2019年01月15日

自社の強みや弱み、長所や短所、状況や現状などの判断基準って?(2)

自社の強みや弱み、長所や短所、状況や現状などの判断基準って?(1)

の続きです。(^^)

※上記の記事を読んでいらっしゃらなくても、この記事の意味はわかるかもしれませんが、後から考えると意味不明で頭がウニ状態になる可能性が高いと思いますので、先に読んでやっていただけると嬉しいです
(お願いお願い)

えーと・・・

「自社の強みや弱みが、わかりそうでわからないんだけど・・・ ヽ(;▽;)ノ 」
「自社の強みや弱みって何だろ〜???自社のことなのに、どーしてわかりそうでわからないんだろ〜??? (;´д⊂) 」

「強みと長所って同じ意味なの?違うの?違うのなら何がどう違うの? (|||▽ ) 」
「弱みと短所って同じなの?それとも違うの?何がどう違うの? (;゜∇゜) 」

「自社の強みがイマイチわからないから、自社の状況や現状もイマイチよくわからないんだよね・・・ (;゜д゜) 」
「自社の弱みがイマイチわからないから、自社の状況や現状もイマイチよくわからないんだけど・・・ o( ̄_ ̄|||)o--- 」

「自社の強みとか弱みとかってどう判断するものなの???何を基準に誰がどう判断したらいいんだろ〜??? o(><;)(;><)o 」
「自社の強みや弱みとかって、何からどーやって考えたらいいんだろ〜???何からやるのが普通なんだろ〜???自社の強みや弱みとかを把握するおすすめのいい方法って何かないものなのかな〜??? ( ノД`) 」

などなど・・・

「三方よしの経営相談」「組織人事戦略(戦略的な組織づくり)」「人材育成戦略(戦略的な人材育成)」「経営に役立つ情報活用(IT活用・ICT活用)」などなどのお手伝いを行なっているからなのか・・・
「爆発・炎上・崩壊組織」で消防のお手伝いを行なうこともあるからなのか・・・

このような切実な声をお聞きすることもあるんですが・・・
(;´・ω・`)

んでもって・・・

いろんな意味で、考えさせられるコトもあるんですけど・・・
ンーン (( ̄_ ̄*)(* ̄_ ̄)) ンーン

一見、全然関係ないように思えるかもしれないけど、コレってもしかしたら・・・

「経営計画を立てたり、経営方針を決めたりするのに必要なことって何だろう?」シリーズ
「会社の方向性を決めるには?必要な事、必要ではない事って何だろう?」シリーズ
「方針は意味が理解できてテンプレート等を集めたら立てられるんだろうか?」シリーズ
数字ありきに陥る原因って?数値目標の設定後、達成後に起こる事って何だろう?
売上が上がらない、利益が出ない、赤字になる本当の原因って何だろう?
新規事業、新製品やサービスの考え方とは?何のため、誰のために考えるんだろう?
「新規顧客開拓って何のため?誰のため?顧客流出などとの関係って何だろう?」シリーズ
「効果的な宣伝方法や販売促進のやり方とは?三方よしとの関係って何だろう?」シリーズ
見込み客を獲得するアプローチと失う売り込みの違いって何だろう?
「顧客って誰のこと?どんな人や企業がお客様か考えると気づくことって?」シリーズ

などなどにも、ある意味関係するっちゃーする面もあるのかも〜???
フムフムフーム (`・ω・´) フムフムフーム

なーんて、感じることもあるので・・・

引き続き、一緒に考えてみません? (^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/

んーと、今回は・・・

例えばこんな声から考えてみるのはどーでしょう?
o(*⌒O⌒)b


■ Hさんの声
自社の強みや弱み、自社の長所や短所、自社の状況や現状を把握するのって、案外難しいんですよね・・・

もしかしたら、当社だけの話なのかもしれませんけど・・・

自社の強みとか弱みとかぐらい、いくらなんでもわかっているし!
長所とか短所とかも、いくらなんでもわかっているし!
自社の状況とか現状とかも、よぉーくわかっているし!

