2014年02月24日

選択と集中とは?トレードオフとは?いつ必要?メリットやデメリットって?

「選択と集中」とやらとか「トレードオフ」やらとかについて、

「三方よしの経営相談」や、「自律型人材育成」「組織力の強化や向上」「経営に役立つ情報活用(IT活用・ICT活用)」のお手伝いを行なっているせいか・・・
「爆発・炎上・崩壊組織」で消防のお手伝いを行なうこともあるせいか・・・

いろんな意味で考えさせられる機会もあるんですが・・・
(( ̄_ ̄*)(* ̄_ ̄)) ンーン

コレって、もしかしたら・・・

「その選択と集中で本当にいいの?選択と集中を行う前に考えたい事って?」シリーズ
対症療法とは?会社の現状そのものに対処しようとすると何が起こるんだろう?
現状把握ってどんな時に必要?何のため?対処方法や効果などとの関係って何だろう?
「借金返すか廃業するかなど両極端な思考に走る前にできることって何だろう?」シリーズ
「社長が孤独を感じる瞬間って?孤独を感じる時、感じない時って皆同じ?」シリーズ
中小企業の従業員が知っておきたい経営者が孤独を感じる原因って何だろう?
「顧客って誰のこと?どんな人や企業がお客様か考えると気づくことって?」シリーズ
「売上や利益を上げるには何をすればいい?数字から見える事見えない事って?」シリーズ
「事業継続計画とは?BCPのつくり方って?中小企業の生き残りとの関係って?」シリーズ
「中小企業の信用力と個人事業主や株式会社、資本金との関係って何だろう?」シリーズ
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「経営理念や経営方針、部門方針などと実態とが乖離する理由って何だろう?」シリーズ
「経営理念などを掲げるメリットやデメリットって?何のため?誰のためなの?」シリーズ

などなどにも、ある意味関係するっちゃーするのかも〜???
なーんて、感じたので・・・

そもそもの話・・・

選択と集中って、いったい何なんだろーか?
トレードオフって、いったい何なんだろーか?

選択と集中を行わないメリットやデメリットって、いったい何なんだろーか?
選択と集中を行うメリットやデメリットって、いったい何なんだろーか?
それは、誰にとってのメリットやデメリットなんだろーか?

選択と集中て、どんな時に必要なんだろーか?やった方がいいんだろーか?
選択と集中って、どんな時には必要じゃないんだろーか?やらない方がいいんだろーか?
それは、誰がどんな基準でどう判断するんだろーか?

何のために、選択と集中が必要なんだろーか?
誰のために、選択と集中が必要なんだろーか?

などなどについて・・・

一緒に考えてみません? (^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/


んーと・・・

まずは、例えばこんなのから考えてみるのはどーでしょう?


■ 選択と集中とは?
はてなキーワード
自社の得意とする事業分野を明確にして、そこに経営資源を集中的に投下する戦略


exBuzzwords
選択と集中とは、多角化が進展している企業、製品ラインアップが多岐に亘る企業などにおいて、自社の得意とする事業分野・製品分野を明確にし、そこに経営資源を集中的に投下する戦略のこと。


m-Words
企業活動をする上で進出する事業を選び、特定の事業に経営資源を集中させること。
選択と集中という言葉は、複数の事業を実施して多角化することが前提となっており、事業ポートフォリオをどのように形成し、強弱をつけていくかということを表す。

事業分野を選択する上では

・その分野の発展性
・その分野での自社の競争力
・その分野から他分野への波及効果

の3点を基準に決定する。

まず発展性のある分野であることが大前提であり、その次に自社がこれまで培った経営資源を当該分野でどこまで活かせるか、あるいは競争力を持ちうるかということが重要になる。
さらにその分野に進出することでどのような経営資源が蓄積され、既存分野の発展につながるかを検討する必要がある。

事業が多角化し、分散した結果、事業ポートフォリオがバランスを欠いたものとなった場合、改めて力を入れるべき事業を検討することが「集中」となる。
集中をするべき事業を考える作業は基本的には「選択」を考える作業と同様であるが、既存事業に再び経営資源を投入するという点が異なっており、事業ポートフォリオのパワーバランスの変更へとつながる。

