2018年09月25日

組織や製品等のライフサイクルと組織力の強化や向上との関係って?

「組織力を強化するには、何をどーしたらいいんだろ〜??? (o´д`o)=3 」
「組織力を向上するには、何をどーしたらいいんだろ〜??? (;´д⊂) 」

「組織力の強化や向上って、普通は何からやるものなんだろ〜??? o( ̄_ ̄|||)o--- 」
「組織力の強化や向上のいい方法って、なーんかないのかな〜??? (;´Д`)ノ 」

などなど、このような切実な声をお聞きすることもあるんですが・・・
(;´・ω・`)

んでもって・・・

「三方よしの経営相談」「組織人事戦略(戦略的な組織づくり)」「組織力の強化や向上」などのお手伝いを行なっているからなのか・・・
「爆発・炎上・崩壊組織」で消防のお手伝いを行なうこともあるからなのか・・・

いろんな意味で、考えさせられるコトもあるんですけど・・・
ンーン (( ̄_ ̄*)(* ̄_ ̄)) ンーン

一見、全然関係ないように思えるかもしれないけど、コレってもしかしたら・・・

「借金返すか廃業するかなど両極端な思考に走る前にできることって何だろう?」シリーズ
社長が従業員に相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろう?
「社長が愚痴る理由、従業員には愚痴らない、愚痴れない理由って何だろう?」シリーズ
社長がいつも強気でパワフルで元気で前向きで楽観的に見える理由って何だろう?
「従業員の声に社長が耳を貸さない時、貸したくなる時の違いって何だろう?」シリーズ
子供を跡継ぎにするか迷う、跡を継がせるかどうか社長が悩む理由って何だろう?
社長自身がうつ病になったり心が折れたりする前にできることって何だろう?
「経営者の視点を従業員にも持って欲しいと社長が思う理由って何だろう?」シリーズ

などなどにも、ある意味関係するっちゃーするのかも〜???

なーんて、感じるコトもあるので・・・

組織力の強化や向上って、どんな時に必要なんだろーか?
組織力の強化や向上って、どんな時には必要ないんだろーか?
それはどんな基準でどう判断するんだろーか?

必要となる組織力の強化や向上って、どんな会社であっても同じなんだろーか?
必要となる組織力の強化や向上って、どんな状況であっても同じなんだろーか?

組織力の強化や向上って、何のために行うんだろーか?
組織力の強化や向上って、誰のために行うんだろーか?

組織力の強化や向上を行うことって、目的なんだろーか?
それとも、手段なんだろーか?

などなどについて、一緒に考えてみません? (^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/

んーと・・・、視点が変われば気がつくことがもしかしたら何かあるかもしれないので・・・
(と言いつつ、なーんにも気づくことながなったらゴメンナサイ (>人<;) )

例えばこんなのから考えてみるのはどーでしょう?


■ ライフサイクルとは?
ウィキペディア
精神分析家で発達心理学者のエリクソンが著で取り上げてから、広く一般にこの言葉が浸透するようになった。

これで、人生前半の成長と、後半の老化を説明したものである。
それは、今で言うライフスパンにあたる。

エリクソンは人生を8つの段階に分け、それぞれで解決すべき課題があるとした。
8つの段階は次の通りである。

・乳児期
・幼児期初期
・幼児期
・学童期
・青年期
・成人期初期
・成人期後期
・老年期


コトバンク
商品が市場に投入されてから姿を消すまでの流れを表すもの。
もともとは、人生の経過を円環に描いて説明したもので、商品を生物にたとえた表現。

ライフサイクルという考え方は商品だけではなく、情報システムや運用管理、改善計画など、最近では多くのビジネス現場で使われるようになってきた。


■ 製品ライフサイクルとは?(プロダクト・ライフサイクルとは?)
ウィキペディア
マーケティング用語の1つで、製品が市場に登場してから退場するまでの間を指し、普通は各製品に対してこの間の売上と利益の変化に着目して、最適のマーケティング戦略を構築するための基本的な情報となる。

