2017年09月27日

根性論とは?精神論とは?組織力や現場力などとの関係って何だろう?

「組織力の向上がどーのとか現場力がどーのとかって言っているけど、こんなの根性論とか精神論とか以外のナニモノでもないですよ・・・、根性論とか精神論とかではどーにもならないと思うんですけど・・・ ヽ(;▽;)ノ 」
「根性論とか精神論とかをいくら言ったってムリなものはムリですよ・・・、組織力とか現場力とか以前の話で、根性論や精神論では根本的な解決にならないと思うんですけど・・・ (;´д⊂) 」

その一方で・・・

「これぐらい根性論とか精神論とかじゃないと思うんですけど・・・、それってあまりにも根性がなさ過ぎるだけだと思うんですけど・・・ (;゜д゜) 」
「根性論だろーと精神論だろーと何だろーと、何がなんでもナントカしないといけないものは誰かがナントカしないといけないし、やらなきゃいけないことは誰かがやるしかないと思うんですけど・・・ (|||▽ ) 」

などなど、このような切実な声をお聞きすることもあるんですが・・・
(;´・ω・`)

んでもって・・・

「三方よしの経営相談」や、「自律型人材育成」「組織力の強化や向上」「経営に役立つ情報活用(IT活用・ICT活用)」のお手伝いを行なっているからか・・・
「爆発・炎上・崩壊組織」で消防のお手伝いを行なうこともあるからか・・・

いろんな意味で、考えさせられるコトもあるんですけど・・・
ンーン (( ̄_ ̄*)(* ̄_ ̄)) ンーン

一見、全然関係ないように思えるかもしれないけど、コレってもしかしたら・・・

「経営者の視点を従業員にも持って欲しいと社長が思う理由って何だろう?」シリーズ
社長がいつも強気でパワフルで元気で前向きで楽観的に見える理由って何だろう?
「社長が愚痴る理由、従業員には愚痴らない、愚痴れない理由って何だろう?」シリーズ
経営者が従業員に相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろう?
経営者が優柔不断、迷う、決断できない、行動できない理由って何だろう?
子供を跡継ぎにするか迷う、跡を継がせるかどうか社長が悩む理由って何だろう?
中小企業の従業員が知っておきたい経営者が孤独を感じる原因って何だろう?
「社長が暴走してしまう原因、暴君社長と感じてしまう理由って何だろう?」シリーズ
「事業継続計画とは?BCPのつくり方って?中小企業の生き残りとの関係って?」シリーズ
「事業承継とは?中小企業の経営で本当に引き継ぐ必要がある事って何だろう?」シリーズ

などなどにも、ある意味関係するっちゃーするのかも〜???
なーんて、感じたので・・・

そもそもの話・・・

根性論って、いったい何なんだろーか?
精神論って、いったい何なんだろーか?

何がどうだったら、根性論や精神論と感じてしまうんだろーか?
何がどうだったら、根性論や精神論とは感じないんだろーか?

根性論や精神論で成果が上がることって何なんだろーか?
根性論や精神論で成果は上がらないことって何なんだろーか?

どんな時に、根性論や精神論が必要になるんだろーか?
どんな時には、根性論や精神論が必要にならないんだろーか?

どーして根性論や精神論に頼りたくなってしまうんだろーか?
根性論や精神論に頼る理由、もしくは頼らざるを得ない理由って何なんだろーか?

根性論や精神論に頼るメリットやデメリットって何なんだろーか?
それは、誰にとってのメリットやデメリットなんだろーか?

何のために、根性論や精神論が必要なんだろーか?
誰のために、根性論や精神論が必要なんだろーか?

などなどについて・・・

一緒に考えてみません? (^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/

んーと・・・

まずは、例えばこんなのから考えてみるのはどーでしょう?


