2017年12月15日

普通とは?一般的とは?当たり前とは?誰がどんな基準で決める?(2)

普通とは?一般的とは?当たり前とは?誰がどんな基準で決める?(1)

の続きです。(^^)

※上記の記事を読んでいらっしゃらなくても、この記事の意味はわかるかもしれませんが、後から考えると意味不明で頭がウニ状態になる可能性があるので、先に読んでやっていただけると嬉しいです
(お願いお願い)

えーと・・・

「普通って何?何がどうなら普通で、何がどうなら普通じゃないの?よくわからないんだけど・・・??? (・_・;) 」
「こんなの普通でしょ!当たり前でしょ!って言われることがあるんだけど、それって本当に普通で当たり前なのかな〜??? (;・∀・) 」

「普通だったら何も言わなくても自分で考えて行動してくれそうなものなんだけど、うちの部下はマニュアル人間ってゆーか指示待ち人間ってゆーかで、こんな当たり前のことまで丸投げして聞いてくるんです・・・ (;´д⊂) 」
「普通だったら上司が事細かに指示してくれそうなものなんですけど、それが当たり前だと思うんですけど、うちの上司は指示すらまともにしてくれずに丸投げしてくるんです・・・ (T▽T) 」

「○○部門が言う当たり前って、うちの部署にとっては全然当たり前じゃない気がするんだけど??? 。゚(゚^o^゚)゚。 」
「社長が言う普通って、従業員にとっては全然普通じゃないような気がするんだけど??? (|||▽ ) 」

「部下の育成って、何からどうやるのが一般的なんだろ〜??? (;゜∇゜) 」
「組織力を強化するには、何をどうやるのが一般的なんだろ〜??? (;´Д`)ノ 」

経営理念とか経営方針とかって、普通はどんなのにするものなんだろ〜??? ヽ(;▽;)ノ 」
「経営計画って、一般的には何を書かなきゃいけないものなんだろ〜??? o(><;)(;><)o 」

などなど・・・

このような切実な声をお聞きすることもあるんですが・・・
(;´・ω・`)

んでもって・・・

「三方よしの経営相談」や、「自律型人材育成」「組織力の強化や向上」「経営に役立つ情報活用(IT活用・ICT活用)」のお手伝いを行なっているからか・・・
「爆発・炎上・崩壊組織」で消防のお手伝いを行なうこともあるからか・・・
日本を含む世界各国の方々への、自律型人材育成(自律型人財育成)のお手伝い経験があるからか・・・

いろんな意味で、考えさせられるコトがあるんですけど・・・
ンーン (( ̄_ ̄*)(* ̄_ ̄)) ンーン

よくも悪くも・・・

日本にずっと住んでいたり、日本人としか接することがなかったりしたら、気づかないことだってあるのかも〜???
一つの業界や一つの会社にずぅーと勤めていたり、一つの部署しか知らなかったりしたら、気づかないことだってあるのかも〜???

それが普通だし一般的だし、常識だし当たり前だしって、思い込みしちゃっていることだってあるのかも〜???
そうでない人にとっては全然普通じゃないし、一般的でもないし、常識でも当たり前でもなんでもないしってことだってあるのかも〜???

逆に言うと、それが普通だし一般的だし、常識だし当たり前だしって、思い込みしちゃっているが故に・・・

壁にぶち当たっちゃっている時とか・・・
八方塞で打つ手なしって思っている時とか・・・
何をどーしたらいいかわからず途方に暮れている時とかなんかに・・・

何かに気がつくこともあるのかも〜???
目からウロコが落っこちることだって、もしかしたらあるのかも〜???
意外な突破口が見えてくることだって、もしかしたらあるのかも〜???
ヾ( ̄ω ̄〃)ノ

なーんて、感じたのと・・・

一見、全然関係ないように思えるかもしれないけど、コレってもしかしたら・・・

「人材育成で効果が出る事、人材育成では効果が出ない事って何だろう?」シリーズ
自律型人材は、一方的に教えて育てる教育で育てられるんだろうか?
人材育成や教育を「自分ができる事」と「教えられる事」から考えてみると見えることって?
「研修とは?本当に役立つ社員研修や管理職研修を行うのに必要なことって何?」シリーズ
「知識や方法論中心の研修で育つ力、育たない力って何だろう?」シリーズ
思考停止を招く教育とは?従業員の主体性や向上心が育つ人材育成って?
「マニュアルとは?何のため?人材育成や組織力などとの関係って何だろう?」シリーズ
「グローバル人材とは何だろうか?グローバル化や国際化って?」シリーズ
英語などの外国語の知識があってもコミュニケーションがとれない原因って?
「海外の教育現場(共育現場)ってどんなの?自律性や主体性は育つ?」シリーズ
「日本と世界のインフラ事情などから気づく、強みや弱みって何だろう?」シリーズ
「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
「日本の良さとは?外国人や海外経験のある日本人が感じる事って何だろう?」シリーズ
「日本人の生産性が低い理由って?生産性の向上ってどういう事なんだろう?」シリーズ
人材育成をマーケティング・コンセプトから考えると見えることって何だろう?

