ブログのリニューアルとお引越しの予告

2019年9月17日(火)付で、リニューアルも兼ねてブログをお引越しする予定です。
詳細については、以下の記事を見てやってくらぱいませませ〜。
(⌒人⌒)

リニューアルも兼ねてブログお引越しの予告


2019年05月07日

成功事例や失敗事例が役に立つ時、役に立たない時の違いって?(1)


「成功事例と失敗事例って、どっちの方が役に立つんだろ〜??? 。゚(゚^o^゚)゚。 」
「やっぱ成功事例の方が役に立ちそうかな???それとも失敗事例の方が役に立ちそうかな??? (´ε`;) 」

「成功事例のメリットって何だろ〜???デメリットって何だろ〜??? ( ̄ー ̄?) 」
「失敗事例のメリットって何だろ〜???デメリットって何だろ〜??? ( ̄(工) ̄) 」

「役に立ちそうな成功事例って、どこかにないものかな〜??? ( ´ ▽ ` )ノ 」
「役に立ちそうな失敗事例って、なーんかないかな〜??? ( ̄‥ ̄;) 」

などなど、このような声をお聞きすることもあるんですが・・・
( ´・ω・`)

んでもって・・・

「三方よしの経営相談」「組織人事戦略(戦略的な組織づくり)」「人材育成戦略(戦略的な人材育成)」「経営に役立つ情報活用(IT活用・ICT活用)」などなどのお手伝いを行なっているからなのか・・・
「爆発・炎上・崩壊組織」で消防のお手伝いを行なうこともあるからなのか・・・

いろんな意味で、考えさせられるコトもあるんですけど・・・
ンーン (( ̄_ ̄*)(* ̄_ ̄)) ンーン

コレって、もしかしたら・・・

「人材育成で効果が出る事、人材育成では効果が出ない事って何だろう?」シリーズ
自律型人材は、一方的に教えて育てる教育で育てられるんだろうか?
人材育成や教育を「自分ができる事」と「教えられる事」から考えてみると見えることって?
「研修とは?本当に役立つ社員研修や管理職研修を行うのに必要なことって何?」シリーズ
「知識や方法論中心の研修で育つ力、育たない力って何だろう?」シリーズ
思考停止を招く教育とは?従業員の主体性や向上心が育つ人材育成って?
「おすすめの方法やいい方法、手法に頼ったり探したりする理由って何だろう?」シリーズ
「手っ取り早い解決策やテクニックに頼る理由、メリットやデメリットって?」シリーズ
人間にしかできないこと、コンピュータにできること、できないことって何だろう?
「人材育成とは?何のため?誰のため?どんな時に必要なんだろうか?」シリーズ
人材育成をマーケティング・コンセプトから考えると見えることって何だろう?

などなどにも、ある意味関係するっちゃーする面もあるのかも〜???

なーんて、感じるコトもあるので・・・

一緒に考えてみません? (^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/

んーと・・・

まずは、成功事例の方が役立つように感じている方の、例えばこんな声から考えてみるのはどーでしょう?


■ Aさんの声
成功事例と失敗事例のどちらが役立つかってゆーと、個人的には成功事例の方が役立つようにどーも感じちゃうんですよね。

だって、成功事例の方がメリットが多いじゃないですか。
成功事例と失敗事例のどちらをお金を払って聞きたいかって考えたら、やっぱり成功事例の方ですよね。

その証拠に、市販の書籍なんかに載っているのも成功事例の方が多いですよね。
やっぱり成功事例の方が売れるからじゃないですかね?

そりゃーそーですよねー、成功事例の方が夢があるじゃないですか。
希望が持てるし、聞いていて明るい気持ちになれるし前向きな気持ちになれるじゃないですか。

小説にしたってドラマにしたって映画にしたってそうなんでしょーけど、ハッピーエンドの話の方がいいですよね。
それと同じようなものかも?

ニュースだってそうで、凄惨な殺人事件のニュースを聞くよりも、心温まる感動的なニュースを聞く方がずっとずっといいですよね。
それと似たようなものかも?

実際、SNSとかでも明るいニュースとか感動的なニュースとかばっかみんな載せているじゃないですか。
それと似たようなものかも?