■ 根性論とは?
Weblio辞書
乗り越えられない物質的な限界も、根性次第で乗り越えられるという考え。

例えば激しいスポーツで疲労したとしても、根性があればいつまでも動き続けられるだろうと主張することなどが根性論に基づいた考え方である。


ニコニコ大百科
根性論とは、日本国内における論説のひとつである。
論説の内容で「x時間寝ずに〜」のように「一般的な体力や精神的に無理」なことから命名される。

ほとんどの論説が「自分」を主体にしたものであり相手に理解されることはほとんど無いと言って良い。
しかしながら日本国内では「趣味と実益(仕事)」を兼ねる過程から容認されがちである。


ウィキペディア
根性論とは、苦難に屈しない精神=根性があれば、どんな問題でも解決できる・またはどんな目標にも到達できるとする精神論の一つ。

根性論は古くより、スポーツの選手や挫折した人を激励する場面で用いられてきた。
現代では営業職をはじめとするビジネスの世界にも用いられ、ビジネス本には根性論の色彩が強い。

苦労に挫折せず、さらなる向上を目指した結果、今までできなかったことが可能になる。
そして、そのような利益を得るためには、努力するしかない。

努力を続けるために必要なのは根性であり、何事にもめげない精神力こそが必ず人を成功へと導くという思考法である。

こうした考え方は常に否定されるわけではなく、メンタル面が結果を左右する場面では、スポーツの試合において「根性」「絶対に勝つんだという気持ち」など精神的な要素が勝敗に影響することや、正しいトレーニングをする上でのモチベーション維持として用い、健康を害することなく技術や体力の向上につながるといったことも観察される。

その逆に、誤った方向での努力も見られる。「炎天下で水を飲まずに練習を続けて熱中症で倒れる」「関節や筋を傷めていたり、風邪を引いたりしているのに寒い屋外で練習を続行して、体調を余計に悪くする」といったケースがそれである。

当人が根性論を重んじ、この信念に基づいた行動を自ら取る限りは、どのような結果が出ようとも当人の自由であり自己責任ともいえる。
だが、責任者が誤った危険なトレーニング法を根性論を振りかざして強行していた場合は責任問題となる。


■ 根性とは?
コトバンク
1. その人の本来的に持っている性質。しょうね。また、あるものに特有の性質
2. 物事をあくまでやりとおす、たくましい精神。気力


ウィキペディア
根性とは、本来は仏教用語の機根に由来する言葉である。
現在の根性は「異常なまでの努力」といった意味で使われる場合が多いが、本来は「その人間が持って生まれた性質」であり、より深くは衆生が仏の教えを受け入れられる能力や器の浅深のことと言われる。

これが現在のような意味合いに変化(誤用)されるようになったのは、東京オリンピックの女子バレーボール日本代表チームに特訓を課し、金メダルに導いた指導者の発言がきっかけと言われている。


■ 精神論とは?
はてなキーワード
強い精神力によって、物質的な劣勢や困難を克服できるという考え方。


■ 精神主義とは?
ウィキペディア
物質的なものより精神的なものを重んじる立場。
精神力を決定的要因と捉える立場。
精神を根本的なものとみなす立場。


■ 精神力とは?
何かをやり抜こうとする意志の力。
気力。

-----


で・・・

次に、例えばこんなのからも考えてみるのはどーでしょう?


「パラダイス鎖国」
国際競争力の低下という危機がひたひたと迫っているのに、清潔で安全な社会に住み慣れた日本人は海外に対する興味を失っているように見える。

かつてアメリカやヨーロッパは、日本人にとってあこがれの地であった。
海外に行く機会のある仕事は、あこがれの仕事だった。
海外旅行とは一生に一度の「夢」であった。

しかし、いまや日本人が海外に行く必要などすでにない。
アメリカでもヨーロッパでも、日本ではしなくてよいスリや置き引きの心配をさせられる。

関税が下がったり円が高くなったりして、輸入品はすっかり安くなり、わざわざ海外まで行かなくとも欲しいものには手が届く。
海外の情報はインターネットで簡単に入手できる。

それになんといっても日本はどこに言っても清潔だ。
欧米諸国ですら、清潔さでは日本にかなわないのだから、途上国に行くには相当の覚悟がいる。
お腹をこわす危険性も加わる。