製品にライフサイクルがあるという考えは、以下の4点を前提としている。

1. 製品寿命は限られる
2. 製品の販売は時間と共に「機会」、「試練」、「問題」によって変化する
3. 製品販売の変化は利益の変化となって現れる
4. 製品販売の変化に対応した「マーケティング」、「財務」、「製造」、「購買」、「人的資源」戦略が必要となる

製品ライフサイクルは4つの段階より構成される。

1. 導入期
導入期は製品が市場に導入されて販売が開始された時点から、徐々に販売数が伸びてゆく期間である。
市場へ製品を導入するために多額の費用が発生するために利益は無いことが多い。

2. 成長期
成長期は製品が市場で受け入れられ、大幅に利益が得られる期間である。

3. 成熟期
成熟期は製品が市場の潜在的購入者のすべてに行き渡り、成長期での販売の伸びに比べて減速する期間である。
利益は安定的に得られるか、または競争の激化によって減少する。
製品ごとの成熟期の長短がそのライフサイクル全体の長さを決める主要な要因となる。

4. 衰退期
衰退期は製品の売上が減少してゆき、利益もそれに伴って減少する期間。


通常の製品ライフサイクルは売上と利益を時間軸でプロットするとS形の曲線を描く。
上記に加え、導入期以前に「開発期」を含めた5つの段階とする場合もある。


Weblio辞書
製品やサービスの導入から衰退までの流れのこと。
プロダクトライフサイクルは大きく4つの時期に分けて考えることができます。

@ 商品導入期
ブランドの確立期でマーケティングコストに対しての売上げが低いため利益を生み出しにくい状態。

A 成長期
市場浸透期で需要の増大に伴い競合の参入も増えてきます。

B 成熟期
他社との差別化が重要となる時期でマーケティングによる差別化や広告によるイメージチェンジなどが行われます。

C 衰退期
売上げが急速に減少し、市場からの撤退やイノベーションによる新しい価値の創造が迫られます。


■ 組織のライフサイクルとは?(企業(組織)の成長ステージとは?)
ITmedia
人間も会社も生き物であり、ライフサイクルがあるといわれています。


・第1ステージ:起業黎明期
このステージはまさに生まれたばかりの赤ちゃんのようにひ弱で、何もない状態の中からサービスや製品を開発し、組織をつくり上げていくので、一匹狼的なタイプでハイリスク・ハイリターンを求める人たちがメンバーとして参加する傾向にあります。

人にいちいち相談せずとも自主的、能動的に率先して実行する人たちです。
いかに有能な人物であっても指示待ちタイプはこの組織では生き残っていくことはできません。

さまざまなリスクが高い状況ですので、創業者との人間的なつながりや信頼関係、あるいはビジネスそのものが大きく成長する要因がないと、メンバーとして参画しないケースが大部分です。


・第2ステージ:拡大成長期
創業期の混沌とした中でチャンスをつかみ、ビジネスが急速に成長していくステージです。
一気に視界がひらけてビジネスが急成長しますが、急成長したが故に問題も起こります。

ビジネスの成長スピードに人が追いつかないために、戦略的な人の採用や育成といった人材戦略を考える暇もなく、大量に人の採用をせざるを得ない状況に陥りやすいのがこの時期です。

最優先の課題ばかりが山積みの状態ですべてが同時進行で進み、ミドル層が育たないまま組織が一気に肥大しプランと現実との乖離が大きくなります。


・第3ステージ:転換過渡期
この時期は会社のライフサイクルにおいてもターニングポイントといえ、公器としての会社に変わっていけるかどうかを試されます。

今までの属人性が強く柔軟な組織からセクションごとに役割を明確にし、きちんと機能する組織に方向性を変えざるを得ない時期でもあります。
今ある人事制度や評価制度を見直し、現状に合う体制に作り直す必要性に迫られます。