そもそも現実の社会が暗いから、みんな明るいニュースを見たいものなんですよね。
明るい話で暗い雰囲気を吹き飛ばしたいってゆーか。

景気の「気」は気分の「気」とは、よく言ったものなのかもしれませんね。
そーゆー意味でも、成功事例の方が役立つと思いますね。

誰だって、失敗するよりも成功したいものじゃないですか。
誰だって、泣いて過ごす人生よりも笑って過ごす人生の方がいいと思いますからね。

それに、成功事例にすがりたくなっちゃう時だってありますよね。
特に、やってもやっても上手く行かずに失敗ばかり続いていると特に。

人間って、やっぱ弱いから。
経営者だって、やっぱり人間ですから。

そう思うと、暗い気持ちになっている時とか、心が弱っている時とかほど、成功事例の方が役に立つように感じてしまうものなのかもしれませんね。

失敗事例を聞いても、暗い気持ちにしかなれないよなーってどーも思っちゃいますね。
暗い気持ちになるのがわかっているのに、失敗事例なんか知りたくもないよなーって。

それでなくても不安な気持ちとか、弱音を吐きたい気持ちとか愚痴を言いたい気持ちとかを必死に我慢しているんですから、たまには夢を見たいし希望を持ちたいですからね。


■ Bさんの声
成功事例と失敗事例のどちらが役立つように感じるかってゆーと、やっぱ成功事例の方が役立つようにどーも感じちゃうんですよね。

だって、成功事例って単純明快でわかりやすいじゃないですか。
「コレで成功した」とか「コレで儲かった」とかって感じだから。

逆に言うと、コレをやらないと成功しない、コレをやらないから儲からないんだともとれますよね。
そりゃー、やらなきゃソンでしょ!

成功事例からパクれるところは、どんどんパクりたいって思いますよね。
ってか、パクらなきゃソンって感じちゃいますよ。

「コレで成功した」とか「コレで儲かった」とかって言われると、そっくりそのままやれば上手く行きそうに感じちゃうし、その方がずっとずっとラクだし。

コレをやったら、次はアレをするとか。
何をやればいいのか手順がわかるマニュアルみたいなもので、自分で考えなくて済むからラクでいいですよね。

人間って、やっぱラクしたい生き物ですからね。
誰だって苦労はしたくないし、大変な思いはしたくないし、ラクできるのならラクしたいものじゃないですか。

なので、そのままパクってそっくり真似できそうな成功事例であればあるほど、有り難いと感じちゃうんですよ。

真似しただけで上手く行くのなら儲けものですしね。
使えるものは、どんどん使った方がいいでしょーし。

例えるなら、電卓とゆー文明の利器が目の前にあるのにわざわざ手で計算する人っていませんよね?
今ある成功事例を活用することって、それと同じことだと思うんです。

ダイエット本の類だってそうですよね。
ダイエットをする前に、失敗した話を知りたい人なんていませんよね。
そりゃー、成功した話の方が知りたいものじゃないですか。

パクれるところはパクりたいものじゃないですか。
苦しい思いもツライ思いもしたくないし、できることならラクにダイエットしたいものじゃないですか。

こんなにラクしてこんなにダイエットできたって言われると、試してみたくなるじゃないですか。
だって、ラクなんですから。

もし挫折しそうになったとしても、これでダイエットに成功できるはずなんだからって自分自身に言い聞かせて、もっとがんばろうって気になれるじゃないですか。
それと同じことですよね。

その成功事例を真似して上手く行かなければ、他の成功事例を試してみればいいだけですし。
市販の書籍にしてもセミナーにしても成功事例は世の中にたくさん溢れ返っていますから、選択肢がいっぱいありますしね。

それに、日本人って何か新しいことをゼロから生み出すよりも、今あるものを改善する方が得意って聞きますしね。

海外の成功事例をパクって日本に持って来て、日本風にアレンジして成功しているものもたくさんありますよね。
これだって、立派な成功事例じゃないですか。

だったら自分で苦労してゼロから考えるよりも、今ある成功事例を活用するとか改善するとか方が効率も良さそうですよね。


■ Cさんの声
成功事例と失敗事例のどちらが役立つように感じるかってゆーと、成功事例の方が絶対に役立つように感じます。

そもそも、成功事例の方がたくさん見かけますよね。
失敗事例よりも。

そりゃー、誰だって失敗した事例よりも成功した事例の方が言いたいものじゃないですか。
成功事例だったら自慢できるけど、失敗事例は恥ずかしくて言えないし、隠したいものじゃないですか。

私がもしも成功と失敗と両方経験したとしたら、そう思いますね。
成功した時には誰かに自慢したくなるし、伝えることによって誰かの役に立てたら嬉しいって思います。

これも一種の承認欲求なんですかね?