その上、これまで国際テロがなかった国ですらその標的となり、海外旅行にはテロや戦争の心配まで加わってしまった。

日本が豊かな先進国になって、海外への憧れがなくなったのは、抗しがたい時代の流れである。
また、日本を代表する企業が新しいグローバル化の公式を見つけられないというのも、時代の流れである。

こうした状況のために企業のインセンティブ・システムが混乱をきたし、「リスクや苦労を負ってでも海外で仕事をしたい」と思う若い人が減っているとしたら、若い人たち自身を責めることはできない。

産業のコスト構造と、産業のコスト構造と、海外事業のビジネスモデルは、ガッツや根性だけで変えられるものではない。

商売として、海外に出るリスクと期待できる成果評価する場合、あるいは個人としてどういう生き方をするかという場合も、「日本にいたほうがいい」となったり、あるいは最初から「海外に出る」という考えすら浮かばなかったりしたとしても、不思議ではない。

「ジャパン・ブランドを守らなければならない」
「新しいグローバル化の公式を見つけなければならない」
「若者よ、海外を目指せ!」

と言いたくなるのもわかるが、叱咤激励されても当の若者は、

「なぜ、そんなことをする必要があるの?」

と答えるだろう。

それだけではインセンティブにはならない。


「なぜ社員はやる気をなくしているのか」
「意識改革」なるものの研修が本当に効果をもたらしたという話を、いまだかつて聞いたことがない。

そもそも、官製談合を「誰でも知っているみんなの秘密」として当たり前のようにやっている組織で、事の本質にかかわるような話には蓋をしたまま、研修できれいごとの「あるべき論」を説教し、それをもっと「意識改革」などと称するのはあまりにも空々しい。

上から言われたから形にだけはしなくては、といった程度の熱意しか感じ取ることができなかったら、そんなことはやるだけ無駄だ。
こういう組織には担当者の熱意などではどうにもならない別次元の根深い問題が横たわっている。

このような組織で大切にされるのは中身ではなく形式だ。

会議であっても、中身はともかく、それをやったという形がまず大事なのだ。
こういう世界の中では、人間も儀式の中の道具だてのひとつになる。

しかし、このようなやり方に慣れきった人たちは、この種の「儀式」を「ディスカッション」と称して、大まじめにずっとやってきたのだ。
中身がまったくないこのような儀式を、誰もおかしいと思わず仕事としてとり行ってきたのである。

内容よりも形式を重視する傾向の強い人たちは、人も道具だてのひとつとして見ているから、役職だとか肩書きに意味は見出しても、「内発的な動機」が果たす役割などには、そもそも興味すら持たない。

命令さえすれば動く「道具」が内発的動機など持つ必要性があるわけないからだ。
道具に人の情熱など、そもそも必要としないから、内発的動機など無視してもいっこうにかまわないのである。

人を、中身(たとえば、考えや意見、関心の有無)で評価するのではなく、その属性(地位や役割)で見る、という考え方を持っていると、人の内発的動機に対する関心はおのずと小さくならざるをえなくなる。

儀式としての体裁を整えることを大切にする人たちが重きを置いているのは、つねに内容よりも形式であり、事実ではなく精神論である。

そして、このような考え方、価値観が当たり前になっていることが、日本という国が今日抱えているさまざまな困難な問題を引き起こしている根源的な要因だと考えている。

事実を直視し、現実と向き合おうとしない国に未来はない。

目指す方向や方針がいかに立派につくられていても、それだけで改革が成し遂げられていくわけではない。


「やっぱり変だよ日本の営業」
結果にしか興味がない営業管理をしていると、どんな結果が生まれるでしょうか。

まず、社員は本当の情報をあげなくなります。
どうせ結果が悪いと叱られるだけですから、あげても損するだけです。

次に、管理職は怠慢になります。
根性を入れてやれば何とかなると思い込み、戦法・戦術の研究を怠り、効率悪化を放置します。

経営者は傲慢になります。
モノが売れるかどうかは営業マンのやる気次第だと信じ込んで、自社の事業や製品の社会的意味を問わなくなり、顧客の気持ちを無視してしまいます。

