2018年11月01日

社長が自分の子どもに会社を継がせたいと思う理由って何だろう?(2)

社長が自分の子どもに会社を継がせたいと思う理由って何だろう?(1)

の続きです。(^^)

※上記の記事を読んでいらっしゃらなくても、この記事の意味はわかるかもしれませんが、後から考えると意味不明で頭がウニ状態になる可能性が高いと思いますので、先に読んでやっていただけると嬉しいです
(お願いお願い)

えーと・・・

「ウチの社長ってば、会社は子どもに継がせるから大丈夫なーんて言っているけど、何をいつどう継がせるのかとか具体的にちゃんと考えているんでしょーか? (;・∀・) 」
「絶対に子どもが会社を継いでくれるって社長がただ思い込んでいるだけで、実際はなーんにもやっていないし、なーんにも考えていないように感じるんですけど・・・ (|||▽ ) 」

「ウチの社長は子どもに会社を継がせる気みたいですけど、まだ先の話だからとか、なるようにしかならないからとか言って先延ばしにするばっかで、お子さんにはまだ何も話していないみたいなんですよ・・・ ( ̄_ ̄|||)o--- 」
「さっさと説得してお子さんの了承をもらって、会社にとっとと入ってもらって、後継者育成に早く取り掛かってもらわないと困るんですけど・・・ o(><;)(;><)o 」

「ウチの社長って、自分の子どもに会社を継がせるって言っているんですけど、なーんであんなに自分の子どもを跡継ぎにすることに固執するんでしょーか??? (・_・;) 」
「社長の子どもに跡を継がせるのにこだわる必要ってないような気がするんですけど・・・、なーんで子どもに会社を継がせたいんでしょーか??? (;゜∇゜) 」

「もしも社長のお子さんが会社を継がないって言ったら、どーする気なんでしょーか?次の策はちゃんと用意してあるんでしょーか??? (;゚;Д;゚;;) 」
「社長のお子さんだけにこだわるんじゃーなく、社内外の人とかも含めて検討して、しっかりとした後継者を早く決めてもらわないと困るんですけど・・・ ヽ(;▽;)ノ 」

などなど・・・

「三方よしの経営相談」「組織人事戦略(戦略的な組織づくり)」「人材育成戦略(戦略的な人材育成)」「経営に役立つ情報活用(IT活用・ICT活用)」などなどのお手伝いを行なっているからなのか・・・

従業員の立場の方から、このような声をお聞きすることもあるんですが・・・
(;´・ω・`)

んでもって・・・

いろんな意味で、考えさせられるコトもあるんですけど・・・
ンーン (( ̄_ ̄*)(* ̄_ ̄)) ンーン

コレって、もしかしたら・・・

「経営者の視点を従業員にも持って欲しいと社長が思う理由って何だろう?」シリーズ
経営者が従業員に相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろう?
社長がいつも強気でパワフルで元気で前向きで楽観的に見える理由って何だろう?
「社長が愚痴る理由、従業員には愚痴らない、愚痴れない理由って何だろう?」シリーズ
「社長が孤独を感じる瞬間って?孤独を感じる時、感じない時って皆同じ?」シリーズ
中小企業の従業員が知っておきたい経営者が孤独を感じる原因って何だろう?
後継者の孤独とは?2代目や3代目など中小企業次期社長ならではの苦労って何だろう?
「子どもが跡を継ぎたい会社、跡を継ぎたくない会社の違いって何だろう?」シリーズ
子供を跡継ぎにするか迷う、跡を継がせるかどうか社長が悩む理由って何だろう?
「事業承継とは?中小企業の経営で本当に引き継ぐ必要がある事って何だろう?」シリーズ

などなどにも、ある意味関係するっちゃーする面もあるのかも〜???

なーんて、感じることもあるので・・・

経営者の立場の方も後継者の立場になるかもしれない方も従業員の立場の方も、一緒に考えてみません? (^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/

んーと・・・

自分の子どもに会社を継がせたい、自分の子どもに会社を継いで欲しいと考えている、中小企業経営者の方の例えばこんなのから考えてみるのはどーでしょう?


■ Eさんの声
私はやっぱり、自分の子どもに会社を継いで欲しい思いますよ。
え?何でって?

