言いようがない状態に陥ってしまいました。

結局、バレちゃったんですけどね。
苦労して隠していたつもりだったんですけど、こんな状況だったんですから、バレない方がおかしいですよね。

バレてしまったことによって、病状がさらに悪化してしまいましたね。
こんなことだったら、苦労して隠すんじゃなかったって後悔したぐらいでしたよ。

とは言えども、社長って立場であるが故に隠したくなるのは当然だと思います。
社長の仕事は属人化の典型とも言える仕事ですし、会社の顔でもあり会社の信用そのものと言っても過言ではありませんから。

その社長がうつ病になったなんてバレたら、会社の信用を失うことにもなりますし、資金調達にも影響が出てしまうことになりますから。
事業継続の危機に陥ってしまうのが目に見えていますから。

じゃあ、隠せば事業継続の危機に陥らなくて済むのかというと、残念ながらそうは行かないんですよね。
状況が良くなるどころか、さらに悪化させてしまう可能性の方が高いと思います。

社長って、因果な仕事だとつくづく思いますよ。
だからこそ、経営者は孤独なんですよね。


■ Dさんの声
「社長になろうって人間がうつ病になんかなってどーする!?」
「そんな弱い人間でどーする!?」

「自分の体調管理すらできない社長が、会社を経営して行けると思っているのか!?」
経営者になる資格があると思っているのか!?」

「うつ病にしろ何にしろ、病気にかかるのは根性が足りないからだ!」
「もっと気合を入れろ!」

私の場合、後継者の立場だったんですけど、当時の社長だった親からも従業員からもこんな風に責められるのが怖くて、うつ病と診断されたとはとても言えませんでした。

跡継ぎの立場だと、うつ病でなくても、「社長の子どもだから」って色眼鏡もあって周りからいろいろと言われますよね。

「世間知らず」とか「苦労知らず」とか「甘ったれ」とか。
「ぬるま湯育ち」とか「温室育ち」とか「ぼんぼん育ち」とか。
だから「頼りない」とか「こんなヤツが社長になるなんて、この会社の将来は大丈夫なのか?」とか。

こんなに頼りないんだから、そう言いたくなる気持ちもわからなくはありません。
言っている本人には悪気がないのかもしれません。
何気ない一言なのかもしれません。

でも、跡継ぎの立場としてはその一言一言が心に突き刺さるんですよ。
「社長の子ども」って事実は、何をどーやったって変えられませんし。

そんな目で見られるのがイヤだったから、次期社長として必死にがんばっていたんですけどね。
上手く行った時には「社長の子どもだから当然」って言われようとも、失敗した時には「やっぱり世間知らずの甘ったれ」と言われようとも。

だけど皮肉なことに、必死にがんばった結果、うつ病にかかってしまいました。
心のどこかで、もしかしたらヤバイかも!?とは思っていたんですけどね。

うつ病と診断されるよりずっと前に、リストカットをやらかしたこともあったし。
ふと消えてしまいたくなることとかもよくあったし。

うつ病と診断された時、ああ・・・、やっぱりか・・・と思いました。
でも、とてもじゃないけど誰にも言えませんでしたよ。
どんな反応をされるのか目に見えていましたから。

うつ病にかかったなんて言ったら、もっとなじられる。
後継者のくせにって言われるってわかっていましたから。

だからずっと隠していたんですよ。
そしたら、今までできていたことですら失敗ばかりするようになってしまったんです。

さらに「世間知らず」とか「苦労知らず」とか「甘ったれ」とか、「ぬるま湯育ち」とか「温室育ち」とか「ぼんぼん育ち」とかって責められるようになってしまったんです。

今更投げ出すわけには絶対に行かない。
投げ出すなんて無責任なことは絶対にやってはいけない。

投げ出したりなんかしたら、会社を継ぐ人間がいなくなってしまう。
そんなことになったら事業継続の危機に陥ってしまうし、取引先にも従業員にも迷惑をかけてしまう。

そう思って、必死にがんばっていました。
意地でも投げ出すものか!って思ってがんばっていたんですけどね。

だけど、良かれと思ってやっているつもりなのに、やることなすこと全て空回りしてばかりで悪い方向にばかり行ってしまったってこともあって、完全に心が折れてしまいました。
いつしか、自分が会社を継ぐ方が事業継続の危機に陥る、自分がいない方がみんなにとって幸せだと思うようになったんです。

こんなヤツが会社を継がない方がいい。
こんなヤツが会社を継いだら、取引先にも従業員にも親にも迷惑をかけてしまう。

ってね。

ボロカスに言われるのを覚悟して、うつ病と診断されたことを親に伝えました。
予想していた通り、本当にボロカスに言われました。

「逃げ出すとはなんたる無責任!」
「会社を潰す気か!?」

「一人っ子でお前しか継ぐ人間がいないのに、どう責任を取るつもりだ!?」
「お前の顔など金輪際見たくない!」

って言われて、勘当までされてしまいましたよ。

-----


うーむ・・・
どっ・・・、どーでしょう???