結果にしか興味がない営業管理をしていると、どんな企業になるのでしょうか。

まず社員は、モチベーションが下がるでしょう。
会社側は戦略、事業と仕組みについて努力しないのに、社員には犠牲を強いているからです。

次に人材が育ちません。
精神論者が増え、管理職は権威と権限にしがみつき、井の中の蛙になってしまいます。

経営者は裸の王様になります。
過去の成功を人格やカリスマ性に結びつけ、その権威を振りかざして組織を追い立て、営業現場や顧客の中で起きている小さな変化を読み取ろうとしなくなるからです。


「採用基準」
組織の管理職には成果目標が問われます。

リーダーシップのない人に成果目標を与えると、その人は結果を出すために無謀な方法に頼ります。

プレーヤーとしての自分の成功体験をメンバーに押しつけたり、根性論や精神論で乗り切ろうとする人もいます。
部下や納入業者など、力の弱い者をたたいて成果をあげようとする人も出て来るし、なかには不正な方法に頼る人もでてきます。

チームのメンバーにとっては、たまったものではありません。


長い日本の労働時間は何が原因か
わが国の労働慣行のほとんどが、実は、1940年体制とも呼ばれる戦後の高度成長期に確立されたものである。

そして、このガラパゴス的な終身雇用―年功序列の体制の下では、ともすれば軍隊的な上意下達システムが出来上がり、ひたすら部下の忠誠心が試されることになりやすい。
いわば上司より先に帰ることが憚られるような空気が、自然に醸成されてしまうのである(いわゆる「つきあい残業」)。

例えば会議から戻ってきた上司が、先に帰宅した部下に「あいつはどこへ行ったんだ?」と訝ったり、残っている部下に「遅くまでご苦労さん」と労ったりするだけで、その組織ではつきあい残業が「評価されてしまう」のである。

こういった、遅くまで残っている社員をともすれば愛でてしまう誤った不毛の精神論の罪は、極めて深いものがある。

加えて、現行の法体系の下では、法定労働時間を超えた残業には割り増し賃金が支払われるので、「つきあい残業」には、インセンティブもまた働くことになってしまう。

これでは残業時間が長くなることは当然ではないか。
そこには生産性の向上という視点の入り込む余地が、そもそもないのだ。


「サービス残業」を肯定する理論は正しいか?
「サービス残業」を肯定するため、次のような理論が語られた。

(1)お客の喜ぶ顔を思えば金のことも気にならなくなるという「仕事はやりがい理論」
(2)定時に仕事を終えることができない部下が悪いという「残業が発生するのは仕事が遅いからだ理論」
(3)まずは金のことは考えずにがむしゃらに働いて能力をアピールしろという「金は後からついてくる理論」

だが、部下はこれらの「理論」に納得せず、仕事を辞めてしまった。

身も蓋もない言い方ですが、どんな理屈をもってしても、サービス残業(賃金不払残業)を法的に正当化する余地は、1ミリたりともありません。

労働基準法は、一日8時間または週40時間を超えて労働者を働かせた場合、残業代(割増賃金)を支払わなければならないと定めています(労基法37条)。
このルールは『強行法規』と言われ、当事者の合意にかかわらず、適用されます。

もし労働者と会社側が、これに反する合意をしていたとしても、無効となります(労基法13条)。
労働者が「サービス残業」に同意していた場合でも同様で、上司が部下の『説得』に成功して、部下がサービス残業を受け入れたとしても、法的には何の意味もありません。

さらにいうと、残業代の不払いは、刑事罰(6か月以下の懲役または30万円以下の罰金)まである『犯罪行為』です。
サービス残業の時間を立証するための客観的証拠が十分にあれば、裁判になっても負ける可能性は低く、年14.6%の高率の遅延損害金もつきます。
残業代と同額の付加金(ペナルティ)まで認められる余地がありますので、まさに『倍返し』が期待できます。