などなどにも、ある意味関係するっちゃーするのかも〜???
なーんて、感じたので・・・

そもそもの話・・・

「普通」って、いったい何なんだろーか?
「一般的」って、いったい何なんだろーか?
「当たり前」って、いったい何なんだろーか?

何がどうなら「普通」で、何がどうでなければ「普通」じゃないんだろーか?
何がどうなら「一般的」で、何がどうでなければ「一般的」じゃないんだろーか?
何がどうなら「当たり前」で、何がどうでなければ「当たり前」じゃないんだろーか?
それは、誰がどんな基準でどう判断するんだろーか?

「普通」であることのメリットやデメリットって何だろーか?
「一般的」であることのメリットやデメリットって何だろーか?
「当たり前」であることのメリットやデメリットって何だろーか?
それは、誰にとってのメリットやデメリットなんだろーか?

とか・・・

何のために、「普通」や「一般的」や「当たり前」であろうとするんだろーか?
誰のために、「普通」や「一般的」や「当たり前」であろうとするんだろーか?

何のために、「普通」や「一般的」や「当たり前」であって欲しいと思うんだろーか?
誰のために、「普通」や「一般的」や「当たり前」であって欲しいと思うんだろーか?

その「普通」や「一般的」や「当たり前」は、自分にとってのみ「普通」や「一般的」や「当たり前」なんだろーか?
それとも、自分以外の人にとっても「普通」や「一般的」や「当たり前」なんだろーか?

その「普通」や「一般的」や「当たり前」は、自社にとってのみ「普通」や「一般的」や「当たり前」なんだろーか?
それとも、他社でも「普通」や「一般的」や「当たり前」なんだろーか?

その「普通」や「一般的」や「当たり前」は、属している業界でのみ通用する「普通」や「一般的」や「当たり前」なんだろーか?
それとも、他業界でも通用する「普通」や「一般的」や「当たり前」なんだろーか?

その「普通」や「一般的」や「当たり前」は、日本でのみ通用するものなんだろーか?
それとも、どこの国でも通用する「普通」や「一般的」や「当たり前」なんだろーか?

などなどについて・・・

一緒に考えてみません? (^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/

んーと・・・

海外に行ったり日本国内で外国人と接したりしたことによって、「普通」や「一般的」や「当たり前」や「常識」などについて考えさせられた経験のある日本人の方の、例えばこんな声から考えてみるのはどーでしょう?


■ Fさんの声
日本にいて日本人とだけ接していると、これが「普通」で「一般的」で「当たり前」で「常識」って思い込んでいるものってたくさんありますよね。

それも、自分でも気づかないうちに。
そーゆー私もそうだったんですけどね。

ってゆーか、何が「普通」で「一般的」で「当たり前」で「常識」なのかってことすら考えたことがありませんでしたし。
誰かから「これが普通だから」などと言われても、ふぅーんそーなんだーぐらいにしか思っていませんでしたし、特に何も考えることなく鵜呑みにしてしまっていましたし。

でも、それだけで終わらせたらもったいないのかも!?って、海外に行ってから感じるようになったんです。
よくよく考えてみると、「普通」とか「一般的」とか「当たり前」とか「常識」とかの言葉って、ある意味、一種の文化でもあるのかも!?

いい異文化交流になるのかも!?
異文化を知って自国文化も知るいいきっかけにもなり得るのかも!?

って、今は思うようになったんですよ。

その国にとっての「普通」とか「一般的」とか「当たり前」とか「常識」とかを知ると、その国ならではの文化も見えて来ることもあるのかも!?とでも言ったらいいんでしょうかねー。
それと同時に、日本にとっての「普通」とか「一般的」とか「当たり前」とか「常識」とかを振り返ることで、日本ならではの文化にも気づかされることがあるのかも!?って感じですかねー。

たとえば、日本では食器を洗う時に洗剤をスポンジにつけてこすって、それから流水で洗剤をキレイに洗い流して、布巾で拭くのが普通ですよね。
特に何も考えることなく毎日やっていることですし、日本でしか生活したことがなければ、それが「普通」で「一般的」で「当たり前」で「常識」なのかってことに疑問を感じることすらありませんよね。

少なくとも私はそうだったんですけどね。
でも、日本でやっているのと同じようにホームステイ先でやったら、目を丸くされてものすごーくビックリされて質問されまくっちゃったんですよ。

「え゛!?なんで???」
「なんでそんな風にするの???」
「日本ではそれが普通なの???」

って。

ビックリされて質問されまくったことに、私はさらにビックリして質問しまくっちゃいましたけど。

「え゛!?なんで???」
「どーしてそんな質問するの???」
「この国ではこんな風にしないの???」
「日本ではこれが普通なんだけど、この国ではが普通じゃないの???」

って。

で、この国で言うところの普通のやり方を見せてもらったんですけど、ものすごーく衝撃的でしたよ・・・
え゛!?この国ではそれが普通なの!?って、今までの「普通」とか「一般的」とか「当たり前」とか「常識」とかがガラガラと音を立てて崩れて行きましたよ・・・