「そっ・・・、そーだったのかー! ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!! 」
「だからかー!!だからだったのかー!! ヾ(.;.;゜Д゜)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「社長・・・、ゴメンナサイ・・・ (´;ω;`) 」
「跡継ぎのコトをボロカスに言っていたかも・・・、悪気はなかったんだけど申し訳ないことをしちゃったかも・・・ (>人<;) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

経営者って、ホントにホントに孤独だったんだね・・・ 。゚(゚´Д`゚)゚。 」
会社経営って、ものすごーく大変だったんだね・・・ (;´д⊂) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ウチの社長もこのタイプなのかも・・・!?自慢話も多いしいつもやたらと強気だし、すっげぇー心配になってきたかも・・・!? 頼むから早まらないでくれよー!! ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘」
「取引先に言えないのはわかるんだけど、だからこそ従業員に直接言ってくれよー!何のために組織があるんだよー!!従業員がいるんだよー!!「孤独な経営者」って悲しすぎるじゃんかよー! ヽ(;▽;)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

経営者って大変だったんだな〜・・・、うつ病と診断されても休めないし治療もできないなんて自分には耐えられないよ・・・ (|||▽ ) 」
「社長がいつも愚痴ばっか言っているのはどーかとは思うけど、たまには愚痴ってもらった方がいい面もあるのかも〜!? 。゚(゚^o^゚)゚。 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「考えてみたら、従業員の立場よりも経営者の立場の方がメリットがあるんだったら、みんな経営者になりたがるはずだもんな・・・ (; ̄ェ ̄) 」
「トクするコトばっかなんだったら、社長の子どもが喜んで会社を継ぐはずだもんなー、後継者不足で廃業する会社が増えるワケないもんな・・・ ( ̄‥ ̄;) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「従業員の立場ってソンするばっかで、有り難いって思ったことなんて今までなかったけど、実はとってもとっても有り難いコトだったのかも・・・ (´Д`lll) 」
「いつか脱サラして社長になってやる!って思ったコトもあったけど、やっぱ従業員のままの方がいいのかも・・・ ( ̄▽ ̄;) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「だからこそ、経営者の視点や経営者意識や経営感覚などを、従業員も少しは持った方がいいような気もしなくもないんだけど・・・ (´ε`;) 」
「とは言えども、経営者の視点や経営者意識や経営感覚などって、どーやったら従業員が持てるようになるんだろ〜??? p(´⌒`q) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「そう言われてもなー、ウチのあの社長がうつ病にかかるコトは絶対にないってどーしても思っちゃうよなー、それが危険な兆候ってコトなのかな〜??? (;゜∇゜) 」
「寝なくても食べなくても平気だし人間離れし過ぎているもんなー、うつ病とは最も縁がなさげで殺しても死にそうにない超図太い社長だしなー、そーゆー社長ほど実はヤバイってコトなんだろーか??? ( ̄∧ ̄ ) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「あり???ウチの社長ってば、弱気で愚痴ってばっかなんだけど???逆に大丈夫ってコト??? ( ̄◇ ̄;) 」
「そのくせして自慢話をよくするし超ウザイって思っていたけど、それはそれで良い面もあったってコトなのかも!? (^∀^|||) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ちょっとしたことでも気楽に愚痴り合える職場っていいかもな〜、そーゆー職場の方が困った時に相談もしやすいもんな〜 (。・ ・) 」
「経営者か従業員かに関係なく人間なんだから別に愚痴ったっていいと思うんだけど〜、愚痴ったり愚痴られたりお互い様だと思うんだけど〜 (* ̄。 ̄*) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ってコトはだよ・・・、アレをあーして、コレをこーして・・・ ((φ( ̄Д ̄ ) 」
「従業員の立場だとできないコトばっかだと思っていたけど、従業員の立場でもできるコトって意外とあるのかも〜 d(⌒ー⌒) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「だからと言って、やっていいコトと悪いコトがあるよねー ( ̄ヘ ̄)凸 」
「どんなに苦しくても赤字でも資金繰り難でも、法律ぐらい守ってもらわなきゃ困るよねー!! (*`θ´*) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「それがどーした!?経営者はやっぱり全員敵だー!ブラック企業は全部潰れてしまえ! ┗(炎Д炎#)┛」
「社長の自身のうつ病なんかどーでもいいっちゅーに!!従業員のうつ病対策を先にやれっちゅーに!! ヾ(*`Д´*)ノ"」