このように、サービス残業はれっきとした法律問題ですから、(1)『仕事はやりがい』理論のように、精神論にすりかえることはできません。
また、労働者の業務量や業務内容をコントロールする義務は、会社にあります。

(2)『残業が発生するのは仕事が遅いからだ理論』も、法的には認められません。
能力評価は、あくまでも所定労働時間をベースにした生産性で行うべきです。

サービス残業を行ったこと自体や、それによって獲得した成果を高く評価するのは、客観的に公平な評価の基準といえません。
そうすると、(3)『金は後からついてくる理論』も説得力はありません。


「目標管理の教科書」
見込み客にいくら電話をしても、アポが取れずに苦悩する。
懇切丁寧な商品説明をしたにもかかわらず、お客様から袖にされ、思わず不快な顔をする。

その態度にクレームが付き、こっぴどく叱られる。
ガックリ肩を落として会社に戻る。

そんな出来事が3日も続けば、せっかく盛り上げたヤル気も、シャボン玉がはじけるように一挙にしぼんでしまう。
それが普通の人間が抱えている弱さではないか。

そんなとき、「お前が決めた目標だから、やり切れよ!」と叱責しても始まらない。


「小さなサービスで大きく売り上げる売れる仕組み」
今までマーケティングに注目しなかったのは、いい商品を提供できれば、いつでも買ってもらえるという自負心があったからです。
いいものさえ提供することができれば、売ることは営業マンの努力次第で何とかなるもので、やる気がないから売れないということになったわけです。

営業マンのやる気だけに頼ろうとする考え方が、今でも一般的です。
これではマーケティング・サイクルを回すことはできません。

商品は顧客にとっては自分の目的を達成するための手段であるということに目を向ける必要があります。
商品を使用することによって得られるメリット、自分自身の目的を達成するための手段として、商品を買うわけです。

多くの企業では、品質のよい、機能性に優れた商品が勝利するものであるとしてマーケティングを展開しがちです。
そのため、「勝負は商品次第である」という過ちを犯してしまうのです。

顧客が商品を購入するのは、商品から得られる満足が顧客にとってどのようなものなのかを評価するからで、商品そのものがどのような品質・性能を持っているかではないのです。

マーケティングにあっては、顧客の心の中にどのような考え方があるのか、感じ方があるのかが問題なのです。

つまり、商品に対して顧客がどのように思っているかがすべてであり、「うちの商品はベスト」というのは幻想にすぎないと言ってもいいのです。

どんな会社であっても「顧客を無視しろ」などという方針を掲げているようなところはないはずです。
「顧客のニーズに応えろ」とか「顧客を大切にしろ」などと旗じるしとして営業を展開していることでしょう。

ところが、実際の営業の場面で、顧客にどのように接しているかというと、「顧客は大事だ」としながらも、結局のところ、顧客を自社の販売目標を達成するための販売先としてしか考えてしなかったり、顧客を単に売上高を増やす相手であるとしか考えていないという場合が多いのです。

立派な方針を掲げているにもかかわらず、その方針がどのような意味を持っているのかをつかめていないために、顧客の視点に立って顧客の要求に応えられていないのです。

では「顧客」とはいったい誰のことをいうのでしょうか。

顧客が誰なのか理解できないからこそ不鮮明な「顧客志向」にならざるを得なくなってしまうのです。

顧客という言葉をあいまいなまま使用し、単に売上高や利益を上げる相手であるくらいに考えて無意識のうちに営業活動を行ってきているのです。

-----


うーむ・・・
どっ・・・、どーでしょう???