そりゃー、全財産をつぎ込んで必死にここまで育てて来た会社だからですよ。
血と汗と涙の結晶ですし、私の人生そのものと言っても過言ではありませんからね。

子どもに継いで欲しいって思っている経営者は多いでしょーけど、その理由は遺産と考えるとわかりやすいように思うんですよ。

苦労して築き上げた財産を、赤の他人にぽんっとあげられますか?
自分が生きた証を、ロクに知りもしない赤の他人に託せますか?

それと同じことだと思うんです。
そう思うと、やっぱり自分の子どもに継いで欲しいって思っちゃいますね。

M&Aがどーのってお国がよく宣伝しているみたいですけど、それってどーよ!?って思っちゃいますね。
そんな風に思っている経営者って、いっぱいいるんじゃないですかね?

日本のものづくりがどーのとか、技能承継がどーのとか、会社の寿命がどんどん短くなって来ているだの、後継者がいない会社が多いだの事業承継をちゃんと考えていない経営者が多すぎるだの、日本企業の数が激減しているからこのままだと大変なことになるだの、だからM&Aとか何とかって言っているみたいですけど・・・

そうなっちゃっている根本的な原因が何なのか、まともに考えたことってないんじゃないですかね〜?
そのくせして、危機感をただ煽っているだけじゃないですかね〜?

本気でそう思っているんだったら、税金使っているくせに評論家になって丸投げするなよ!!って言いたくなっちゃいますよ。
本当に危機感があるんだったら、国民の血税で生活するのをやめて、自分で起業して会社を興したらどーよ?って言いたくなっちゃいますよ。

丸投げされても迷惑ですよ。
アテにされても迷惑って感じです。

お国のために、全財産をつぎ込んで必死にここまで育てて来た会社じゃないわーい!!
人生の全てを捧げて来たわけじゃないわーい!!

って、言いたくなっちゃいますよね。
そーゆー経営者って、実は結構たくさんいるんじゃないですかね?

もちろん、相続後どーするかは子ども次第でいいと思っています。
どーしてくれても自分の子どもだったら信用できますし、納得もできます。

ただ、一旦は受け継いで欲しいんです。
イヤだとか大迷惑だとかって言われちゃうかもしれませんけど。

例えば、家を相続したものの分け合うには困るとゆーのであれば、売り払ってお金に変えて分け合ってもいいと思います。
そのお金をそれぞれの人生で役立ててくれるでしょーし、子どものためにもなるでしょーし。

とは言えども、会社の場合は、取引先との関係もあるし従業員の生活もかかっているので悩みどころですけどね。
経営者としての責任を自覚しないまま受け継いでしまうと、多大なる迷惑をかけるのが目に見えていますし。

経営者は本当に孤独ですし、苦労するのも目に見えていますし。
精神的にも肉体的にも経済的にも、サラリーマンの方が安定していると思いますし。

だから、財産として子どもに引き継いで欲しいとは思うけど、経営者の仕事を引き継ぐことを無理強いすることはとてもできないんですよね・・・
経営者としての人生がどれだけ大変なのか、よぉーくわかっているだけに。

だから、子どもの判断を信じたいと思います。
それがたとえどんな決断になったとしても。

今まで縁もゆかりも全くなかった赤の他人が決断して会社を売り払うことになるより、私の子どもが決断して売り払うことになった方が、従業員にまだ納得してもらえそうですし。


■ Fさんの声
私はやっぱり、自分の子どもに会社を継いで欲しい思いますよ。
え?何でって?

そりゃー、ゼロから立ち上げて必死にここまで育てて来た会社だからですよ。
わが子同然ですよね。

大事に大事に育てて来た会社を、赤の他人に任せたいと思いますか?
赤の他人に信頼して任せられると思いますか?

たかが会社でしょ、たかが株式でしょって言う人もいるかもしれませんけど、そうじゃないと思うんです。
取引先との関係もありますし、従業員との関係もありますし、もっと言うなら従業員の家族との関係もあるんです。

会社って、単なるモノとは違うと思うんです。
M&Aがどーのって話を聞くこともあるけど、どーも違和感があるってゆーか。

欲しい時に買うとかいらなくなったら売り飛ばすとか、右から左に譲り渡してハイそれで終わりとかで済むようなモノじゃないとでも言ったらいいんでしょーか。

買われたり売られたりって、従業員の立場で考えたらたまったもんじゃありませんよね。
人身売買かい!?って、言いたくなっちゃいませんか?