だって、自社のことなんですから。
自分のことを一番良く知っているのは自分だから、自社のことを一番良く知っているのも自社のはず。

以前はそう思っていたんですけどね・・・
疑問すら感じることなく・・・

実は自分のことほどよくわかっていないのと同じように、自社のことだからわかっていないこととか、自社のことであるが故に見えていないこととか、気づいていないこととかって意外とたくさんあるように今は感じています。

で、そーやって悩んでいたら、肝心要のことを見落としていたってことに気づいたんです。
致命的と言った方がいいのかもしれませんが・・・

それは、いくらそれが自社にとっての本当の強みであっても、それがどんなに優れた強みであっても、それが他社には真似のできない独自性であったとしても、ニーズがなければただの持ち腐れだってことです。

そりゃー、そうだろ!!って、今は思いますけどね。
だけど、自社の強みとか弱みとかばっか考えていたせいか、肝心要のことが見えていなかったんですよ。

強みがいくらあっても、活かせる場がなければなーんにもならないんですよね。

机の前でうんうん唸って闇雲に考えても、結局、絵に描いた餅にしかなりませんし、独りよがりの強みにしかなりませんし、そこからいくら経営計画を立てても机上の空論にしかならないんですよね。

そんなわけで、ニーズを先に探すようになったんです。

これはこれで、大変でしたけど。
そりゃー、そーですよね。

ニーズが簡単に見つかるのなら、誰も苦労しませんよね。
だって、ニーズなんですから。

でも、実は極々身近なところにヒントがいっぱいあったんだなーって気づくことがでたように思います。
今までインターネットで検索したり市販の書籍を読んだりばっか散々していたけど。

顧客の声や従業員の声をそれまでもちゃんと聞いていたつもりだったんですけど、実はちゃんと聞けていなかったってことにもお陰で気がつきましたよ。

そーゆー意味で言うのであれば、遠回りしてある意味良かったのかもしれません。
悩んでいなかったら、遠回りしていなかったら、今も気づかないままだったかもしれませんし。

そもそも、自社の強みとか弱みとかを見つけることそのものは目的でも何でもありませんからね。

そう思うと、以前は手段の目的化に陥っていたのかもしれませんね。
その時は、自分ではそんなつもりは全くなくて、全然気づかなかったのが怖いですよね。


■ Iさんの声
自社の強みや弱み、自社の長所や短所、自社の状況や現状を把握するのって、意外な落とし穴があるんですよね・・・

実際にやってみるまでは気づきませんでした。
そーゆー意味で言うのなら、試行錯誤しながらやってみて良かったのかもしれません。

自社の強みや弱み、自社の長所や短所、自社の状況や現状を把握すること自体が簡単ではないってこともそうなんですけど、「手段の目的化」って落とし穴もあるんですよね・・・
私はこの落とし穴にまんまとハマってしまっていたんですよ。

会社を継いでしばらく経ってからのことだったんですけど、経営計画書を書く羽目に陥ったんです。
経営計画なんて立てたことがないからいろいろ調べてみたら、どーやら経営計画書を書くためには、自社の強みや弱みなどを把握する必要があるってわかったので把握しようとしていたんですけどね。

だけど、経営計画書を書かなきゃ!ってことばかりに意識が行ってしまっていて、それだけでいっぱいいっぱいになっちゃって疲労困憊してしまっていましたし。

そのせいか、肝心要のことを考えようとしていなかったってゆーか。
これじゃー、本末転倒ですよね。

このことに気づけたのは、従業員の素朴な疑問でした。
何も知らないが故の素朴な質問とでも言った方がいいのかもしれませんが。

インターネット検索をしたり市販の書籍を見たりは散々していましたけど、それでも自分独りだけで経営計画書を書くのはムリと思ったので、従業員の何人かに手伝って欲しいって声をかけたんですけどね。