「そっ・・・、そーだったのかー! ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!! 」
「だからかー!!だからだったのかー!! ヾ(.;.;゜Д゜)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ナルホド・・・、ちょっぴりわかった気がするかも・・・ ヽ(´ー`)ノ 」
「あ、なーんだー、そーだったんだ〜 (〃▽〃) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;) 」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/ 」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

ううーむ・・・

それぞれの言葉の意味がわからなければ
気づけないこと、気がつかないこともあるけど・・・

それぞれの言葉の意味だけを見ていても
それぞれの言葉の違いだけを見ていても

気づけないこと、気がつかないこともある


んじゃーないかな〜???

なーんて、感じません? (^^)

他にも、例えば・・・

「方法論や手法などに振り回される前に考えておきたい事って何だろう?」シリーズ
対症療法とは?会社の現状そのものに対処しようとすると何が起こるんだろう?
「根本的な原因とは?真因とは?今見えている問題って本当の問題?」シリーズ
「普通とは?一般的とは?当たり前とは?誰がどんな基準で決めるんだろう?」シリーズ
「顧客って誰のこと?どんな人や企業がお客様か考えると気づくことって?」シリーズ
「新規顧客開拓って何のため?誰のため?顧客流出などとの関係って何だろう?」シリーズ
「効果的な宣伝方法や販売促進のやり方とは?三方よしとの関係って何だろう?」シリーズ
売上が上がらない、利益が出ない、赤字になる本当の原因って何だろう?
新規事業、新製品やサービスの考え方とは?何のため、誰のために考えるんだろう?
人間にしかできないこと、コンピュータにできること、できないことって何だろう?
「IT化やシステム化、パソコン導入すれば生産性は向上するんだろうか?」シリーズ
「日本人の生産性が低い理由って?生産性の向上ってどういう事なんだろう?」シリーズ
「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
「日本の良さとは?外国人や海外経験のある日本人が感じる事って何だろう?」シリーズ
「会社や部署、部門等を国にたとえて考えると気がつくことって何だろう?」シリーズ
部下思いのいい上司が、パワハラ上司に変わってしまった原因って何だろう?
「上司や部下がうつ病になる組織、ならない組織の違いって何だろう?」シリーズ
病気でも出勤するのが常識、病気で休みたくても休めない原因って何だろう?
「人手不足とは?人材不足とは?人手不足や人材不足になる本当の原因って?」シリーズ
「従業員に危機感を持たせる、危機感を煽るメリットやデメリットって何だろう?」シリーズ
「優秀な人材が辞める本当の理由、優秀な社員から辞める原因って何だろう?」シリーズ
「優秀な人材が見つからない、有能な人材が採用できない原因って何だろう?」シリーズ
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「強い組織の作り方とは?強い組織か弱い組織かの判断基準って何だろう?」シリーズ
「組織じゃないとできないこと、組織でなくてもできることって何だろう?」シリーズ

などなども含めると・・・

根性論や精神論って、目的なんだろーか?
根性論や精神論って、手段なんだろーか?

根性論や精神論って、理念・ビジョン・ミッションなどとは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、戦略とは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、方針とは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、経営計画とは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、経営環境の変化とは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、生産性タイムマネジメントなどとは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、付加価値とは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、アイデアとは、何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、イノベーションとは、何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、多様性や画一性などとは、何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、成果とは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、投資対効果や費用対効果などとは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、人事制度や人事システムなどとは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、終身雇用や年功序列などとは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、成果主義や能力主義、実力主義などとは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、マーケティングとは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、ニーズやウォンツとは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、おもてなし、ホスピタリティ、サービスなどとは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、顧客満足度とは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、独自性や優位性、差別化競争力(国際競争力)などとは、何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、取引先や従業員からの信用や信頼などとは、何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、コンプライアンスやコーポレート・ガバナンスなどとは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、企業価値やCSRなどとは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、労働法とは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、ブラック企業とは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、下請けいじめとは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、経営資源とは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、人件費や人件費の削減などとは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、リストラとは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、利益とは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、ノルマとは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、資金繰りとは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、債務超過や赤字などとは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、倒産や廃業、経営破綻などとは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、組織組織文化・組織風土などとは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、強い組織や弱い組織組織力現場力などとは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、人材採用とは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、人手不足や人材不足などとは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、属人化とは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、人事異動や配置転換適材適所などとは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、職務型や職能型などとは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、人事評価や人事考課などとは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、人材育成とは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、人材開発や能力開発などとは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、教育(共育)とは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、自律や自立、自分で考えて行動する力などとは、何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、協調性主体性などとは、何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、人材、人財、人在、人罪、人済などとは、何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、やる気や向上心、チャレンジ精神などとは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、出る杭を打つ組織なのか出る杭を打たない組織なのかとは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、帰属意識、仲間意識、忠誠心、愛社精神などとは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、組織としての一体感や連帯感、団結力などとは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、井の中の蛙、ゆで蛙現象、組織のタコツボ化などとは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、当事者意識問題意識危機感などとは、何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、問題発見力問題解決力などとは、何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、マネジメント力リーダーシップ力などとは、何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、経営者意識や経営感覚などとは、何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、意識を変えることや意識が変わること、気づきなどとは、何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、経営者の役割や仕事とは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、管理職の役割や仕事とは何がどう関係するんだろーか?
根性論や精神論って、一般従業員の役割や仕事とは何がどう関係するんだろーか?