法人って言うだけあって、人間に近いイメージでしょーかね。
会社は人様の人生に関わる場であり、経営者には大きな責任が生じると私は思うんです。

そう考えると、赤の他人にはとても任せられないんですよ。
経営者としての責任を放棄してしまうように感じてしまいますし。

だからこそ、やっぱり自分の子どもに継いで欲しいって思っちゃうんですよね。
もちろん、しっかりと責任を持って。

とは言えども、多大な責任が生じるだけに、子どもに強制的に継がせるわけにも行きませんよね。
イヤイヤ継いでもらったとしても、責任を放棄してしまうかもしれませんし、それじゃー本末転倒でしょーし、ホント悩みますよね

もしも子どもが継ぎたくないと言ったら、従業員に継いで欲しいところなんですけど、いろんな意味でそれも難しいでしょーしね・・・


■ Gさんの声
私はやっぱり、自分の子どもに会社を継いで欲しい思いますよ。
正確に言うと、自分の子どもに会社を継いでもらうしか選択肢がないと言った方がいいと思いますけど。

何がなんでも自分の子どもに継いで欲しいとまでは言いません。
だけど、消去法で考えて行くと、自分の子どもってことにどーしてもなっちゃうんです。

まずM&Aは、99.9999999%有り得ません。

長年付き合いがあって信用できる取引先が買ってくれるのならともかくとして、それ以外の会社はとても信用できませんから。
だけど斜陽産業ってこともあって、どこの取引先も資金繰りに余裕があるわけじゃないだろうから、なかなか難しいですよね。

残るは、従業員か自分の子どもですよね。

何がなんでも子どもに継がせたいってわけじゃないし、子どもに絶対に継がせなきゃいけないって法律で決まっているわけでもないので、従業員が継いでくれてもいいと思うんですけど。
とゆーより、むしろ従業員が継いでくれた方がいいように思うぐらいなんですけど。

長年この会社で働いてくれている従業員の方が、この会社で働いたことすらないうちの子どもよりも、この会社のことをずっとずっとよくわかってくれていますし。
それに、従業員自身の生活もかかっていますから、悪いようには絶対にしないと思いますし、取引先のためにも従業員のためにもなると思うんです。

だけど、現実的な話として、従業員が会社を継ぐのは相当難しいと思うんですよね・・・
残念ながら・・・

株式とか個人保証とかの問題ももちろんあるんですけど、その問題がたとえなかったとしても、そもそも会社を継ぎたい、経営者になりたいって手を挙げてくれる従業員がまずいないと思うんです・・・

手を挙げてくれる従業員がもしいたら、喜んで会社を引き継ぐんですけどね。
だけど、期待しても無理なんでしょーね、きっと。

そもそも、会社を経営するなんて考えたことすらないでしょーし。


たとえ、経営者である私の悪口を陰でどんなに言っていたとしても、不平・不満が山ほどあったとしても。
経営者失格だよなーとか、こんなのでよく会社が経営できるよなーって、ボロカスに批判したり非難したりしていたとしても。

そりゃー、批判だけしていられる立場の方がラクですもんね。
私だって、そう思いますよ。

入る会社を選ぶこともできるし、従業員同士で愚痴り合ったりして一時的にでもスッキリすることもできるし、入った会社がイヤになったら会社を辞めて転職もできるし、従業員の立場の方がずっとずっと自由ですもんね。
ちょっと羨ましくなっちゃいます。

経営者の場合は、そーゆー意味で言うと、自由ってものがないに等しいですからね。

イヤになったから、会社を辞めまーすってわけには行きませんよね。
気苦労が絶えないですし、責任も重いですし。

誰にも愚痴れないし、たとえ愚痴れたとしても、スッキリすることはまずありませんし、愚痴ったところでなーんにも変わりませんし。
どんなに困っても悩んでも愚痴りたくなっても、結局は自分でナントカするしかありませんし。

で、結局残る選択肢は自分の子どもってことになっちゃうんです。
現実的な選択肢としては、自分の子どもに継いでもらうってことにどーしてもなっちゃうんですよ。

たまたま親が経営者だったってだけなのに、子どもに申し訳ないなー・・・
消去法で貧乏くじを引かせているみたいで、子どもに申し訳ないなー・・・

って、つい思っちゃいますね。

実際に継いでみると、貧乏くじを引いたってほどでもないとは思うんですけど。
経営者になって初めて気がついたこともたくさんあったし、経営者になっていなければ経験できないこともたくさんあったし。

私の親もそう思っていたのかな・・・?
こんな気持ちだったのかな・・・?