集中する事業を考える際には、全体としての方向性をはっきり打ち出すことが重要となる。


■ 選択とは?
コトバンク
多くのものの中から、よいもの、目的にかなうものなどを選ぶこと。


■ 集中とは?
コトバンク
1か所に集めること。
また、集まること。


■ トレードオフとは?
はてなキーワード
ふたつのものが二律背反の状態にあり、片方を重視すれば、その分だけもう片方が疎かにならざるを得ないこと。


exBuzzwords
トレードオフとは、「こちらを立てれば、あちらが立たない。あちらを立てれば、こちらが立たない」競合関係のこと。


Weblio辞書
一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないという二律背反の関係。

複数の要素が互いに相反する利害を伴い、どれかのメリットを選択するとそれによって別のデメリットやリスクが発生するような事柄のこと。
経営戦略意思決定は、トレードオフの克服を伴う場合が多い。


ウィキペディア
トレードオフとは、一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないという二律背反の状態・関係のことである。
トレードオフのある状況では、具体的な選択肢の長所と短所をすべて考慮したうえで決定を行うことが求められる。

人間が経験するもっとも基本的なトレードオフは「時間をどう使うか」というものである。
与えられた時間で例えば芝刈りをすることもできるが、より儲かること、またはより楽しいことのみに集中することもできる。

目先のトレードオフばかりに集中しすぎると、細かいことに気をとられすぎて、より重要な考え方とのトレードオフを見失うことがしばしばある。
トレードオフは狭い事象の中でぎりぎりまで詰めて考えるものではなく、先を見通す予測の他、安全性などのマージン確保や必要な冗長化という別の視点があることを忘れてはならない。


■ 二律背反とは?(アンチノミーとは?)
コトバンク
あることがらについてたがいに矛盾する命題が,同じように有効な基礎づけをもって主張されること。


ニコニコ大百科
同じ前提の元にある、2つの命題が互いに矛盾している様。
「同時には両立できない(しない)二つのもの」を指す。

-----


で・・・

次に、例えばこんなのから考えてみるのはどーでしょう?


「脳はなにかと言い訳する ― 人は幸せになるようにできていた!?」
人はなぜ思い込みをしてしまうのでしょうか。

たとえば、目の前にあるものを、これはコップだろうか、紙だろうか、鉛筆だろうかと、毎回一つひとつを疑っていたら大変です。
もっといえば、哲学的に、「コップとはそもそも何ぞや」などと常に考えこんでいたら、日常生活に支障が出ます。

それよりも、ひと目見て、「これはコップだ」と一瞬で判断して、それ以上は深く考えないでおくほうが、ほかの重要な作業に打ち込めるので簡単です。
そんなわけで、先入観や思い込みによって、脳は次々に入ってくる情報を素早く処理していっているのです。

しかし、これは反面、それによって通り一遍の見方しかできなくなってしまうことにもなります。
「迅速な情報処理」と「マンネリ化」というトレードオフの絶妙なバランスの中に、脳は存在しているのです。

それゆえに私たちは日常において注意が必要になります。

そうだと思い込んでしまったら、その思い込みから逃げることができなくなってしまう不自由さ、先入観に機能が縛られてしまう危険性を伴っているということです。

逆に言えば、新しい発想、人とは違う個性とは、先入観や思い込みだけで流されてしまわないで、ほかに何か可能性がないだろうかと考えていくところから出てくるのかもしれません。


「経営の未来」
「自分の会社は本当に前例のない課題、他社の経験を参考にはできない課題に取り組んだことがあるだろうか」

と、自問していただきたい。

課題をまだ見つけていない人のために、探索の的を絞る助けになる問いをいくつか記してみよう。

1.
あなたの会社がこの先直面することになる新しい課題は何か。
あなたの会社のプロセスや慣行を破壊点に至らせそうな新しい不連続は何か。
いますぐ取り組み始める必要がある「明日の問題」は何か。

2.
あなたの会社がうまくやれそうにない難しい両立課題は何か。
常に一方が他方を犠牲にして勝利する結果になりそうな重要なトレードオフがあるか。
なんとか「両立」させたいと思っている歯がゆい「二者択一」は何か。

3.
あなたの会社の理論と現実のギャップのうち、最大のものは何か。
あなたの会社が実現に最も手こずっている価値は何か。
あなたの会社が掲げている理想で、深く埋め込まれた能力にしたいものは何か。

4.
あなたは何に憤りを感じているか。
あなたの会社や他の似通った組織を苦しめている腹立たしい無力さは何か。
「できる」に変える必要がある「できない」は何か。


「日本の競争戦略」
日本企業は独自の戦略を持っていない。

もし、あらゆる種類の製品を生産し、あらゆる種類のニーズに応え、あらゆる顧客へアクセスするために、同じ一連の活動が最適な手段であるならば、各社の業績を決定するのはオペレーション効率であろう。
しかし、選択したポジショニングに合わせて様々な活動を調整することで、企業は、他社とは異なるコストもしくは顧客価値を実現できることが多い。