根性論や精神論って、人事部(総務部)や営業部、製造部などの各部門の役割や仕事にはどんな関係があるんだろーか?
根性論や精神論って、下請け企業や親会社(親事業者)などの取引先にはどんな関係があるんだろーか?

経営者の立場だからこそできること、できないことって何だろーか?
管理職の立場だからこそできること、できないことって何だろーか?
人事部(総務部)の立場だからこそできること、できないことって何だろーか?
一般従業員の立場だからこそできること、できないことって何だろーか?

なんかについても、いろんな意味で考えさせられちゃいません? (^^)

ふーむ・・・、こーやって考えてみると・・・

まだ見えていないだけで・・・

意外なところにヒントがいっぱい溢れている
おお〜っ ━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━ 見っけ〜♪


のかも〜???

なーんて、感じません? (〃▽〃)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?


ってなワケで、「組織や仕組みから、自律的に考えて行動してみる」カテゴリとしては、


■ 「役職とは?肩書きとは?役職や肩書きって何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ


へ、続きまーす。(^^)/
( ↑ あくまでも予定なので変更しちゃう可能性もあります、ゴメンナサイ)

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)

あ・・・、続きは気が向いた時に書く予定なので・・・
しばらく待ってやってくださいますよう、ひれ伏してお願い申し上げます(懇願)。
m(_ _)m


※「一体いつ、続きを書くんだよー(怒)!」と言ってくださる奇特な方へ※
「自分で考えて行動する「自律型人材(自律型人財)」が育つ組織って?」ブログの更新状況は、大きく分けて以下2つの方法でお知らせしておりますので、もしよろしければ使ってやっていただけると嬉しいです。m(_ _)m


「自律型人材(自律型人財)が育つ組織って?」ブログのRSS対応状況
「自律型人材(自律型人財)が育つ組織って?」ブログ更新お知らせメルマガ





★★★ ネクストストラテジーは、三方よしの場づくり黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に、「三方よし経営」のお手伝いを行っております。(^^)/
「自律型人材育成」「自律型の組織変革」などのご相談
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 m(_ _)m



【追伸1】
「・・・で、答えは何なの???」と思った方へ


よろしければ、以下の記事も見てやっていただけると嬉しいです。(^^)

「自分で考えて行動する「自律型人材」が育つ組織って?」ブログについて
「答えが見つからない、探しても解決策が見つからない原因って何だろう?」シリーズ
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?組織力などとの関係って?
「自立」とは?「自律」とは?その違いって?自律型人材とは?
「社長、上司、部下、会社組織にとって本当に必要な支援って何だろう?」シリーズ


【追伸2】
「三方よしって、何???」
という方は、よろしければ以下のページも見てやってもらえると嬉しいです。(^^)


三方よしって、何だろう?


posted by ネクストストラテジー at 05:00| Comment(0) | 組織や仕組みから考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。