って、特に最近よく思い出しちゃいますよ。
そんな様子は絶対に見せようとはしませんでしたけど。

それもあって、子どもにはなかなか言えなくて、ついつい後回しになっちゃうんですよ。
私自身が本当に苦労したらかこそ、子どもに会社を継いで欲しいって、どーも言えなくなっちゃうんです。

経営者だって、一人の親ですからね。
親として、子どもの幸せを望むのは当然のことじゃないですか。

経営者になると苦労させるってのがわかっているからこそ、子どもに苦労させたくないって、親としての気持ち。
取引先への責任を果たさなければならない、従業員の雇用を守るって責任も果たさなければならない、そのためにも会社を存続させなければならないって経営者としての気持ち。

その両方で揺れ動いているんですよ。
本当に悩ましいですよね。

----


うーむ・・・
どっ・・・、どーでしょう???

「そっ・・・、そーだったのかー! ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!! 」
「だからかー!!だからだったのかー!! ヾ(.;.;゜Д゜)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「現実的な話として、自分の子ども以外に継がせるって選択肢はやっぱムリだよな・・・ o( ̄_ ̄|||)o--- 」
「そーなんだよなー、たとえ自分の子どもに継がせたくないと思っていても、子どもに継いでもらうしかないんだよね・・・ (|||▽ ) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「親として考えると、経営者って孤独だし、苦労ばっかするし、自分の子どもにはこんな思いをさせたくないから、自分の子どもだからこそ継がせたくないよなー (;・∀・) 」
「子どもの幸せを考えると、従業員が継いでくれた方がやっぱ有り難いよなー、誰か継いでくれないかな・・・ (o´д`o)=3 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「そーか・・・、ウチの親もこんな気持ちだったのかも・・・ (;´д⊂) 」
「ホントにめちゃめちゃ悩ましいよなー、経営者としての気持ちと親としての気持ちと両方あるもんな・・・ o゚p(∴´⌒`∴)q゚o。 」

という方も、いらっしゃれば・・・

経営者って、こんなに大変だったんだね・・・ (;゜д゜) 」
「従業員にはどーするコトもできないもんな・・・、ウチの社長と社長の家族に感謝しないといけないよな・・・ (>人<;) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「だよねーだよねー、やっぱ自分の子どもに継いで欲しいものだよねー σ(^◇^;)。。。 」
「ってゆーか、自分の子ども以外が継ぐなんて絶対にヤダよな・・・、M&Aなんか絶対に有り得ねぇーよなー・・・ o( ̄ ^  ̄ o) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「後継者問題を考え出すと悩むし、なかなか決められないのがわかっているから、やっぱもうちょい後で考えよーっと ( ̄▽ ̄|||) 」
「まだ若いし元気だし、今は目の前のコトの方が大事だし、とりあえず先延ばし先延ばしぃ〜っと 。゚(゚^o^゚)゚。 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「今度従業員に後継者問題についてせっつかれたら、じゃあお前が継いでくれって言ってみよっかな〜 (  ̄ー ̄) 」
「従業員が継ぐって言ってくれたら子どもに継がせずに済むし、従業員が継がないって言ったら、だったらせっつくなって言えるしぃ〜 ( `.∀´)イヒッ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「従業員が会社を継ぐなんて、絶対にムリムリムリぃ〜 (ヾノ・∀・`) 」
「経営なんてやったことないし、経営って何をすることなのかもわからないし想像すらできないし、やっぱ何だかんだ言ってもサラリーマンが一番だよな〜 ( ̄▽ ̄|||)」