この国では、シンク内に食器を置いて、シンクに栓をして洗剤をかけてシンク内にお湯とか水とかをためて、お湯とか水とかの中でがちゃがちゃとスポンジで食器をこするのが普通みたいなんです。

ここら辺りまでは、日本でも家庭によってはやっている人もいますよね。
落ちにくい汚れの時にはつけ置きすることだってあるから、まだ理解できますよね。

ただ、衝撃的だったのはこの後なんです。
泡だらけになった食器を流水で流すことなく、泡だらけのまま布巾で拭くのがこの国では「普通」で「一般的」で「当たり前」で「常識」みたいなんですよ。

私にとっては、思いっきりカルチャーショックでしたよ・・・
この国ではそれが普通だってことにショック過ぎて、しばらく食欲が失せてしまったぐらい・・・

もしかしてホームステイ先だけが、このやり方でやっているんじゃないの!?って思ったんですけど、その期待は見事に裏切られちゃいました。
いくつかのバーに行って、カウンターに座ってグラスを洗う人をんじぃぃぃぃーっと眺めていたんですけど、どの店もそうやっていたし。

で、ホームステイ先の人と改めて話してみたんですけどね。
どーしてこーゆーやり方のなのかって理由を聞いてみたら、そーか、それも一つの考え方なのかも!?って思えるようになりました。

とは言えども、慣れるまでは時間がかかっちゃいましたけどね。
日本で使っている洗剤と同じ感覚で、洗剤を口に入れたら死ぬものって固定観念があったからなのか。

でも、そーゆーやり方をしていてもこの国では誰も死んでいないみたいですし。
それに、この国ではどこで食事してもそーゆー風に洗われた食器が出て来るんですから、「これで死ぬことはないんだし、郷に入っては郷に従え!」って開き直ることにしちゃいました。

あ、もちろん、何でもかんでも受け入れなきゃいけないってもんではないと思います。
見習いたいいい文化もたくさんあるので、受け入れられる文化は受け入れて同じようにやって、どーしても受け入れられない文化に関しては現地で暮らす上で支障のない範囲内で自分でもやるようにするとか、自分はやらないけど考え方はお互いに尊重するというのでいいと思います。

だって、日本の文化だってそうだと思いませんか?
「この国ではこれが普通だから」と押し付けられるとイヤな気持ちになるのと同じように、「ここは日本だから」「これが日本では普通だし常識だから」などとただ押し付けても、相互理解にはつながらないと思いますし。

実は食器だけじゃなく、お風呂に入る時もこの国では似たようなことをやるみたいなんですよねー。
バスタブに入浴剤を入れてお湯をはって、バスタブに横たわって身体を洗って、泡をシャワーで流すことなく泡だらけのままタオルで拭くみたいなんですよー。

これって食器と同じやり方じゃーん!!ってビックリ。
これもかなりの衝撃でしたねー。

どこのお店でもこーゆーやり方で洗われている食器が出てくるのとは違って、お風呂の場合はそーゆー心配もないから、私はシャワーで洗い流すやり方でやっていましたけど。
人前でお風呂に入るわけでもないし。

でも、よくよく考えてみたら、日本の銭湯文化に抵抗感のある人もたくさんいますよねー。
ホームステイ先の人に質問されて私も初めて気がついたんですけど、人前ですっぽんぽんになって、全然知らない人と一緒にお風呂に入るんですから。

この件でつくづく感じたのは、疑問を持つことと、どーしてそうするのかって理由を聞くことの大切さでしょーか。
「普通」とか「一般的」とか「当たり前」とか「常識」とかでただ終わらせるんじゃなくて。

わからないこと、理解できないこと、疑問に感じたことは何でも聞いていいって雰囲気も大事なのかもしれません。
日本人同士だと「え゛!?そんなことも知らないの!?」って言われちゃいそうで質問しにくいことであっても、外国人同士だと知らないのが当然ですから質問しやすいってのもありますし。

ホームステイ先もすごく興味深く説明を聞いてくれましたし、日本に興味を持ってもらうきっかけにもなりましたし。
私も結構面白いと感じましたし、この国にますます興味を持つきっかけにもなりましたし。

四苦八苦して知っている単語とか文法とかを総動員して必死に説明する機会がたくさんあったからなのか、外国語の上達にもつながりましたし。
つたない外国語を辛抱強く聞いてくれたホームステイ先の姿を見ていて、外国人の日本語を私も辛抱強く聞いてあげなきゃって気持ちになりましたし。

それに、母国語である日本語でも質問も説明もしたことがないことを外国語で説明しなきゃいけないって場に置かれたからなのか、日本のことをいかに知らなかったのかって反省にもつながりましたよ。
日本ではどーしてそうするのか?どーしてそれが「普通」で「一般的」で「当たり前」で「常識」なのかって、外国語で説明するのはもちろん大変だったんですけど、日本語でも説明できなかったと思いますし。

母国語である日本語を使って日本人同士で話していると、気づかないことばかりでしたよ。
母国語よりも外国語で話している方が、お互いの理解につながっているのだとしたら面白いですよねー。