でも、失敗した時には誰にも知られたくありませんよね。
そもそも、失敗した経験なんて誰も聞きたくないだろうし、こんな失敗話を誰かに語ったところで何の役にも立たないだろうって思っちゃいますし。

だから、成功事例の方がずっとずっと数も多い。
つまり、選択肢もいっぱいあるし。

もちろん、全ての成功事例がいい事例ってわけじゃないと思います。
いくら成功事例と言っても、その中から選ぶ必要があると思います。

だからこそ、少ない選択肢の中から選ぶよりも多くの選択肢から選んだ方が、役に立つ事例が見つかる確率も高くなるし、その方が手っ取り早くて効率もいいですよね。

それにねー、失敗事例ってなーんかいいイメージがないんですよねー。
特に、心機一転、これからがんばってやって行こうって時には、失敗事例なんか知りたくもないですね。

そんな時に失敗事例なんか知ったら、出鼻をくじかれちゃいそうってゆーか、水をさされるってゆーか。
一挙にやる気が失せちゃうってゆーか。

もしかしたら成功するかもしれないのに、絶対に失敗するからやめとけ!って頭ごなしに言われて、チャンスをみすみす捨てさせられているみたいに感じちゃうし。

そもそも、その人がやったから失敗しただけなのであって、他の人がやっていたら成功していたかもしれませんよね。
たまたま失敗しただけってことも有り得ますよね。

やりもしないうちに諦めさせられているようだから、失敗事例はあまり聞きたくないんですよ。
やらないうちから諦めていたら、可能性がゼロになっちゃいますよね。

これからって時に、失敗を意識させられるのもイヤですね。
同じ意識するのなら、成功を意識したいものですし。

だから、成功事例の方が役立つと私は感じちゃうんですよ。


■ Dさんの声
成功事例と失敗事例のどちらが役立つように感じるかってゆーと、やっぱり成功事例の方がずっとずっと役立つように感じちゃいますね。

だって、成功事例の話を聞いた方が参考になりますから。
おお〜っっ!その手があったか〜!って感じで視野も広がりますし、発想の転換にもつながりますし。

なので、特に行き詰っている時は成功事例の方が役に立つと感じますね。
目からウロコが落ちることもありますし。

他にも、なかなかいい方法が見つからずに悩んでいる時とか、考えても考えてもアイデアが浮かんで来ない時とか。
そーゆー時こそ、成功事例の方が聞きたくなりますよね。

それにねー、成功事例の話を聞きに行くと、他のいろんな成功事例の話も聞ける時があるんですよ。
後で飲み会に参加した時とかに。

成功事例がある経営者から、アドバイスが直接もらえることもありますしね。
同じアドバイスをもらうのなら、失敗した経営者からよりも成功した経営者からもらいたいものじゃないですか。

その方が説得性もありますし。
納得感もありますよね。

成功事例を聞いたり、アドバイスをもらったりすると、元気が出て来るし。
自分ももっともっとがんばらなきゃなーって、やる気になれますしね。

失敗事例を聞いても、こうはならないじゃないですか。
失敗事例を聞いて、元気が出る人なんていませんよね?

それに、お近づきになれるんだったら、成功事例を語れる経営者とお近づきになりたいですしね。
カリスマ性のある成功した経営者と親しくなっておいた方が、何かとトクしそうじゃないですか。

成功した経営者と親しくなっておいた方が、何かおこぼれがもらえそうじゃないですか。
おいしい儲け話も、もしかしたら転がって来るかもしれないじゃないですか。

あの経営者と知り合いなんだーって、自慢もできそうですし。
あのカリスマ経営者と知り合いなんて、すごいなーって褒めてもらえそうだし。

逆に言うと、失敗した人と親しくなったところでトクしそうなことって何もなさそうなんですよね。
どっちかってゆーと、ソンしそうなイメージってゆーか。

なーんか自分まで失敗しそうとか、面倒なことに巻き込まれちゃいそうとか、疫病神が近寄って来そうとか、どーもマイナスのイメージしかないし。

どっちにしったって失敗事例を聞いたところで、その時は気をつけなきゃなーとたとえ思ったとしても、「喉もと過ぎれば熱さを忘れる」で、結局すぐに忘れちゃうだけですよね。

自分がやらかした失敗だって、すぐに忘れるのに。
ってか、消し去ってしまいたい恥ずかしい失敗だから、あえてすぐに忘れることにしているんですけどね。

なので、成功事例の方がずっとずっと役立つように私は感じるんですよ。

-----


うーむ・・・
どっ・・・、どーでしょう???

