2017年07月26日

会社や部署、部門を国にたとえて考えると気がつくことって何だろう?(1)

「いい会社」がどーのとか、「働きやすい会社」がどーのとか、「理想の会社」がどーのとか・・・
「従業員が辞めない会社」がどーのとか、「人材定着率のいい会社」がどーのとか、「離職率の低い会社」がどーのとか・・・
「強い組織」がどーのとか、「優秀な部署や部門」がどーのとか、「優秀な人材」どーのとかについて・・・

経営者の立場の方からも管理職の立場の方からも一般従業員の方からも、さまざまな声をお聞きすることがあるんですけど・・・
時には、とってもとっても切実な声をお聞きすることもあるんですけど・・・
( ̄  ̄;)

んでもって・・・

「三方よしの経営相談」や、「自律型人材育成」「組織力の強化や向上」「経営に役立つ情報活用(IT活用・ICT活用)」のお手伝いを行なっているからか・・・
「爆発・炎上・崩壊組織」で消防のお手伝いを行なうこともあるからか・・・

いろんな意味で考えさせられるコトもあるんですけど・・・
ンーン (( ̄_ ̄*)(* ̄_ ̄)) ンーン

コレって、もしかしたら・・・

「いい会社や働きやすい職場について考えてみると気づく事って何だろう?」シリーズ
「強い組織の作り方とは?強い組織か弱い組織かの判断基準って何だろう?」シリーズ
「組織じゃないとできないこと、組織でなくてもできることって何だろう?」シリーズ
「IT化やシステム化、パソコン導入すれば生産性は向上するんだろうか?」シリーズ
人間にしかできないこと、コンピュータにできること、できないことって何だろう?
「知識や方法論中心の研修で育つ力、育たない力って何だろう?」シリーズ
思考停止を招く教育とは?従業員の主体性や向上心が育つ人材育成って?
自律型人材は、一方的に教えて育てる教育で育てられるんだろうか?
人材育成をマーケティング・コンセプトから考えると見えることって何だろう?
「人材育成で効果が出る事、人材育成では効果が出ない事って何だろう?」シリーズ
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ

などなどにも、ある意味関係するっちゃーするのかも〜???

なーんて、感じたので・・・

一緒に考えてみません? (^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/

んーと・・・
一見、会社とか部署とか部門とか人材とかとは関係ないように思えるかもしれないけど・・・
「反面教師」とか「失敗事例」とかって言葉もあることだし・・・


現状把握ってどんな時に必要?何のため?対処方法や効果などとの関係って何だろう?


のように、視点が変われば、もしかしたら気づくことも何かあるかもしれないので・・・
(と言いつつ、なーにも気づくことがなかったらゴメンナサイ)

会社や部署、部門なんかを「国」にたとえてみて・・・
ありそーでなさそーで、ありそーだけどやっぱりなさそーな、たとえばこんな「架空の国」のケースから考えてみるのはどーでしょう?
d( ̄  ̄)


■ A国のケース
「ココにこーんな理想のいい国をつくるべー!」と壮大なスローガンをブチあげ、元々あった国を乗っ取って新たな国をつくろうとしています。

美辞麗句を並べ、ありとあらゆる手を使ってあっちゃこっちゃから優秀な人材を集めようとしています。
宣伝にものすごーく力を入れていて、とっても見栄えの良くてカッチョイイ各国語バージョンの動画を次々とつくり出して宣伝しまくっています。

あっちゃこっちゃに勧誘員がいて、さも親切で優しくて良いことをしているかのように振る舞って勧誘しています。
無料イベント、サークル活動、ボランティア活動、交流会、女子会、料理教室、ヨガ教室、占いなど、まったく関係なさそうに見えるものに擬態している場合もよくあります。

他にも極々一般的な書店とかで待ち構えていたり、街頭でビラを配っていたりしています。
まさかこんなところで堂々と勧誘しているとは誰も思いません。
最初のハードルを低くして警戒心を持たせないようにし、誰でも気軽に参加できるようにしてあります。

とってもフレンドリーな人ばかりで、自分の話を親身になって聞いてくれます。
1度だけのつもりが、後1回だけ参加してみよっかなーとなり、そして何度も参加してしまい、どんどん仲良くなって行ってしまいます。