こんな風に、お互いに疑問を持って質問し合って説明し合って理解し合う機会って、意外とたくさんあるもんなんだなーってことにも気づくことができましたよ。
きっとこーゆーことが、異文化交流とか異文化理解とかにつながって行くんでしょーね。

また、日本人だからとか外国人だからとかとは関係なく、相手にとっての「普通」とか「一般的」とか「当たり前」とか「常識」とかを知るって大事なのかも!?とも今は感じられるようになりましたよ。

だって、日本人と一口に言ってもいろんな人がいますよね。
日本人はみんなメガネをかけていて、カメラを持っていて、ブランド物ばかり買っていてお金待ちなのが普通って感じのステレオタイプを持っている人がこの国にはたくさんいるみたいだけど、日本人としてはイヤなものじゃないですか。

人間は一人ひとりみんな違う。
親子であっても兄弟であっても別人格。
一人として同じ人間はいない。

自分にとっての「普通」で「一般的」で「当たり前」で「常識」が、他の人にとってのそれと完全に一致することなんてまずありませんもんね。

そう思うと、異文化交流とか異文化理解とかって日本国内でも日本人同士でもできる機会が意外といっぱいあるのかも!?って今は思いますよ。


■ Gさんの声
日本にいて日本人とだけ接していると、これが「普通」で「一般的」で「当たり前」で「常識」って思い込んでいるものってたくさんありますよね。

それも、自分でも気づかないうちに。
そーゆー私もそうだったんですけどね。

普通は、こうだよね?
一般的には、こうするものだよね?
こんなの当たり前だよね?
こんなの常識だよね?

って、以前はよく言っていましたよ。
少なくとも海外旅行に行くまでは。

考えてみたら、インターネットが発達しているのに不思議ですよねー。
どーしてそう思い込んでいたんだろ〜???って、今は我ながら不思議に感じちゃいますよー。

でも、「普通」とか「一般的」とか「当たり前」とか「常識」とかにこだわり過ぎると、もしかしたら視野がものすごく狭まってしまうのかも?
「普通」で「一般的」で「当たり前」で「常識」過ぎて、日本の良さにも他国の良さにも気づけなくなってしまうのかも?

海外に住むとなるとハードルが高いけど、ちょっと旅行するだけでも気づくことって意外とたくさんあるのかも?
日本にもあって他国にもあって極々身近な所に、「普通」とか「一般的」とか「当たり前」とか「常識」とかって思い込みをしていて、それを打ち破るヒントって、意外とたくさん溢れているのかも?

って、感じるようになったんですよー。

日本人の感覚からしたら、たとえば改札口があって駅に駅員さんがいるのが「普通」で「一般的」で「当たり前」で「常識」じゃないですかー。
日本人にとってはラッシュ時があるのも、それでも電車が時刻通りに来るのも、自転車を乗せたらダメってのも「普通」で「一般的」で「当たり前」で「常識」じゃないですかー。

車内で寝ている人がいたり、騒いでいる子どもがいたり、酔っ払いがいたり、チカンがいたりとかも、日本では「普通」で「一般的」で「当たり前」で「常識」じゃないですかー。
日本では残念ながら人身事故がよく起きているし、防止策としてホームドアが設置されていますよねー。

日本がそうだから、てっきり他の国もそうだと思っていたけど、実は「普通」でも「一般的」でも「当たり前」でも「常識」でも全然なかったんですよねー。
海外の電車は時刻通りに来ないとかよく遅れるとかぐらいは知っていたんですけど、それぐらいしか私は知らなかったんです。

一番ビックリしたのは、改札口がない国があるってことでしょーか。
それも、日本で言うところの新幹線の改札口もなかったんですよー。

改札口がないってウソでしょ???改札口なしでどーやって電車に乗ればいいの???切符はどーなるの???って不思議だったんですけど、実際に行ってみると、ああ、ナールホドーってナットクしちゃいましたよー。

切符はもちろん買うんですけど、改札口がないからただ持っているだけなんです。
改札口がない上に駅員さんも駅にいないんだったら、それじゃーいくらでも無賃乗車できちゃうんじゃー???って思っていたら、抜き打ちの検札が時々乗って来て、切符を見せるように言われるんです。

この抜き打ち検査って、結構心臓に悪いんですよー。
切符をちゃんと買っていても、ものすごーくドキドキしちゃいましたよー。

で、もしも切符を持っていなかったら次の駅で強制的に下車させられて、罰金を支払わされちゃうみたいなんですよー。
あの様子を見たら、無賃乗車しようって気にはならないですよねー。

賛否両論あるでしょーけど、あれはあれでコスト削減にもなりますよねー。
この国の生産性は日本よりもずっとずっと高いみたいだけど、こんなところでもその生産性の高さを垣間見ることができるのかも?って感じましたよー。

日本だと昔は切符切りの人が改札口にいてカチカチやっていたらしいから、ゴミもいっぱい出ちゃうし、人件費がものすごーくかかったでしょーし。
今は自動改札の時代だけど、投資コストもめちゃ高そうだしメンテナンス費用もかかっちゃうでしょーし、何かあった時のために駅員さんも必要でしょーしねー。