そしたら、こんな風に質問されちゃったんですよ。

「何のために、自社の強みとか弱みとかを把握する必要があるんですか?」
「誰のために、自社の長所や短所とかを把握する必要があるんですか?」

って。

「経営計画書を書くのに必要だから」って、その時はとりあえず答えたんですけど、そしたら今度は、

「経営計画書って、何なんですか?」
「経営計画書って、どーして必要なんですか?」

「何のために、経営計画を立てる必要があるんですか?」
「誰のために、経営計画を立てる必要があるんですか?」

ってさらに質問されて、ものすごーく困りましたよ・・・

従業員にナットクしてもらおうと、経営計画がどんなものなのか説明は一応簡単にしたんですけど、「何のため?」とか「誰のため?」とかって質問には明確には答えられなかったんですから・・・

そしたら、別の従業員からはさらにこんな風に質問されちゃったんですよ。
それも、ベテランのパートのおばちゃんに。

経営計画を立てることって、そんなに大事なんですか?」
「経営計画を立てないと誰が困るんですか?どんな支障があるんですか?」

「何のための経営計画ですか?」
「誰のための経営計画ですか?」

「誰が感じる強みや弱みなんですか?」
「誰が感じる長所や短所なんですか?」

「いち従業員としては、まずは従業員の声をもっと聞いて欲しいってつい思っちゃうんですけど?」

「いち消費者としては、そんな小難しそうなことに手間隙をかけるよりも、まずは消費者の声を聞くことにもっと手間隙をかけて欲しいってつい思っちゃうんですけど?」

うっ・・・!!って思いましたね・・・
ものすごく鋭いツッコミで、思いっきり痛いところを突かれてしまいましたよ。

だけど、本当にその通りですよね。

あ、経営計画を立てる必要はないって意味じゃーないですよ。
従業員の名誉のためにも言いますが、経営計画書を書くのを手伝うのはヤダって意味でも決してないですよ。

経営計画書って単なる紙切れを書くのを従業員に手伝わせるよりも先に、経営者としてやることがあるんじゃないの?って意味です。

でも、お陰でようやく気がつけたんです。
落とし穴にまんまとハマってしまっていたんだってことに。

自社の強みや弱み、自社の長所や短所、自社の状況や現状を把握することも、経営計画を立てることも、手段にはなりえたとしても、目的にはなり得ませんよね。

もっと言うと、資金繰りを良くすることも利益を上げることも、新製品や新サービスを開発することも、手段にはなりえたとしても目的にはなり得ませんよね。
さらに言うと、会社をつくったり存続させたりすることだって。

どーしてそれまで、顧客や従業員の声に耳を傾けようとしていなかったんでしょーね???
すぐ目の前にあったニーズに、それまでどーして気づかなかったんでしょーね???

危うく、会社の存在意義さえも見失うところでしたよ。


■ Jさんの声
自社の強みや弱み、自社の長所や短所、自社の状況や現状を把握するのって、これが結構難しいんですよね・・・

もしかしたら当社だけの話なのかもしれませんけど、悩んでいるうちにイヤになって、何度も何度も挫折しかけましたよ・・・

弱みとか短所とかに関しては、本当にいっぱい見つかるんですけどね・・・
自社の状況や現状とかも・・・

アレもダメ、コレもダメって感じで、情けなくなるやら途方に暮れるやらヘコむやらイヤになるほど・・・
お先真っ暗って、気分になるほど・・・

その一方で、強みと言えるほどのものがあまりにも見つからなくて・・・
必死になって見つけようとしても、全然見つからなくて・・・

絶望的な気持ちになっちゃって、将来をつい悲観しちゃって・・・
経営者を辞めたくなってしまうこともあったんですよ・・・

こりゃー、いかんよなーと思ったので、ある時、

社長室にこもって机の前でばっか考えているから煮詰まっちゃったり、悲観的な気持ちになっちゃったりしてイヤになるのかも???
これはちょっと視点を変えてから、考えてみた方がいいのかも???