何かに対して怒りや不満を抱えていたり虚しさを感じていたり、居場所と感じられる場所がないと思っていたり孤立しているように感じていたりして、でも自分の力では何も変えることができないから誰かナントカしてくれー!と思っているする時ほど心の隙間に付け入られてしまって、気づくことができないという恐ろしさがあります。
人間であれば誰もが持つ弱さに付け込まれ、彼らが言う「いい国」を信じ込んでしまい、まんまと引っかかってしまいます。

第三者が後から話を聞くと、「なーんでこんなのに引っかかっちゃうかな〜!?」と、不思議に感じることもあります。
「こんなのに引っかかるから悪いんでしょ!自業自得でしょ!自己責任でしょ!」と、非難する人もいます。

そんな風に思われるのがイヤで誰にも相談できず、「誰も理解してくれない」と疎外感持ち、違う考え方の人の声に耳を傾けられなくなり、そしてますます孤独になって行き、彼らの掲げるスローガンに染まって行きます。

この国こそ自分にとっての唯一の居場所だ、自分の居場所はこの国しかない、この国に行けば私を理解してくれる仲間がたくさんいる、この国に行けば私を必要としてくれる人たちがたくさんいる、この国に行けば理想の人生が送れる、幸せになれるなどと思い込んでしまうというわけです。

この国に入ったが最後、この国にい続けるのも地獄、この国から脱出するのも地獄という状態に陥ります。

但し、この国に入ってすぐに気づけることはまずありません。
また、気づいた時には既に時遅しという状態に陥っています。

最初のうちは、この国が楽園に思えます。
この国に到着すると、ビックリするぐらい温かく歓迎されて、仲間意識を存分に感じることができます。

この国に来て本当に良かった、この国こそが自分の居場所だと実感できます。
どうしてもっと早くに来なかったのかとさえ思えるぐらいです。
それがほんの僅かな一時期だけとは知らずに。

その後すぐに、母国のパスポートを自らの手で焼き捨てて処分し、この国に忠誠を誓うよう命じられます。
母国にはもう自分の居場所はないのだから、どうせこの国のパスポートがもらえるのだからと、喜んで処分する人が大半です。

中には、それほど期待をしてこの国に来たわけではないという人もいます。
ちょっと興味があるからとか、怖いもの見たさとか、報酬がもらえるならこの際何でもいいとかといった人もいます。

歓迎してもらえるのはいいけど、いきなりパスポートを焼き捨てて忠誠を誓えと言われてもなーなどとちょっち躊躇しますが、でも、みんなが母国のパスポートを自らの手で喜んで焼き捨てて忠誠を誓っているのを見て、ナントナーク同じようにやらなきゃいけない気持ちになって、協調性を発揮してしまいます。

母国のパスポートを処分してしまったことによって、この国からますます抜け出せなくなり、母国に戻りたくても戻れなくなってしまうとは知らずに。

決して十分とは言えないまでも、報酬も与えられます。
彼らが言う「いい国」をつくるために、「あなたにしかできない」と言われる役割も与えられます。
そのことが、「この国では、自分を必要としてくれる」「こんな自分でも役に立てることがあるんだ」などの思い込みに拍車をかけます。

それが洗脳の第一歩だとは知らずに。

「あなたの力が必要だから」とか「そのためにももっと勉強して欲しいから」とか何とかテキトーに理由をつけて、洗脳教育が毎日行われます。
この国ならではの考え方を徹底的に叩き込まれ、どんどん洗脳されて行きます。

めちゃくちゃ厳しい戒律を遵守するよう命じられます。
服装や髪型にも厳しいチェックが入ります。
この国の一員として恥ずかしくない言葉遣いや振る舞いをするよう、事あるごとにチェックされまくります。

この国のルールや常識も徹底的に叩き込まれます。
第三者が見ればどこからどう見てもおかしいと思うことであったとしても、おかしいと思えなくなり、むしろおかしいと言う人の方がおかしいと思うようになり、やがて、この国の常識こそが世界の常識だと思い込むようになり、感覚がどんどん麻痺して行きます。

特にこの国に連れて来られた幼い子どもたちや、この国で生まれた子どもたちは、何の疑問を持つことなく、この国の教育に染まって行きます。
この国の学校はもちろんのこと、親も同じ教育方針で子どもを育てるよう命じられるため、子どもたちはこの国の文化に素直に染まって行きます。