今までの企業カルチャー企業理念を継承しつつ、組織を再構築する必要があります。


・第4ステージ:成熟期
この時期は売上げとともに利益率も高く、会社としても管理部門と営業部門のバランスが取れている時期です。

かえって優柔不断になり、会社の方向性を見失ってしまうこともあります。

部門間の障壁が高くなり、最新の情報や悪い情報が上層部に上がってこなくならないよう、危機感を持つ必要もあります。


・第5ステージ:縮小加齢期
いわゆる大企業病に侵された組織といえます。
組織も生き物である限り、成熟期を迎えるといずれこのステージに行き着くことになります。

この時期は、組織全体が保守的でリスクを回避する傾向となり、市場に目が行かず社内政治に明け暮れ官僚的な組織になりがちです。

過去の成功体験を引きずり、しがらみも多くなり抜本的な改革ができにくく、それがために新製品やサービスの開発が進まないという末期的状況に陥りがちです。

組織構造も、利益を生み出さないコストセンターの費用がかさみ、組織として身動きできない状況となってきます。

しかしながら、必ず死ぬことを運命付けられている人間と違って、組織は死を迎えずに再生、再建することも可能です。

中小企業庁
円滑な成長を遂げていくためには、成長段階ごとに直面する課題や困難を克服していく必要がある。


1. 創業期
本業の製品・商品・サービスによる売上がない段階。

課題は「資金調達」の割合が最も高く、次いで「家族の理解・協力」の割合が高くなっている。


2. 成長初期
売上が計上されているが、営業利益がまだ黒字化していない段階。

課題は「資金調達」の割合が創業期に引続き依然として高いものの、「質の高い人材の確保」、「量的な労働力の確保」といった人材確保に関する課題の割合も高く、さらに、「販路開拓・マーケティング」、「自社の宣伝・PR」といった、販路開拓に関する課題についても、比較的割合が高くなっている。


3. 安定・拡大期
売上が計上され、少なくとも一期は営業利益が黒字化した段階。

課題は「質の高い人材の確保」の割合が最も高く、次いで「企業の成長に応じた組織体制の見直し」、「量的な労働力の確保」の順になっている。


Weblio辞書
成長ステージとは、一般的には、ベンチャー企業が事業を開始してから成長・発展し軌道に乗るまでに経過する各種段階のことである。
主に投資を行う際の観点として用いられる。

ベンチャー企業の成長ステージは、おおむね

・シードステージ
会社を設立する前の準備期。

・アーリーステージ
創業して間もない時期。

・ミドルステージ(エクスパンションステージ)
ミドルステージは、事業自体は安定しつつあり売上が不安定な時期。
ミドルステージ(エクスパンションステージ)は、事業の収益化が加速し成長・拡大しつつある時期。

・レイターステージ
事業が発展・成熟しつつあり更なる変革を見据える時期。

のように区分される。

区分の方式は必ずしも一定でなく、シードステージとアーリーステージとの間に「スタートアップステージ」を設けたり、シードステージを省いてスタートアップステージ以降の4段階を成長ステージとする場合もある。

アーリーステージの位置づけで「スタートアップステージ」と呼ぶなど、呼称もまちまちといえる。

アーリーステージまでは資金を生み出す仕組みがない、または確立されていない状態といえる。

-----


えーと・・・

上記だけではどーもピンと来ないって時は、例えばこんなのを自社(自分)なりにつくってみてから考えてみるのもアリなんじゃーないかと〜。
d(⌒o⌒)b


■ 企業(組織)の成長ステージ別特性(なんちゃっておちゃらけバージョン)
以下はあくまでも、思いつくままテキトーにカキカキした「ざっくりばっくりなんちゃっておちゃらけバージョン」っす。
ヾ( ̄ω ̄〃)ノ