と思ったので、気分転換と現実逃避も兼ねて、経営者って立場を完全に忘れて街中をぷーらぷーらしていたんです。
その後も、煮詰まったりイヤになったりしたら、可能な限り外出していましたよ。

こんなことをやっている場合じゃないのに・・・
サボっているようで申し訳ないよな・・・

などと思いつつ。

今思えば、これが大正解でした。
意外な発見がたくさんありましたし。

例えば、最初のうちは、お店とかの良い面ばかり目につくんですよ。
ついつい経営者として見てしまって、こーゆーところは当社も是非見習わなきゃとか、真似させてもらっちゃおーっととか。

だけどそのうち、不平・不満もそれなりに出て来て、悪いところとかイヤなところとかもつい目についちゃうようになるんですよね。

で、はた!と気づいたんですよ。

ああ・・・、「ニーズ」ってこーゆーことだったんだ!
「機会」とか「脅威」とかってこーゆーことだったんだ!
「強み」とか「強み」とかってこーゆーことだったんだ!

って。

それまで大きな勘違いをしていたってことに、ようやく気づくことができたように思います。
自分では理解できているつもりだったんですけど、ようやく腑に落ちたってゆーか。

経営者って立場を完全に忘れて、いち消費者の視点で何気なく見たり聞いたりしていなければ、気づかなかったことが他にもたくさんありましたよ。

そう思うと、気分転換や現実逃避って意外と大事なのかもしれませんよね。

煮詰まっている時とかヘコんでいる時とかだけじゃーなく、切羽詰っていてこんなことをやっている場合じゃないのにとか、サボっているようで申し訳ないとかって感じた時なんかも。

その後も街中をぷーらぷーらするようにしていたんですけど、これが意外に役立ちましたよ。

お店の中で、デカイ声でくっちゃべっているオバちゃんの声を、ふむふむナルホドなどと思いながら聞いてみたりとか。
それまでだったら、うるさいとしか思えなかったはずなのに不思議なものですよね。

不平・不満って、宝の宝庫だよなーって感じるようになりましたね。
特に日本人の場合、お店なんかに不満を直接言う人が少ないからこそ貴重ですよね。

そんなわけで、自社の強みを必死になって見つけようとするのは、それ以来やめました。

精神衛生上もよろしくないし。
そもそも、必死になって強みを見つけたしても「機会」がなければ意味がないし。

強みと言えるほどのものがどーしても見つからないのなら、これからつくって行けばいい。

だって、「機会」があるんだから。
「ニーズ」があるんだから。

お陰で、ようやくそんな風に思えるようになりましたよ。
やっと希望が持てるようになったってゆーか。

発想の転換って、意外と大事なのかもしれませんね。

-----


うーむ・・・
どっ・・・、どーでしょう???

「そっ・・・、そーだったのかー! ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!! 」
「だからかー!!だからだったのかー!! ヾ(.;.;゜Д゜)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「うぉー・・・、今までこれが自社の強みと弱みって思っていたけど、実はそう思い込んでいるだけで全然違っていたのかも!? \( ̄▽ ̄;)/ 」
「全然迷うことなく時間もかけずにちゃちゃっと考えたけど、もしかしたら悩んだり迷ったりしない方がマズイ状況ってことなのかも!? (;・∀・) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ナルホド・・・、ちょっぴりわかった気がするかも・・・ ヽ(´ー`)ノ 」
「あ、なーんだー、そーだったんだ〜 (〃▽〃) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「そっかー、そーだよねー、「物は考えよう」だもんだね〜っっ♪失敗は成功のモトとも言うもんね〜っっ♪ ヾ(*´∀`*)ノ 」
「おおお〜っっ♪ 「発想の転換」ってこーゆーことなのかもね〜っっ♪ ρ(⌒−⌒。)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「そーいやー、どーして経営計画を立てるのに自社の強みや弱みを把握する必要があるんだろ〜??? p(´⌒`q) 」
「誰のために、経営計画を立てる必要があるんだろ〜??? ?(゚_。)?(。_゚)? 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ってコトはだよ・・・、アレをあーして、コレをこーして・・・ ((φ( ̄Д ̄ ) 」
「絶対にできっこないしできることなんてもうないって思っていたけど、できるコトって意外とまだまだあるのかも〜 d(⌒ー⌒) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「世の中には自社の強みや弱みすらちゃんと把握できていないどーしよーもない会社もあるんだねぇ〜、へぇービックリビックリぃ〜、常識がないにもホドがあるよねぇ〜 ( `.∀´) 」
「自社のことは自社が一番わかっているのが当たり前じゃーんっっ、ウチはバッチリ把握できているもんねぇ〜、カンペキ過ぎて疑問の余地もないもんねぇ〜 ( ̄▽+ ̄*) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「え゛!?強みと長所って同じ意味じゃなかったの??? w( ̄△ ̄;)w 」
「げっ・・・、弱みと短所って同じ意味だとばっか思っていたんだけど・・・??? (@ ̄□ ̄@;) 」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