という方も、いらっしゃれば・・・

「は?何言ってるの?好きで社長やってるんだろ!?何でも好き勝手にできる立場だろ!?うつ病になっても自業自得だろ!? ( ̄。 ̄) 」
「そんなに辛くてイヤなら、やめたらいいんじゃね?廃業でも倒産でもしちゃったらいいんじゃね?従業員は転職すりゃーいいだけの話だしぃ〜 ( ̄× ̄)b 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「そんなのどーでもいいしぃ〜、社長がうつ病になろーがどーしよーが関係ないしぃ〜、勝手に悲劇のヒーローごっこしてればぁ〜?って感じだしぃ〜w ( ゜∀゜) アハハ八八 」
「社長がうつ病になったら、会社が潰れる前にとっとと転職するだけだもんねぇ〜 q( ̄3 ̄)p 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「社長や後継者がうつ病になったり自殺したりなんかしたら困るよー!!経営者なんだから気合と根性で乗り切ってくれよー!! \( ̄▽ ̄;)/ 」
「社長や後継者がうつ病になったら勤務先がなくなっちゃうかもしれないじゃんかよー!!このトシで転職する羽目に陥るなんて絶対にヤダよー!! o(><;)(;><)o 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「どんなコトがあっても何があっても、社長や跡継ぎが絶対にうつ病にならない会社ってどこかにないものなのかな〜??? (;´Д`)ノ 」
「社長や跡継ぎが絶対にうつ病になるような会社って、従業員がうつ病になるリスクも高いに決まっているよなー、そんなブラック企業じゃなくて、給料も休みもいっぱいもらえて社会保険にもちゃんと入れてもらえて、人間関係も良くて上司にも部下にも恵まれていて、残業も全然なくて仕事もラクチンで通勤もラクで、どんなコトがあっても絶対にクビにならなくて、正社員で一生雇ってくれるいい会社ってどこかにないかな〜??? ( ̄Д ̄)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ナルホド・・・、ちょっぴりわかった気がするかも・・・ ヽ(´ー`)ノ 」
「あ、なーんだー、そーだったんだ〜 (〃▽〃) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;) 」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/ 」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

他にも、例えば・・・

「社長が思いつめてよからぬ方向に走る前にできることって何だろう?」シリーズ
誰にも相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろうか?
困り事や悩みなどを相談しやすい組織と相談しにくい組織って何が違うんだろう?
「組織じゃないとできないこと、組織でなくてもできることって何だろう?」シリーズ
「属人化とは?属人化する原因って?メリットやデメリットって何だろう?」シリーズ
「丸投げとは?丸投げした結果、失うものや得られるものって何だろう?」シリーズ
「役職とは?肩書きとは?役職や肩書きって何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「内向きな組織とは?内向き志向とは?内向きな組織になる原因って何だろう?」シリーズ
「売上や利益が上がらない原因を組織面から考えると気づく事って何だろう?」シリーズ
「下請けから脱却する、下請けを続けるメリットやデメリット、リスクって何だろう?」シリーズ
下請けいじめが起きる、なくならない原因って何だろう?下請法とは?
「中小企業の信用力と個人事業主や株式会社、資本金との関係って何だろう?」シリーズ
「会議とは?何のため?無駄な会議と意味のある会議の違いって何だろう?」シリーズ
人間にしかできないこと、コンピュータにできること、できないことって何だろう?
「自社の強みや弱み、長所や短所、状況や現状などの判断基準って?」シリーズ
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ

などなども含めると、いろんな意味で考えさせられちゃいません? (^^)

ふーむ・・・、こーやって考えてみると・・・

まだ見えていないだけで・・・

意外なところにヒントがいっぱい溢れている
おお〜っ ━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━ 見っけ〜♪


のかも〜???

なーんて、感じません? (〃▽〃)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?

とゆーワケで・・・

「組織や仕組みから、自律的に考えて行動してみる」カテゴリとしては、


「借金返すか廃業するかなど両極端な思考に走る前にできることって何だろう?」シリーズ


へ、続きまーす。(^^)/

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「自律型の組織変革」などのご相談
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



【追伸1】
「・・・で、答えは何なの???」と思った方へ


よろしければ、以下の記事も見てやっていただけると嬉しいです。(^^)

「自分で考えて行動する「自律型人材」が育つ組織って?」ブログについて
「答えが見つからない、探しても解決策が見つからない原因って何だろう?」シリーズ
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?組織力などとの関係って?
「自立」とは?「自律」とは?その違いって?自律型人材とは?
「社長、上司、部下、会社組織にとって本当に必要な支援って何だろう?」シリーズ


【追伸2】
「三方よしって、何???」
という方は、よろしければ以下のページも見てやってもらえると嬉しいです。(^^)


三方よしって、何だろう?


posted by ネクストストラテジー at 06:35| Comment(0) | 組織や仕組みから考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。