なので、自社や業界の経営環境とか社内でよく聞こえて来る声とかも思い浮かべながら、みなさまの会社に合ったものをご自分で考えてみてくらぱいね〜♪
(⌒▽⌒)ノ

(こんな「ざっくりばっくりなんちゃっておちゃらけバージョン」をパクって、そっくりそのまま使っちゃうような方は、まずいらっしゃらないとは思いますが・・・)


○ 創業期
ウキウキルンルン、ドキドキワクワク、ビクビクオロオロで創業したばっか。
でも、狭い範囲の人間関係をベースにしたビジネスになりがちな時期なので、仕事が少ない or 全くない可能性もあり。

↓ で・・・

一歩間違えたら、用意しておいた資金を食いつぶして、あっと言う間に潰れてしまう可能性が高い時期でもあるので・・・
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

↓ こーゆー時期だからこそ・・・

「ふっふーん、ちょろいもんさー ( ´θ`)ノ」

などと、ただうかれるのではなく・・・

「こんなはずじゃーなかったのに・・・ ( TДT) 」

などと、ただ嘆くのでもなく・・・

「まっ、そのうちナントカなるっしょ〜 ヽ(´ー`)ノ 」

などと、ただ開き直るのでもなく・・・

「やるっきゃないっしょ!気合だー!根性だー! ( ・`ω・´)〇 」

などと、根性論や精神論だけでただ突っ走るのでもなく・・・

例えば、創業前に立てたビジネスのプラン(絵に描いたモチ)の見直しをやったり・・・
ミッション・ビジョン・理念やら、戦略やらを見直したり・・・
それらを改めて共有し直したり、コンセンサスをきちんと取ったり・・・

なーんてことを、余裕があるうちにやっておかないと、もったいなくね?
今のうちに基礎固めをしっかりとやっておかないと、ヤバくね?

って、時期でもあるんじゃーないかな〜???

だとしたら・・・

この時期に適している人事制度や人事システムって、どんなのなんだろーか???
この時期に必要となる組織力の強化・向上とか、人材育成とかってどんなのなんだろーか???

・・・とか?


○ 急成長期
社会的な認知度が高まって行き、製品やサービスが売れて行く時期。
売上も増えて来て、今までの苦労がようやく報われたと感じる時期。
ヾ(*´д`*)ノキャッキャ

↓ が・・・

競争が激化する時期でもあるので・・・
一時のブームで終わっちゃう可能性だってあるので・・・

↓ つまり・・・

「わ〜いっっ、もっと売れてちょ〜っっ♪ ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ 」

などと、調子こいてばっかいると・・・
足下をすくわれて、一挙に大転落してしまう可能性だってあるかもしれないので・・・

↓ こーゆー時期だからこそ・・・

例えば・・・

顧客ニーズをとらえて、今売れている製品やサービスの改良をしっかりやっておくとか・・・
急成長でカネをバンバン使って資金ショートしたらシャレにならんから、利益計画とか資金管理とかをきちんとやっておくとか・・・
財務諸表(決算書)なんぞをしっかり見て、経営状況をちゃんと把握しておくとか・・・

従業員の数が増えて来たら、今までのように・・・

「何も言わなくてもツーカーだよね〜、みんなわかってくれるよね〜 (o*゜∇゜)o 」

なーんてワケには行かなくなる可能性が高いだろーから・・・

コミュニケーションを今まで以上に密にしたり・・・
ミッション・ビジョン・理念やら、戦略やらの全社的な共有をしたり・・・

なーんてことを、余裕があるうちにやっておかないと、もったいなくね?
今のうちに足下をかためておかないと、ヤバくね?

って、時期でもあるんじゃーないかな〜???

だとしたら・・・

この時期に適している人事制度や人事システムって、どんなのなんだろーか???
この時期に必要となる組織力の強化・向上とか、人材育成とかってどんなのなんだろーか???

・・・とか?