その反面、テロのことを考えるとどーなんだろ〜???とも感じちゃいましたけど。
テロの心配がほとんどない日本には改札口があって駅員さんもいて、テロが頻発している国では改札口もなければ駅員さんもいないって、それどーしてなんだろ〜???って不思議に感じましたねー。

この国では、地下鉄や市電に自転車を乗せられるのも普通みたいなんです。
日本と違ってラッシュ時らしいものがないからできることなのかもしれませんけど、これってすごーく便利だし羨ましいですよねー。

感動的だったのは、バスや電車にベビーカーや車椅子を乗せる時に、乗客の誰かが自発的に必ず手伝っているってことでしたよー。
日本だったら、運転手さんや駅員さんしか手伝ってくれないと思うんですけど。
これは日本でも見習うべきいい文化ですよねー。

車内で寝ている人も騒いでいる子どもも酔っ払もチカンも、この国では全く見かけませんでした。
なんでなんだろ〜???と思っちゃいますよねー。
じゃあ、どーして日本では普通にいるの???とも思っちゃいますよねー。

ホームドアもありませんでした。
ホームドアがないにも関わらず、人身事故で電車が止まったことも一度もありませんでしたよー。

なんでなんだろ〜???この国では飛び込み自殺する人がいないんだろーか???などと思っちゃいますよねー。
日本ではそれほど飛び込み自殺が多いってことなんだろーか???よくよく考えてみたら、飛び込み自殺があったのに、人が死んでいるのに、「ちっ、電車を止めやがって!どーしてくれるんだよー!!」などと腹を立てる人もたくさんいるよなー、人の命よりも自分の都合ばかりを優先してしまっているよなーなどと思えてきて、それが日常と化している日本の状況にゾッとしちゃいましたけど・・・

ただ、この国では、人身事故で電車が止まることは全くなかったものの、車両故障だの工事だので電車が止まっちゃうことがよくありました。
平日の真昼間に工事って・・・、車両故障って・・・、おいおい・・・終電から始発の間に工事したりメンテナンスしたりするのが普通だろ!?サービスって言葉を知らないのか!?って一瞬思ったんですけど、これってもしかしたら日本人ならではの「普通」で「一般的」で「当たり前」で「常識」から来る発想なのかもしれませんね。

日本は良くも悪くも、「お客様は神様」って国でしょーから。
客の立場としては嬉しいし有り難いことなのかもしれないけど、でもその陰で、非人間的な働き方を強いられていたり、過労死や過労自殺をさせられている人がいるのも事実でしょーし。

いつもいつも旅行に行くわけには行かないけど、たまーに旅行に行くだけでも、こんな風にいろんな気づきを得たりできるのかも?
ちょっとしたきっかけで、意識が変化することもあるのかも?
って、すごーく感じるようになりましたよー。

「普通」で「一般的」で「当たり前」で「常識」の中にばかりいると、それが「普通」でもなければ「一般的」でもなければ「当たり前」でもなければ「常識」でもないってことに気づけなくなっちゃいますしね。


■ Hさんの声
日本にいて日本人とだけ接していると、これが「普通」で「一般的」で「当たり前」で「常識」って思い込んでいるものってたくさんありますよね。

しかも恐ろしいことに、自分でも気づかないうちに。
そーゆー私もそうだったんですけどね。

でも、「普通」とか「一般的」とか「当たり前」とか「常識」とかにこだわり過ぎると、もしかしたら思考停止に陥る可能性もあるのかも?

「普通」とか「一般的」とか「当たり前」とか「常識」とかって思い込んでいることって、実は新たな発見が隠れているのに、気づかないままでいることって意外とよくあるのかも?
だとしたら、逆に考えたら、「普通」とか「一般的」とか「当たり前」とか「常識」とかにこだわっている人ほど、その「普通」とか「一般的」とか「当たり前」とか「常識」とかに対して、ほんのちょっとだけでも疑問を感じてみることによって意外な発見がたくさんあるのかも?

視野も広がるし、もしかしたら新しいビジネスにつながることだってあるのかも?
だとしたら、日本でよく言われている「ガラパゴス」とか「井の中の蛙」とかも、必ずしも悪い面ばかりではないのかも?
「ガラパゴス」や「井の中の蛙」の中でしか通用しないその「普通」とか「一般的」とか「当たり前」とか「常識」とかを、ほんの少しだけでも疑ってみることさえできたら。

と、今では思うようになったんですよ。

海外に住まなくても、旅行に行っただけでも気づくことってたくさんありますよね。
但し、外国人専用の高級ホテルとかに宿泊するんじゃなくて、現地の人と同じ暮らしをしたらの話だと思うけど。

私の場合、貧乏旅行だったんですけど、これが逆に良かったのかも?と思います。
海外旅行に行くのが初めてだったし、現地の人にいろいろ教えてもらえないと不安だし、でも言葉は全然わからないしお金もないしってことで、日本で知り合った留学生の人の自宅に泊めてもらったんです。

その人の自宅に泊めてもらって驚いたことはたくさんありましたけど、その都度いっぱい質問して、日本語で説明もしてもらえてラッキーでした。
中でも一番ビックリしたのは、やっぱりトイレですねー。