戦略は、独自のポジションを選択し、それに応じて活動を調整するということにとどまらない。
戦略とは、顧客に価値を提供する上で、トレードオフを行うことである。

トレードオフが発生するのはいくつかの戦略的ポジションとそれらに必要な活動に整合性がかけている場合である。
つまり、一方のポジションを増強したければ他方を減らさなければならない場合である。
したがってトレードオフは、模倣の可能性を制限する。

つまり、何をしないかという選択が、戦略の核心である。

自社がどういう種類の顧客に対して、どのような製品群を提供し、どのようなニーズに応えようとするのかを決定することは、戦略策定の基本である。
しかし、同様にそれ以外の顧客、ニーズ、機能やサービスを提供しないと決定することも、戦略策定の基本である。

トレードオフが行われなければ、競争は、同じ次元における価値を追及する相互破壊的な争いに陥ってしまい、成功する確率はオペレーション効率だけで決まってしまうことになる。

したがって戦略には、絶えず自らを律することと、選択した戦略を明確に伝えることが必要である。

実際、戦略を明確化して伝達することの最も重要な機能は、各従業員が日常の業務や意思決定の場でトレードオフに直面したときに、適切な選択を行えるように導くことにある。


「ストーリーとしての競争戦略 ― 優れた戦略の条件」
料理がとてもおいしいという評判で流行っているレストランがあるとします。
なぜ評判が良いのでしょうか。

その料理を考案したシェフのレシピが優れているのかもしれません。
使っている素材や料理人たちの腕やチームワークが良いのかもしれません。

シェフのレシピに注目するのがポジショニングの戦略論です。
厨房の中に注目するのが組織能力に注目した戦略です。

ポジショニングとは「位置取り」のことです。
ポジショニングの戦略論では、戦略とは企業を取り巻く競争環境の中で「他社と違うところに自社を位置づけること」です。

もっと平たく言えば「他社と違ったことをする」、これがポジショニングの戦略論の考える競争優位の源泉です。

のんべんだらりとすべてをやろうとしても他社との違いはつくれません。
何をやるかをはっきりさせて、違ったことをやろうというのがポジショニングの発想です。

「選択と集中」という言葉は、ポジショニングを意味しているといってよいでしょう。
ポジショニングがはっきりしていないと、企業はすべての要素をベターにしようと努力の方向を拡散してしまい、その結果、報われないことにお金を使ってしまいます。

「もっと頑張ろう」というのはポジショニングの発想ではありません。
どんなに頑張ったところで、同じ路線で他社も頑張っていれば、それはポジショニングの違いにはなりえません。

「北に行こう」と決めるのがポジショニングです。
「北に行こう」というのは、同時に「南には行かない」と決めているのに等しい。

このようにポジショニングとは、競争上必要となるトレードオフを行うことにほかなりません。
逆に言えば、トレードオフが存在しないのであれば、何も選択する必要はなくなり、ポジショニングも必要なくなります。

しかし、その場合にはどんなに良いアイデアでも、すぐさま競争相手に模倣されてしまうでしょう。
だからこそ、「何をやらないか」という選択が大切になるのです。


日本企業で「選択と集中」が進展しない理由
「選択と集中」が叫ばれて久しい。
もともと戦略の本質は「選択と集中」にあるのだから、「選択と集中」という言葉自体は何も目新しいものではない。

「まじめに考えて経営しなさい」と言っているのとほとんど同じ程度のことなのに、実体としての企業経営の中でなかなか「選択と集中」が実現できず、それゆえに長きにわたって経営のキーワードとして君臨してきているのである。

はたして、「選択と集中」は、どこがどのように難しいのだろうか。

まず、不況下の「選択と集中」は際だって難しい。
マスコミにウケることを重視する人にも、社内融和を重視する人にも不況下の「選択と集中」は難しい。
不況下の「選択と集中」に比べれば好況下のそれは遙かに容易なはずである。

好況下の「選択と集中」も不況下の「選択と集中」も、それぞれ難しい問題を抱えている。
当たり前のことだ。
難しくなければ経営課題ではない。

しかし、「難しい」とは言っても、この二つを比較すれば好況下の「選択と集中」のほうが圧倒的に簡単であることは明らかであろう。


お客さんを捨てると受注率が上がる!?
捨てるということは、そのお客さんとの商談が成立する可能性を自分からゼロにしてしまうことを意味します。
お客さんの方から断られてしまったのならまだしも、自分の方から断ってしまうなんてもったいないという意識がどうしても生じがちです。