「そっ・・・、そーだったのかー! ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!! 」
「だからかー!!だからだったのかー!! ヾ(.;.;゜Д゜)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「やっぱ、成功事例の方が役に立ちそうだね〜♪ ( ̄∀ ̄) 」
「せっかくの成功事例なんだから、真似しないとソンだもんね〜♪ (⌒▽⌒)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「よっしゃー!どんどん真似するゾ〜♪ ヽ(・∀・` )ノ 」
「差別化なんかクソくらえだよなー、何だかんだ言っても成功事例を真似しまくった者が結局勝つもんねぇ〜♪ (・∀・) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「だよねー、だよねー、そーだよねー、成功事例の方が明るい気持ちになれるし前向きな気持ちになれるもんな〜 (* ̄▽ ̄) 」
「誰だって成功したいし、夢も見たいし希望も持ちたいもんな〜 ρ(⌒−⌒。)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「そーだよなー、同じ知り合うんだったら成功事例があって有名なカリスマ経営者の方がいいよな〜 ( ̄▽+ ̄*) 」
「失敗ばかりしている無名な経営者とは、お知り合いになりたくないもんだよな〜 ( ゜∀゜) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「こーゆー輩がいるから、成功事例のセミナーとかには参加したくなくなっちゃうんだよね・・・ (o´д`o)=3 」
「成功事例のセミナーなんかに行くと、なーんかドン引きしちゃうもんな・・・、かえって疲れちゃうしやる気も失せちゃうもんな・・・ (;´д⊂) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「成功事例の方が誰かに話したくなるって言うけど、それってなーんかヘンじゃね??? (・_・;) 」
「本当に成功しているんだったら、それこそ秘密にしたくなるような気がするんだけど??? σ(^◇^;)。。。 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「そーいやーさー、失敗の方が数としては多いはずなのに、どーして成功事例の方が多く感じるんだろ〜??? ( ̄○ ̄;) 」
「成功事例を紹介する人って何のために紹介するんだろ〜???誰のために紹介するんだろ〜??? (。・ ・) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「いやいやいや、成功事例って大きな落とし穴もあるよね・・・ (|||▽ ) 」
「うーん・・・、そうは言っても、成功事例と謳っている話には信用できない怪しい話が多いと思うんだけど・・・ o( ̄_ ̄|||)o--- 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「世の中、そんなにおいしい話や上手い話があるわけないと思うんだけど・・・??? (;゜∇゜) 」
「すっかり洗脳されちゃっていて、騙されているってことに気づけなくなっちゃっているんだね・・・ ( ̄▽ ̄;)ゞ」

という方も、いらっしゃれば・・・

「成功事例をエサに、まんまと釣り上げられちゃったんだね・・・、お気の毒に・・・ ( ̄。 ̄) 」
「カモにされているってことに気づいていないんだね・・・、可哀想に・・・ ( ̄  ̄) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ってゆーか、成功事例と失敗事例のどっちが役に立つかって、結局のところケースバイケースじゃね? ( ̄∧ ̄ ) 」
「成功事例が役に立つ時もあれば、失敗事例が役に立つ時もあるんじゃね?バランスが大事じゃね? ( ̄× ̄)b 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「うーん・・・、やっぱ成功事例の方が役に立つのかな〜??? (;´д`) 」
「ううーむ・・・、やっぱ失敗事例の方が役に立つのかな〜??? (ーー;) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ウチの社長も、少しは成功事例を参考にしてくれたらいいのにな・・・ (´ε`;) 」
「ウチの社長ってば、成功事例にばっかホイホイ飛びつかないで、少しは失敗事例も参考にしてくれたらいいのに・・・ (;・∀・) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ってゆーかさー、事例はあくまでも事例なのであって、それ以上でもそれ以下でもないんじゃーないのかな〜??? (; ̄ェ ̄) 」
「成功事例にしても失敗事例にしても過信しすぎるとヤバくね?手段の目的化に陥っちゃいそうでね? d( ̄  ̄) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「成功事例にしろ失敗事例にろ、事例って真似して効果が出ることもあれば、真似したらかえって逆効果になっちゃうこともあると思うんだけど??? ( ̄・・ ̄) 」
「目先の損得勘定に振り回されたらダメだと思うんだけど??? 。゚(゚^o^゚)゚。 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「おいおい・・・、闇雲に事例を探して手っ取り早く真似するって、あまりにも節操がなさ過ぎるし、理念やビジョンもなければ、方針戦略もない、行き当たりばったりの無計画の証拠なんじゃー??? ( ̄▽ ̄|||) 」
「おいしいところ取りをしてトクしているつもりが、実は一貫性も整合性も取れなくなっちゃって、かえってソンしているんじゃー??? (;´゚д゚`) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「こーゆーことからも、その会社の経営に対する考え方があらわれちゃうのかも??? ( ̄‥ ̄;) 」
「意外とこーゆーことから、経営者の人間性とか利益に対する考え方とかって見てとれるものなのかも??? ( ゜д゜) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ナルホド・・・、ちょっぴりわかった気がするかも・・・ ヽ(´ー`)ノ 」
「あ、なーんだー、そーだったんだ〜 (〃▽〃) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;) 」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/ 」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