この国では、忠誠心を試されるようなこともたくさんさせられます。
完全に洗脳されてしまっている場合は、疑問を感じることすらありません。

どんなことであっても自主的に喜んで従います。
たとえそれが犯罪行為や破壊行為、そして残虐な行為であっても。
それがこの国が掲げるいい国づくりのために貢献することだと信じて。

犯罪行為や破壊行為、そして残虐な行為を繰り返す度に、どんどん出世して行きます。
給料もたくさんもらえるようになります。

一般庶民が禁止されている贅沢品も、出世して権限を与えられたら許可されます。
酒やギャンブル、奴隷を所有することなんかも許されるようになるため、競うように犯罪行為や破壊行為、残虐な行為等を行って貢献し、役職を得ようと奮闘します。

忠誠心を試されることによって、中には洗脳が解ける人もいます。
「コレってヘンじゃね?」から始まり、「やっぱりヘンじゃね?」となり、「絶対ヘンだって!」と感じるようになります。

でも、疑問を持つことは決して許されません。
逆らうことも許されません。

拒否することも一切許されません。
それらは死を意味します。
この国から生きて出られないということを意味します。

ですから、「絶対ヘンだって!」と内心思っていたとしても、「こんな国なんかいつか絶対に脱出してやるぅー!」と思っていたとしても、誰からも悟られないように振る舞います。
不本意ではあるけど、生きてこの国から脱出するために、喜んで忠誠心を示す行動を取ります。

誰かのクビを飛ばすように命じられた時は、さすがに躊躇する人も多いです。
でも、やらなければ自分のクビが飛んでしまいます。
自分が生きるために究極の選択をせざるを得なくなり、喜んで忠誠心を示すフリをします。

良心の呵責に苛まれますが、何人ものクビを飛ばす経験を繰り返すことによって、だんだん何とも思わなくなって行きます。
こんな自分がこの国を脱出しても、もはや元の自分ではない、家族に合わせる顔もないなどとと悟り、この国に骨を埋める決意をしてしまう人もいます。

良心の呵責に耐えかねて、自殺してしまう人もいます。
でも、誰も同情してくれません。

それどころか、「この国に相応しくない弱いヤツがいなくなったら分け前が増えるしラッキー」などと言われ、いなくなったことを喜ばれてしまいます。
さらに、「無能なヤツらが全員いなくなれば分け前がもっと増えるからついでにやっちゃえー!」といった行動にまで発展することもあります。

誰かれなくいちゃもんをつけて「無能なヤツ」というレッテルをどんどん貼って行き、クビをガンガン飛ばし、見せしめに公衆の面前に晒されます。
憲法や法律らしきものは一応存在するし、裁判所らしきものも一応存在するのですが、思いっきり恣意的な運用がなされているため、一度レッテルを貼られたら最後です。

恐怖心を植えつけようと、公開の場でクビを飛ばされることもよくあります。
そのため、「無能なヤツ」とレッテルを貼られないよう、先を争ってさらに忠誠心を示す行動を取ります。

みんなの前でクビを飛ばされて晒される人が続出し、犯罪行為や破壊行為、残虐な行為が、そこかしらで毎日日常的に行われているので、感覚がどんどん麻痺して行きます。
そのうち、それが普通となり当たり前の光景となり、何も感じなくなって行きます。

こうして、この国が理想とする最強の戦士が誕生して行きます。
そして、彼らが理想とする「強い国」づくりに邁進して行きます。
飛ぶ鳥を落とす破竹の勢いで、領土もどんどん拡大して行きます。

奪い取った領土にあった資源を片っ端から破壊し、売れるものは全て売り飛ばし、資金を増やして行きます。
人的資源は洗脳されたり、死ぬまで強制労働させられたり、奴隷として売り飛ばされたりします。
何の価値もないと見なされた人的資源は、その場でクビを飛ばされます。

でも、彼らにとっての順風満帆な時期はそれほど長く続きませんでした。
ちょっとしたきっかけで内部崩壊が始まり、自滅して行ったからです。

真っ先に離反したのは、報酬が一方的に減らされたことに憤慨した優秀な人たちでした。
何人かはクビを飛ばされて見せしめに晒されましたが、何人かは脱出に成功することができました。