だって、トイレットペーバーを使わないのって生まれて初めての経験でしたから。
高級ホテルとかに泊ってっていたらまずできない経験ですもんね。

「トイレットペーバーを使わずに、どーやってやるの???」
「なーんでトイレットペーバーを使わないの???」
「トイレットペーバーを使わないのって、汚くないの???」

って感じで、最初は想像すらつきませんでしたよ。
心配だったし不安だったので、その人の自宅に到着して真っ先に質問しちゃいましたけど。

そしたらトイレに連れて行ってくれて、どこに何があってどーやってやるのか大まかに教えてもらったんですけど。
でも、それでも、どっ・・・、ど、ど、ど、どーやってやったらいいの???って悩んじゃいましたけど。

「どーやって???って言われても、普通にやるだけなんだけど・・・」
「私が実演するわけにはいかないし、やっているところを見ていて教えるわけにもいかないので、とりあえず自分なりにやってみたら?」

と言われて、「普通に」と言われても困るんだけど・・・などとブツブツ言いながらも体験してみたんですけどね。
このやり方で合っているのか不安に感じつつ、どーにかこーにか。

で、体験後、質問責めにしちゃいましたよ。

「なーんでトイレットペーバーを使わないの???」
「トイレットペーバーを使わないのって、汚くないの???」

って。
そーしたら、こんな返事を返されちゃったんですよ。

「どーして紙なんか使うの???って、私も日本で最初ビックリしました」
「よりにもよってなーんで紙???紙を使ってもキレイにならないのに???さらに汚くなりそうなのに???って」

「一回一回石鹸と水を使って洗った方がキレイになるはずなのに、どーして紙で拭くの???」
「紙で拭くだけでキレイになるわけないよね????汚いままだよね???って、私も最初不思議に感じましたよ」

「でも、トイレットペーバーを使う国って世界には意外とあるから少しぐらい慣れた方がいいかな?と思って、日本ではトイレットペーバーを使っていましたけど、多少慣れたもののやっぱり抵抗感がありますね」
「日本では、ウォシュレットが使えるからとても助かります」

「でも、日本では用を足すときに音を使うのが普通になっているのは今でも理解できません」
「みんな同じことをするのに、トイレはそーゆー場所なのに、どーして恥ずかしいんでしょう???」

って。

いやーもう、今まで私が思っていた「普通」とか「一般的」とか「当たり前」とか「常識」とかが思いっきりひっくり返された気分でしたよ。
私が無知過ぎて今まで全然知らなかったし、知ろうともしなかったからなのかもしれませんけど。

最初のうちは、トイレットペーバーを使わない生活に慣れるのにちょっと時間はかかりましたけど、慣れて来ると結構快感なんですよー。
すごくスッキリするし、考えてみたらトイレットペーバーを使うよりもずっとずっとキレイだしエコなのかも!?って感じるようになったぐらい。

ウォシュレットって、もしかしたらこーゆー声を聞いて開発されたのかも!?とも思ったので調べてみたところ、日本が一番最初に開発したんじゃないってことを知って、へぇーって思ったり。
私は日本の会社が最初につくったものだとばかり思っていましたよー。

それに、ウォシュレットとゆーのは日本の会社がつけた商品名だったとは全然知りませんでしたねー。
そーゆー意味で言うなら、最初に開発した会社は「温水洗浄便座」をつくって、日本の会社がその後「ウォシュレット」をつくったと言うのが正しいみたいですねー。

でも、実際に体験したお陰で、世界のトイレ事情に興味を持ついいきっかけになりましたよ。
で、調べてみてさらにビックリでしたねー。

日本ではトイレットペーバーを使うのが当たり前ということもあって、トイレットペーバーを使う国ばかりだと思い込んでいたんですけど全然違ったし。

トイレットペーバーを使う国は世界的に見ればたったの3分の1しかないなんて、もう本当にビックリしましたよ。
トイレットペーバーを使うのがマジョリティだとばかり思っていたのに、まさかマイノリティだったとは!!

また、トイレットペーバーを使う国であっても、トイレに流さずゴミ箱に捨てる国もたくさんあるみたいなんですよねー。
日本ではトイレットペーバーをトイレに流すのが当たり前だから、ゴミ箱に捨てる国があるなんて考えたことすらありませんでしたよ。

それってどーよ???って思ったので、そーゆー国に旅行に行って実際に体験してみたり。
慣れって怖いもので、日本に帰って来てからもゴミ箱に捨てそうになっちゃって笑っちゃいました。

今まで何気なく使っていたトイレだったけど、日本のトイレの良さの発見にもつながっちゃいましたねー。
トイレットペーバーの質とか値段とかに関しても。

調べて行くうちに最もショックだったのは、安全なトイレを使えない人が世界の人口の3分の1もいるってことでした。

世界の人の半分ぐらいが自宅にトイレがなくて、身の危険を感じながら屋外で用を足すことを余儀なくされているなんて、めちゃくちゃショックでしたよ・・・
何かできることってないものなんたろーか?って、思わず調べちゃいましたよ・・・