他にも、例えば・・・

「方法論や手法などに振り回される前に考えておきたい事って何だろう?」シリーズ
会社の全体像を俯瞰すると気づく事、俯瞰しないと気づけない事って何だろう?
対症療法とは?会社の現状そのものに対処しようとすると何が起こるんだろう?
「根本的な原因とは?真因とは?今見えている問題って本当の問題?」シリーズ
「会社の方向性を決めるには?必要な事、必要ではない事って何だろう?」シリーズ
「方針は意味が理解できてテンプレート等を集めたら立てられるんだろうか?」シリーズ
理念や方針の考え方や書き方、サンプル例や雛形を使うデメリットって何だろう?
「会社の方針に納得できる時、納得できない時の違いって何だろう?」シリーズ
数字ありきに陥る原因って?数値目標の設定後、達成後に起こる事って何だろう?
経営に役立つ情報とは?必要な情報とは?何を基準に決めるんだろう?
「知名度の向上とは?会社の知名度を上げるメリットやデメリットって何だろう?」シリーズ
「管理職が論文やレポートを書く意味って?何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「優秀な人材が見つからない、有能な人材が採用できない原因って何だろう?」シリーズ
「優秀な人材が辞める本当の理由、優秀な社員から辞める原因って何だろう?」シリーズ
「事業継続計画とは?BCPのつくり方って?中小企業の生き残りとの関係って?」シリーズ
「子どもが跡を継ぎたい会社、跡を継ぎたくない会社の違いって何だろう?」シリーズ
「事業承継とは?中小企業の経営で本当に引き継ぐ必要がある事って何だろう?」シリーズ
「経営理念や経営方針、部門方針などと実態とが乖離する理由って何だろう?」シリーズ
「経営計画を立てたり、経営方針を決めたりするのに必要なことって何だろう?」シリーズ

などなども含めると、いろんな意味で考えさせられちゃいません? (^^)

ふーむ・・・、こーやって考えてみると・・・

まだ見えていないだけで・・・

意外なところにヒントがいっぱい溢れている
おお〜っ ━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━ 見っけ〜♪


のかも〜???

なーんて、感じません? (〃▽〃)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?

・・・え?

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;) 」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/ 」

「全然、ピンとこねぇーし! 凸(`Д´メ) 」
「結局のところ、どっちの方が役立つのさ??? (# ̄3 ̄) 」

・・・って?

ううっ・・・、すみません・・・。m(_ _)m

ではでは・・・


■ 成功事例や失敗事例が役に立つ時、役に立たない時の違いって?(2)


では、失敗事例の方が役立つように感じている方の声から、引き続いて一緒に考えてみませんか?
ヾ(・◇・)ノ

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、ゆるゆる〜っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)

あ・・・、続きは気が向いた時に書く予定なので・・・
しばらく待ってやってくださいますよう、ひれ伏してお願い申し上げます(懇願)。
m(_ _)m


※「一体いつ、続きを書くんだよー(怒)!」と言ってくださる奇特な方へ※
「自分で考えて行動する「自律型人材(自律型人財)」が育つ組織って?」ブログの更新状況は、以下の方法でお知らせしておりますので、もしよろしければ使ってやっていただけると嬉しいです。m(_ _)m


「自律型人材(自律型人財)が育つ組織って?」ブログのRSS対応状況





★★★ ネクストストラテジーは、三方よし経営の黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に「三方よし経営」のお手伝いを行っております。
「戦略的な組織づくり」「戦略的な人材育成」などのご相談
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 (⌒人⌒)


posted by ネクストストラテジー at 05:20| Comment(0) | 教育(共育)から考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。