優秀な人が一人でも抜けると、この国にとってはとんでもない痛手です。
人望に厚くマネジメント力リーダーシップ力もあるため、たった一人抜けただけでも見事にガタガタになります。

だからこそ彼らは決して認めようとせず、プロパガンダ等によって必死に隠蔽していました。
しかし、脱出に成功した者がこの国の本当の姿を外部から伝えて行き、それによって洗脳が解けて離反する者も増えて行きます。

離反を防ごうと、さらなる恐怖政治を行い、恐怖によって従わせようとします。
洗脳教育にもますます力を入れるようになります。

危機感を煽り、問題意識当事者意識を持つよう命じられます。
さらなる忠誠心を示すよう命じられます。

しかし、そのような方針が返って反感を買うことになります。
元々疑問を感じていたり不満を持ったりしていたけど、今まで逆らえず我慢し続けていた者がブチキレて離反して行きます。

拡大した領土も減って行き、資源が乏しくなって行きます。
資金がなくなると武器も調達できなくなります。
やかんやナベまで使って金属をかき集めて急ごしらえの武器をつくり、金属がなくなれば、竹槍をつくらざるを得ない状況に陥って行きます。

日々の食料ですらままならない状況に陥って行きます。
食べることもままならない、寝ることもままならない、人間らしい生活とは程遠い生活になって行き、ますます離反者が増えて行きます。

それでも彼らは決して認めようとせず、必死に隠蔽していました。
以前にも増して、プロパガンダにも洗脳教育にも力を入れるようになります。
さらに見栄えの良くてカッチョイイ各国語バージョンの動画をつくって宣伝し、足りなくなった人員を補うべく、外部から人手を調達しようと躍起になります。

ですが、クモの子を散らすように離反者が増えていくので、新たな人員を獲得できたとしても全然追いつきません。
また、この国から脱出した者が真実を伝えることによって、新たな人員も全く調達できなくなって行きます。

結局最後まで残ったのは、この国が掲げる理想に対して疑問を一切持つことなく、盲目的に信じ込んでしまった者がほとんどでした。
完全に洗脳されてしまっているため、逃亡という選択肢も降伏という選択肢も全く考えられません。

自分の命をかけて、この国を守ろうとします。
この国のために死ぬことが最も名誉なことと信じて。
自爆すれば天国に行けるという言葉を信じて。

大迷惑なのは、その歪んだ信念を強引に強制された者たちです。
本当は自爆などしたくないのに、協調性を強いられて、自ら志願して喜んで自爆したように見せかける場合も多々あります。

末期になると、幼い子どもたちまでもが自爆させられるようになります。
自爆することが最高にカッチョイイこと、英雄の行為などと褒め称え、「さあ!次の英雄はキミだ!英雄になれるチャンスを逃すな!」などと宣伝し、志願という名の下で特攻するよう強制されます。

ただでさえ乏しかった資源がますます乏しくなり、崩壊の一途を辿って行きます。
A国が物理的に消滅するのも時間の問題です。

しかしながら、これで本当に終わりとはなりません。
なぜなら、何の問題も解決されていないからです。

元はと言えば、元々あった国で不満が大爆発したことでした。
不満分子が大量に生まれて「こんな国なんか潰れてしまえー!!」となり、そしてたまたま乗っ取ったのがA国だったというだけでした。

A国が自体が物理的になくなっても、元々あった国で山積している問題は何ひとつ解決されていません。
不満もまったく解消されていません。

A国を滅ぼすために不満分子は団結しました。
でもそれは、A国を滅ぼすという一点のみで協力し合っていただけなのであって、A国を滅ぼすこと自体は彼らにとって本来の目的ではありません。

A国がなくなればまた元の国に戻ってしまいます。
不満分子同士は決して和解したわけではなく、A国が存在する間のみ敵の敵は味方ってことで結託していただけで、A国がなくなればまた敵同士に戻り、さらなる紛争が勃発する恐れがあります。

また、不満分子は他の国に飛び火してくすぶり続けています。
A国が物理的になくなっても、極端な思考に洗脳されてしまった人間が世界各国にちらばってしまっているということです。
A国が物理的になくなるのであれば、自分が今住んでいる国で新たなA国をつくればいっかーなどと考えています。

