2013年01月28日

下請けから脱却する、下請けを続けるメリットやデメリット、リスクって?(4)

下請けから脱却する、下請けを続けるメリットやデメリット、リスクって?(1)
下請けから脱却する、下請けを続けるメリットやデメリット、リスクって?(2)
下請けから脱却する、下請けを続けるメリットやデメリット、リスクって?(3)

の続きです。(^^)
※上記の記事を読んでいらっしゃらなくてもこの記事の意味はわかると思いますが、シリーズものなので、できれば読んでやっていただけると嬉しいです
(お願いお願い)

下請法なんてあったって意味ないよ・・・、下請けの立場でそんなの言えるワケないじゃんか・・・ ( ノД`)シクシク・・・ 」
「こんなの下請けいじめ以外のナニモノでもないってよぉーくわかっているんだけどね・・・、でも、しがない中小企業の立場だと弱いから我慢して泣き寝入りするしかないんだよね・・・ (;´д⊂) 」

「ウチみたいな中小零細企業なんてさー、弱みばっかで強みなんて一つもないしさー、下請けを続けるしか生き残る道がないよなー・・・ 。。。(〃_ _)σ‖ 」
下請けやってると、事あるごとに値下げ要求されるわ、無理難題を突きつけられるわだけど、それでも仕事がないよりずっとマシだからやらざるを得ないんだよね・・・ o(><;)(;><)o 」

「下請けから脱却したいのは山々なんだけど時間もカネもないし、目の前の仕事をこなすだけで精一杯だし、ずぅーっと下請けやってたから何をどーしたらいいかわからないよ・・・ (;゜∇゜) 」
「このまま下請けを続けるぐらいなら、いっそのこと廃業しちゃった方がいいんだろうかって毎日迷ってるよ・・・ (>_<、) 」

などなど・・・

「三方よしの経営相談」や、「自律型人材育成」「組織力の強化や向上」「経営に役立つ情報活用(IT活用・ICT活用)」のお手伝いを行なっているせいか・・・
三方よしの場づくり黒子サポーターとして、企業さんの間に立ったお手伝いを行なうこともあるせいか・・・
「爆発・炎上・崩壊組織」で消防のお手伝いを行なうこともあるせいか・・・

下請けを行っている中小企業さんから、このようにとっともとっても切実な悩みをお聞きする機会もあるんですが・・・
(;´・ω・`)

もしかしたら・・・

「経営者の視点を従業員にも持って欲しいと社長が思う理由って何だろう?」シリーズ
社長が従業員に相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろう?
社長がいつも強気でパワフルで元気で前向きで楽観的に見える理由って何だろう?
「社長が孤独を感じる瞬間って?孤独を感じる時、感じない時って皆同じ?」シリーズ
中小企業の従業員が知っておきたい経営者が孤独を感じる原因って何だろう?
後継者の孤独とは?2代目や3代目など中小企業次期社長ならではの苦労って何だろう?
「共同経営で経営者が孤独を感じる時、孤独を感じない時の違いって何だろう?」シリーズ
社長自身がうつ病になったり心が折れたりする前にできることって何だろう?
経営者が優柔不断、迷う、決断できない、行動できない理由って何だろう?
子供を跡継ぎにするか迷う、跡を継がせるかどうか社長が悩む理由って何だろう?
「事業承継とは?中小企業の経営で本当に引き継ぐ必要がある事って何だろう?」シリーズ
「事業継続計画とは?BCPのつくり方って?中小企業の生き残りとの関係って?」シリーズ

などなどにも、ある意味関係するっちゃーするのかも〜???

なーんて感じたので・・・

一緒に考えてみません? (^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/

んーと・・・、今回はとゆーと・・・

下請け経験がある中小零細企業経営者の方の、例えばこんな声から考えてみるのはどーでしょう?