○ 経営基盤確立期
会社の知名度が高まり、収益力が安定する時期。

「ああ、あの企業でしょ〜 (*´∀`) 」
「知ってる知ってる、あの製品・サービスでしょ〜 ヽ(`▽´)/ 」
「いいよね〜、あそこの製品・サービスって♪ (*゚▽゚)ノ 」

なーんて言ってもらえるのが当たり前になって来る時期。
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー

↓ でもね・・・

市場が飽和して来る時期でもあるので・・・

↓ つまり・・・

「この世の春だねぇ〜♪ (≧◇≦)ノ▽酒」
「順風満帆♪将来安泰♪ ( ゚∀゚)Ψ ひゃっひゃっひゃー 」

などと、成功に酔いしれて・・・

どや顔で、天狗になっちゃっているだけだと・・・
のんべんだらりぃ〜と、安心しきっているだけだと・・・

いずれ頭打ちになって、落っこっちゃう可能性だってあるかもしれないので・・・
時代の流れとともに、市場そのものがヘタすればなくなっちゃう可能性だってあるかもしれないので・・・

「げっ・・・、まさかこんなことで!? 工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!? 」

って感じで、社会的信用が一瞬で吹っ飛ぶ可能性だってあるかもしれないので・・・

↓ こーゆー時期だからこそ・・・

例えば・・・

次の柱となる新たな事業の芽を育てておくとか・・・
リスクヘッジおくとか・・・

コーポレート・ガバナンスの強化をしておくとか・・・
コンプライアンスを強化しておくとか・・・
過去の成功体験や古い体質からの脱却とか、常識や慣習などにとらわれない企業風土を醸成しておくとか・・・

なーんてことを、今のうちにやっておかないと、もったいなくね?
この時期に安穏として成長が完全にストップしちゃったら、マジヤバくね?

って、時期でもあるんじゃーないかな〜???

だとしたら・・・

この時期に適している人事制度や人事システムって、どんなのなんだろーか???
この時期に必要となる組織力の強化・向上とか、人材育成とかってどんなのなんだろーか???

・・・とか?


○ 新成長期
経営基盤確立期に手がけた新たな事業が軌道に乗って来て、さらに大きな成長をしていく時期

「第2の急成長期」とも言える時期。
イェ━━━━━ヽ( ゜Д゜)人(゜Д゜ )ノ━━━━━━イ

↓ でもね・・・

今はピカピカの新しい事業だって、いつかは市場が飽和して停滞しちゃう可能性だってあるので・・・
時代の流れとともに、市場そのものがヘタすればなくなっちゃう可能性だってあるかもしれないので・・・

↓ こーゆー時期だからこそ・・・

例えば・・・

今後、複数事業を起こしても大丈夫なように、システムを見直しておくとか・・・
次のステージへ向けた準備を行っておくとか・・・

なーんてことを、余裕があるうちにやっておかないと、もったいなくね?
今のうちにさらなる足固めをしておかないと、ヤバくね?

って、時期でもあるんじゃーないかな〜???

だとしたら・・・

この時期に適している人事制度や人事システムって、どんなのなんだろーか???
この時期に必要となる組織力の強化・向上とか、人材育成とかってどんなのなんだろーか???

・・・とか?


○ 経営革新期
リーダー企業としての地位を確立する時期。
いろんな企業が成功の秘訣のお手本とし、羨望の眼差しでこぞって真似っこしてもらえるような時期。
それ(・∀・)ィィネ!!(・∀・)ィィネ!!(・∀・)ィィーネ!!

↓ でもね、 こーゆー時期だからこそ・・・

例えば、多種多様な事業で、高収益の柱をさらにさらにつくって行くとか・・・
儲けるに走るばっかじゃーなく、社会に貢献するとか・・・
さらなる経営革新を行うとか・・・

なーんてことを、やっておかないともったいなくね?
リーダー企業としての責任ってものもあるんでね?

って、時期でもあるんじゃーないかな〜???