貧困が理由で自宅にトイレがないのかな?って思いきや、ケータイの普及率が9割なのに、自宅にトイレがない家庭が7割って国もあるみたいですね。
それって何でなんだろ〜???って、不思議に感じますよねー。

他にも世界のトイレ事情って、いろいろとあるみたいなんですよねー。
シャワーが付いているのが普通って国とか、有料トイレが普通って国とか、便座がないのが普通の国とか、日本では手前から奥に流れて行くのが普通だけど逆の国とか。

トイレマークとかトイレに関する注意書きとかも結構面白いですねー。
こーゆーのを事前に調べてからその国に行ってみて実際に体験すると様々な疑問が浮かんで来るので、何で???どーして???っていろいろと質問したり調べたりしたりするってのが実はちょっとした楽しみになりつつあります。

だって、トイレってどこの国の人であってもすることですよねー。
誰でもするが故に万国共通の話題でもありますし、コミュニケーションのきっかけにもなりますし、仲良くなるきっかけになることもありますしねー。

私の場合はたまたまトイレに関する興味を持ったことから、旅行が趣味になっちゃったんですけど、お陰で少しは視野とか興味の幅とかが広がったかも?と感じています。
今までどれだけ世の中のことを知らなかったんだ!?知ろうとしなかったんだ!?どれだけ狭い世界に生きていたんだ!?って我ながら驚いていますよ。

今はインターネットで何でも調べられるけど、興味がなければそもそも調べようとも思いませんし。
そーすると、知るきっかけもないから興味を持つこともまずないでしょーし。

「普通」とか「一般的」とか「当たり前」とか「常識」とかを疑おうって気にもならないでしょーし。
疑問を持つこともないでしょーしねー。

それに、ただ調べて終わりとゆーのじゃなくて体験してみるのって大事かも?実際に体験してみなければ気づかないこともたくさんあるかも?って思っています。
そのうち、VRなんかでも体験できるよう時代が来るかもしれないけど!?

あの時、「とりあえず自分なりにやってみたら?」って言ってくれた留学生の人に本当に感謝していますよー。
日本にいてインターネットを検索しているだけだったら、絶対に興味が持てなかったことでもあるし、一生気づくことができなかった「普通」とか「一般的」とか「当たり前」とか「常識」とかだったでしょーしねー。

-----


うーむ・・・
どっ・・・、どーでしょう???

「そっ・・・、そーだったのかー! ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!! 」
「だからかー!!だからだったのかー!! ヾ(.;.;゜Д゜)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「これが「普通」で「一般的」で「当たり前」で「常識」って、私ももしかしたら思い込んでいたのかも・・・!? ( ̄○ ̄;) 」
「なーんでこんなに「普通」や「一般的」や「当たり前」や「常識」にこだわっていたんだろ〜??? (;゜д゜) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「同じ日本人なんだからこうあるべき!同じ会社に勤めているんだからこうあるべき!って、思い込んじゃっていたのかも・・・!? (;・∀・) 」
「もしかしたら、自分で自分のクビを絞めちゃっていたのかも・・・!?自分で自分のことをがんじがらめにしちゃっていたのかも・・・!? ( ̄‥ ̄;) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「自分にとっての「普通」や「一般的」や「当たり前」や「常識」を相手にも求めるから、自分にとっての「普通」や「一般的」や「当たり前」や「常識」が相手に通用しないから、イライラカリカリしちゃっていたのかも・・・!? σ(^◇^;)。。。 」
「考えてみりゃー、日本人同士であってもバックグラウンドが違うもんなー、同じ人間なんて一人もいないもんなー、となると、「普通」や「一般的」や「当たり前」や「常識」が人によって違ってもおかしくないよなー ( ̄∧ ̄ ) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「そっかー、「普通」や「一般的」や「当たり前」や「常識」にこだわらなくたって別にいいんだよね〜っっ♪ O(≧▽≦)O 」
「「普通」や「一般的」や「当たり前」や「常識」をとっぱらって、ちょっと考えてみよっかな〜っっ♪ ε=ε=ε= ((((* ̄  ̄)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「なーんだ、経営理念とか経営方針とかって、枠にとらわれずにもっと自由に考えてみてもいいのかも〜っっ♪ d(⌒o⌒)b 」
「ゼロから会社を立ち上げるんだし、自分が経営者なんだから、「普通」や「一般的」や「当たり前」や「常識」にこだわる必要なんてないのかも〜っっ♪ (〃 ̄▽ ̄) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ってコトはだよ・・・、アレをあーして、コレをこーして・・・ ((φ( ̄Д ̄ ) 」
「八方塞!打つ手なし!アイデアなんてもう出てきっこない!って思っていたけど、意外とまだまだ選択肢があるのかも〜 d(⌒ー⌒) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「そーだそーだ!!やっぱり上司が全部悪いんだ!!「普通」や「一般的」や「当たり前」や「常識」を部下に求めるなー!! ┗(炎Д炎#)┛ 」
「そーだそーだ!!やっぱり部下が全部悪いんだ!!「普通」や「一般的」や「当たり前」や「常識」を上司に求めるなー!! ヾ(*`Д´*)ノ" 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「別に「普通」でいいしぃ〜、「一般的」でいいしぃ〜、海外に行くことなんて一生ないしぃ〜、外国人と話すことも絶対にないしぃ〜 q( ̄3 ̄)p 」
「「普通」に給料もらえて、定年までずっと雇ってもらえたらそれでいいしぃ〜 ( ̄。 ̄) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「「普通」じゃない会社って、ブラック企業じゃんか・・・ (((( ;゜д゜)))) 」
「給料も休みもいっぱいもらえるのが「当たり前」で、人間関係も良くて上司にも部下にも恵まれていて、残業も全然なくて仕事もラクチンで通勤もラクで、どんなコトがあっても絶対にクビにならなくて、優秀や有能じゃなくても正社員で一生雇ってくれる「普通」で「一般的」で「常識的」な会社ってどこかにないかな〜??? (;´Д`)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「そう言われても、「普通」や「一般的」や「当たり前」や「常識」にどーしてもとらわれちゃうよなー、どーしても気になっちゃうもんなー・・・ o( ̄_ ̄|||)o--- 」
「「普通」や「一般的」や「当たり前」や「常識」って枠からハミ出すのって、やっぱコワイし、変人扱いされたくないし、それで評価が下がってリストラされちゃったら困るし・・・ 。。。(〃_ _)σ‖ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「「普通」や「一般的」や「当たり前」や「常識」を、どーやってとっぱらったらいいんだろ〜???何からどうするのが「普通」なんだろ〜??? (;´д⊂) 」
「「普通」や「一般的」や「当たり前」や「常識」をとっぱらうオススメの方法とか、マニュアルとかって何かないのかな〜??? (;´Д`)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ナルホド・・・、ちょっぴりわかった気がするかも・・・ ヽ(´ー`)ノ 」
「あ、なーんだー、そーだったんだ〜 (〃▽〃) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;) 」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/ 」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