A国に洗脳されていなくても、潜在的な不満を抱え続けている人間もたくさんいます。
誰かが新たなA国をつくる行動を起こせば、便乗して行く可能性もあるということです。

そもそも、どうしてA国のような存在が生まれてしまったのか。
何によって、A国が生み出されてしまったのか。
誰によって、A国が生み出されてしまったのか。

その大元が解決されない限り、A国が復活したり、第2のA国や第3のA国がまた生まれて来たりしてしまいます。
その大元というのは、意外と私たちの身近にあるのかもしれません。

-----


うーむ・・・
どっ・・・、どーでしょう???

「そっ・・・、そーだったのかー! ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!! 」
「だからかー!!だからだったのかー!! ヾ(.;.;゜Д゜)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「経営者の立場や従業員の立場に置き換えて考えてみると、いろんな意味で考えさせられちゃうかも・・・ ( ̄○ ̄;) 」
「求職者とか退職者とかに置き換えて考えてみると、いろんな意味で考えさせられちゃうかも・・・ (・_・;) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「青い鳥症候群ってヤツも、もしかしたら原因の一つなのかも・・・!? (;・∀・) 」
「最大の敵は己の中にありってヤツも、もしかしたら原因の一つなのかも・・・!? (; ̄ェ ̄) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「うわー・・・、コレは反面教師にしなきゃだよな・・・ ( ̄▽ ̄|||) 」
「もしかしたら成功事例よりも、失敗事例の方が役に立つこともあるのかも・・・!? ( ̄‥ ̄;) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

不満を持つのは必ずしも悪いコトばっかじゃないと思うけど、一歩間違えたら、とんでもにゃーコトになっちゃうのかも・・・!? (@ ̄□ ̄@;) 」
「ウチの社長とか上司とか部下とかめっちゃ腹立つけど、こんな会社なくなってしまえー!って思うこともあるけど、もしかしたらそれじゃー何の解決にもならないのかも・・・!? (´ε`;) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ウチの会社も、このまま行くと相当ヤバイ状態に陥っちゃうのかも??? (;゚;Д;゚;;) 」
「既に兆候が出ているってコトなんだろーか???兆候の段階でナントカしないとマジでヤバイかも・・・!? ヽ(;▽;)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ってコトはだよ・・・、アレをあーして、コレをこーして・・・ ((φ( ̄Д ̄ ) 」
「できることなんかなーんにもない!って思っていたけど、できることって意外とまだあるのかも〜 d(⌒ー⌒) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「社長が全部悪いんだ!!残業させるなー!!給料上げろー!!人材育成しろー!!もっといい会社にしろー!! ┗(炎Д炎#)┛ 」
「従業員が全部悪いんだ!!雇ってもらえるだけでも有り難いと思えー!!ちゃんと働けー!!文句ばっか言うなー!!もっといい会社にしろー!! ヾ(*`Д´*)ノ" 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ふぅーん・・・・、世の中にはこーんなどーしよーもない会社もあるんだねぇ〜、大変そうだねぇ〜 ( `.∀´) 」
「ウチの会社は大丈夫だもんねぇ〜、倒産することなんて絶対にないもんねぇ〜 ( ̄▽+ ̄*) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「そんなの自分には関係ないしぃ〜、給料もらえて定年までずっと雇ってもらえたらそれでいいしぃ〜 q( ̄3 ̄)p 」
「会社がヤバそうになったら、さっさと逃げるだけだしぃ〜、忠誠心も愛社精神も全くないしぃ〜 ( ̄。 ̄) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ウチの会社ってば、既にこーんな状態なんだよなー・・・ o( ̄_ ̄|||)o--- 」
「あーあ・・・、誰かナントカしてくれないかな・・・ (;´д⊂) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「やっぱ早く逃げた方がいいんだろーか・・・!?それとも、もうちょっと様子を見た方がいいんだろーか・・・!? (|||▽ ) 」
「いやいやでも、事業継続の危機に陥っているとまではまだ行かないし、今から転職活動するのも億劫だし、もっとヒドイ会社に転職しちゃったらシャレにならないし、どーしよー・・・??? o゚p(∴´⌒`∴)q゚o。 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ヤダー!!こんなブラック企業なんか絶対にヤダー!! (((( ;゜д゜)))) 」
「働きやすくて給料も休みもいっぱいもらえて人間関係も良くて上司にも部下にも恵まれていて、残業も全然なくて仕事もラクチンで通勤もラクで、どんなコトがあっても絶対にクビにならなくて、正社員で一生雇ってくれる理想的ないい会社ってどこかにないかな〜??? (;´Д`)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ナルホド・・・、ちょっぴりわかった気がするかも・・・ ヽ(´ー`)ノ 」
「あ、なーんだー、そーだったんだ〜 (〃▽〃) 」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