他にも、例えば・・・

会社の全体像を俯瞰すると気づく事、俯瞰しないと気づけない事って何だろう?
「選択肢の広げ方や作り方とは?思い込みや方法論に走る前にできる事って?」シリーズ
対症療法とは?会社の現状そのものに対処しようとすると何が起こるんだろう?
現状把握ってどんな時に必要?何のため?対処方法や効果などとの関係って何だろう?
「根本的な原因とは?真因とは?今見えている問題って本当の問題?」シリーズ
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?組織力などとの関係って?
「会議とは?何のため?無駄な会議と意味のある会議の違いって何だろう?」シリーズ
「内向きな組織とは?内向き志向とは?内向きな組織になる原因って何だろう?」シリーズ
「管理職が論文やレポートを書く意味って?何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
人間にしかできないこと、コンピュータにできること、できないことって何だろう?
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「強い組織の作り方とは?強い組織か弱い組織かの判断基準って何だろう?」シリーズ
「組織じゃないとできないこと、組織でなくてもできることって何だろう?」シリーズ

などなども含めると、いろんな意味で考えさせられちゃいません? (^^)

ふーむ・・・、こーやって考えてみると・・・

まだ見えていないだけで・・・

意外なところにヒントがいっぱい溢れている
おお〜っ ━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━ 見っけ〜♪


のかも〜???

なーんて、感じません? (〃▽〃)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?

・・・え?

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;) 」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/ 」

「全然、ピンとこねぇーし! ((o(>皿<)o)) うっきぃぃぃー!! 」
「結局のところ、どーしたらいいのさ??? (# ̄3 ̄) 」

・・・って?

ううっ・・・、すみません・・・。m(_ _)m

ではでは・・・


■ 自社の強みや弱み、長所や短所、状況や現状などの判断基準って?(3)


では、上記とはまた違う声から引き続いて一緒に考えてみませんか?
ヾ(・◇・)ノ

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、ゆるゆる〜っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)

あ・・・、続きは気が向いた時に書く予定なので・・・
しばらく待ってやってくださいますよう、ひれ伏してお願い申し上げます(懇願)。
m(_ _)m


※「一体いつ、続きを書くんだよー(怒)!」と言ってくださる奇特な方へ※
「自分で考えて行動する「自律型人材(自律型人財)」が育つ組織って?」ブログの更新状況は、大きく分けて以下2つの方法でお知らせしておりますので、もしよろしければ使ってやっていただけると嬉しいです。m(_ _)m


「自律型人材(自律型人財)が育つ組織って?」ブログのRSS対応状況
「自律型人材(自律型人財)が育つ組織って?」ブログ更新お知らせメルマガ





★★★ ネクストストラテジーは、三方よし経営の黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に「三方よし経営」のお手伝いを行っております。
「戦略的な組織づくり」「戦略的な人材育成」などのご相談
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 (⌒人⌒)


posted by ネクストストラテジー at 05:00| Comment(0) | 三方よしの経営から考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。