他にも、例えば・・・

「選択肢の広げ方や作り方とは?思い込みや方法論に走る前にできる事って?」シリーズ
「自社の強みや弱み、長所や短所、状況や現状などの判断基準って?」シリーズ
現状把握ってどんな時に必要?何のため?対処方法や効果などとの関係って何だろう?
対症療法とは?会社の現状そのものに対処しようとすると何が起こるんだろう?
「手っ取り早い解決策やテクニックに頼る理由、メリットやデメリットって?」シリーズ
「IT化やシステム化、パソコン導入すれば生産性は向上するんだろうか?」シリーズ
人間にしかできないこと、コンピュータにできること、できないことって何だろう?
不平、不満、不安って悪いことばかり?不平、不満、不安などをうまく活用する方法って?
新規事業、新製品やサービスの考え方とは?何のため、誰のために考えるんだろう?
「内向きな組織とは?内向き志向とは?内向きな組織になる原因って何だろう?」シリーズ
「優秀な人材が見つからない、有能な人材が採用できない原因って何だろう?」シリーズ
「年齢にこだわって採用するか不採用にするか決める理由って何だろう?」シリーズ
「優秀な人材が辞める本当の理由、優秀な社員から辞める原因って何だろう?」シリーズ
病気でも出勤するのが常識、病気で休みたくても休めない原因って何だろう?
「人手不足とは?人材不足とは?人手不足や人材不足になる本当の原因って?」シリーズ
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「強い組織の作り方とは?強い組織か弱い組織かの判断基準って何だろう?」シリーズ
「組織じゃないとできないこと、組織でなくてもできることって何だろう?」シリーズ

などなども含めると、いろんな意味で考えさせられちゃいません? (^^)

ふーむ・・・、こーやって考えてみると・・・

まだ見えていないだけで・・・

意外なところにヒントがいっぱい溢れている
おお〜っ ━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━ 見っけ〜♪


のかも〜???

なーんて、感じません? (〃▽〃)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?

・・・え?

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;) 」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/ 」

「全然、ピンとこねぇーし! ((o(>皿<)o)) うっきぃぃぃー!! 」
「もっと普通で一般的で常識的な答えをくれっっつーに!! (# ̄3 ̄) 」

・・・って?

ううっ・・・、すみません・・・。m(_ _)m

ではでは・・・


■ 普通とは?一般的とは?当たり前とは?誰がどんな基準で決める?(3)


では、上記とはまた違う声から引き続いて一緒に考えてみませんか?
ヾ(・◇・)ノ

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、ゆるゆる〜っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)

※「一体いつ、続きを書くんだよー(怒)!」と言ってくださる奇特な方へ※
「自分で考えて行動する「自律型人材(自律型人財)」が育つ組織って?」ブログの更新状況は、大きく分けて以下2つの方法でお知らせしておりますので、もしよろしければ使ってやっていただけると嬉しいです。m(_ _)m


「自律型人材(自律型人財)が育つ組織って?」ブログのRSS対応状況
「自律型人材(自律型人財)が育つ組織って?」ブログ更新お知らせメルマガ





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「自律型の組織変革」などのご相談
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。