他にも、例えば・・・

「方法論や手法などに振り回される前に考えておきたい事って何だろう?」シリーズ
「おすすめの方法やいい方法、手法に頼ったり探したりする理由って何だろう?」シリーズ
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?組織力などとの関係って?
部下が質問しない、質問したくない、質問できない原因って何だろう?
「会議とは?何のため?無駄な会議と意味のある会議の違いって何だろう?」シリーズ
「丸投げとは?丸投げした結果、失うものや得られるものって何だろう?」シリーズ
「属人化とは?属人化する原因って?メリットやデメリットって何だろう?」シリーズ
病気でも出勤するのが常識、病気で休みたくても休めない原因って何だろう?
「上司や部下がうつ病になる組織、ならない組織の違いって何だろう?」シリーズ
部下思いのいい上司が、パワハラ上司に変わってしまった原因って何だろう?
マニュアル人間、主体性がない、指示待ち人間になる理由って何だろう?
「人手不足とは?人材不足とは?人手不足や人材不足になる本当の原因って?」シリーズ
「事業継続計画とは?BCPのつくり方って?中小企業の生き残りとの関係って?」シリーズ
「優秀な人材が辞める本当の理由、優秀な社員から辞める原因って何だろう?」シリーズ
「優秀な人材が見つからない、有能な人材が採用できない原因って何だろう?」シリーズ
売上が上がらない、利益が出ない、赤字になる本当の原因って何だろう?
高付加価値を生み出していると感じる組織と感じられない組織の違いって何だろう?
「日本人の生産性が低い理由って?生産性の向上ってどういう事なんだろう?」シリーズ
「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
「日本の良さとは?外国人や海外経験のある日本人が感じる事って何だろう?」シリーズ
「中小企業の信用力と個人事業主や株式会社、資本金との関係って何だろう?」シリーズ

などなども含めると、いろんな意味で考えさせられちゃいません? (^^)

ふーむ・・・、こーやって考えてみると・・・

まだ見えていないだけで・・・

意外なところにヒントがいっぱい溢れている
おお〜っ ━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━ 見っけ〜♪


のかも〜???

なーんて、感じません? (〃▽〃)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?

・・・え?

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;) 」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/ 」

「全然、ピンとこねぇーし! ((o(>皿<)o)) うっきぃぃぃー!! 」
「結局のところ、どーしたらいいのさ??? (# ̄3 ̄) 」

・・・って?

ううっ・・・、すみません・・・。m(_ _)m

ではでは・・・


■ 会社や部署、部門を国にたとえて考えると気がつくことって何だろう?(2)


では、上記とはまた違うケースから引き続いて一緒に考えてみませんか?
ヾ(・◇・)ノ

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、ゆるゆる〜っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)

あ・・・、続きは気が向いた時に書く予定なので・・・
しばらく待ってやってくださいますよう、ひれ伏してお願い申し上げます(懇願)。
m(_ _)m


※「一体いつ、続きを書くんだよー(怒)!」と言ってくださる奇特な方へ※
「自分で考えて行動する「自律型人材(自律型人財)」が育つ組織って?」ブログの更新状況は、大きく分けて以下2つの方法でお知らせしておりますので、もしよろしければ使ってやっていただけると嬉しいです。m(_ _)m


「自律型人材(自律型人財)が育つ組織って?」ブログのRSS対応状況
「自律型人材(自律型人財)が育つ組織って?」ブログ更新お知らせメルマガ





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「組織力の強化や向上」などのご相談
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



posted by ネクストストラテジー at 06:05| Comment(0) | 組織や仕組みから考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。