■ D社の経営者の声
ウチの場合、

Y社(依頼元企業) → Z社(元請け企業) → D社(一次請け)

なので、受注形態から考えると下請け企業と言われれば下請け企業に一応該当するんでしょーけど・・・
でも、下請け企業らしくない下請け企業なんじゃないかな〜?って思っています。
下請け企業って自覚もあまりありませんし。

なぜなら、Z社とウチとの役割分担がはっきりしていて、お互いの得意分野を上手く活かした戦略的で且つ対等の協調関係にあるからでしょーか。
つまり、Z社ではできないことだからウチに下請けに出してくれていて、ウチにできないことだからZ社にお願いしているって感じです。

もう少し具体的に言うと、ウチは資金力に乏しく営業ノウハウもありません。
小さい会社だし社歴も短いし、実績もまだまだ少ないし従業員数も少ないです。

その代わり、コレだけはどこにも負けないって自信を持って言える技術力があります。
今ある技術力はコレで十分っていうのではなく、これからもさらに磨いて行く必要があります。
現在のところ、この技術力がウチの唯一の武器ですし、日進月歩だから他社にいつ追い抜かれてもおかしくないって危機感を常に持っています。

一方、Z社はというと、ウチにはないものを持っています。
特に、営業力が素晴らしいんです。
その代わり、ウチが持っているような技術力はありません。

つまり、Z社はウチの技術力が特に欲しい、ウチはZ社の営業力が特に欲しい。
だから、「お互いにメリットがあるうちは」協力し合いましょうってことです。

逆に言うと、「お互いにメリットがなくなれば」取引をやめましょうって考え方です。
「お互いにメリットがあるうちに」お互いから学んでおこうねって前提で、取引をしています。

一見、ゆる〜い協力関係に見えるかもしれませんが、決してそういうワケでもないと思います。
だって、Z社がウチにメリットを感じなくなったら、ウチと取引する理由がなくなったら即サヨナラですから。

ウチにとってのZ社も同様です。
ウチがメリットを感じなくなったら、Z社と取引する理由がなくなったら遠慮なく即サヨナラします。
例えば下請けいじめをやられて、それに見合うメリットがウチになくなった状況になった時は、デメリットの方が大きくなった時はウチから取引を即停止します。

そういう約束ですから。
あくまでも、一時的な取引関係に過ぎない肝に銘じています。

ウチの場合、意思決定の基準が非常にシンプルです。
これは、従業員とじっくりとことん話し合って決めた意思決定の基準です。

例えば、デメリットよりもメリットの方が大きいのであれば、下請けだろーと下請けでなかろーと何だって別に構わないんじゃーないでしょーか?

デメリットの方が大きくなった時には、文句や愚痴をプツプツ言いながら我慢して延々とイヤイヤ続けるのではなく、デメリットの大元を解消できる力とでも言うのかもしれませんが、選択肢を自ら創り出せる企業でありたいと常々思っています。

ここで言うメリットやデメリットというのは、金銭的な利益のことだけではありません。

たとえ利益が出ない仕事だったとしても、例えば人材育成につながるなど、ウチにとってそれだけのメリットがあればよしとしています。
投資対効果とでも言うんでしょうか。

モチロン、請けたからには契約の範囲内でちゃんと仕事して、ウチの責任をきちんと果たします。
Z社にもY社(依頼元企業)にも、契約期間中に迷惑をかけるようなことは一切いたしません。

契約期間中は、Z社やY社(依頼元企業)の方針にもきちんと従います。
もしも納得が行かないことがあったとしても、契約違反とまで言えないのであれば、契約期間中は割り切ると決めてあります。

前々から計画していたことなんですけど・・・
実は夢があって、近い将来、新しい事業をやっとこさ立ち上げるつもりです。
そもそもの話、それがどうしてもやりたくて、その夢を実現したくて、その事業で世の中の役に立ちたくて独立したんですから。

でも残念ながら今はまだ、その新しい事業を立ち上げられたとしても、それでやって行けるだけの力が後もう少し足りていません。
ウチみたいな経営資源に乏しい中小零細企業は、どんなにそうしたくても、いくら焦っても、大きな目標を一足飛びでいきなり達成するなんて到底できません。

本当にやりたいことを行えるようになるためには、準備期間だって必要です。
目の前の小さな目標を、一つひとつ着実にコツコツとクリアしていくしかないんです。
身の丈に合った経営を地道にやって行くしかないんです。

今はモラトリアムの期間とも言えるのかもしれませんが・・・
将来のための力を蓄えるためにも、従業員の未来のためにも、ウチの未来のためにも、今はZ社と取引をしています。