また捨てれば捨てるほど、手持ちの顧客リストの数もどんどん少なくなってしまいます。
「自分にはたったこれだけのお客さんしかいないのか」と思うと不安になり、たとえ見込み薄のお客さんでも確保しておきたいという気持ちが強くなってしまう。

だから捨てられないのです。


「現場力復権」
「捨てる」決断は、たしかに「痛み」をともなう。
しかし、競争力のない事業をずるずると引きずる不合理な経営は、中長期的には「より大きな痛み」を経営にもたらすのである。

高い競争力を誇る企業の多くでは、経営者が「捨てる」決断をしている。
「捨てる」という決断は、「捨てなかった」事業にすべてを賭けるという意思表示である。

自社の「身の丈」に合った合理的戦略を選択するのは、経営者としての最大の責務である。

たんに「選択と集中」をするだけでは、成果に結びつかない。
地道な努力を経営現場が一体となっておこなってこそ、合理的な戦略は花開くのである。

-----


うーむ・・・
どっ・・・、どーでしょう???

「そっ・・・、そーだったのかー! ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!! 」
「だからかー!!だからだったのかー!! ヾ(.;.;゜Д゜)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ナルホド・・・、ちょっぴりわかった気がするかも・・・ ヽ(´ー`)ノ 」
「あ、なーんだー、そーだったんだ〜 (〃▽〃) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;) 」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/ 」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

ううーむ・・・

それぞれの言葉の意味がわからなければ
気づけないこと、気がつかないこともあるけど・・・

それぞれの言葉の意味だけを見ていても
それぞれの言葉の違いだけを見ていても

気づけないこと、気がつかないこともある


んじゃーないかな〜???

なーんて、感じません? (^^)

あ、そうそう。

もしかしたら・・・


「タイムマネジメントとは?何のため?誰のため?選択と集中との関係って?」シリーズ


にも、ある意味関係するっちゃーするのかもしれませんが・・・

「選択と集中」って、会社の社長さんだけに関係することなんでしょーか?

だってね・・・

「誰もが、自分の人生の経営者

って考えると、どーでしょう?

自分自身は、会社の社長でも役員でも何でもなかったとしても、
平社員だったとしても、派遣社員だったとしても、アルバイトだっとしても、パートだったとしても、専業主婦だったとしても、学生だったとしても、失業していたとしても・・・

自分自身の人生で考えてみると経営にものすごーく関係しているかも〜?
知らず知らずのうちに、経営者としての仕事なんかをやっているのかも〜?

なーんて、感じません? (^^)

そう思うと・・・

経営ってもんがちょっと身近に感じられません? (^^)

どっ・・・、どうでしょう???

他にも、例えば・・・

不平、不満、不安って悪いことばかり?不平、不満、不安などをうまく活用する方法って?
困り事や悩みなどを相談しやすい組織と相談しにくい組織って何が違うんだろう?
「日本人の生産性が低い理由って?生産性の向上ってどういう事なんだろう?」シリーズ
「内向きな組織とは?内向き志向とは?内向きな組織になる原因って何だろう?」シリーズ
「管理職が論文やレポートを書く意味って?何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「人材育成とは?何のため?誰のため?どんな時に必要なんだろうか?」シリーズ
人材育成をマーケティング・コンセプトから考えると見えることって何だろう?
英語などの外国語の知識があってもコミュニケーションがとれない原因って?
「グローバル人材とは何だろうか?グローバル化や国際化って?」シリーズ
「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
「日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何だろう?」シリーズ
「日本の良さとは?外国人や海外経験のある日本人が感じる事って何だろう?」シリーズ
人間にしかできないこと、コンピュータにできること、できないことって何だろう?
従業員の潜在的な能力の発掘、発揮方法って?組織力などとの関係って何だろう?
「強い組織の作り方とは?強い組織か弱い組織かの判断基準って何だろう?」シリーズ
「組織じゃないとできないこと、組織でなくてもできることって何だろう?」シリーズ
「視野を広げる方法とは?経営者と従業員の視点って何がどう違うんだろう?」シリーズ

などなども含めると・・・

選択と集中を行うことって、目的なんだろーか?
選択と集中を行うことって、手段なんだろーか?

選択と集中やらと、理念・ビジョン・ミッション戦略などとは何がどう関係するんだろーか?
選択と集中やらと、方針役割などとは何がどう関係するんだろーか?