という方も、いらっしゃれば・・・

「社長の子どもなのか子どもでないのかってコトより、会社経営に向いている人が継いだ方がよくね?ってなワケで誰か継いで欲しいんだけどぉ〜 d( ̄  ̄) 」
会社経営の経験者に継いでもらった方が、取引先にとっても従業員にとってもよくね?ってなワケで誰か継いで欲しいんだけどぉ〜 (´ε`;) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「社長の子どもだろーと子どもでなかろーと、誰でもいいから会社を継いでくれないと従業員としては困るよー!! o(><;)(;><)o 」
「誰も継いでくれなかったら倒産しちゃうの???失業しちゃうの???そんなのヤダー!!誰かナントカしてよー!! \( ̄▽ ̄;)/ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ナルホド・・・、ちょっぴりわかった気がするかも・・・ ヽ(´ー`)ノ 」
「あ、なーんだー、そーだったんだ〜 (〃▽〃) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;) 」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/ 」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

他にも、例えば・・・

会社の全体像を俯瞰すると気づく事、俯瞰しないと気づけない事って何だろう?
対症療法とは?会社の現状そのものに対処しようとすると何が起こるんだろう?
現状把握ってどんな時に必要?何のため?対処方法や効果などとの関係って何だろう?
「根本的な原因とは?真因とは?今見えている問題って本当の問題?」シリーズ
社長にとって必要な組織とは?必要となる組織力の向上や強化って同じ?
「組織じゃないとできないこと、組織でなくてもできることって何だろう?」シリーズ
「強い組織の作り方とは?強い組織か弱い組織かの判断基準って何だろう?」シリーズ
「自社の強みや弱み、長所や短所、状況や現状などの判断基準って?」シリーズ
「付加価値の源とは?誰が何をどうしたら付加価値が向上するんだろう?」シリーズ
「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
「日本の良さとは?外国人や海外経験のある日本人が感じる事って何だろう?」シリーズ
人間にしかできないこと、コンピュータにできること、できないことって何だろう?
「人材育成で効果が出る事、人材育成では効果が出ない事って何だろう?」シリーズ
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「事業継続計画とは?BCPのつくり方って?中小企業の生き残りとの関係って?」シリーズ

などなども含めると、いろんな意味で考えさせられちゃいません? (^^)

ふーむ・・・、こーやって考えてみると・・・

まだ見えていないだけで・・・

意外なところにヒントがいっぱい溢れている
おお〜っ ━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━ 見っけ〜♪


のかも〜???

なーんて、感じません? (〃▽〃)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?

というワケで・・・

「三方よしの経営から考えて行動してみる」カテゴリとしては・・・


■ 「子どもが跡を継ぎたい会社、跡を継ぎたくない会社の違いって何?」シリーズ


へ、続きまーす。(^^)/
( ↑ あくまでも予定なので変更しちゃう可能性もあります、ゴメンナサイ)

ちょっと興味あるかも〜?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/


※「一体いつ、続きを書くんだよー(怒)!」と言ってくださる奇特な方へ※
「自分で考えて行動する「自律型人材(自律型人財)」が育つ組織って?」ブログの更新状況は、大きく分けて以下2つの方法でお知らせしておりますので、もしよろしければ使ってやっていただけると嬉しいです。m(_ _)m


「自律型人材(自律型人財)が育つ組織って?」ブログのRSS対応状況
「自律型人材(自律型人財)が育つ組織って?」ブログ更新お知らせメルマガ





★★★ ネクストストラテジーは、三方よし経営の黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に「三方よし経営」のお手伝いを行っております。
「戦略的な組織づくり」「戦略的な人材育成」などのご相談
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 (⌒人⌒)



【追伸1】
「・・・で、答えは何なの???」と思った方へ


よろしければ、以下の記事も見てやっていただけると嬉しいです。(^^)

「自分で考えて行動する「自律型人材」が育つ組織って?」ブログについて
「答えが見つからない、探しても解決策が見つからない原因って何だろう?」シリーズ
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?組織力などとの関係って?
「自立」とは?「自律」とは?その違いって?自律型人材とは?
「社長、上司、部下、会社組織にとって本当に必要な支援って何だろう?」シリーズ


【追伸2】
「三方よしって、何???」
という方は、よろしければ以下のページも見てやってもらえると嬉しいです。(^^)


三方よしって、何だろう?


posted by ネクストストラテジー at 05:30| Comment(0) | 三方よしの経営から考えて行動してみる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。