従業員もその夢に賛同してくれた上で、協力してくれています。
今は申し訳ないぐらい安い給料しか出せていないし、私に対する文句もたくさんあるだろうに、それでもがんばってウチで働いてくれている有り難い存在であり、大切な仲間でありビジネスパートナーでもあります。

経営者独りの力で、できることなんてたかがしれてます。
彼らの協力なしには、この事業はまず成り立ちません。
この夢も実現できません。
だから、組織ってもんが必要不可欠なんです。

夢があるだけでは、人は食べて行けません。
夢に協力してくれている従業員の立場なら、なおさらそうでしょう。

いつもあんなにがんばってくれているんだから、新しい事業が軌道にのったら従業員の給料も上げてあげたいです。
経営者として、責任をしっかり果たして約束をきちんと守らないといけませんよね。

とは言えども、Z社との取引がいつまで続くかわかりませんし、Z社とY社(依頼元企業)との取引だっていつまで続くかわかりませんし、経営環境だっていつ何時どう変化するかわかりませんし、今のビジネスモデルだっていつまで通用するのかもわかりません。

なので、万が一の際のリスクに備えていろいろと準備してあります。
これも一種のBCPでしょうし、経営者の仕事だと私は思っています。

何の準備もなくその時が突然やって来て、Z社に泣いてすがりついたり、逆にZ社から泣きつかれたりするなんて絶対にしたくありませんしね〜。
本当にやりたいことをまだやっていないのに、廃業せざるを得なくなって、一生懸命働いてくれている従業員を失望させたり路頭に迷わせたりするなんて絶対にイヤですからね〜。

-----


うーむ・・・
どっ・・・、どーでしょう???

「そっ・・・、そーだったかのかー! ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!! 」
「げげっ・・・、今までなーんにも考えてなかったかも・・・ ヾ(.;.;゜Д゜)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「コレだったら、ウチにもできそうかも〜♪ (〃▽〃) 」
「コレといった強みもないから、こんなのウチにはムリだよ〜・・・ ヽ(;▽;)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「夢?やりたいこと?そんなのあったっけ?何のために会社つくったんだったっけ?(; ̄ェ ̄)」
「夢とかやりたいこととか世の中の役に立つとかなんてどーでもいいしぃ〜、とにかく儲かりさえすりゃー何でもいいしぃ〜 q( ̄3 ̄)p 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;) 」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/ 」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

他にも、例えば・・・

「選択肢の広げ方や作り方とは?思い込みや方法論に走る前にできる事って?」シリーズ
「借金返すか廃業するかなど両極端な思考に走る前にできることって何だろう?」シリーズ
困り事や悩みなどを相談しやすい組織と相談しにくい組織って何が違うんだろう?
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?組織力などとの関係って?
「組織じゃないとできないこと、組織でなくてもできることって何だろう?」シリーズ
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「顧客って誰のこと?どんな人や企業がお客様?下請脱却などとの関係って?」シリーズ
「売上や利益が上がらない原因を組織面から考えると気づく事って何だろう?」シリーズ
「IT化やシステム化、パソコン導入すれば生産性は向上するんだろうか?」シリーズ
「会社存続に必要な利益っていくら?売上目標の考え方から見えることって?」シリーズ
新規事業、新製品やサービスの考え方とは?何のため、誰のために考えるんだろう?
不平、不満、不安って悪いことばかり?不平、不満、不安などをうまく活用する方法って?
「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
「日本の良さとは?外国人や海外経験のある日本人が感じる事って何だろう?」シリーズ
人間にしかできないこと、コンピュータにできること、できないことって何だろう?
「社長、上司、部下、会社組織にとって本当に必要な支援って何だろう?」シリーズ

などなども含めると、いろんな意味で考えさせられちゃいません? (^^)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?

というワケで、


下請けから脱却する、下請けを続けるメリットやデメリット、リスクって?(5)


では、上記とはまた違う声から引き続いて一緒に考えてみませんか?
(。・ω・。)ノ

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、ゆるゆる〜っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「組織力の強化や向上」などのご相談
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



posted by ネクストストラテジー at 04:50| Comment(0) | 三方よしの経営から考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。