だとしたら・・・

この時期に適している人事制度や人事システムって、どんなのなんだろーか???
この時期に必要となる組織力の強化・向上とか、人材育成とかってどんなのなんだろーか???

・・・とか?

-----


うーむ・・・
どっ・・・、どーでしょう???

「そっ・・・、そーだったのかー! ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!! 」
「だからかー!!だからだったのかー!! ヾ(.;.;゜Д゜)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ナルホド・・・、ちょっぴりわかった気がするかも・・・ ヽ(´ー`)ノ 」
「あ、なーんだー、そーだったんだ〜 (〃▽〃) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;) 」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/ 」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

他にも、例えば・・・

会社の全体像を俯瞰すると気づく事、俯瞰しないと気づけない事って何だろう?
「方法論や手法などに振り回される前に考えておきたい事って何だろう?」シリーズ
対症療法とは?会社の現状そのものに対処しようとすると何が起こるんだろう?
現状把握ってどんな時に必要?何のため?対処方法や効果などとの関係って何だろう?
「自社の強みや弱み、長所や短所、状況や現状などの判断基準って?」シリーズ
「根本的な原因とは?真因とは?今見えている問題って本当の問題?」シリーズ
「売上や利益が上がらない原因を組織面から考えると気づく事って何だろう?」シリーズ
「属人化とは?属人化する原因って?メリットやデメリットって何だろう?」シリーズ
部下思いのいい上司が、パワハラ上司に変わってしまった原因って何だろう?
「上司や部下がうつ病になる組織、ならない組織の違いって何だろう?」シリーズ
「優秀な人材が辞める本当の理由、優秀な社員から辞める原因って何だろう?」シリーズ
「人手不足とは?人材不足とは?人手不足や人材不足になる本当の原因って?」シリーズ
「日本人の生産性が低い理由って?生産性の向上ってどういう事なんだろう?」シリーズ
「IT化やシステム化、パソコン導入すれば生産性は向上するんだろうか?」シリーズ
「人材育成で効果が出る事、人材育成では効果が出ない事って何だろう?」シリーズ
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「組織じゃないとできないこと、組織でなくてもできることって何だろう?」シリーズ
「会社の方向性を決めるには?必要な事、必要ではない事って何だろう?」シリーズ
「経営計画を立てたり、経営方針を決めたりするのに必要なことって何だろう?」シリーズ

などなども含めると、いろんな意味で考えさせられちゃいません? (^^)

ふーむ・・・、こーやって考えてみると・・・

まだ見えていないだけで・・・

意外なところにヒントがいっぱい溢れている
おお〜っ ━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━ 見っけ〜♪


のかも〜???

なーんて、感じません? (〃▽〃)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?

ってなワケで、「組織や仕組みから、自律的に考えて行動してみる」カテゴリとしては、


社長にとって必要な組織とは?必要となる組織力の向上や強化って同じ?


へ、続きまーす。(^^)/

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)





★★★ ネクストストラテジーは、三方よし経営の黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に「三方よし経営」のお手伝いを行っております。
「戦略的な組織づくり」「組織力の強化や向上」などのご相談
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 (⌒人⌒)



【追伸1】
「・・・で、答えは何なの???」と思った方へ


よろしければ、以下の記事も見てやっていただけると嬉しいです。(^^)

「自分で考えて行動する「自律型人材」が育つ組織って?」ブログについて
「答えが見つからない、探しても解決策が見つからない原因って何だろう?」シリーズ
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?組織力などとの関係って?
「自立」とは?「自律」とは?その違いって?自律型人材とは?
「社長、上司、部下、会社組織にとって本当に必要な支援って何だろう?」シリーズ


【追伸2】
「三方よしって、何???」
という方は、よろしければ以下のページも見てやってもらえると嬉しいです。(^^)


三方よしって、何だろう?


posted by ネクストストラテジー at 05:10| Comment(0) | 組織や仕組みから考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。