選択と集中やらと、経営計画とは何がどう関係するんだろーか?
選択と集中やらと、ビジネスモデルとは何がどう関係するんだろーか?
選択と集中やらと、経営環境の変化とは何がどう関係するんだろーか?

選択と集中やらと、生産性タイムマネジメントなどとは何がどう関係するんだろーか?
選択と集中やらと、成果とは何がどう関係するんだろーか?

選択と集中やらと、経営資源とは何がどう関係するんだろーか?
選択と集中やらと、シナジー(シナジー効果)とは何がどう関係するんだろーか?

選択と集中やらと、人件費や人件費の削減などとは何がどう関係するんだろーか?
選択と集中やらと、アウトソーシングや外注(外製)などとは何がどう関係するんだろーか?
選択と集中やらと、リストラとは何がどう関係するんだろーか?

選択と集中やらと、コンプライアンスやコーポレート・ガバナンスなどとは何がどう関係するんだろーか?
選択と集中やらと、企業価値やCSRなどとは何がどう関係するんだろーか?

選択と集中やらと、マーケティングとは何がどう関係するんだろーか?
選択と集中やらと、ニーズやウォンツとは何がどう関係するんだろーか?

選択と集中やらと、おもてなし、ホスピタリティ、サービスなどとは何がどう関係するんだろーか?
選択と集中やらと、顧客満足度とは何がどう関係するんだろーか?

選択と集中やらと、競争力(国際競争力)とは、何がどう関係するんだろーか?
選択と集中やらと、独自性や優位性、差別化などとは、何がどう関係するんだろーか?

選択と集中やらと、組織組織文化・組織風土などとは何がどう関係するんだろーか?
選択と集中やらと、人材採用人事異動や配置転換などとは何がどう関係するんだろーか?

選択と集中とやらと、人材育成って何がどう関係するんだろーか?
選択と集中とやらと、自律や自立、自分で考えて行動する力などとは、何がどう関係するんだろーか?

選択と集中とやらと、協調性主体性などとは、何がどう関係するんだろーか?
選択と集中とやらと、やる気や向上心、チャレンジ精神などとは、何がどう関係するんだろーか?

選択と集中とやらと、マネジメント力リーダーシップ力などとは、何がどう関係するんだろーか?
選択と集中とやらと、経営者意識や経営感覚などとは、何がどう関係するんだろーか?

選択と集中とやらと、経営者の役割や仕事とは何がどう関係するんだろーか?
選択と集中とやらと、管理職の役割や仕事とは何がどう関係するんだろーか?
選択と集中とやらと、一般従業員の一般従業員の役割や仕事とは何がどう関係するんだろーか?

選択と集中とやらと、人事部(総務部)や営業部、製造部などの各部門の役割や仕事にはどんな関係があるんだろーか?
選択と集中とやらと、下請け企業や親会社(親事業者)などの取引先にはどんな関係があるんだろーか?

経営者の立場だからこそできること、できないことって何だろーか?
管理職の立場だからこそできること、できないことって何だろーか?
人事部(総務部)の立場だからこそできること、できないことって何だろーか?
一般従業員の立場だからこそできること、できないことって何だろーか?

自部門でできること、できないことって何だろーか?
他部門でできること、できないことって何だろーか?

自社でできること、できないことって何だろーか?
取引先の立場だからこそでできること、できないことって何だろーか?

なんかについても、いろんな意味で考えさせられちゃいません? (^^)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?


というワケで・・・

「三方よしの経営から考えて行動してみる」カテゴリとしては・・・


「助成金とは?補助金とは?選択と集中などとの関係って何だろうか?」シリーズ

へ、続きまーす。(^^)/

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「自律型の組織変革」などのご相談
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



【追伸1】
「・・・で、答えは何なの???」と思った方へ


よろしければ、以下の記事も見てやっていただけると嬉しいです。(^^)

「自分で考えて行動する「自律型人材」が育つ組織って?」ブログについて
「答えが見つからない、探しても解決策が見つからない原因って何だろう?」シリーズ
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?自律性などとの関係って?
「自立」とは?「自律」とは?その違いって?自律型人材とは?
「社長、上司、部下、会社組織にとって本当に必要な支援って何だろう?」シリーズ


【追伸2】
「三方よしって、何???」
という方は、よろしければ以下のページも見てやってもらえると嬉しいです。(^^)


三方よしって、何だろう?


posted by ネクストストラテジー at 06:15| Comment(0) | 三方よしの経営から考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。